御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
新 ホトカミサポーター制度開始(特典あり)
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年12月
鹿苑寺(金閣寺)ではいただけません
広告

ろくおんじ (きんかくじ)|臨済宗相国寺派北山

鹿苑寺(金閣寺)

京都府 北野白梅町駅

投稿する
075-461-0013

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印

御朱印 舎利殿

右上の「参拝」の文字に「世界文化遺産」の印が押され、真ん中の「舎利殿」の墨書きの下に、金閣の印と寺名(鹿苑禅寺)が重ねられています。

御朱印 石不動尊

右上の「参拝」の文字に「京都金閣寺」の印が重ねられ、真ん中の「石不動尊」の墨書きの下に、梵字と「金閣寺不動堂」印が押されています。

御朱印帳

金閣寺御朱印帳 (黒色)

1900円
12cm×18cm
御朱印込み

夜を連想させる漆黒の生地に、主に金色を使って金閣寺とその周辺が描かれた御朱印帳です。
背面には鳳凰が大きく描かれ、その下に御神紋と「北山金閣寺」と書かれています。

金閣寺御朱印帳 (水色)

1900円
12cm×18cm
御朱印込み

天気のよい昼間のような水色生地に、主に金色を使って金閣寺とその周辺が描かれた御朱印帳です。
背面には鳳凰が大きく描かれ、その下に御神紋と「北山金閣寺」と書かれています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、不動堂の近くにある朱印所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~17時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
408
御朱印について
御朱印
あり

「舎利殿」・「石不動尊」の2種類の御朱印をいただけます。御朱印帳は、金閣寺が金の糸で刺繍されたデザインです。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

250台(第1〜第3まで有料駐車場あり)

巡礼

神仏霊場巡拝の道
神仏霊場巡拝の道第93番

ご利益

鹿苑寺(金閣寺)について

美しく輝く金閣寺


金閣寺は室町時代に建立、1994年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。金箔を張り巡らせた輝くお堂で有名です。現在では、日本のみならず海外からも毎年600万人が訪れる大変人気のあるお寺となっています。正式な名称は「鹿苑寺(ろくおんじ)」と言います。

「きぬかけの道」の始まり


「きぬかけの道」とは金閣寺〜龍安寺〜仁和寺と世界遺産登録の三寺をつなぐ、約2.5kmの道のことです。自然豊かな情景のなかを散策しがら有名寺社を参拝できることから、多くの観光客に人気のコースです。金閣寺はこの「きぬかけの道」の始点でもあります。

北山文化と金閣寺


金閣寺は室町幕府の将軍・足利義満によって整備されました。金閣寺のあたり一帯を北山(きたやま)とも言うことから、当時の文化を北山文化とも呼びます。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(273件)

歴史

正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。
 元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。
金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、有名な一休禅師の父である後小松天皇を招いたり、中国との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した舞台で、この時代の文化を特に北山文化といいます。義満の死後、遺言によりお寺となり、夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。

歴史をもっと見る|
9

鹿苑寺(金閣寺)の基本情報

住所京都府京都市北区金閣寺町1
行き方

市バス「金閣寺道」下車すぐ

アクセスを詳しく見る
名称鹿苑寺(金閣寺)
読み方ろくおんじ (きんかくじ)
通称金閣寺
参拝時間

9:00〜17:00

参拝料

大人400円、小中学生300円

トイレ境内茶室前、第1駐車場近くに2箇所ある
御朱印あり

「舎利殿」・「石不動尊」の2種類の御朱印をいただけます。御朱印帳は、金閣寺が金の糸で刺繍されたデザインです。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号075-461-0013
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.shokoku-ji.jp/k_about.html
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご本尊観音菩薩
山号北山
宗旨・宗派臨済宗相国寺派
創建時代応永四年(1397)
開山・開基足利義満
札所など

神仏霊場巡拝の道第93番

ご由緒

正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。
 元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。
金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、有名な一休禅師の父である後小松天皇を招いたり、中国との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した舞台で、この時代の文化を特に北山文化といいます。義満の死後、遺言によりお寺となり、夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。

体験世界遺産御朱印重要文化財札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
サポーターページ小バナー