ゲストさん
無料で登録する

貴船神社京都府 鞍馬駅

きふねじんじゃ

京都府 京都市左京区鞍馬貴船町180
6:00~20:00 (5月1日~11月30日) 6:00~18:00 (12月1日~4月30日)

恋愛運がアップする三社詣とは?


貴船神社には恋愛運がアップする境内のまわり方があるといわれています。
まず初めに流造の本殿を参拝します。次に奥宮を参拝し、最後に結社を参拝するという順です。
結社には、良縁を授けてくれるイワナガヒメがまつられており、古くから恋愛祈願として信仰を集めていたようです。

由緒、そして丑の刻参りについて


社の名は「きふね」と発する。地域の名は「キブネ」だが、「水の神様が濁っていてはいけない」ということで濁音を含まず「きふね」となる。
古い社ゆえ正確な縁起は不明だが、古い社記に「丑の年丑の日丑の刻に貴船山中腹鏡岩に天降れり」とあり、これが貴船大神がこの地にもたらされた日であり、これに最も近い、貴船大神に近しい日時に祈る行事が「丑の刻参り」のはじまりであるが、近年は呪いの儀式と混同されている嫌いがある。くれぐれも貴船大神は呪い神ではなく丑の刻参りも呪いの儀式とは関係ないことを覚えて頂きたい。

貴船神社について

基本情報

名称貴船神社
読み方きふねじんじゃ
拝観時間

6:00~20:00 (5月1日~11月30日) 6:00~18:00 (12月1日~4月30日)

御朱印あり
電話番号075-741-2016
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://kifunejinja.jp/

詳細情報

ご祭神《主》高龗神
ご由緒

御祭神は高龗神。水の供給を司る神。
創建年代は明らかではないが、第十八代反正天皇の御世に奥宮の水の湧き出すところに社殿を建てたという御鎮座伝説がある古社。対岸鞍馬山の鞍馬寺は、平安初期の延暦十五年(796)藤原伊勢人が貴船明神の夢のお告げで建立したと諸書に出ているので、その当時すでに貴船の神は大きな力を具えていたことがうかがえる。永承元年(1046)七月の水害で奥宮が被災、天喜三年(1055)四月この地に本社を移築した。
京都に都が開かれて当社は国の重要な神社となり、事ある毎に勅使(天皇のお遣い)が差し向けられた。特に当社には、日照りの時に黒馬を、長雨の時には白馬を献じて「雨乞い」「雨止み」の祈願がこめられた。「その数数百度に及ぶ」とある。平安時代の勅願社二十二社の一社で、延期式名神大社。庶民の崇敬が篤く全国に二千社を数える分社がある。
古くは「貴布禰」と記したが、「黄船」「木船」「木生嶺」「気生根」などの表記が見られる。明治四十年官幣中社となり、以後「貴船」の表記で統一された。
例祭六月一日

分類

最終更新: 2019年02月24日
情報提供:やすひで西縁 ゆかり夜の 帳T. Takauragaruハナナチエ
貴船神社の方へ
ログインすると神社・お寺の情報を追加/編集できます。

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

使い方をもっと詳しく

ログインすると 、御朱印などのお参りの記録をウェブ上に保存し、共有できます。
あなただけの「行きたい神社お寺リスト」も作成できます。

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン