御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※芝大神宮ではいただけません

しばだいじんぐう

芝大神宮

東京都 大門駅

社 務 所:9:00~17:00 
御祈祷受付:9:00~16:30

投稿する
03-3431-4802

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印

芝大神宮

500円
直書き

真ん中に芝大神宮と書かれ、右上に芝神明の印、真ん中に芝大神宮の社印、右下に元准勅祭十社之内の印が押されています。

このほか、行事や神事にあわせて特別御朱印が頒布されます。

御朱印帳

日光杉並木古材木製朱印帳

2,500円
18×12cm

表紙に日光杉並木古材が使用されています。
表面の左上に御朱印帳の文字、左下に縁起物である千木筥(ちぎばこ)のイラスト、右下に芝大神宮の社紋と文字、裏面の右上に日光杉並木古材の文字、真ん中に芝大神宮の社印が入っています。

御朱印帳

1,700円
16×11cm

表面の左上に御朱印帳の文字、左下に縁起物である千木筥(ちぎばこ)のイラスト、右下に芝大神宮の社紋と文字、裏面の真ん中に生姜のイラスト、左下に芝大神宮の社印が入っています。
その昔、芝大神宮が鎮座している場所は一面に生姜畑が広がっていました。
その名残として生姜塚があります。

御朱印帳 青

1,800円 
16×11cm

地には花菱文様、表面の左上に御朱印帳の文字、右下に芝大神宮の文字が入っています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本殿に向かって右隣にある社務所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~17時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

過去の御朱印帳

だらだら祭り御朱印

500円 書置き
頒布期間は2020年9月11日~9月21日

真ん中に芝大神宮と書かれ、右上に芝神明の印、真ん中に芝大神宮の社印、右下に元准勅祭十社之内の印、左上に太良太良まつり(だらだらまつり)の印が押されています。
例年9月11日~21日の間に開催される、だらだら祭りの期間限定御朱印です。

朔日祈願御朱印

500円 書置き
2月〜12月の第1日に頒布

真ん中に芝大神宮と書かれ、右上に芝神明の印、真ん中に芝大神宮の社印、右下に元准勅祭十社之内の印、左上に朔日祈願の印が押されています。
朔日とは、毎月の第1日のことです。

歳旦祭祈願御朱印

500円 書置き
1月1日頒布

真ん中に芝大神宮と書かれ、右上に芝神明の印、真ん中に芝大神宮の社印、右下に元准勅祭十社之内の印、左上に歳旦祭祈願の印が押されています。
1月1日の歳旦祭祈願を記念した期間限定御朱印です。

過去の限定御朱印

御朱印帳

1,800円 
16×11cm

地には花菱文様、表面の左上に御朱印帳の文字、右下に芝大神宮の文字、裏面の左下に、慶祝 新元号「令和」 国宝陽明門竣功記念 日光東照宮が入っています。

御朱印をもっと見る|
269
御朱印について
御朱印
あり

右上に芝明神の印が押された御朱印です。毎月1日には左上に「朔日祈願」の印が押されます。
縁起物である千木筥(ちぎばこ)をあしらった御朱印帳があります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

ご利益

芝大神宮について

東京十社の一つ


当宮周辺は昔は生姜畑だったため、鳥居横には生姜塚が建てられています。御朱印を頂いたときに生姜のイラストが入った栞と生姜飴を頂けます。

おすすめの投稿

Gclef
2020年09月14日(月)
128投稿

東京十社自転車めぐり~⑦芝大神宮~
(富岡八幡宮)--5.6km--(芝大神宮)--5.1km--(品川神社)

七社目は芝大神宮にお参りしました。
富岡八幡宮からは永代橋経由で隅田川を渡り、
華やかな銀座の街を抜けるサイクリングコースになります。

港区芝大門1丁目という大都会の立地であり、
大門駅や浜松町駅から徒歩圏内という抜群のアクセスです。

芝大神宮は東京十社では唯一の神明宮になります。
御祭神は天照大御神と豊受大御神で、
内宮・外宮の御祭神を両方祀っています。
社殿は現代的な神明造で、鳥居も神明鳥居になります。

付近には増上寺、芝東照宮、愛宕神社などの有名寺社も多いので、
十社めぐりの計画に余裕があれば立ち寄るのもいいかもしれません。

この日は月の1日に参拝したので、
御朱印は朔日参りの特別なものをいただきました。

十社めぐりも残すは3社。
時間も無くなってきて急ぐ必要が出てきました。
次の東京十社は第一京浜をさらに南下し、品川神社へと向かいます。

*****************************************************
東京十社とは「元准勅祭社」にあった十社の総称で、
①王子神社②白山神社③根津神社④神田神社⑤亀戸天神社
⑥富岡八幡宮⑦芝大神宮⑧品川神社⑨赤坂氷川神社⑩日枝神社
の各社になります。
いずれも都内ではエース級の規模を誇る有力社です。

准勅祭社とは1868年に東京鎮護を願って定められた十二社で、
明治天皇からの幣帛もあったほど重要視されていました。
(十二社は東京十社に六所神社・鷲宮神社の二社を加える)
ただ当時の社格でいうと十二社中に式内社はなく、
また官国幣社もないということになります。
(その後1882年に日枝神社が官幣社に指定)
「准」とつくのは、勅祭社はそれはそれで制定しており、
それに併せて指定された経緯があるようです。
ただ准勅祭社の制度は早くも1870年には廃止になってしまいました。

その後1975年に昭和天皇の即位50年を記念して十社巡礼が企画され、
今では観光的な意味合いで広く知られるにいたっています。
*****************************************************

芝大神宮の御朱印

御朱印。この日は月のはじめということで、朔日参りの特別御朱印でした。

芝大神宮の鳥居

大きなコンクリート製の神明鳥居です。

芝大神宮の建物その他

社号標。

芝大神宮の本殿

社殿。現代的な神明造の拝殿。千木は内削ぎで鰹木は6本のっています。

芝大神宮の本殿芝大神宮の狛犬

狛犬。

もっと読む
惣一郎
2021年07月15日(木)
974投稿

芝大神宮は、東京都港区にある神社。准勅祭社で、旧社格は府社。東京十社の1社。祭神は天照皇大御神、豊受大御神の2柱。古くは「日比谷神明宮」、「飯倉神明宮」、「芝神明宮」、「関東のお伊勢様」と呼ばれた。

社伝によると、武蔵国に置かれた伊勢神宮の御厨(みくりや;荘園)である「飯倉御厨」に創祀された神明宮を起源とし、平安時代中期1005年に伊勢神宮の内外両宮を勧請して創建し、日向国鵜戸郷から得た鵜戸石と剣を神宝として奉納した。源頼朝は開幕前後の1185年と1193年に神領を寄進し、自らも社参した。中世以降は武家の信仰篤く、足利直義(尊氏の実弟)、太田道灌、北条氏直、豊臣秀吉が戦勝祈願などを行い、崇敬を受けた。徳川家康は1590年の江戸入府に際し社参し、社領15石を寄進、1598年増上寺移転で当社を現在地に遷座、1600年関ヶ原の戦い出陣に際しては社参して戦勝を祈願、爾後は「御修復所」(徳川幕府が社殿修繕等の全費用を負担)として篤い庇護を受けた。
また江戸期においては東海道沿線の江戸市中・市街の境界線上にあったため、入出府の旅人の参詣を受けたほか、伊勢神宮参拝ブームに乗って、旅費と時間のない庶民の支持を受け参詣者が多かった。明治時代には、准勅祭社の1社とされ、その後郷社に列した。1876年の火災、1923年の関東大震災、1945年の米軍による東京大空襲で社殿を焼失したが都度再建。現在の社殿は2005年に鎮座千年を祝い、完成した。

当社は、都営地下鉄浅草線・大門駅の西100m、JR山手線・浜松町駅の西500m、第一京浜(国道15号線)から西に50mほど入った市街地(低層ビル街)にある。敷地目一杯に2階建ての建物が立っていて、社殿は2階にあり、1階は駐車場等となっている。普通の参拝者が廻るエリアは狭く、いかにも大都会の神社といった感じ。

今回は、東京十社の1社として参拝することに。参拝時は平日の午後で、自分以外にも参拝者がぱらぱらと来ていた。

芝大神宮の鳥居

境内入口の<鳥居>。

芝大神宮の建物その他

<社号標>は鳥居左側の、七夕の笹の後ろ...(^_^;)

芝大神宮の体験その他

階段の途中に、夏の大祓の<茅の輪>。ちょっと廻りにくい...?

芝大神宮の本殿

階段上がってすぐの場所にある<社殿>。

芝大神宮の手水

拝殿に向かって右側にある<手水舎>。

芝大神宮の建物その他

茂みの中にひっそりと<力石>。

芝大神宮の本殿

<拝殿>正面。

芝大神宮の本殿

外から扁額が見えないので、少し屈んでみると拝殿中に懸かっていた。

芝大神宮の建物その他

<拝殿>全景。

芝大神宮の建物その他

拝殿向かって右側にある<社務所・授与所>。

芝大神宮の鳥居

最後にもう一度、鳥居と拝殿。

もっと読む
投稿をもっと見る(223件)

例祭・神事

9月16日 例祭
9月11日~21日 だらだら祭(生姜祭)

例祭・神事をもっと見る|
22

歴史

芝大神宮は、伊勢神宮の御祭神、天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神としてお祀りしています。御鎮座は遠く平安時代、寛弘2年(1005)一条天皇の御代に創建された由緒あるお社です。
古くは、飯倉神明宮、芝神明宮と称され鎌倉時代においては、源頼朝公より篤い信仰の下、社地の寄贈を受け、江戸時代においては、徳川幕府の篤い保護の下に社頭はにぎわい大江戸の大産土神として関東一円の庶民信仰を集め、「関東のお伊勢さま」として数多くの人々の崇敬を戴きました。その当時の賑わいは、広重の錦絵に窺うことができます。
その後の当宮の社史をみますと、明治、大正、昭和初期の関東大震災、太平洋戦争の激動期においても、数多くの苦難にも耐えて氏子並びに崇敬者に支えられ現在の御社殿に至ります。

歴史をもっと見る|
8

芝大神宮の基本情報

住所東京都港区芝大門1-12-7
行き方

JR山手線・京浜東北線
「浜松町」北口徒歩5分
都営地下鉄浅草線・大江戸線
「大門」 A6出口 徒歩1分
都営地下鉄三田線
「御成門」徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称芝大神宮
読み方しばだいじんぐう
通称芝神明
参拝時間

社 務 所:9:00~17:00 
御祈祷受付:9:00~16:30

御朱印あり

右上に芝明神の印が押された御朱印です。毎月1日には左上に「朔日祈願」の印が押されます。
縁起物である千木筥(ちぎばこ)をあしらった御朱印帳があります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3431-4802
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.shibadaijingu.com/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《合》事代主命,大国主命,倉稲魂命,保食神,伊弉冉命,建御名方命,大綿津見命,須佐之男命,大物主命,木花開耶姫命,手力男命,少彦名命,品陀和気命,天児屋根命,市杵島姫命,《主》天照皇大神,豊受大御神,《配》源頼朝,徳川家康,菅原道真
創建時代寛弘2年(1005)9月16日
本殿神明造
ご由緒

芝大神宮は、伊勢神宮の御祭神、天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神としてお祀りしています。御鎮座は遠く平安時代、寛弘2年(1005)一条天皇の御代に創建された由緒あるお社です。
古くは、飯倉神明宮、芝神明宮と称され鎌倉時代においては、源頼朝公より篤い信仰の下、社地の寄贈を受け、江戸時代においては、徳川幕府の篤い保護の下に社頭はにぎわい大江戸の大産土神として関東一円の庶民信仰を集め、「関東のお伊勢さま」として数多くの人々の崇敬を戴きました。その当時の賑わいは、広重の錦絵に窺うことができます。
その後の当宮の社史をみますと、明治、大正、昭和初期の関東大震災、太平洋戦争の激動期においても、数多くの苦難にも耐えて氏子並びに崇敬者に支えられ現在の御社殿に至ります。

体験祈祷おみくじお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中