ゲストさん
無料で登録する

北野天満宮京都府 北野白梅町駅

きたのてんまんぐう

京都府 京都市上京区馬喰町
4月~9月・5時~18時  10月~3月・5時30分~17時30分

全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社


北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。
天神信仰の発祥の地であり、学業成就や武芸上達を願う人達から「学問の神さま」「芸能の神さま」として知られています。

天のエネルギーが働く聖地


楼門と拝殿の間に建つ中門は三光門。三光とは、日、月、星の意味で、梁の間に彫刻があることが名前の由来ですが、星の彫刻だけが見られないともいわれています。なぜなら、かつて朝廷があった場所から見ると、ちょうどこの門の上に北極星が輝くことから。天空と一つになり平安京を守っていた場所なのです。この伝説は「星欠けの三光門」として今も七不思議に数えられています。

京都の春を彩る梅の名所 天神様の梅干しも!


毎年2月上旬頃から梅苑を公開。白梅、紅梅、一重、八重とたくさんの梅の花が咲き誇る姿を見るために多くの人達が訪れます。また、神域で育った梅の実は、神職、巫女や職員が総がかりで採取し塩漬け、土用干しなどの作業を経て、奉書紙で包まれた「大福梅」となり、12月13日の事始めから終い天神の頃まで授与されるとあって、天神さまのご神徳が宿る正月の縁起物として大変人気があります。

北野天満宮について

基本情報

名称北野天満宮
読み方きたのてんまんぐう
通称北野の天神さん
祭神《主》菅原道真,《配》中将殿,吉祥女
電話番号075-461-0005
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://kitanotenmangu.or.jp/
歴史

菅原道真公を祀り、一般に「北野の天神さん」と呼ばれ、学問の神として崇められている。
天暦元年(947)の創建と伝え、天徳三年(959)藤原師輔によって社殿が整備され、天正十五年(1578)には、豊臣秀吉が、付近一帯の松原で北野大茶会を催した。
本殿(国宝)は、豊臣秀頼が、慶長十二年(1607)に造営したもので、権現造りの代表的遺構である。また、中門は三光門と呼ばれ、後西天皇筆の勅願「天満宮」を掲げている。
宝物としては、紙本著色北野天神縁起絵巻(国宝)などの貴重な文化財を蔵している。
毎年二月二十五日には梅花祭、十月四日には瑞饋祭が催されるほか、毎年二十五日の道真公の命日には多くの参拝者が賑う。

分類

最終更新: 2018年11月23日
情報提供:SHIMA UTAgaruハナナチエ
北野天満宮の方へ
ログインすると神社・お寺の情報を追加/編集できます。

アクセス

住所京都市上京区馬喰町
Googleマップで地図を開く
エリア北野白梅町駅
行き方

JR京都駅より市バス50・101系統
JR・地下鉄二条駅より市バス55系統
JR円町駅より203系統
地下鉄今出川駅より市バス51・102・203系統
京阪出町柳駅より市バス102・203系統
京阪三条駅より市バス10系統
阪急大宮駅より市バス55系統
阪急西院駅より市バス203系統
京福電車白梅町駅より徒歩5分
いずれも北野天満宮前下車すぐ

拝観時間

4月~9月・5時~18時  10月~3月・5時30分~17時30分

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

使い方をもっと詳しく

ログインすると 、御朱印などのお参りの記録をウェブ上に保存し、共有できます。
あなただけの「行きたい神社お寺リスト」も作成できます。

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン