御朱印とは?

近年、少しずつ有名になっている“御朱印めぐり”
そもそも御朱印とはどんなものか?
いつ始まったのか?
そして、より楽しむためのポイントについて書きます。

【そもそも御朱印とは?】

御朱印は、神社やお寺に参拝したときにいただくことができます。
神社で用いられる固有の紋や社名、参拝日時などが墨書きされたものです。
神社・お寺それぞれのオリジナルのため、
バリュエーション豊かで、それを楽しみに御朱印を集める人もいます。


伊勢神宮の御朱印帳

【御朱印の始まりは、写経を納めた証だった】

御朱印は、参拝した記念のスタンプだと思う方も多いかもしれません。
しかし、もともとお経を自分で書き写してお寺に納める「納経」の証でした。
それがいつしか参拝の証として、
納経をしなくともいただけるようになりました。

お寺で始まった御朱印ですが、江戸時代にはすでに神社にも出されており、
写経のない神社の場合は、参拝によって「神様とのご縁が結ばれた証」とされているようです。

伊弉諾神宮

【御朱印のもらい方】

いざ御朱印を集めようと思っても、実際にどのようにもらえば良いのかわからない人も多いかと思います。
どのようにもらい、いくら納めれば良いのでしょうか?

御朱印は神社の場合は社務所、お寺の場合は宗務所(寺務所)でもらうことができる場合がほとんどです。
いただける時間帯は、神社やお寺によってですが、主に朝9時ごろから夕方の4~5時頃までです。

御朱印ブームといわれる近年は、御朱印をもらうために多くの人が並んでいることがあります。
御朱印帳を渡す際は、どこを書いて欲しいのかをしっかりと伝え、そこを開いて渡すようにしましょう。

納める金額についてですが、一般的には神社・お寺問わず300円が多いです。
場所によっては、500円のところやお気持ちを納めるところもあるようです。

川越氷川神社

【御朱印集めをより楽しむために】

まず知っておきたいことが、浄土真宗では御朱印を行っていないということです。
浄土真宗の宗祖である親鸞は、ただ念仏を唱えることを大事にしていました。
そのため、御朱印は行なっていません。

次に御朱印は必ず参拝をしてからもらうようにしましょう。
神社やお寺に着いたら、手水舎(ちょうずや)で手や口を清めます。
そして次に本殿でお参りしましょう。
その際、神社では二礼二拍手一礼、お寺では手を合わせることが基本です。

また神社とお寺で御朱印帳を分けるかについてですが、
お寺では神社と混ざっている御朱印帳はいただけないということがあるので分けることをオススメします。

金剛峰寺

金剛峰寺の奥之院には、戦国大名の約6割のお墓があるといわれ、 織田信長や豊臣秀吉をはじめ、明智光秀や武田信玄など名だたる偉人たちのお墓があります 。

松陰神社

‪渋谷から20分ほど、世田谷区の真ん中に、幕末の志士たちを育てた吉田松陰をまつる松陰神社があります。大河ドラマ「龍馬伝」や「花燃ゆ」をきっかけに再び注目が集まり、近所の方から松陰の故郷、山口の方まで、多くの人々が参拝されます。‬

三峯神社

三峯神社では、氣守りというお守りが一番人気です。 普段は、赤・緑・青・ピンクの4色なのですが、1日だけは白の氣守りをいただけます。 手に入れるのも大変困難であり、希少価値もあるのですが、それ以上にご利益がすごいといわれ大変な人気ようです。

東寺

東寺は1200年前、空海が開いた日本初の密教寺院です。鎌倉時代に入ると、東寺は皇族だけでなく庶民にも広く信仰されるようになりました。

須佐神社

スサノオがヤマタノオロチを退治した後、お姫様と余生を過ごしたと言われる土地がこの須佐神社です。出雲市街地から離れた山奥に位置し、なんと須佐神社の宮司である須佐宮司はスサノオの子孫と言われ出雲大社に並び、歴史がある神社とされています。

熊野速玉大社

熊野速玉大社といえば、熊野速玉大社と熊野那智大社と並ぶ熊野三山のひとつです。 その速玉大社の御神木となっているのが境内にあるナギの大木。 ナギの葉は強く裂けにくいことで知られ、そこから葉を拾うと縁結びのご利益を授かるといわれています。

知恩院

いかがでしたか?
どこの御朱印もそれぞれ個性があり、素敵です。
御朱印集めを始めることで、神社・お寺めぐりをさらに楽しむことができますよ。
ぜひ御朱印ライフを始めてみてください。

オススメの御朱印の神社お寺一覧
投稿