参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

とうじ(きょうおうごこくじ)|東寺真言宗

東寺(教王護国寺)京都府 東寺駅

とうじ(きょうおうごこくじ)|東寺真言宗

東寺(教王護国寺)京都府 東寺駅

京都府 京都市南区九条町1
金堂講堂:8:00〜17:00(16:30受付終了)、宝物館:9:00〜17:00(16:30受付終了)
御朱印あり
病気平癒
神仏霊場巡拝の道

空海が開いた1200年の歴史を誇る日本初の密教寺院


東寺は1200年前、空海が開いた日本初の密教寺院です。鎌倉時代に入ると、東寺は皇族だけでなく庶民にも広く信仰されるようになりました。庶民信仰を証明するのが生身供(しょうじんく)と呼ばれる法要です。これは毎朝6時に御影堂の大師像に洗米、野菜、果物などの供物を捧げる40分程の法要で、誰でも無料で参拝でき毎回多くの参拝者が参加しています。

行事

毎月21日(御影供・弘法市)
4月21日(正御影供)

行事

毎月21日(御影供・弘法市)
4月21日(正御影供)

オススメの投稿

東寺の夜間拝観です。 R1沿い。京都の入り口って感じでアクセスも良いので人いっぱい。 駐車場は大宮通沿い、石碑がある山門のすぐ北側から入ることができ、…続きを読む

東寺(教王護国寺)(京都府)
東寺(教王護国寺)(京都府)
東寺(教王護国寺)(京都府)

6

東寺(教王護国寺)(京都府)

なんか東寺ってまともに拝観目的で行った記憶がありません(苦笑) いつも「弘法市」にしか行かないという(苦笑) 縁日なので沢山の屋台が毎月21日にたちま…続きを読む

東寺(教王護国寺)の建物その他
東寺(教王護国寺)の建物その他
東寺(教王護国寺)の塔

13

東寺(教王護国寺)の塔

過去のアップはしないようにしていますが、先日の生田神社同様、現在使っている御朱印帳の記録としてご紹介させてください。 私の妹は歴女で、古刹名刹に詳しく、…続きを読む

東寺(教王護国寺)の御朱印帳
東寺(教王護国寺)の御朱印
東寺(教王護国寺)の景色

5

東寺(教王護国寺)(京都府)

秋期特別公開で、前日から講堂と五重塔の公開が始まったばかりでした。 個人的には、金堂の日光・月光菩薩、講堂の軍荼利明王、降三世明王が好きですね。 密教…続きを読む

東寺(教王護国寺)の庭園
東寺(教王護国寺)の庭園
東寺(教王護国寺)の塔

11

東寺(教王護国寺)の庭園

世界遺産「教王護国寺」 JR京都駅近く。駐車場も大概空いてるのでアクセスは良いです。 有名なのでとりあえず、桜が美しいことでも紹介しときます。 …続きを読む

東寺(教王護国寺)の自然
東寺(教王護国寺)の自然
東寺(教王護国寺)の自然
投稿をもっと見る(80件)

アクセス

住所京都市南区九条町1
Googleマップで地図を開く
エリア東寺駅
行き方

JR京都駅より徒歩15分
近鉄東寺駅より徒歩10分
阪急大宮駅下車、市バス東寺東門前バス停より徒歩1分

駐車場有料駐車場あり(600円/2時間)
近くの駅

◼︎近鉄京都線
東寺駅から直線約440m
徒歩約10分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎近鉄京都線
十条駅から直線約840m
徒歩約20分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎近鉄京都線
京都駅から直線約920m
徒歩約22分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎JR京都線

◼︎JR湖西線

◼︎JR琵琶湖線

◼︎JR奈良線

◼︎JR山陰本線

◼︎東海道新幹線
京都駅から直線約1.06km
徒歩約25分
車で約5分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

東寺(教王護国寺)について

基本情報

名称東寺(教王護国寺)
読み方とうじ(きょうおうごこくじ)
拝観時間

金堂講堂:8:00〜17:00(16:30受付終了)、宝物館:9:00〜17:00(16:30受付終了)

拝観にかかる時間

30分〜1時間

拝観料

御影堂・食堂:なし

トイレあり
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号075-691-3325
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.toji.or.jp/

詳細情報

ご本尊薬師如来
山号八幡山
宗旨・宗派東寺真言宗
創建時代延暦十五年(796)
開山・開基弘法大師
本堂入母屋造本瓦葺
札所など

四国八十八箇所霊場
洛陽三十三所観音霊場第二十三番札所
都七福神・兜跋毘沙門天
京都十三仏霊場第十二番札所

文化財

金堂,五重塔,御影堂,蓮花門,五大明王像, 金剛波羅蜜多菩薩坐像,持国天立像,梵天坐像,金剛法菩薩坐像,金剛波羅蜜多菩薩坐像,金剛宝菩薩坐像,大威徳明王坐像,不動明王坐像,兜跋毘沙門天立像,両界曼荼羅図金剛界曼荼羅,両界曼荼羅図胎蔵界曼荼羅,弘法大師行状絵詞 第3巻,弘法大師尺牘,犍陀穀糸袈裟,海賦蒔絵袈裟箱,金銅密教法具(国宝)
東大門,講堂,宝蔵,薬師三尊像,千手観音菩薩立像,大日如来坐像,地蔵菩薩立像,(国重要文化財)

ご由緒

平安京の正門にあたる羅城門の東西に、都の左京と右京を守る王城鎮護の為、また東国と西国とを守る国家鎮護の寺として、「東寺」と「西寺」という2つの官立寺院が建立された事を始まりとします。その後西寺は早い時期に衰退したが、東寺は823年(弘仁14)に嵯峨天皇から真言宗の宗祖である弘法大師空海へ下賜され、そこからは国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となりました。平安後期には一時期衰退するが、鎌倉時代には弘法大師信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として、皇族から庶民まで再び広く信仰を集めるようになります。中でも、後白河法皇の皇女である宣陽門院(1181~1252)は空海に深く帰依し、莫大な荘園を寄進した他、「生身供」(空海が今も生きているがごとく毎朝食事を捧げる儀式)や「御影供」(毎月21日の空海の命日に供養を行う)等の儀式を創始しました。中世以後も、後宇多天皇・後醍醐天皇・足利尊氏等、多くの貴顕や為政者の援助を受けて栄えました。1486年(文明18)の火災で主要堂塔のほとんどを失いますが、豊臣家・徳川家などの援助により、金堂・五重塔等が再建されました。何度かの火災を経て、東寺には創建当時の建物はもう残っていませんが、南大門・金堂・講堂・食堂が南から北へ一直線に整然と並ぶ伽藍の配置や、各建物の規模は平安時代のままで変わっていません。

巡礼
ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2020年01月14日 byハナナチエ
作成者:ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所京都市南区九条町1
Googleマップで地図を開く
エリア東寺駅
行き方

JR京都駅より徒歩15分
近鉄東寺駅より徒歩10分
阪急大宮駅下車、市バス東寺東門前バス停より徒歩1分

駐車場有料駐車場あり(600円/2時間)
近くの駅

◼︎近鉄京都線
東寺駅から直線約440m
徒歩約10分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎近鉄京都線
十条駅から直線約840m
徒歩約20分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎近鉄京都線
京都駅から直線約920m
徒歩約22分
車で約4分
Googleマップで確認



◼︎JR京都線

◼︎JR湖西線

◼︎JR琵琶湖線

◼︎JR奈良線

◼︎JR山陰本線

◼︎東海道新幹線
京都駅から直線約1.06km
徒歩約25分
車で約5分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
行きたい投稿する
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る