御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※神田神社(神田明神)ではいただけません

かんだじんじゃ(かんだみょうじん)

神田神社(神田明神)

東京都 末広町駅

投稿する
03-3254-0753

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(1種類)

神田神社では、常時1種類の見開き御朱印をいただくことができます。

神田大明神

300円
書置き

2面見開きの御朱印です。
右面の上部に社殿の写真が入り、右に江戸総鎮守神田明神、真ん中に神田大明神、左に別表神社神田神社と書かれています。
左面の真ん中には白いネズミと打出の小槌のイラストが。

授与場所・時間

御朱印は御神殿に向かって右側にある正面明神文化交流館でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~16時、
御朱印帳は休憩所で9時から16時30分まで頒布されています。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印帳

紺色(紋・鳳凰柄)
16×11cm

紺色の地に鳳凰殿の鳳凰がデザインされ、金色で表面に御朱印帳、裏面に神田明神と入っています。

御朱印をもっと見る|
536
御朱印について
御朱印
あり

右面に写真、左面に印の2面を使用した見開きの御朱印です。神田祭では特別御朱印がいただけます。
アニメとコラボレーションした御朱印帳があります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場あり/約10台

巡礼

東京十社
東京十社

ご利益

神田神社(神田明神)について

アクセス抜群!都心の名神社


神田明神は御茶ノ水駅が最寄りですが、秋葉原からも徒歩で行くことが出来ます。元々江戸時代には「江戸総鎮守」として江戸の守り神となっていた神田明神。神田明神は現在でも東京の守り神として人々を見守り、2年に一度、5月には祭りもあります。

何でもOK!?神田明神の様々なご利益


「江戸総鎮守」として江戸の守り神であった神田明神は様々な願い事に対応しています。商売繁盛がメインですが、交通安全や厄除け、ひいてはパソコンの不具合防止などにも対応しています。

注目を浴びたアニメとのコラボ


由緒ある神社である神田明神ですが、近年では秋葉原に近いという地の利を活かして、アニメとのコラボも行っております。作品の中に神田明神が登場した「ラブライブ」とのコラボによる絵馬やおみくじは人気を博しました。

おすすめの投稿

ひろっく
2021年10月28日(木)
42投稿

東京都千代田区外神田 江戸総鎮守 神田明神

<神田明神の歴史>
社伝によると、当社は天平2年(730)に出雲氏族で大己貴命の子孫・真神田臣(まかんだおみ)により武蔵国豊島郡芝崎村―現在の東京都千代田区大手町・将門塚周辺)に創建されました。
その後、天慶の乱で活躍された平将門公を葬った墳墓(将門塚)周辺で天変地異が頻発し、それが将門公の御神威として人々を恐れさせたため、時宗の遊行僧・真教上人が手厚く御霊をお慰めして、さらに延慶2年(1309)当社に奉祀いたしました。戦国時代になると、太田道灌や北条氏綱といった名立たる武将によって手厚く崇敬されました。
慶長5年(1600)、天下分け目の関ヶ原の戦いが起こると、当社では徳川家康公が合戦に臨む際、戦勝のご祈祷を行ないました。すると、9月15日、神田祭の日に見事に勝利し天下統一を果たされました。これ以降、徳川将軍家より縁起の良い祭礼として絶やすことなく執り行うよう命ぜられました。

江戸幕府が開かれると、当社は幕府の尊崇する神社となり、元和2年(1616)に江戸城の表鬼門守護の場所にあたる現在の地に遷座し、幕府により社殿が造営されました。以後、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として、幕府をはじめ江戸庶民にいたるまで篤い崇敬をお受けになられました。
明治時代に入り、社名を神田明神から神田神社に改称し、東京の守護神として「准勅祭社」「東京府社」に定められました。明治7年(1874)には、はじめて東京に皇居をお定めになられた明治天皇が親しく御参拝になり御幣物を献じられました。

大正12年(1923)、未曾有の関東大震災により江戸時代後期を代表する社殿が焼失してしまいましたが、氏子崇敬者をはじめ東京の人々により、はやくも復興が計画され、昭和9年に当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート、総朱漆塗の社殿が再建されました。
昭和10年代後半より、日本は第二次世界大戦へと突入し東京は大空襲により一面焼け野原となってしまいました。当社の境内も多くの建造物がほとんど烏有に帰しましたが、耐火構造の社殿のみわずかな損傷のみで戦災を耐えぬきました。

戦後以降、結婚式場・明神会館など次々と境内の建造物が再建されていき、昭和51年に檜木造の隨神門が再建されるに及び、江戸時代に負けない神社の姿を取り戻しました。さらに「平成の御造替事業」が行なわれ、社殿の修復・塗替えや資料館の創建など境内整備が進められました。平成17年、神札授与所・参拝者控え所・休憩所を兼ね備えた鳳凰殿、氏子英霊をお祀りする祖霊社が建立されるなど、さらに境内整備が進められております。

参拝後は、明神下の喜川のうなぎか、みやまの天丼。中山道横の天野屋で甘酒・甘味と言ったところか。

神田神社(神田明神)(東京都)神田神社(神田明神)(東京都)神田神社(神田明神)の建物その他神田神社(神田明神)(東京都)神田神社(神田明神)(東京都)神田神社(神田明神)の建物その他神田神社(神田明神)の本殿神田神社(神田明神)の狛犬神田神社(神田明神)の狛犬神田神社(神田明神)の鳥居神田神社(神田明神)の建物その他
もっと読む
Gclef
2020年09月14日(月)
128投稿

東京十社自転車めぐり~④神田神社~
(根津神社)--3.0km--(神田神社)--5.3km--(亀戸天神社)

四社目は神田神社にお参りしました。
これまで巡った王子神社、白山神社、根津神社は
ややひっそりとしたところに立地していましたが、
この辺りまで来ると都会の喧騒真っただ中です。

東京十社の中でも社殿や隋神門は最大規模で見ごたえがあります。
秋葉原の近くであることからアニメとのコラボがあったり、
観光に特化したガラス張りの文化交流会館があったりと、
寺社仏閣に疎い人でも楽しめるスポットになっているようです。

根津神社から神田明神の道中には湯島天満宮もあり、
十社めぐりの際は立ち寄ってもよいかと思います。

次の東京十社は亀戸天神社へと向かいます。
山の手の外に出て、下町エリアをひたすら東にこぎ続けます。

*****************************************************
東京十社とは「元准勅祭社」にあった十社の総称で、
①王子神社②白山神社③根津神社④神田神社⑤亀戸天神社
⑥富岡八幡宮⑦芝大神宮⑧品川神社⑨赤坂氷川神社⑩日枝神社
の各社になります。
いずれも都内ではエース級の規模を誇る有力社です。

准勅祭社とは1868年に東京鎮護を願って定められた十二社で、
明治天皇からの幣帛もあったほど重要視されていました。
(十二社は東京十社に六所神社・鷲宮神社の二社を加える)
ただ当時の社格でいうと十二社中に式内社はなく、
また官国幣社もないということになります。
(その後1882年に日枝神社が官幣社に指定)
「准」とつくのは、勅祭社はそれはそれで制定しており、
それに併せて指定された経緯があるようです。
ただ准勅祭社の制度は早くも1870年には廃止になってしまいました。

その後1975年に昭和天皇の即位50年を記念して十社巡礼が企画され、
今では観光的な意味合いで広く知られるにいたっています。
*****************************************************

神田神社(神田明神)の御朱印

御朱印。朱印紙のみの頒布でした。これは見開きではなく、左右別々の紙でいただくことになります。カラー写真がついている御朱印というのは珍しいです。

神田神社(神田明神)の鳥居

中山道沿いに建つのは銅製の立派な鳥居。

神田神社(神田明神)の山門

隋神門。総桧の重層入母屋造で非常に大きな造りです。文様や彫刻、出組が豪華に作りこまれています。詰組や扇垂木などがあってか、お寺のような雰囲気も感じます。

神田神社(神田明神)の山門

威圧感がすごい。

神田神社(神田明神)の芸術

ここまで精巧だともはや芸術品です。

神田神社(神田明神)の歴史

神田明神御由緒。

神田神社(神田明神)の狛犬

狛犬。参拝者と正対するように置かれています。

神田神社(神田明神)の本殿

拝殿。権現造で鉄骨鉄筋コンクリート・総朱漆塗の社殿です。東京十社の社殿としては一番大きいのではないでしょうか。よーく見ると分かるのですが、屋根の先などいたるところに小さな金色の鳥が乗っています。丸っこくてかわいいのですが、なんでいるのでしょう?

神田神社(神田明神)の本殿

参拝客も多く、拝殿前は人が絶えません。

神田神社(神田明神)の周辺

文化交流館。平成30年に建てられたばかりの新しいものです。2030年に創建1300年を迎えることを記念してオープンしたそうです。4階建てのガラス張りの建物で、中ではお土産を買ったり、飲食もできます。御朱印もこの建物の1階でいただけます。

神田神社(神田明神)の周辺

文化交流館の一回の土産物売り場。めちゃくちゃ洗練された内装です。食べ物だけでなく、書籍やシャツなど何でも売っています。

神田神社(神田明神)の建物その他

授与所。御朱印はここでいただけます。

神田神社(神田明神)の周辺

神社脇の明神男坂。秋葉原方面へ抜ける参道です。

もっと読む
投稿をもっと見る(426件)

例祭・神事

5月15日(神田祭)

例祭・神事をもっと見る|
87

歴史

正式名称・神田神社。東京都心一〇八町会の総氏神様で、神田・日本橋・秋葉原・大手丸の内、そして東京の食を支える市場の発祥地の氏神様として、青果市場・魚市場の人々からもあつく崇敬されております。縁結び、商売繁昌、社運隆昌、除災厄除、病気平癒など数多くのご神徳をお持ちの神々です。
当社は、天平二年(730)のご創建で、江戸東京の中で最も歴史ある神社のひとつです。はじめは現在の千代田区大手町・將門塚周辺に鎮座していましたが、徳川家康公が江戸に幕府を開き江戸城が拡張された時、江戸城から表鬼門にあたる現在の地へ遷座いたしました。それ以降、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として幕府から江戸庶民にいたるまで多くの人々の崇敬を受けました。さらに、明治に入り、准勅祭社・東京府社に列格し皇居・東京の守護神と仰がれ、明治天皇も親しくご参拝になられました。
境内には、日本初の本格的な鉄骨鉄筋コンクリート・総漆朱塗造の御社殿(国指定登録文化財)や、総檜造の隋神門、神札授与所・参拝者待合室・休憩所を兼ねた鳳凰殿、明神会館・資料館・石造日本一の大きさを誇るだいこく様尊像・えびす様尊像・江戸国学発祥の地碑・銭形平次の碑などがございます。縁結びのご神徳から神前結婚式も多く行われております。

歴史をもっと見る|
43

神田神社(神田明神)の基本情報

住所東京都千代田区外神田2-16-2
行き方

中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(B1出入口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分
都バス 茶51駒込駅南口←→御茶ノ水線 神田明神徒歩1分
首都高速都心環状線 神田橋出入口
首都高速1号上野線 上野出入口

アクセスを詳しく見る
名称神田神社(神田明神)
読み方かんだじんじゃ(かんだみょうじん)
通称明神さま
参拝時間

9:00〜16:00

参拝料

なし

御朱印あり

右面に写真、左面に印の2面を使用した見開きの御朱印です。神田祭では特別御朱印がいただけます。
アニメとコラボレーションした御朱印帳があります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3254-0753
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kandamyoujin.or.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》大己貴命,少彦名命,平将門
創建時代天平二年(730)
本殿入母屋造内陣三社
札所など

東京十社

ご由緒

正式名称・神田神社。東京都心一〇八町会の総氏神様で、神田・日本橋・秋葉原・大手丸の内、そして東京の食を支える市場の発祥地の氏神様として、青果市場・魚市場の人々からもあつく崇敬されております。縁結び、商売繁昌、社運隆昌、除災厄除、病気平癒など数多くのご神徳をお持ちの神々です。
当社は、天平二年(730)のご創建で、江戸東京の中で最も歴史ある神社のひとつです。はじめは現在の千代田区大手町・將門塚周辺に鎮座していましたが、徳川家康公が江戸に幕府を開き江戸城が拡張された時、江戸城から表鬼門にあたる現在の地へ遷座いたしました。それ以降、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として幕府から江戸庶民にいたるまで多くの人々の崇敬を受けました。さらに、明治に入り、准勅祭社・東京府社に列格し皇居・東京の守護神と仰がれ、明治天皇も親しくご参拝になられました。
境内には、日本初の本格的な鉄骨鉄筋コンクリート・総漆朱塗造の御社殿(国指定登録文化財)や、総檜造の隋神門、神札授与所・参拝者待合室・休憩所を兼ねた鳳凰殿、明神会館・資料館・石造日本一の大きさを誇るだいこく様尊像・えびす様尊像・江戸国学発祥の地碑・銭形平次の碑などがございます。縁結びのご神徳から神前結婚式も多く行われております。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三食事・カフェ御朱印重要文化財祭りアニメなどサブカル

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

神田神社(神田明神)に関連する記事

おすすめのホトカミ記事

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月