オススメの交通安全 の神社・お寺まとめ 1~10件を表示 / 全80 件

明治神宮(原宿駅)

初詣の参拝者数日本一の神社

明治天皇と皇后をお祀りする神社として、大正9年に建設されました。 初詣の参拝者数は毎年300万人と日本一誇り、 外国人観光客からも人気のある観光スポットともなっています。

明治神宮の緑は人工⁉︎

今や「ここ、東京⁉︎」と思うほど豊かな緑に覆われている明治神宮ですが、この自然は元々あったわけではありません。 神社の建てた際、100年後に自然林化を見据えて設計された人工の森林で、当時の全国青年団の勤労奉仕によって植えられました。 2020年に100周年を迎えますが、100年を待たずに完全な自然の森になっています。

結ばれる?寄り添う「夫婦楠」

お互いの体をそっと寄せ合うように、どちらもほんの少しだけ内側に丸く膨らませて、 生えているのがいじらしいくも、愛らしいことから待ち受けにすると縁が結ばれるともいわれています。

明治神宮で結婚式をあげた有名人

明治神宮は、希望日に式を挙げるのは難しいといわれるほど結婚式の式場としても人気があります。 有名人では、王貞治・神田うの・本木雅弘・戸田菜穂・柳楽優弥など数多くの方が挙式をあげています。

東京都 渋谷区代々木神園町1番1号
エリア:原宿駅

鶴岡八幡宮(鎌倉駅)

源頼朝も参拝した神社

源頼朝が鎌倉幕府をつくるにあたり鶴岡八幡宮を源氏の氏神としてまつりはじめました。 毎年9月14日から16日には例大祭が斎行され、16日には鎌倉時代に武芸として行われてきた流鏑馬を伝える流鏑馬神事が開催されます。弓を射る迫力や馬のスピードなど、当時を肌で感じることができます。

神奈川県 鎌倉市雪ノ下2-1-31
エリア:鎌倉駅

神田神社(神田明神)(末広町駅)

アクセス抜群!都心の名神社

神田明神は御茶ノ水駅が最寄りですが、秋葉原からも徒歩で行くことが出来ます。元々江戸時代には「江戸総鎮守」として江戸の守り神となっていた神田明神。神田明神は現在でも東京の守り神として人々を見守り、2年に一度、5月には祭りもあります。

何でもOK!?神田明神の様々なご利益

「江戸総鎮守」として江戸の守り神であった神田明神は様々な願い事に対応しています。商売繁盛がメインですが、交通安全や厄除け、ひいてはパソコンの不具合防止などにも対応しています。

注目を浴びたアニメとのコラボ

由緒ある神社である神田明神ですが、近年では秋葉原に近いという地の利を活かして、アニメとのコラボも行っております。作品の中に神田明神が登場した「ラブライブ」とのコラボによる絵馬やおみくじは人気を博しました。

東京都 千代田区外神田2-16-2
エリア:末広町駅

厳島神社(広電宮島口駅)

日本三景・宮島にそびえる厳島神社

宮島は、瀬戸内海に浮かぶ島で、本州とは狭いところで1キロメートルも離れていません。その宮島の一画にあるのが、嚴島(いつくしま)神社です。 本殿が初めて建てられたのは6世紀ごろで、火事や災害などで何度も建て替えられてはいますが、最後に建て替えられてからもう約450年が経ちました。 今でも、平安時代の面影を感じさせる貴重な神社として、日本全国から多くの参拝客が訪れます。

島そのものが神様?

古くから宮島は島全体が神様であるとされ、居住が禁止されていました。 厳島神社が海に突き出るかたちに建てられたのも、陸に建てるのが畏れ多かったからだといわれています。

歩いてくぐれる⁉︎海にそびえる大鳥居

厳島神社には、海面に鳥居が建っています。 この朱塗りの鳥居は、奈良の大仏と同じ高さ16メートルと大きな鳥居です。 昔の参拝方法にならって、潮が満ちている時は遊覧船、潮が引いている時は歩いてくぐることができます。

広島県 佐伯郡宮島町1-1
エリア:広電宮島口駅

鹿苑寺(金閣寺)(北野白梅町駅)

人生で、一度は行きたい金閣寺

金閣寺は1994年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。 現在では、日本のみならず海外からも毎年600万人が訪れる大変人気のあるお寺です。

建てたのは誰?

金閣寺が建てられたのは、1397年に室町幕府、3代将軍足利義光によって建設されました。 建てられた当時は、北山殿と呼ばれる別荘でしたが、義満の死後に禅寺として今のように変化して行きました。

京都府 京都市北区金閣寺町1
エリア:北野白梅町駅

大神神社(桜井駅)

神の宿る三輪山の禁足地伝説

この神社には本殿や拝殿はありません。神社の背後にある三輪山自体がご神体です。三輪山は古来より神が宿る山として語り継がれているため禁足地とされています。神が宿る山に入山できるのは神官や僧侶だけですが、山頂の登山道だけは「狭井神社」での受付を済ませれば入山可能です。

奈良県 奈良県桜井市三輪1422
エリア:桜井駅

宝登山神社(長瀞駅)

秩父三社の一社

宝登山神社は、三峯神社・秩父神社とともに秩父三社の一社です。 山頂の奥宮には、ハイキングコースに加え、ロープウェイで行くことができます。 奥宮からはすてきな景色をみることができ、宝登山神社をさらに楽しむことができるかも。

ヤマトタケルノミコトゆかりの神社

宝登山の標高は497mで、宝登山神社はヤマトタケルノミコトゆかりの神社です。 日本神話にもでてくるヤマトタケルノミコトは宝登山で山火事に遭いましたが、その際に神犬の助けで危機を逃れて、それに感謝して神々をまつったといわれています。

埼玉県 秩父郡長瀞町長瀞1828
エリア:長瀞駅

金剛寺(高幡不動尊)(高幡不動駅)

電車から見える五重塔、関東三大不動のひとつ

駅から五重塔を目指して歩き、大きく立派な仁王門をくぐると、迫力のある不動堂が目の前に出てきます。 新選組土方歳三の菩提寺であり、境内には土方歳三の銅像があります。 大日堂には土方歳三の位牌や新選組隊士慰霊の大位牌、また、奥殿には土方歳三の書簡のほか多くの新選組資料が展示されています。

あじさいまつりや高幡まんじゅうも女性に人気

新選組だけではなく、自然も豊かであり、あじさいまつりや菊まつり、もみじまつりなど自然に触れることもできます。 周辺には和菓子屋さんや新選組グッズを販売しているお店もあり、拝観後も十分に楽しむことができます。

新選組だけじゃない!戦国武将の崇拝をもあつめた「汗かき不動」

真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺は古くより関東三大不動の一つであり、高幡不動尊として知られています。 本尊は大日如来です。創建年は平安時代初期、清和天皇の勅願により不動明王をご安置したのがはじまりです。 1335年(建武2年)に大風で山中の堂宇が倒壊、1342年(康永元年)に儀海上人が麓へ移し、建てたのが古文化財である現在の不動堂です。 足利時代の高幡不動尊は鎌倉公方をはじめとした戦国武将の崇拝をあつめ、「汗かき不動」と呼ばれていました。

地元のひとから愛されている「お不動さん」

また、江戸時代には火防の不動尊として広く信仰をあつめ、関東十一檀林に数えられました。 1779年(安永8年)の業火により、大日堂や大師堂、山門、客殿、僧坊などを焼失してしまいましたが、歴代住持の努力により徐々に復興しましたが、昭和50年代以降工事が相次ぎ、往時を凌ぐほどの寺観を呈し、目を見張るものがあります。 今日では市民にお不動さんなどの愛称で親しまれ、初詣や新選組まつりなどの催しものには多くの人がつどいます。

東京都 日野市高幡733
エリア:高幡不動駅

石清水八幡宮(八幡市駅)

エジソンとゆかりのある神社


京都府 八幡市八幡高坊30
エリア:八幡市駅

笠間稲荷神社(笠間駅)

日本三大稲荷

全国に3万社以上ある稲荷社。 笠間稲荷は、その中の日本三大稲荷といわれています。 年間350万人の参拝に訪れ、茨城県で最も参拝者が多い神社でもあります。

実は稲荷の総本宮よりも古い⁉︎

稲荷社の総本宮といえば、伏見稲荷大社ですが、 笠間稲荷神社の歴史は711年に鎮座した伏見稲荷大社よりも古い、651年に創建されました。

茨城県 笠間市笠間39
エリア:笠間駅

< 前12345678