御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉

あさくさじんじゃ

浅草神社
公式東京都 浅草(つくばEXP)駅

下記の通りに社務時間を変更しております。
授与所 受付時間
平日:午前9時~午後4時
土日祝日:午前9時~午後4時半

現在の御朱印・御朱印帳

御朱印

通常御朱印 3種類

浅草神社の御朱印

浅草神社

500円
直書き・書置き

浅草神社の御朱印
三社様の御朱印になります。

御朱印をもっと見る|
1065

最新のお知らせ

【ご案内】祈年祭 参列者【2/17(土)】

2024年02月17日(土) 〜

【ご案内】浅草神社では、2月17日に祈年祭を執り行います。
祈念祭とは…春の耕作初めにあたり、五穀豊穣を祈るお祭りで 「としごいのまつり」とも呼ばれます。
「とし」とは稲のことを指し、「こい」は祈りや願いのことで、 お米を初めとした五穀の稔りを祈ることを意味しております。

日 付:令和6年2月17日(土)10時斎行
時 間:受付開始 9時15分より
    祭典催行 10時 
    ※祭典の説明がありますので9時40分までにお越し下さい。 
    ※祭典の途中からの参列や退出はできません。
     時間に余裕を持ってお越し下さい。
申込方法:
参加ご希望の方は下記の申し込みフォームまたは電話(03-3844-1575)にてお申し込みください。
↓↓↓
https://ws.formzu.net/dist/S884897140/
初穂料:2000円を目安にお心持を当日お持ちください。(御朱印代含む)

▼注意事項
①ご参列をご希望の方は各自で感染症対策にご協力ください。
②ご参列の方には特別御朱印を授与致します。御朱印帳に貼り付けてのお頒かちとなりますので、ご希望の方は必ず御朱印帳をご持参ください。
③当日は9時15分〜40分までに社務所にて受け付けをお願い致します。
④遅れての参列や途中退出はできません。
⑤素足でのご昇殿はご遠慮いただいております。靴下等ご着用ください。
⑥社殿は大変冷え込みます。暖かくしてお越しください。
⑦定員に達し次第、募集を終了させていただきます。
 

浅草神社(東京都)
浅草神社(東京都)
お知らせをもっと見る(131件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

浅草神社、恵比須様、被官稲荷神社の三種の御朱印がございます。
書き置き(紙)での頒布もございます。
節句や祭事などに合わせ特別御朱印を頒布しております。
限定御朱印は御朱印帳をお持ちの方のみとなり、書き置き頒布は行っておりません。

ほかにも浅草名所七福神巡り、東京福めぐりを行っております。

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり

通常御朱印:ご希望の方に書き入れを行っております。書き置きのご用意もございます。
特別御朱印:書き置きは行っておりません。

郵送対応
-

御朱印の郵送対応は行っておりません。
お守りなど授与品についてはお電話にて問い合わせ願います。

御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

有り:挙式・御祈祷の方のみ使用できます。
参拝の方は、恐れ入りますがお近くにございます有料駐車場ををご利用ください。
駐車場は馬道通りからのみ入れます。
黄色のスーパーホテルの看板と浅草神社入口の旗を目印にお進みください。
※言問通りからですと浅草寺さんの敷地になりますのでお間違えないようお気をつけ願います。

おすすめの投稿

ぱん吉🍀
2024年01月21日(日)
933投稿

初詣遠征②『浅草神社』 初めての浅草廿日戎 ٩(ˊᗜˋ*)و
金ピカ恵比寿様の特別御朱印を御朱印帳にいただき、埴輪おみくじと金運御守も拝領✨おめでたい気分になりました♪

巫女さんや人力車のお兄さんがとても気さくな神対応!
笑顔いっぱいの素敵な参拝 (*´μ`*)
浅草廿日戎で幸せが沢山くるといいな~🍀

浅草神社(東京都)

『浅草廿日戎』本戎でした✨
御朱印帳にしか対応していただけない特別感!
薄紙が重なると雰囲気が変わります

浅草神社(東京都)

福笹に色々ぶら下げるのは楽しそう🎵
でも飛行機に搭乗することを考え諦めました、、
雰囲気だけはしっかり感じられ満足😊

浅草神社(東京都)
浅草神社(東京都)
浅草神社(東京都)

離れて撮っていたら、巫女さんが立ち止まってくれてプチ撮影会😄
外国の方も喜んでいました!笑顔が可愛いくて素敵なお二人💕

浅草神社(東京都)

美しい拝殿でしっかり参拝🙏

浅草神社(東京都)
浅草神社(東京都)

埴輪みくじ
今年二回目のおみくじも大吉💓
でも慎重に行動しないと、、

浅草神社(東京都)

すごく素敵な金運御守✨
コロンとしたフォルムが魅力的

浅草神社(東京都)
浅草神社(東京都)

こちらの手水舎は龍神様が並んでカッコイイ!

浅草神社(東京都)
浅草神社(東京都)

人力車のお兄さんも立ち止まりポーズをとってくれてビックリ!
さすが観光地🎵最高の笑顔でおもてなし✨😄✨

浅草神社のお祭り

今日は神輿庫も開いていました

浅草神社(東京都)
浅草神社(東京都)

今年も仲良く😊

もっと読む
投稿をもっと見る(552件)

歴史

明治初年の文書によると、祭神は土師真中知命、檜前浜成命、檜前武成命・東照宮である。浜成、武成の兄弟は隅田川で漁猟中、魚は一匹も取れず、網に掛かるは人型の尊像のみ。幾度海に返し場所を変えても同じことの繰り返し。兄弟は不思議に思い尊像を丁寧に持ち、槐の切株に安置しました。
そして文化人である土師真中知にその日の出来事を語り見てもらうと聖観世音菩薩の仏像であると告げました。
後世に土師氏の子孫が聖観世音菩薩の夢告を受け三人を祀り、三社権現社が創建されました。
正確な創建年代は不明ですが、起源と経緯や各時代の縁起等に記される伝承を鑑みて、
仏教普及の一つ方便である権現思想が流行り始めた平安末期から鎌倉初期以降と推察されます。
のちに明治政府より発せられた神仏分離令により、明治元年に社名を三社明神社と改めて、
同五年には社格が郷社に列せられ、翌六年に浅草郷の総鎮守として現在の浅草神社に定められました。
今でも氏子の方々にはその名残から「三社様」と親しまれています。

東照宮は権現様すなわち徳川家康のことで、慶安二年(1649)に合祀された。
以来、三社大権現といい、明治元年(1868)三社明神、同六年浅草神社と改称した。
現在の社殿は慶安二年12月、徳川家光が再建したもの。
建築様式は、本殿と拝殿との間に「石の間」(弊殿・相の間ともいう)を設け、
屋根の棟数の多いことを特徴とする権現造。
この社殿は江戸時代初期の代表的権現造として評価が高く、国の重要文化財に指定されている。
毎年五月に行われる例祭は「三社祭」の名で知られ、
都指定無形民俗文化財「びんざさら」の奉演、百体近い町神輿の渡御があって、
人々が群集し、賑やかである。

歴史をもっと見る|
25

浅草神社の基本情報

住所東京都台東区浅草2-3-1
行き方

東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩7分
都営地下鉄浅草線浅草駅から徒歩8分
東武線浅草駅から徒歩7分
つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称浅草神社
読み方あさくさじんじゃ
通称三社様
参拝時間

下記の通りに社務時間を変更しております。
授与所 受付時間
平日:午前9時~午後4時
土日祝日:午前9時~午後4時半

トイレ参拝者の方は近隣の公衆トイレをご案内しております。
御朱印あり

浅草神社、恵比須様、被官稲荷神社の三種の御朱印がございます。
書き置き(紙)での頒布もございます。
節句や祭事などに合わせ特別御朱印を頒布しております。
限定御朱印は御朱印帳をお持ちの方のみとなり、書き置き頒布は行っておりません。

ほかにも浅草名所七福神巡り、東京福めぐりを行っております。

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

通常御朱印:ご希望の方に書き入れを行っております。書き置きのご用意もございます。
特別御朱印:書き置きは行っておりません。

御朱印帳あり
電話番号03-3844-1575
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.asakusajinja.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神御祭神:土師真中知命、檜前浜成命、檜前武成命
相殿:徳川家康公、大国主命(大黒様)、事代主命(恵比須様)
本殿権現造
文化財

社殿:国宝建造物、重要文化財

ご由緒

明治初年の文書によると、祭神は土師真中知命、檜前浜成命、檜前武成命・東照宮である。浜成、武成の兄弟は隅田川で漁猟中、魚は一匹も取れず、網に掛かるは人型の尊像のみ。幾度海に返し場所を変えても同じことの繰り返し。兄弟は不思議に思い尊像を丁寧に持ち、槐の切株に安置しました。
そして文化人である土師真中知にその日の出来事を語り見てもらうと聖観世音菩薩の仏像であると告げました。
後世に土師氏の子孫が聖観世音菩薩の夢告を受け三人を祀り、三社権現社が創建されました。
正確な創建年代は不明ですが、起源と経緯や各時代の縁起等に記される伝承を鑑みて、
仏教普及の一つ方便である権現思想が流行り始めた平安末期から鎌倉初期以降と推察されます。
のちに明治政府より発せられた神仏分離令により、明治元年に社名を三社明神社と改めて、
同五年には社格が郷社に列せられ、翌六年に浅草郷の総鎮守として現在の浅草神社に定められました。
今でも氏子の方々にはその名残から「三社様」と親しまれています。

東照宮は権現様すなわち徳川家康のことで、慶安二年(1649)に合祀された。
以来、三社大権現といい、明治元年(1868)三社明神、同六年浅草神社と改称した。
現在の社殿は慶安二年12月、徳川家光が再建したもの。
建築様式は、本殿と拝殿との間に「石の間」(弊殿・相の間ともいう)を設け、
屋根の棟数の多いことを特徴とする権現造。
この社殿は江戸時代初期の代表的権現造として評価が高く、国の重要文化財に指定されている。
毎年五月に行われる例祭は「三社祭」の名で知られ、
都指定無形民俗文化財「びんざさら」の奉演、百体近い町神輿の渡御があって、
人々が群集し、賑やかである。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り重要文化財祭り札所・七福神巡り夏詣花手水
Youtube
感染症対策内容

手水舎の柄杓撤去しております。
授与所、御祈祷受付等、各所にアルコール消毒剤の設置しております。
受付にて検温器の設置

来社の方はマスク着用は任意となります。
入り口にてアルコール消毒をお願いいたします。
職員は各自の判断にてマスクを着用してのご対応を行っております。
御祈祷・挙式でもマスク着用は任意となります。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
法輪寺限定御朱印小バナー2024年3月

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ