オススメの祈祷 の神社・お寺まとめ 1~10件を表示 / 全31 件

神田神社(神田明神)(末広町駅)

アクセス抜群!都心の名神社

神田明神は御茶ノ水駅が最寄りですが、秋葉原からも徒歩で行くことが出来ます。元々江戸時代には「江戸総鎮守」として江戸の守り神となっていた神田明神。神田明神は現在でも東京の守り神として人々を見守り、2年に一度、5月には祭りもあります。

何でもOK!?神田明神の様々なご利益

「江戸総鎮守」として江戸の守り神であった神田明神は様々な願い事に対応しています。商売繁盛がメインですが、交通安全や厄除け、ひいてはパソコンの不具合防止などにも対応しています。

注目を浴びたアニメとのコラボ

由緒ある神社である神田明神ですが、近年では秋葉原に近いという地の利を活かして、アニメとのコラボも行っております。作品の中に神田明神が登場した「ラブライブ」とのコラボによる絵馬やおみくじは人気を博しました。

東京都 千代田区外神田2-16-2
最寄り:末広町駅

日枝神社(溜池山王駅)

江戸の鎮守 古くから崇敬されてきた都心の神社

日枝神社は古くは江戸山王大権現と称され、徳川家康入城後の江戸城の鎮守として、また将軍家の産土神として江戸300年を通じて東都第一の社として崇敬されました。三代将軍家光公誕生の地でもあります。

縁結び・仕事運向上のパワースポット

日枝神社がある赤坂は日本の政治経済の中枢といえる永田町近くにあり、千代田区・中央区の広範囲を氏子地域に持つため、政財界から絶大な崇敬を受けています。強いパワーを持つ仕事運・出世運のパワースポットとして、大手企業の社用参拝も多く、ビジネスマンが参拝に訪れる姿を多く目にします。また、縁結びの地としても有名なため、休日には多くのカップルが結婚式を行っている姿を見ることができます。

江戸が沸き立つ、山王祭

山王祭は江戸三大祭の筆頭として、さらに京都の祇園祭・大阪の天神祭と共に、日本三大祭に数えられているお祭りです。6月に開催される山王祭は将軍家康を神の祭礼として、その規模は東都随一と称され、その祭礼に係わる費用を幕府より支出したことから「御用祭」ともいわれました。

東京都 千代田区永田町2-10-5
最寄り:溜池山王駅

尾山神社(北鉄金沢駅)

御祭神は「利家とまつ」

大河ドラマの主人公としても有名になった、加賀藩初代藩主の前田利家とその妻お松の方が仲良くまつられており、夫婦円満や安産がよく祈願されています。

ステンドグラスの神門が神社に!?

和漢洋の三様式が取り入れられた神門は金沢市のシンボルでもあります。てっぺんにある避雷針はなんと日本最古だそうですよ。

石川県 金沢市尾山町11-1
最寄り:北鉄金沢駅

西新井大師総持寺(大師前駅)

女性に愛された厄除け大師

厄災消除の祈願寺として創建された由来を持ち、江戸時代には女性の厄除け祈願所として名を馳せました。 現在も全国から多くの人が厄除けの霊場として訪れ、また厄除けだけでなく様々な所願成就や初参り、七五三等、毎日護摩祈願を行っています。

四季折々の花が咲き誇る境内

「西の長谷寺・東の西新井」と言われ、ぼたんの名所としてよく知られる西新井大師。他にも梅や桜、藤など四季折々のお花が楽しめます。

東京都 足立区西新井1-15-1
最寄り:大師前駅

長谷寺(長谷駅)

「あじさい」といえばなお寺

長谷寺の6月はあじさいが見れることで有名です。 あじさいの品種は40種類以上、数にして約2500本が植えられており、いろとりどりのあじさいを楽しむことができます。 見頃は6月ですが、早いものは5月から咲いており、7月中頃まで楽しむことができます。

様々な景色が楽しめるキレイなお寺

江ノ電長谷駅から徒歩5分で行ける長谷寺は40種類以上のあじさいが咲く散歩道があり、秋には境内で紅葉のライトアップを行われます。また鎌倉の町並みや海岸に加えて、三浦半島も眺められる見晴らし台もあります。

イチゴの形をしたカワイイお守り

長谷寺には様々なお守りが売られていますが、その中で注目すべきなのがイチゴの形をした「願い叶う守り」です。イチゴを「十五」と当てて、「じゅう(十)ぶんなご(五)利益があるように」との願いから作られたお守りです。

出来たばかりの観音ミュージアム

長谷寺の本尊である観音への知識を深めるため、2015年に元々あった宝物殿を改築してできたのが「観音ミュージアム」です。「観音ミュージアム」は様々な展示で観音の歴史や内容を伝えています。

神奈川県 鎌倉市長谷3-11-2
最寄り:長谷駅

厳島神社(広電宮島口駅)

日本三景・宮島にそびえる厳島神社

宮島は、瀬戸内海に浮かぶ島で、本州とは狭いところで1キロメートルも離れていません。その宮島の一画にあるのが、嚴島(いつくしま)神社です。 本殿が初めて建てられたのは6世紀ごろで、火事や災害などで何度も建て替えられてはいますが、最後に建て替えられてからもう約450年が経ちました。 今でも、平安時代の面影を感じさせる貴重な神社として、日本全国から多くの参拝客が訪れます。

島そのものが神様?

古くから宮島は島全体が神様であるとされ、居住が禁止されていました。 厳島神社が海に突き出るかたちに建てられたのも、陸に建てるのが畏れ多かったからだといわれています。

歩いてくぐれる⁉︎海にそびえる大鳥居

厳島神社には、海面に鳥居が建っています。 この朱塗りの鳥居は、奈良の大仏と同じ高さ16メートルと大きな鳥居です。 昔の参拝方法にならって、潮が満ちている時は遊覧船、潮が引いている時は歩いてくぐることができます。

広島県 佐伯郡宮島町1-1
最寄り:広電宮島口駅

待乳山聖天(浅草(東武・都営・メトロ)駅)

奥浅草で縁結びなら、待乳山聖天

浅草の中心街から少し離れた「奥浅草」にたたずむ待乳山聖天。浅草寺の分院でもある待乳山聖天は夫婦関係の円満や子宝祈願に効果があるとされており、数多くのカップル・夫婦連れで賑わっています。

効果最強?待乳山聖天の浴油祈祷

待乳山聖天に数多くの参拝客を集める魅力の1つに「浴油祈祷」があります。「浴油祈祷」は油を用いて、1週間ほどの期間を設けて煩悩を清める祈祷であり、祈祷の中でも最も強力な部類に入ります。

待乳山聖天のシンボルは大根と巾着!

参拝客が待乳山聖天を訪れて、一番目に留まるのが境内の各所にある大根や巾着の印です。大根と巾着は待乳山聖天のシンボルであり、大根は夫婦仲の安定や子孫繁栄をモチーフにして、巾着は商売繁盛をモチーフとしています。

東京都 台東区浅草7-4-1
最寄り:浅草(東武・都営・メトロ)駅

江島神社(片瀬江ノ島駅)

観光客で賑わう江ノ島の守り神弁天様!

観光客で賑わう神奈川有数の観光地江ノ島。江ノ島の高台にあるのが弁天様の三姉妹をまつる江島神社です。弁天様の三姉妹をまつる江島神社は海の安全や芸能の上達などに効果があるとされています。

北条家ゆかりの江島神社の朱印

波と大蛇をかたどった江島神社の朱印には鎌倉幕府を支えた北条時政が子孫繁栄を願ったところ、江島神社の弁天様が北条時政に子孫繁栄を確約して大蛇の姿になって海に消えていったという興味深い伝説があります。

ゾクゾク!ワクワク!江島神社の岩屋

江島神社の一番の見どころは社ではありません。江島神社から下って江ノ島の奥にある岩屋が一番の見所と言えるでしょう。洞窟を進んでいく江ノ島の岩屋は江島神社の原点とされており、数多くの人が参拝に訪れています。

神奈川県 藤沢市江の島2-3-8
最寄り:片瀬江ノ島駅

四天王寺(四天王寺前夕陽ケ丘駅)

豊富な催しでにぎわい

定期的に行われる寄席、毎月21、22日には縁日、その他にもフォトコンテストなど、たくさんの催しが行われています。詳細が載っているWebサイトも要チェックです!

大坂夏の陣では戦場の渦中に

大坂夏の陣の際、大阪城にこもる豊臣秀頼方の勇将、毛利勝永が四天王寺の南大門に布陣したと言われています。日本最大の野戦の中、この地で散っていった侍たちに思いを馳せてみては?

大阪府 大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
最寄り:四天王寺前夕陽ケ丘駅

東寺(教王護国寺)(東寺駅)

空海が開いた1200年の歴史を誇る日本初の密教寺院

東寺は1200年前、空海が開いた日本初の密教寺院です。鎌倉時代に入ると、東寺は皇族だけでなく庶民にも広く信仰されるようになりました。庶民信仰を証明するのが生身供(しょうじんく)と呼ばれる法要です。これは毎朝6時に御影堂の大師像に洗米、野菜、果物などの供物を捧げる40分程の法要で、誰でも無料で参拝でき毎回多くの参拝者が参加しています。

京都府 京都市南区九条町1
最寄り:東寺駅

< 前1234