御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

いせやまこうたいじんぐう

伊勢山皇大神宮

公式神奈川県 桜木町駅

開門時間 6時~19時  授与所 9時~19時

投稿する
045-241-1122

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

『伊勢山皇大神宮 創建150年写真展』

『創建150年写真展作品募集』
~7月31日まで募集中!~
伊勢山皇大神宮創建150年を奉祝し、公募作品による写真展を今秋に開催する運びとなりました。

作品テーマは、伊勢山皇大神宮の祭事、境内の風景となります。5月に行われた神輿渡御や流鏑馬などの神事、あるいは境内の四季、御家族の七五三や婚礼などのお写真でも結構です。但し、過去5年以内の撮影で、SNSも含めて未発表の作品に限ります。

優秀作品には、褒賞もご用意しております。応募要項につきましては、伊勢山皇大神宮公式ホームページの特設ページをご確認下さい。そちらから申込用紙のダウンロードも可能となっています。

皆様のご応募をお待ちしております。

伊勢山皇大神宮の体験その他

『夏詣』

夏越大祓も終わり、明日から今年も後半戦です。半年が過ぎた節目に、神社をお参りし、これまでの半年を感謝し、来る半年の平穏を願う「夏詣」の季節が巡ってきました。

今年も夏詣特別朱印と花手水で、お参りの皆さまをお迎えします。特別朱印の授与は、9月いっぱいまでを予定しております。

また8月29日まで、京急電鉄の夏詣キャンペーンに今年も参加します。京急線沿線の14の神社を巡る、御朱印集めの小さな旅です。こちらのキャンペーンについては、京急電鉄のホームページをご確認下さい。

伊勢山皇大神宮のお祭り伊勢山皇大神宮の御朱印伊勢山皇大神宮の御朱印
お知らせをもっと見る(43件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

令和3年中は、創建150年記念の限定朱印(書置き)を授与しております。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

表参道の大鳥居横に車両入口
駐車台数40台
正月三が日は交通規制により駐車場は閉鎖

巡礼

ご利益

伊勢山皇大神宮について

開港都市・横浜の守り神


野毛山地域の高台に位置し、かつては横浜市街を一望できたといいます。明治3年に現在地に遷座して以来、港町・横浜の歩みを見守ってきました。神奈川県の「宗社」として誕生し、今では「横浜総鎮守」として親しまれています。

神前結婚式でも有名


早くから神前結婚式をとりおこなってきたことでも有名な神社です。「関東のお伊勢さま」としても親しまれる伊勢山皇大神宮は、桜の名所でもあります。

創建150年へ向けて


2020年には創建(遷座)から150年を迎えます。2013年の伊勢神宮式年遷宮における古社殿が撤下され、新たな本殿とする予定です。現在の社殿は東日本大震災で被災した石巻市の鹿島御児神社で再建されるといいます。

おすすめの投稿

茉憂☪︎*。꙳
2018年01月23日(火)
243投稿

お久しぶりの参拝になりました。
横浜は私の生まれ故郷です。
住んでいたのは田舎の方なので、横浜の代表神社としてこちらへ参拝させていただいております(生まれ地に神社がないもので)。
まだまだ初詣人でにぎわっている境内でした。
やっぱりおみくじがにぎわってますね!
おみくじをひかれた皆さんの表情を見ているのが好きです。
たとえ結果が思い通りでなくても、笑い飛ばして結ばれていくので(*^^*)

伊勢山皇大神宮は2020年に創建150年を迎えられます。
その記念事業の一環として、今年からご本殿の建替がついに始まります。
新しいご本殿は伊勢神宮にて20年間使われていた旧社殿がそのまま移築されるとのこと。
伊勢神宮にてついこの間まで使われていた御社殿が伊勢山皇大神宮のご本殿になるということで、まさに、伊勢神宮が横浜にそのまま移られたと言っても過言ではないですよね。
正直、「○○のお伊勢さん」というのは各地に在られ、横浜だけではないにも関わらず、横浜のお伊勢さんに神宮の御社殿がまるごと下げ渡されるなど、どう言葉にしていいかわからないくらいの気持ちでいっぱいです。
これから参拝する際に、益々身が引き締まる思いです。
(ほかに丸ごと頂いているのは熱田神宮のみのよう)

また現在の伊勢山皇大神宮のご本殿は石巻市の鹿島御児神社にて使われるということでしたので、宮城通いの私にはまたとないご縁をつないでいただき、大変個人的なことで恐縮ですが感極まってしまいました。

伊勢山皇大神宮の景色伊勢山皇大神宮の歴史

日本語が難しく、理解できません。

伊勢山皇大神宮の景色伊勢山皇大神宮の本殿伊勢山皇大神宮の本殿

今のご本殿です。

伊勢山皇大神宮の御朱印
もっと読む
こばけん
2021年12月01日(水)
711投稿

 21.11.23。先の萬徳寺さんより徒歩移動2分。
横浜市西区宮崎町に鎮座。
《横浜総鎮守》《関東のお伊勢さま》

御祭神
本 殿:天照大御神。
杵築宮:豊受姫大神。
大神神社:大物主神。

 当宮の創建は、横浜が日本一の貿易港として、また文明開化の先駆けの地として、急速な発展を遂げていた明治3年(1870年)です。

 当時の県知事が「急速な近代化・西洋化の流れの中でも、横浜の人々が日本の国柄を見失わない為に、人々の心の拠り所、また横浜の象徴となるものとして、国家を鎮護する天照皇大神を祀る荘厳な神殿を築く」と告諭し、戸部の地にあった伊勢の神宮より勧請されたと伝わる古社を再興し、港を一望する丘の上へと遷座しました。(後略)
     〜当宮HPより抜粋〜

 本日ラスト箇所。「ホトカミ横浜御朱印めぐり」その14。《関東のお伊勢さま》のキャッチフレーズ通り、伊勢神宮を彷彿とさせる凛とした空気感がありました。本日は新嘗祭の日の為、午前中には神事があったようで、境内にはテント張りが残っていたり、まだ七五三詣のご家族連れもあり、多くの人々で華やいだ雰囲気でした。

伊勢山皇大神宮の御朱印伊勢山皇大神宮の建物その他

社号標。

伊勢山皇大神宮の建物その他

表参道。

伊勢山皇大神宮の鳥居

一の鳥居。

伊勢山皇大神宮の建物その他

参道左側に《伊勢山碑》。
→「伊勢神宮別宮」の文字があります。
 明治7年(1874年)建立で当宮の由緒が書かれています。

伊勢山皇大神宮の像伊勢山皇大神宮の自然伊勢山皇大神宮の建物その他

万葉歌碑。

伊勢山皇大神宮の鳥居

ニの鳥居。
→総檜造り!

伊勢山皇大神宮の手水

鳥居を潜り左に《手水舎》。

伊勢山皇大神宮の手水伊勢山皇大神宮の建物その他

右に《常夜灯》。
→照四海(しょうしかい)と呼ばれ、当宮のシンボルの一つ!
 

伊勢山皇大神宮の建物その他

大注連柱(おおしめばしら)。
→明治22年(1889年)に当時の大遊郭・ニ葉楼から奉納!

伊勢山皇大神宮の本殿

拝殿。
→昭和3年(1928年)に本殿と共に再建されたもの!

伊勢山皇大神宮の本殿伊勢山皇大神宮の本殿伊勢山皇大神宮の本殿

本殿。

伊勢山皇大神宮の末社

境内社 大神神社(おおみわじんじゃ)。

伊勢山皇大神宮の末社

境内社 杵築宮(きづきのみや)。

伊勢山皇大神宮の建物その他

祓所。

伊勢山皇大神宮の建物その他

太鼓楼。
→昭和3年(1928年)、昭和天皇の御即位を奉祝して建立!

伊勢山皇大神宮の建物その他

表忠碑。
→日露戦争で戦没した横浜商業学校出身者の慰霊碑。題字は陸軍大将・乃木希典!

伊勢山皇大神宮の鳥居

裏手の北参道の鳥居。

伊勢山皇大神宮の建物その他伊勢山皇大神宮の自然

境内の《スダジイの木》。
→横浜市の名木・古木指定!

伊勢山皇大神宮の建物その他

社務所。
→こちらで直書きの御朱印を拝受しました。

伊勢山皇大神宮の授与品その他

当宮案内リーフレット。

もっと読む
投稿をもっと見る(285件)

例祭・神事

例祭5月15日 明治3年旧暦4月15日の神社創建にちなむお祭りです。戦前までは
        横浜市の祝日として、市内の官公庁や学校がお休みとなりました。
        

例祭・神事をもっと見る|
79

歴史

 明治3年に横浜の町と港の守り神として、港を見下ろす丘の上へ、神奈川県によって創建されました。横浜の総鎮守、神奈川県の宗社(総氏神)として広く信仰を集めています。
 また、創建の際には当時として日本一の規模の祭礼がとりおこなわれ、外務卿(外務大臣)副島種臣を驚かせたと伝わります。このお祭りがきっかけとなり、アイスクリームが世に広まったという逸話も知られています。
 伊勢神宮の旧社殿を移築し、本殿としていることから、「関東のお伊勢さま」とも呼ばれています。

歴史をもっと見る|
7

伊勢山皇大神宮の基本情報

住所神奈川県横浜市西区宮崎町64
行き方

JR・横浜市営地下鉄 桜木町駅下車 徒歩10分
京浜急行線     日ノ出町駅下車 徒歩10分
みなとみらい線 みなとみらい駅下車 徒歩15分

横浜市営バス・神奈中バスほか 紅葉坂バス停下車 徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称伊勢山皇大神宮
読み方いせやまこうたいじんぐう
通称関東のお伊勢さま
参拝時間

開門時間 6時~19時  授与所 9時~19時

参拝にかかる時間

20分

参拝料

なし

トイレ表参道手水舎奥 記念館内の各階
御朱印あり

令和3年中は、創建150年記念の限定朱印(書置き)を授与しております。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号045-241-1122
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.iseyama.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《本殿》天照皇大神,《杵築宮・子之大神》豊受姫大神,子之大神(大国主神),姥之大神,月読命,須佐之男命,住吉三柱大神,《大神神社磐座》大物主神
創建時代明治3年(1870年)
創始者神奈川県知事 井関盛艮
本殿神明造
ご由緒

 明治3年に横浜の町と港の守り神として、港を見下ろす丘の上へ、神奈川県によって創建されました。横浜の総鎮守、神奈川県の宗社(総氏神)として広く信仰を集めています。
 また、創建の際には当時として日本一の規模の祭礼がとりおこなわれ、外務卿(外務大臣)副島種臣を驚かせたと伝わります。このお祭りがきっかけとなり、アイスクリームが世に広まったという逸話も知られています。
 伊勢神宮の旧社殿を移築し、本殿としていることから、「関東のお伊勢さま」とも呼ばれています。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り祭り夏詣
感染症対策内容

職員にはマスク着用、出勤時の体温測定、消毒の徹底、窓口への飛沫遮蔽カーテン設置などを行います。
ご参拝の皆さまには、少人数でのご参拝、マスク着用、また自動検温器による測定、各所設置の消毒液による手指の消毒をお願い致します。
また、発熱あるいは体調不良時には、大事を取り参拝をお控え頂きますようお願い申し上げます。
なお、混雑状況によって御祈祷を受ける際の同伴人数に制限を設ける場合もございます。
皆様にはご理解を賜るようお願い申し上げます。

Wikipediaからの引用

概要
伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)は、神奈川県横浜市西区宮崎町の神社。 天照皇大神を祭神とし、桜の花が社紋である。横浜では「皇大神宮(こうたいじんぐう)」と称されることも多い。旧社格は官幣国幣社等外別格、後に県社。神奈川県宗社(総氏神)、横浜ならびに横浜港の総鎮守とされ、「関東のお伊勢さま」「汽笛の聞こえるお伊勢さま」としても知られている。日本初の破産宣告を受けた神社でもある。
歴史
歴史[編集] この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。出典検索?: "伊勢山皇大神宮" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2022年8月) 創建[編集] 明治3年(1870年)、一寒村であった横浜が開港場となり、貿易の街として急速に発展した。神奈川県はキリスト教を始めとする外来文化に接する横浜の精神的支柱とするために神社信仰の確立が必要と考えた[要出典]。 そのため、武蔵国の国司が勅命によって伊勢神宮から勧請...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事・年中行事[編集] 例祭:5月15日の本宮を挟んで、宵宮、後宮と3日間行われる。明治3年の旧暦4月14日に神宮が創建されたことに由来する。 大神神社磐座例祭:4月9日に行われる。 杵築宮・子之大神例祭:8月20日に行われる夏祭り。隔年で氏子地域各町会の神輿7基が終結し、連合神輿渡御が行われる。 節分祭:2月3日に行われ、撒豆行事が行なわれる。 大祓:6月30日・12月31日に行われる、身に付いた罪穢れを祓い清める神事。6月の大祓は「夏越大祓」と呼ばれ、境内で大茅の輪潜りの神事が行なわれる。 神奈川県下では最も早く[要出典]、明治35年から神前結婚式を行っている。
引用元情報伊勢山皇大神宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%B1%B1%E7%9A%87%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE&oldid=93237329

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

投稿キャンペーン

15,000投稿達成で
当選数2倍!

まずは30秒で無料登録する
行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月