御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

あさくさじんじゃ

浅草神社

公式東京都 浅草(つくばEXP)駅

下記の通りに社務時間を変更しております。
授与所 受付時間
平日:午前9時~午後4時
土日祝日:午前9時~午後4時半

投稿する
03-3844-1575

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

御朱印

通常御朱印 3種類

浅草神社の御朱印

浅草神社

500円
直書き・書置き

浅草神社の御朱印
三社様の御朱印になります。

恵比須様(浅草名所七福神)の御朱印

恵比須様

500円
直書き・書置き

御祭神と一緒にお祀りしている恵比須様の御朱印
浅草名所七福神の1つです。
恵比須さまの持ち物である、魚を入れるかごと釣り竿の印が押されています。

末社:被官稲荷神社の御朱印

被官稲荷神社

500円
直書き・書置き

被官稲荷神社は浅草神社の末社です。
浅草神社の裏手にございます。石畳が続いており、1,2分の場所にいちしております。
ご神使の狐の印が押されています。

お正月などの特別な期間は、被官稲荷神社の授与所にて御朱印が頒布されています。
被官稲荷神社のページを見る

兼務社:浅草富士浅間神社

浅草富士浅間神社

500円
直書き・書置き

浅草富士浅間神社の社務所は通常は閉めておりますので、浅草神社にて承っております。
浅草神社から徒歩10分ほどに位置します。

お正月などの特別な期間は、浅草富士浅間神社の社務所にて御朱印が頒布されています。
浅草富士浅間神社のページを見る >

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本殿正面向かって右側にある授与所でお分ちしております。

御朱印の受付時間は平日9時~16時、土日祝は9時~16時半 お正月・祭事期間は異なります。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印帳(5種類)

浅草神社の御朱印帳は全部で2種類5色になります。
御朱印帳が3色、令和特別御朱印帳が2色あります。

御朱印帳(小)

御朱印帳(小)

1500円:御朱印一体含む
約16×11㎝
紺・緑・桃

浅草神社で人気の高い大丈夫守と同じ柄が組み合わせてあります。
江戸小紋とは、江戸時代の武士の裃(かみしも)に用いられた染め物。
江戸小紋の特徴である小さな柄が、江戸の風情を感じさせます。

令和特別御朱印帳

御朱印帳(大)

2000円:御朱印一体含む
約18×12㎝
桃・紫

浅草神社の社紋を中心に、霊獣である鳳凰・飛龍・獅子・麒麟が描かれています。

開運八社さんぽ 東京福めぐり

東京福めぐり」は、開運さんぽとして八つの神社を巡ります。
全ての神社が都営地下鉄浅草線沿線の駅から15分以内ですので、散歩がてらお楽しみください。
八社の神社名が浄書された専用の折帖をご用意しております。
ご参拝の証として、神社名の上から各神社の神印が押印されます。すべての神印が揃うと「満願成就」の印が押印され、満願記念の証をお渡しいたします。満願になりました折帖は、屏風のように広げてお飾り頂けますし、折り畳んで大切に保管されるのも良いでしょう。

めぐり方

「東京福めぐり」には決まった巡り方はございません。お好きな神社から始められます。
期間もありませんので、数日に分けてゆっくりとお巡り頂けます。
まず最初は専用の折帖をお受けになってください。最初に受けられた神社の神印は既に押印されています。

初穂料

・折帖(一社分の押印を含む) 1800円
・各神社での押印       300円

交通案内

都営地下鉄浅草線沿線の駅をご利用頂きますと全ての神社が沿線上にございます。
浅草線で巡られる場合は「都営まるごと切符」をご利用になるとお得です。

浅草神社 
都営浅草線「浅草」駅A4・A5出口 徒歩8分

東京メトロ銀座線「浅草」駅A4・A5出口 徒歩8分

東武線「浅草」駅徒歩7分
つくばエクスプレス「浅草」駅 徒歩10分

鳥越神社 
都営浅草線「蔵前」駅 A1・A3出口 徒歩5分

JR総武線「浅草橋」駅 西口 徒歩8分 

都営大江戸線「新御徒町」駅 徒歩10分

福徳神社 
都営浅草線「日本橋」駅 B12出口 徒歩12分

東京メトロ銀座線「三越前」駅 A6 出口 徒歩1分

波除神社 
都営浅草線「東銀座」駅 6番出口 徒歩10分

都営大江戸線「築地市場」駅 A1 出口 徒歩5分

東京メトロ日比谷線「築地」駅 1番出口 徒歩7分

烏森神社 
都営浅草線「新橋」駅 徒歩2分 
東京メトロ銀座線「新橋」駅 徒歩2分

JR「新橋」駅 西口、日比谷口 徒歩2分 烏森口 徒歩3分

・高輪神社 
都営浅草線「泉岳寺」駅 A2出口 徒歩5分 「高輪台」駅 徒歩15分
JR「高輪ゲートウェイ」駅 徒歩5分

戸越八幡神社 
都営浅草線「戸越」駅 A2出口 徒歩5分

蛇窪神社 
都営浅草線「中延」駅 徒歩5分
東急大井町線「中延」駅 徒歩6分

過去の限定御朱印

浅草神社では、季節や行事に合わせてカラフルな限定御朱印をいただけます。
ここからは2020年に頒布された過去の限定御朱印をご紹介します。

重陽の節句御朱印

書置き
2020年9月9日

9月9日限定で頒布された御朱印。
重陽の節句では、菊酒や栗ごはんを食べる風習があるため、うさぎとかえるが盃や栗を持っています。

七夕特別御朱印

書置き
2020年7月6~8日

七夕の限定の、天の川や星が描かれた御朱印です。
うさぎが織姫、かめが彦星の格好をしています。

夏詣特別御朱印

書置き
2020年7月1~30日

夏詣は、浅草神社からはじまった新しい風習です。
7月1日以降に神社お寺にお参りし、1月からの半年の無事を感謝し、残りの半年の平穏を願います。
すずやかな水色の御朱印には夏詣の印が押され、笹の葉が夏らしさを感じさせます。

ひなまつり特別御朱印

直書き
2020年3月3日

3月3日限定で頒布された桃の節句の御朱印。
御朱印帳に直書きされ、上に桃の花、うさぎ、かえるの印刷された薄紙を貼り付けてくださいます。
神社名はピンクの墨に金色のラメが含まれています。

節分特別御朱印

直書き
2020年2月3日

節分の日の限定御朱印。
干支のねずみが豆まきをしている様子や、節分に魔除けとして飾られるやいかがしが描かれています。

浅草廿日戎特別御朱印

書き置き(御朱印帳必携)
2020年1月19・20日

浅草廿日戎(はつかえびす)の限定御朱印。
廿日戎は、1月20日に商売繁盛を祝って行なう恵比須さまのお祭りです。

初詣特別御朱印

直書き
2020年1月1~7日

初詣期間限定の御朱印。
干支の庚子(かのえね)の印が特徴的です。

御朱印をもっと見る|
750

最新のお知らせ

【ご案内】月待ち講【🌑新月・満月🌕】

皆さんこないだの十五夜はお月見をされたでしょうか。
日本では昔から月を愛でる習慣がございます。

月待ち講とは、特定の月齢の日に仲間が集まり、
飲食をともにしながら月が出るのを待ち、
気持ちを静めて月を拝み、悪疫退散を願う行事です。

浅草神社で「月待ち講」を昨年より行っております。

新月・満月の夕方に神社へお集まり頂き、神様へ祈りと感謝を捧げます。

新月には社殿で大祓詞を奏上し、自身の浄化を。
また、神様に誓いを立てる「種まき」をします。
和紙に願いを一つ書き、御守り袋“神祈(かむねぎ)守”に入れます。

満月には、神様に感謝を願い、発表し、それについて語り合い、
新月で種まきをした「収穫」を行います。
晴れた日には、外に出てのお月見も予定したいと思います。

日程:令和4年 [新月] 10月25日(火)・[満月] 11月8日(火)
時間:午後5時30分より 所要時間は1時間~1時間半程度
対象:小学生以上(ご家族での参加可能)
条件:新月・満月共にご参加可能な方
人数:20名
受付方法:事前申込制(ご来社またはお電話にて)
(浅草神社 ☎️0338441575)
参加費用:新月2,000円、満月1,000円(玉串料・御守り・お菓子・飲み物代を含む)

内容:【正式参拝】(新月・満月共通)
大祓詞奏上・巫女舞奉奏・玉串奉奠
【祈りと感謝の時間】
新月 新たな祈りの場として目標を掲げる
満月 1. 掲げた目標と結果を報告し、感謝の和を広げる
2. お月見をする(隅田川 等)

※授与される御守りは、月待ち講でのみお頒かちする特別なものとなります。

【ご案内】10月の社子屋【来社・オンライン】

10月の社子屋のご案内

10月1日(土)午後4時より開催いたします。
今月は来社、オンライン両方で行いますので、
ご都合の良い形でご参加くださいませ。

内容は、
・人形劇
・駄菓子あれこれ
になります。

事前申し込み制となりますので、
来社希望の方は、浅草神社☎03-3844-1575または来社にて申込みください。
オンラインご希望の方は、QRコードまたは浅草神社ホームページ(https://www.asakusajinja.jp)よりお申込みくださいませ。

お知らせをもっと見る(57件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

浅草神社、恵比須様、被官稲荷神社の三種の御朱印がございます。
節句や祭事などに合わせ特別御朱印を頒布しております。

ほかにも浅草名所七福神巡り、東京福めぐりを行っております。

限定
あり
御朱印帳にお書き入れ
あり

通常御朱印:ご希望の方に書き入れを行っております。書き置きのご用意もございます。
特別御朱印:書き置きは行っておりません。

郵送対応
-
ありません
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

有り:挙式・御祈祷の方のみ使用できます。
参拝の方は、恐れ入りますがお近くにございます有料駐車場ををご利用ください。
駐車場は馬道通りからのみ入れます。
黄色のスーパーホテルの看板と浅草神社入口の旗を目印にお進みください。
※言問通りからですと浅草寺さんの敷地になりますのでお間違えないようお気をつけ願います。

おすすめの投稿

ドリルうさぎ
2021年01月20日(水)
358投稿

廿日戎(はつかえびす)に参拝。浅草神社の戎は令和2年から始まり今回で2回目です。限定御朱印も去年の1回目から授与されています。

関西では初詣よりも人出が多い十日戎が有名で、関東は廿日に行うそうです。関東のえびす様のお祭りは秋のえびす講の方が知られていて、浅草神社も秋にえびす講を開催しています。
浅草神社では1月の戎様はまだ2度目ですが、限定御朱印もあるのでもっと廿日戎が有名になるといいなと思います。

十日戎は前日を「宵えびす」、当日を「本えびす」、翌日を「残り福」といいます。
浅草神社の廿日戎も前日の御朱印に「宵戎」、本祭の日の御朱印に「本戎」というはんこが押されて区別されていました。

福笹という笹を授与してもらい、お願い事に合う吉兆というお飾りを付けていただきます。
クリスマスツリーにオーナメントを飾るイメージで、それぞれの吉兆飾りに意味(ご利益)があります。
欲張りなので吉兆全部のせをいただきました。

浅草神社の御朱印

浅草神社の令和三年初詣御朱印と、令和三年廿日戎(はつかえびす)の本戎(ほんえびす)限定御朱印。初詣御朱印は金色の色墨が使われていて華やかです。戎御朱印はえびす様御神姿と日付、本戎の文字、角印が下の和紙にあり、重ねられた透ける紙(トレーシングペーパー)に浅草神社の神印と浅草廿日戎の文字があります。

浅草神社の授与品その他

福笹をいただきました。吉兆全部付いてご利益ましましです。笹の葉は紙製で針金が閉じてあり持ち帰りやすいようになっていました。

浅草神社の建物その他

福笹と吉兆の授与所。

浅草神社の鳥居

浅草寺の聖観音様を発見した三社様をお祀りしています。参道右手にある二条門は工事中でした。

浅草神社の建物その他

緊急事態宣言中の平日午後なので空いていました。右のプレハブは御朱印専用の授与所。

浅草神社の狛犬

夫婦狛犬さんは注連飾りでおしゃれしていました。

浅草神社の周辺

仲見世近くの団子屋さんで休憩。この後別のお店でラーメンも。商店の方は皆さん廿日戎についてご存じでしたが、「今日だったんですね」という反応で知名度はまだこれからだと思いました。
せっかく都内なので来年以降も詣でようと思います。

もっと読む
投稿をもっと見る(368件)

歴史

明治初年の文書によると、祭神は土師真中知命、檜前浜成命、檜前武成命・東照宮である。浜成、武成の兄弟は隅田川で漁猟中、魚は一匹も取れず、網に掛かるは人型の尊像のみ。幾度海に返し場所を変えても同じことの繰り返し。兄弟は不思議に思い尊像を丁寧に持ち、槐の切株に安置しました。
そして文化人である土師真中知にその日の出来事を語り見てもらうと聖観世音菩薩の仏像であると告げました。
後世に土師氏の子孫が聖観世音菩薩の夢告を受け三人を祀り、三社権現社が創建されました。
正確な創建年代は不明ですが、起源と経緯や各時代の縁起等に記される伝承を鑑みて、
仏教普及の一つ方便である権現思想が流行り始めた平安末期から鎌倉初期以降と推察されます。
のちに明治政府より発せられた神仏分離令により、明治元年に社名を三社明神社と改めて、
同五年には社格が郷社に列せられ、翌六年に浅草郷の総鎮守として現在の浅草神社に定められました。
今でも氏子の方々にはその名残から「三社様」と親しまれています。

東照宮は権現様すなわち徳川家康のことで、慶安二年(1649)に合祀された。
以来、三社大権現といい、明治元年(1868)三社明神、同六年浅草神社と改称した。
現在の社殿は慶安二年12月、徳川家光が再建したもの。
建築様式は、本殿と拝殿との間に「石の間」(弊殿・相の間ともいう)を設け、
屋根の棟数の多いことを特徴とする権現造。
この社殿は江戸時代初期の代表的権現造として評価が高く、国の重要文化財に指定されている。
毎年五月に行われる例祭は「三社祭」の名で知られ、
都指定無形民俗文化財「びんざさら」の奉演、百体近い町神輿の渡御があって、
人々が群集し、賑やかである。

歴史をもっと見る|
17

浅草神社の基本情報

住所東京都台東区浅草2-3-1
行き方

東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩7分
都営地下鉄浅草線浅草駅から徒歩8分
東武線浅草駅から徒歩7分
つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称浅草神社
読み方あさくさじんじゃ
通称三社様
参拝時間

下記の通りに社務時間を変更しております。
授与所 受付時間
平日:午前9時~午後4時
土日祝日:午前9時~午後4時半

トイレ参拝者の方は近隣の公衆トイレをご案内しております。
御朱印あり

浅草神社、恵比須様、被官稲荷神社の三種の御朱印がございます。
節句や祭事などに合わせ特別御朱印を頒布しております。

ほかにも浅草名所七福神巡り、東京福めぐりを行っております。

限定御朱印あり
御朱印帳に直書きあり

通常御朱印:ご希望の方に書き入れを行っております。書き置きのご用意もございます。
特別御朱印:書き置きは行っておりません。

御朱印の郵送対応なし

御朱印帳あり
電話番号03-3844-1575
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.asakusajinja.jp/
おみくじあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神御祭神:土師真中知命、檜前浜成命、檜前武成命
相殿:徳川家康公、大国主命(大黒様)、事代主命(恵比須様)
本殿権現造
文化財

社殿:国宝建造物、重要文化財

ご由緒

明治初年の文書によると、祭神は土師真中知命、檜前浜成命、檜前武成命・東照宮である。浜成、武成の兄弟は隅田川で漁猟中、魚は一匹も取れず、網に掛かるは人型の尊像のみ。幾度海に返し場所を変えても同じことの繰り返し。兄弟は不思議に思い尊像を丁寧に持ち、槐の切株に安置しました。
そして文化人である土師真中知にその日の出来事を語り見てもらうと聖観世音菩薩の仏像であると告げました。
後世に土師氏の子孫が聖観世音菩薩の夢告を受け三人を祀り、三社権現社が創建されました。
正確な創建年代は不明ですが、起源と経緯や各時代の縁起等に記される伝承を鑑みて、
仏教普及の一つ方便である権現思想が流行り始めた平安末期から鎌倉初期以降と推察されます。
のちに明治政府より発せられた神仏分離令により、明治元年に社名を三社明神社と改めて、
同五年には社格が郷社に列せられ、翌六年に浅草郷の総鎮守として現在の浅草神社に定められました。
今でも氏子の方々にはその名残から「三社様」と親しまれています。

東照宮は権現様すなわち徳川家康のことで、慶安二年(1649)に合祀された。
以来、三社大権現といい、明治元年(1868)三社明神、同六年浅草神社と改称した。
現在の社殿は慶安二年12月、徳川家光が再建したもの。
建築様式は、本殿と拝殿との間に「石の間」(弊殿・相の間ともいう)を設け、
屋根の棟数の多いことを特徴とする権現造。
この社殿は江戸時代初期の代表的権現造として評価が高く、国の重要文化財に指定されている。
毎年五月に行われる例祭は「三社祭」の名で知られ、
都指定無形民俗文化財「びんざさら」の奉演、百体近い町神輿の渡御があって、
人々が群集し、賑やかである。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三御朱印お守り重要文化財祭り札所・七福神巡り夏詣花手水
Youtube
感染症対策内容

手水舎の柄杓撤去しております。
授与所、御祈祷受付等、各所にアルコール消毒剤の設置しております。
受付にて検温器の設置

来社の方はマスク着用必須となります。
職員はマスクを着用してのご対応を行っております。
御祈祷・挙式でもマスクを着用しております。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月