絵馬とは?意外と知らない絵馬の由来と書き方

神社やお寺などでよく目にする絵馬。
今回は、絵馬とは何か?その意味や由来、書き方をはじめ、身近なようで意外と知らない絵馬についてお伝えします。

昔は本物の馬を奉納していた!絵馬の意味と由来

絵馬とは、神様や仏様に祈願、またはお礼参りのために奉納する、絵の描かれた板のことです。

絵馬の起源は、神様に神馬(しんめ)として生きた馬を献上する古代の風習にあるとされています。
時代が下るにつれ、本物の馬は木で作った馬や土で作った馬で代用され、平安時代には絵に描いた馬を奉納するようになります。
室町時代には個人が現世利益を求め、小型の絵馬を奉納するようになり、江戸時代には家内安全や商売繁盛といった身近なお願い事を書く風習が庶民にも広がりました。
それによって馬以外の絵も描かれるようになり、今のように様々なデザインの絵馬が生まれました。

絵馬の発祥は京都の貴船神社

馬は古来より神様の乗り物であると考えられてきました。
そのため、歴代の天皇は祈願の際に、生きた馬を神馬(しんめ)として神社に奉納していました。
水の神様をまつる京都の貴船神社では、雨ごいの祈願の時には黒い馬を、晴れの祈願の時には灰色または赤毛の馬、といったように目的によって異なる毛色の馬が献上されました。
しかし平安時代から時折、本物の馬に代わり馬の絵を描いた板が奉納されるようになります。
この絵の描かれた板こそが今日の絵馬の原型であると考えられています。

ひょうたんに狐にラブライブ!?種類豊富な絵馬

現代では、絵馬の絵柄や形が多様化し、様々な絵馬を見ることができるようになりました。
京都府の豊国神社にはひょうたん型の絵馬があります。
足軽から太閤にまで上りつめた豊臣秀吉を出世開運の神様としておまつりするこの神社では、豊臣秀吉の馬印であるひょうたんを絵馬のモチーフにしているのです。

他にも形の変わった絵馬はあります。
同じく京都の伏見稲荷大社では神様のお使いの狐の形をした絵馬があります。

絵馬の絵柄も多種多様です。神田明神には人気を博したアニメ『ラブライブ!』の絵馬があります。

このように、お寺や神社によってまったく違う絵馬を楽しむことが出来ます。

絵馬の書き方は?値段は?

絵馬の書き方は?

絵の描かれていない面にお願い事を書くようにしましょう。
雨で消えてしまわないよう、油性ペンなどで書きます。神社やお寺側が筆記用具を用意している場合が多いのでそれを使うことをおすすめします。
お願い事はひとつだけ書き、欲張らないようにしましょう。
神様や仏様に誰のお願い事か分かるように、名前を記入してください。
昨今はプライバシーの問題で、個人情報を隠すことの出来るシールが用意されている場合もありますが、ない場合はイニシャルなどでも問題ありません。

絵馬の値段は?

神社やお寺によって様々ですが、だいたい500~1000円ほどでいただくことが出来ます。

絵馬の持ち帰りは大丈夫?

絵馬を持ち帰ってはいけないという決まりはありませんが、境内に絵馬をかけるところがある場合が多いので、そこにかけて帰ることが一般的です。
書き終わったら奉納して帰りましょう。

おわりに

絵馬の意味や由来について、お分かりいただけたでしょうか?
元々は本物の馬を奉納する風習が、いつしか絵のかかれた板を奉納する絵馬へと変化していったのですね。
絵馬にも様々なデザインのものがありますので、是非参拝した際には絵馬にも注目してみてくださいね。
また、お願い事が成就したら必ずお礼参りをしましょう!

「ホトカミ」とは?

みんなでつくる神社お寺の投稿サイトです。
・登録から投稿まで3分
・画像無しでも大丈夫
・日付も入力できる
(過去のお参りの記録の整理にも)

歴史に詳しい必要はありません。
みなさんの個人的な思い出や、お参りの記録の投稿で日本中の神社お寺を応援しよう!