御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

やなぎだにかんのん ようこくじ|西山浄土宗立願山

柳谷観音 楊谷寺

公式京都府 長岡天神駅

投稿する
075-956-0017

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

押し花朱印つくり My花手水キット  『光』

My花手水キット「光」

空の手水舎に押し花をあしらい、世界に一つだけの花手水をつくりませんか。
今回は希望の光を黄色の押し花で表してみました。
神仏が光の差す方向へ導いてくれますように。
枚数限定ですのでなくなりしだい終了します。
また、完成しましたらご遥拝をお願いします。

詳細はこちらをご覧くださいませ。
https://yanagidani.jp/blog/myhanacyouzu/

柳谷観音 楊谷寺(京都府)柳谷観音 楊谷寺の御朱印

~まだ観たことのない京都へ~ 柳谷観音紅葉ウイーク2019 11/2~12/1開催

まだ観たことのない京都へ…。

秋を彩る柳谷観音の風物詩、「柳谷観音 紅葉ウィーク」を今年も開催いたします。
上書院特別公開の他、限定御朱印授与やワークショップなども開催。
歴史ある柳谷観音で、深まる秋と美しい日本の文化・芸術をご堪能ください。

-----------------------------------------------------------------------------------
【開催概要】

◆開催期間 11/2(土)~12/1(日)
◆時間   9:00~16:00
◆入山料  300円
◆入山料+上書院・寺宝庫拝観料 共通券 1,000円
 ※上書院・寺宝庫 10:00~15:00
-----------------------------------------------------------------------------------
【イベント詳細】

◆上書院特別公開
 ・酒井抱一「秋草図」特別展示
◆寺宝庫特別公開
 ・天皇家下賜品 特別展示
◆龍の花手水
◆限定御朱印
 ・ガラシャまつり御朱印
 ・御即位記念御朱印
 ・押し花朱印(書き置き)
 ・なないろ手水御朱印(書き置き)
◆11/10 女子力アップGOKANワークショップ
 ・数珠ブレスレット作り
 ・練香作り
 ・お琴演奏体験
◆限定『なないろ手水御朱印帳 刺繍版』

※各種SNSをご覧ください

柳谷観音 楊谷寺の手水

龍の花手水

柳谷観音 楊谷寺の庭園

限定ライトアップ

柳谷観音 楊谷寺の御朱印

押し花朱印 「秋の草花」

柳谷観音 楊谷寺の手水

もみじの花手水「なないろ手水」

お知らせをもっと見る(3件)
檀家以外の参拝
檀家以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

通常御朱印のほかに17日限定御朱印・季節の草花の押し花をじぶんであしらう押し花朱印つくり・押し花朱印つくりの花手水ver.My花手水キット。世界にひとつだけの御朱印になります。郵送対応御朱印はこちらをご覧くださいませ。

https://yanagidani.jp/prayers/gosyuin/

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

こちらをご覧くださいませ。

https://yanagidani.jp/access/

おすすめの投稿

nomuten
2022年04月25日(月)
456投稿

大阪東部·京都西部の寺院巡りの4寺目は、3寺目の高槻市から東へ行って京都府に入って最初の市の長岡京市に在る立願山 楊谷寺です。通称は柳谷観音。
西山浄土宗で、本尊は千手観音。
この本尊は重文で、毎月17日に開帳されます。(18日も開帳かも?未確認)

801年に清水寺を開山した延鎮僧都がお告げにより当地に来て、柳が茂る谷の岩の上で千手観音を見付け、お堂を建てて観音を祀り楊谷寺とした。また、811年に空海が参詣に訪れた際、お堂の溜まり水で小猿の潰れた眼を洗っている親猿を見付け祈祷した所、小猿の眼が開いた。更に祈祷を行い眼病に苦しむ人のために霊水「独鈷水」にしたと伝わります。

大山崎町を抜けずに信号が無いと思われる山越えの府道79号を走り、大阪府から京都府に入ると一面霊園、この辺りには楊谷寺しかないから楊谷寺の霊園だなあと思いながら下って行くと駐車場(コインパーキング)がありましたので停めて境内に向かいました。17日は縁日という事もあり参道脇に数軒の出店。石段を少し上がると山門、山門をくぐった所で入山料を納めます。(先月までは紫陽花、紅葉シーズン以外は無料でしたが有料化。)
正面に本堂、左側に手水と鐘楼。花手水(龍手水)で綺麗ですね。ハート形にくり抜いたピンク色の撮影ポイントがありました。本堂で本尊の千手観音(重文)を拝観しますが、遠くてガラス越しで幕があって上半身しか観れませんね、やや残念。本堂に上がって左側から書院と浄土苑が観れました。手水(庭手水と恋手水)が可愛いです。
17日は上書院に入る事ができるので迷いましたが(別料金)、紫陽花はまだ早いし、紅葉シーズンでもないので今回はパス。戻って本堂から出て、納経所で御朱印を頂き(種類多数あり)、その奥の独鈷水へ。折角なので1口頂きました。
次に本堂右側の阿弥陀堂、地蔵堂、護摩堂で手を合わせてから坂道を上がって奥之院へ。奥之院の裏側に眼力稲荷社と愛染堂。紫陽花のシーズンは坂道沿いに綺麗に咲くそうです。
紫陽花シーズンか紅葉シーズンに再度訪れたいです。

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

御朱印

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

参道

柳谷観音 楊谷寺(京都府)柳谷観音 楊谷寺の山門

山門

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

手水と鐘楼

柳谷観音 楊谷寺の手水

花手水(龍手水)

柳谷観音 楊谷寺(京都府)柳谷観音 楊谷寺(京都府)柳谷観音 楊谷寺の本殿

本堂

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

本尊·千手観音(ネットから転載)

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

庭手水

柳谷観音 楊谷寺の手水

恋手水

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

独鈷水

柳谷観音 楊谷寺(京都府)柳谷観音 楊谷寺の建物その他

阿弥陀堂

柳谷観音 楊谷寺の建物その他

地蔵堂

柳谷観音 楊谷寺の建物その他

護摩堂

柳谷観音 楊谷寺の手水

苔手水

柳谷観音 楊谷寺(京都府)柳谷観音 楊谷寺(京都府)

奥之院

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

眼力稲荷社

柳谷観音 楊谷寺の建物その他

愛染堂 あいりきさん

もっと読む
てまぽん
2022年08月29日(月)
128投稿

また、楊谷寺さまへご遙拝でございます。
楊谷寺さまは、「眼病祈願」にお詣りする、とは言いますけれど・・・。
今回は、「お盆期間限定」御朱印とのことで、心引かれる御朱印がありましたので、拝受させて頂きました。
楊谷寺さまのホームページから入ってゆく、「郵送対応御朱印」の方は、完全に「お盆仕様」になっていました。
ワタシのような年齢になってくると、単に「御朱印流行」に流された訳でもなく、なぜか、神社仏閣に対する崇敬が、深くなってきます。
若い頃、お会いした徳のある人物。その頃の自分は何を考え、生きていたのか。
企業戦士(役人)で忙しかった日々に、なりたくてあこがれた「禅僧」。
「浄心」と言う、「仏語」が心にしみます。
今では、左膝が「人工関節」になり、「禅僧」の夢は幻となりました。
「おもいで供養・倶会一処」の言葉。
私が若い頃出合った方々は、先の大戦の雰囲気が抜けない方々ばかり。
ビシビシ厳しく鍛えられましたが、その代わり、思いやり深かった事。
今はもう、その方々は「あの世」へ行き、教えを受ける事さえ出来なくなりました。
これまで「さんざん」だった自身の人生の中でも、ふと、「一筋」の暖かい思い出がよみがえります。
今のワタシは何も能がない、くたびれた、ただの「オジサン」でしかありません。
「昭和」の人なのに。
自身に関わる、昔の色々な出来事に思いにはせる、「お盆の日」でした。
合掌。

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

特別 「浄心」 御朱印

柳谷観音 楊谷寺(京都府)

おもいで供養「倶会一処」 御朱印

もっと読む
投稿をもっと見る(77件)

歴史

柳谷観音は806年(大同元年)平安時代、清水寺を開山された第一世延鎮僧都により開創されました。 延鎮僧都は 『西山にて生身の観音様に出会うことができる』 という夢のお告げにより、清水寺からこの西山に入り、柳(楊)生い茂る渓谷の岩上に生身の観音様を見つけられました。 その観音様が、古来より眼病に霊験あらたかな十一面千手千眼観世音菩薩だったということです。
十一面千手千眼観世音菩薩は十一の顔と千の手。更にその千の手のひとつひとつに眼を持つとされています。 あらゆる方向のあらゆる人を見失うことなく救済できる力を持った、とても徳の高い観音様です。 延鎮僧都は喜び、その場所に堂宇を建て観音様をお祀りし、『楊谷寺』としました。 楊谷寺は『柳谷観音』として親しまれ、眼病平癒の祈願所として天皇家公家の方々を初め、人々の厚い信仰により支えられてきました。 その信仰と伝統は1200年経った今も変わらずここに息づいています。
また、柳谷観音・楊谷寺は「京都・西山三山(楊谷寺、善峯寺、光明寺)」のひとつに数えられております。

歴史をもっと見る|
14

柳谷観音 楊谷寺の基本情報

住所京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2
行き方

こちらをご覧くださいませ。

https://yanagidani.jp/access/

アクセスを詳しく見る
名称柳谷観音 楊谷寺
読み方やなぎだにかんのん ようこくじ
通称柳谷観音
参拝時間

9:00~16:00

参拝にかかる時間

1時間

参拝料

拝観料が必要な期間があります。

トイレあり
御朱印あり

通常御朱印のほかに17日限定御朱印・季節の草花の押し花をじぶんであしらう押し花朱印つくり・押し花朱印つくりの花手水ver.My花手水キット。世界にひとつだけの御朱印になります。郵送対応御朱印はこちらをご覧くださいませ。

https://yanagidani.jp/prayers/gosyuin/

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号075-956-0017
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@yanagidani.jp
ホームページhttps://yanagidani.jp/
おみくじあり
SNS

詳細情報

ご本尊ご本尊 十一面千手千眼観世音菩薩
山号立願山
宗旨・宗派西山浄土宗
創建時代806年
開山・開基延鎮僧都
札所など

新西国霊場第17番
洛西観音霊場第10番

文化財

木造十一面千手観音立像ほか(府指定文化財)
本堂・表門ほか(登録有形文化財)
浄土苑(府の名勝)

ご由緒

柳谷観音は806年(大同元年)平安時代、清水寺を開山された第一世延鎮僧都により開創されました。 延鎮僧都は 『西山にて生身の観音様に出会うことができる』 という夢のお告げにより、清水寺からこの西山に入り、柳(楊)生い茂る渓谷の岩上に生身の観音様を見つけられました。 その観音様が、古来より眼病に霊験あらたかな十一面千手千眼観世音菩薩だったということです。
十一面千手千眼観世音菩薩は十一の顔と千の手。更にその千の手のひとつひとつに眼を持つとされています。 あらゆる方向のあらゆる人を見失うことなく救済できる力を持った、とても徳の高い観音様です。 延鎮僧都は喜び、その場所に堂宇を建て観音様をお祀りし、『楊谷寺』としました。 楊谷寺は『柳谷観音』として親しまれ、眼病平癒の祈願所として天皇家公家の方々を初め、人々の厚い信仰により支えられてきました。 その信仰と伝統は1200年経った今も変わらずここに息づいています。
また、柳谷観音・楊谷寺は「京都・西山三山(楊谷寺、善峯寺、光明寺)」のひとつに数えられております。

体験写経・写仏祈祷おみくじ絵馬仏像傾聴御朱印お守り重要文化財祭り花の名所札所・七福神巡り除夜の鐘法話花手水

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー