熱田神宮 (あつたじんぐう)愛知県 神宮前駅

  • 行きたい
  • 投稿する

熱田神宮 の概要

草薙神剣をまつる神社


熱田神宮では、日本神話に登場する「三種の神器」の一つである”草薙神剣”をまつっています。
日本書紀の記述によると、スサノオがヤマタノオロチを退治した時に、しっぽから出てきたという剣といわれています。

熱田まつりは年間25万人⁉︎


熱田神宮の例祭は熱田まつりと呼ばれ多くの人から親しまれています。
毎年6月5日に開催され、花火や武芸など数々の行事が行われています。
毎年25万人もの人出賑わう祭りで、地元の人からは1年で初めて浴衣を着るならわしがあるようです。
すると神社・お寺の情報を追加/編集できます。
  • 投稿(23)
  • 写真(110)
  • アクセス
  • 名前:O-kubochan O-kubochan

    名古屋へ旅行した際、時間に少し余裕が出来たのでここぞとばかりに参拝。

    1 0 お参りした日:2013年05月吉日

    名前:しゅいんさん しゅいんさん

    愛知県を代表する社の一つです。 やっと来ました。(遠いわけではないんですが)

    1 0 投稿した日:2017年09月24日

    名前:Min. Min.

    熱田神宮内はとても広く、この中だけで3箇所のご参拝と御朱印をいただくことができました。 名古屋市内に位置していますが、緑豊かな場所で自然の中をお散歩するのが好きな人は是非♪

    3 0 お参りした日:2017年09月吉日

    名前:Natsumi Yamamoto Natsumi Yamamoto

    日本人として外せない神社(神宮)のうちの一つですね。資料館もあり、貴重な展示物なんかも見ることができます。

    3 0 投稿した日:2017年09月24日

    名前:きのっち きのっち

    230万都市、名古屋のど真ん中に鎮座します熱田神宮。 境内に入ると都会の喧騒が嘘の様に静まります。 今まで何度も参拝していますがとても落ち着く場所です。 昔は数羽いた神鶏ですが最近は一羽しか見かけなくなってしまいました。

    2 0 投稿した日:2017年09月22日

    名前:ひめ ひめ

    境内はとても広く、見所がたくさんです。 歴史を深く感じられました。

    3 0 投稿した日:2017年09月22日

    名前:Kie  Nishizaka Kie Nishizaka

    熱田神宮。 おみくじは反吉でした。 時間に余裕を持っていくのがオススメです。 ゆっくり散策するのがいいかと。 近くにある、ひつまぶしのお店にも行きました! 美味しかったなぁ。また行きたい。

    2 0 お参りした日:2016年02月吉日

    名前:さっこらっこ さっこらっこ

    なごやんにはここは最高の聖地でしょう。高校の友達がこちらで結婚式を挙げました。結婚して18年くらいですが、今もラブラブです。こちらのおかげかも。 私の十三詣りはこちらでした。 お茶会にも行ったことがあります。 私にはパワースポットです。

    3 0 投稿した日:2017年09月20日

    名前:如月 茉憂 如月 茉憂

    三種の神器、草薙神剣がここにある!! ってだけで興奮しますね…! 広い境内です。 当日は結婚式が行われていました。 信長塀が見れて嬉しく。 信長様もこちらに通われたと思うと450年前と変わらず同じ地に足を運べて...もっと読む

    4 0 お参りした日:2017年02月吉日

    名前:安藤つかさ 安藤つかさ

    熱田神宮からのひつまぶしは、ほんと最高

    0 0 投稿した日:2017年09月17日

    名前:Takeshi Kurihara Takeshi Kurihara

    尾張三宮なんですが、天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)があるとされるため神宮格となりました。 神宮格はべつとして、名古屋市内に広い神域を持っているため都心でありながら本殿付近は静寂に包まれています。熱田台地の縁...もっと読む

    3 0 お参りした日:2017年04月吉日

    名前:テラヨリーモ・ジンジャスキー テラヨリーモ・ジンジャスキー

    祖母の入院中、お守りを頂きました。 お守りと祖母の手を握って病室で話をしていた時、火傷するかと思うくらいお守りが熱い気がして手を離してしまいました。 みんなで触ってみたんですが、人肌どころじゃなくて、中にカイロ...もっと読む

    3 2 お参りした日:2014年01月吉日

    名前:ルナ ルナ

    凄く広くて沢山の神様がいて長時間いたくなる場所でした。近場ではないのでなかなか行けませんがまた行っていやされたいです。

    2 0 投稿した日:2017年09月02日

    名前:Takumi Takase Takumi Takase

    あの信長が天下分け目の決戦前に敦盛を舞ったとされる熱田神宮。これぐらいしか知らなかたけど、行って見たかったので、出張ついでに。なかなか良い!ただ、宮きしめんはそんなにうまくない。

    4 0 投稿した日:2017年08月30日

    名前:真理ちゃん SMAP 真理ちゃん SMAP

    2人の息子の七五三の三歳のお参りに行きました。 真偽は定かではありませんが、知恵の神様と聞いたので、「三つ子の魂百まで」を信じ、頭の良い子になりますようにとお願いしました。

    1 0 投稿した日:2017年08月24日

    名前:椎葉の大将 椎葉の大将

    三種の神器の一つ・草薙劔を祀る神社です。 街中にありながら、鳥居を潜ると静寂に包まれます。

    3 0 投稿した日:2017年08月12日

    名前:Takayuki Sano Takayuki Sano

    当時の彼女と正月の初詣に行きました!周りに屋台とかもたくさん出ていてとても楽しかったです。ただ、車で行ったので渋滞がやばかった、、!

    2 0 投稿した日:2017年08月08日

    名前:よしくん よしくん

    お見舞いの帰りに熱田神宮に寄りました。 さっき父に聞くまで忘れていたというか、知らなかったのですが七五三は熱田神宮でやってたみたいです。 急にテンション上がりました。 だって、草薙剣がまつられてるし、織田信長も桶...もっと読む

    9 0 投稿した日:2017年07月09日

    名前:Tomomi Kitagawa Tomomi Kitagawa

    街中にある神聖な場所。 交通の便がいいけど、1歩入れば神聖な感覚が漂います。 浄化されるという感覚に近いです。 織田信長にゆかりのある某もあります。 お正月のような人がたくさんいるときではなく、 そうじゃないときにゆっくりとしたいです。

    7 0 投稿した日:2017年06月19日

    名前:ayaka ayaka

    ミスチルライブで名古屋ドームに行く際に立ち寄りました。 前回は時間があまりなく本宮のみでしたが、今回はゆっくり1人で回りました。 清水社でお願いごとをしながら3回水をかけたら叶うというので、試しましたが全然かから...もっと読む

    9 0 投稿した日:2017年06月11日

    名前:Tetsuro Higuchi Tetsuro Higuchi

    さすが、熱田神宮。スケールがでかいです。

    4 0 投稿した日:2017年05月02日

    名前:坂根大介 坂根大介

    織田信長が桶狭間の戦いで今川義元を破る直前、戦勝祈願訪れた神社。「人生五十年〜」で有名な「敦盛」を舞ったあと、午前八時に熱田神宮に向かい戦勝祈願、その直後勝利。 わずか3000の兵だった織田軍が、2万5000といわれた今...もっと読む

    4 0 投稿した日:2017年04月06日

    名前:よしくん よしくん

    熱田神宮は、三種の神器の一つ、草薙の剣が祀られている神社です。 熱田台地の南端、もともとは岬の先端に位置していたのですが、その後、干拓が進んだことによって、海とは離れました。 岬は御先(みさき)と呼ばれ、そもそも...もっと読む

    4 0 投稿した日:2017年03月26日

  • 熱田神宮 の位置情報

    住所 名古屋市熱田区神宮1-1-1
    エリア 神宮前駅

熱田神宮 の基本情報

名前 熱田神宮
通称 熱田さん
読み方 あつたじんぐう
本尊・御祭神 《主》熱田大神,《配》天照大神,素盞嗚尊,日本武尊,宮簀媛命,建稲種命
Webページ https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/
歴史 古くから「熱田さん」・「宮」と呼ばれて親しまれ、年間1千万人に近い参拝の人々で賑わい、地元はもとより全国津々浦々から「日本の心のふるさと」として限りない崇敬と信仰を集めております。一、由来祭神 熱田大神 ・相殿神 天照大神(あまてらすおおかみ)、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命 祭神の熱田の大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣を御霊代として、よせられる天照大神のことであります。天照大神は、言うまでもなく、皇室の御祖神として至高至貴の神と仰がれ、人々にいつくしみの徳をあたえられた神であります。また、相殿神は「五神(ごじん)さま」と呼ばれ、草薙神剣とゆかりの深い神々で、宮簀媛命、建稲種命は尾張氏の遠祖として、仰がれた神々でもあります。御鎮座は、日本武尊の御事蹟と深い関係があります。御父景行天皇から絶対の御信任を受けた尊は、御東征の帰途、尾張国造の御女宮簀媛命をお妃にお迎えになり、やがて草薙神剣をこの国に留めて崩じられました。その後、宮簀媛命は日本武尊の御遺志を重んじられ、神剣を今の熱田の地に祀られました。今からおよそ1,880年前になります。二、祭典 年間約60度の恒例の祭典と、約10度の特殊神事が昔ながらの尊い手ぶりのまま、今に伝えられています。数多い祭典の大半が産業、民生と深い関係のあることは、熱田神宮の歴史的な特性をよくあらわしております。中でも一番大きなお祭りは、あつた祭りの名で呼ばれる6月5日の例祭です。この祭りには天皇陛下のお使いとして勅使の御奉仕があります。また、初詣、1月5日の初えびす、5月8日からの豊年祭(花の撓)、七五三まいりなどは、殊に多くの参拝者で賑います。三、境内・社殿・建造物 境内は、古くから雲見山・蓬莱島の名で知られ、大都会の中心にありながら静かで、市民の心のオアシスとして親しまれています。面積約190,000平方米(約57,600坪)、境外地をあわせると約539,000平方米(約163,400坪)にのぼります。神苑の樹木はクス・ケヤキ・カシ・シイ・ムク・イチョウ・クロガネモチ等比較的広葉樹が良く育ち、ことにクスは巨木が多く、樹齢千年前後と推定されるものが数本あります。有名な木には、弘法大師お手植と伝える「大楠」、花が咲いても実のならない「ならずの梅」、茶人の愛好する「太郎庵椿」などがあります。境内外には、本宮の外、1別宮、12摂社、31末社が祀られています。本宮社殿の構造は、古くから尾張造という特殊な様式でありましたが、明治26年から神明造に改められ、現在の社殿は昭和30年の御遷座であります。著名な建造物は、西楽所・清雪門・信長塀・佐久間燈篭・二十五丁橋等があり、先の大戦後逐次造営されたものに、神符守札授与所・神楽殿・勅使館・能楽殿・土用殿・文化殿・宝物館・斎館・会館(結婚式場)・宮庁・龍影閣・千秋閣・参拝者休憩所・茶席等があります。四、宝物 当神宮には、その尊い由緒からも、長い歴史の上からも多数の貴重な宝物があり、総数は4千余点にのぼります。そのうち百点近くが国宝及び重要文化財に指定されています。その所蔵品は、縄文時代から現代におよび、朝廷、代々の幕府、戦国の武将、尾張藩公からの寄進から一般庶民のまごころこもる献納品までで内容は、書跡、絵画、彫刻、工芸、和鏡、刀剣等多岐に亘ります。このうち特に有名なものは、熱田本日本書紀、法華経涌出品、舞楽面、菊蒔絵手筥、古神宝、来国俊の短刀をはじめとした刀剣類等であります。これらの宝物は宝物館で順次展観されています。五、造営 当神宮は先の大戦で手痛い戦災をうけ、荘麗をつくした諸施設も、すべて焼失いたしました。この戦災の復興は、幸いにも崇敬者の熱意によって、昭和30年御遷座が行われ、その後も諸施設の造営、境内整備に力を注ぎ、現在では昔日の姿をしのぐ神器奉斎の社にふさわしい偉容が整えられてきました。なお復興計画は、単に戦災によって失われた社殿や、建造物の復興というだけでなく、新時代の神社の施設としてふさわしい総合的な文化施設をも完備し、名実共に崇敬者の心のよりどころにしようとすすめられてきたものであります。六、諸事業 時代に即応して神徳を宣揚し、報恩の誠を捧げる崇敬者のために、奉賛会・熱田講社・豊年講・神御衣奉献会・恵比須講・稲荷講・敬神婦人会・桐竹会・朱鳥会・献茶会・よもぎ花道会・刀剣保存会・献菊会・ボーイスカウト・ガールスカウト・青年会・児童合唱団・蓬栄会・緑陰教室・日本を考える会・学院等の各種団体を結成し、積極的な事業が行われているほか、各種講座、講演会等を開催しています。七、付記・奉賽のてびき 特別参拝は御垣内で、神楽・祈祷(家内安全・会社繁栄・商売繁昌・厄除・初宮詣・自動車祓・諸願成就・各種祈願等)は神楽殿で、結婚式は儀式殿で、それぞれ執り行います。また、地鎮祭・上棟祭・竣工祭・清祓・安全祈願・進水式・神符奉賽・火入式・起工式・月次祭等の祭典はお申し出によって出張して奉仕いたします。なお、結婚式のすべて(披露宴・貸衣裳・着付・記念写真・旅行等)は神宮会館にてうけたまわっております。授与所においては、家内安全・業務繁栄のお札、身体安全・学業・交通安全・安産・厄除等のお守と、神舎・初宮絵馬・各種土鈴・絵葉書・由緒記等を授与しております。なお、特殊な神札、授与品としては、初詣の干支絵馬付破魔矢・えと守・七五三詣の笹飴(千歳飴)、上知我麻神社の、はたらきえびす・あきないえびす神札と招福熊手・福箕等があります。
住所 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

情報提供 by : やすひで, 夜の 帳,

熱田神宮を応援したい方はコチラ

インタビュー記事

投稿

ラッキーなホトカミさん