ゲストさん
無料で登録する

東寺(教王護国寺)京都府 東寺駅

とうじ(きょうおうごこくじ)|東寺真言宗

京都府 京都市南区九条町1
春(3月20日~)8:30~17:30 秋(9月20日~)8:30~16:30

空海が開いた1200年の歴史を誇る日本初の密教寺院


東寺は1200年前、空海が開いた日本初の密教寺院です。鎌倉時代に入ると、東寺は皇族だけでなく庶民にも広く信仰されるようになりました。庶民信仰を証明するのが生身供(しょうじんく)と呼ばれる法要です。これは毎朝6時に御影堂の大師像に洗米、野菜、果物などの供物を捧げる40分程の法要で、誰でも無料で参拝でき毎回多くの参拝者が参加しています。

東寺(教王護国寺)について

基本情報

名称東寺(教王護国寺)
読み方とうじ(きょうおうごこくじ)
宗派東寺真言宗
本尊薬師如来
電話番号075-691-3325
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.toji.or.jp/
歴史

平安京の正門にあたる羅城門の東西に、都の左京と右京を守る王城鎮護の為、また東国と西国とを守る国家鎮護の寺として、「東寺」と「西寺」という2つの官立寺院が建立された事を始まりとします。その後西寺は早い時期に衰退したが、東寺は823年(弘仁14)に嵯峨天皇から真言宗の宗祖である弘法大師空海へ下賜され、そこからは国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となりました。平安後期には一時期衰退するが、鎌倉時代には弘法大師信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として、皇族から庶民まで再び広く信仰を集めるようになります。中でも、後白河法皇の皇女である宣陽門院(1181~1252)は空海に深く帰依し、莫大な荘園を寄進した他、「生身供」(空海が今も生きているがごとく毎朝食事を捧げる儀式)や「御影供」(毎月21日の空海の命日に供養を行う)等の儀式を創始しました。中世以後も、後宇多天皇・後醍醐天皇・足利尊氏等、多くの貴顕や為政者の援助を受けて栄えました。1486年(文明18)の火災で主要堂塔のほとんどを失いますが、豊臣家・徳川家などの援助により、金堂・五重塔等が再建されました。何度かの火災を経て、東寺には創建当時の建物はもう残っていませんが、南大門・金堂・講堂・食堂が南から北へ一直線に整然と並ぶ伽藍の配置や、各建物の規模は平安時代のままで変わっていません。

分類

最終更新: 2018年03月15日
情報提供:やすひでYutaro Hasegawagaruみすまるますみ
東寺(教王護国寺)の方へ
ログインすると神社・お寺の情報を追加/編集できます。

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

使い方をもっと詳しく

ログインすると 、御朱印などのお参りの記録をウェブ上に保存し、共有できます。
あなただけの「行きたい神社お寺リスト」も作成できます。

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン