御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

くろだに こんかいこうみょうじ|浄土宗紫雲山

くろ谷 金戒光明寺

公式京都府 蹴上駅

投稿する
075-771-2204

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

御朱印  

法然上人 (手書き)

300円
※書き置きの紙サイズ 高さ約15センチ×幅10.5センチ

法然上人二十五霊場 第二十四番霊場

観音菩薩 (手書き) 

300円
書き置きのサイズは高さ約15センチ×幅10.5センチ

洛陽三十三観音霊場 第六番霊場

文殊菩薩 (手書き)

300円
書き置きのサイズは高さ約15センチ×幅10.5センチ

日本三文殊随一

阿弥陀如来 (手書き)

300円
書き置きのサイズは高さ約15センチ×幅10.5センチ

五劫思惟阿弥陀仏 (手書き)

300円
書き置きのサイズは高さ約15センチ×幅10.5センチ

御朱印をもっと見る|
162

最新のお知らせ

花御朱印

お花に特化した記念御朱印を検討中!!!
蓮池の蓮が咲くまでには完成予定です!

くろ谷 金戒光明寺の授与品その他くろ谷 金戒光明寺の授与品その他くろ谷 金戒光明寺の授与品その他くろ谷 金戒光明寺の授与品その他

今朝のくろ谷

少し雪が待っていた今朝(2021/02/17)の写真

くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺の庭園くろ谷 金戒光明寺の手水
お知らせをもっと見る(51件)
檀家以外の参拝
檀家以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

当山では、下記の御朱印授与を行っております。

「法然上人」
御影堂中央にお祀りされている、法然上人の御朱印です。
当山は法然上人ご縁のお寺を巡る「法然上人二十五霊場参り」の第二十四番札所になっています。
お寺を代表する御朱印です。

「吉備観音」
御影堂東座にお祀りされている、吉備観音さまの御朱印です。
当山は「洛陽三十三観音霊場巡り」の第六番札所になっています。

「中山文殊」
当山西座にお祀りされている、中山文殊さまの御朱印です。
「日本三文殊随一」とうたわれる文殊さまです。

「阿弥陀如来」
当山阿弥陀堂にお祀りされている、阿弥陀如来さまの御朱印です。
「おとめの如来」「のみおさめの如来」と通称され、多くの方にお詣り頂いています。

「五劫思惟阿弥陀如来」
当山境内地にお祀りされている、五劫思惟阿弥陀如来さまの御朱印です。
阿弥陀さまの修業時代を表したお姿であり、近年ではその外見から「アフロ仏さま」と親しまれ、多くの方にお詣り頂いています。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

山門近くに有料駐車場あり。30台駐車可。

巡礼

洛陽三十三所観音霊場
法然上人二十五霊場・第24番札所
洛陽三十三所観音霊場・第6番札所

ご利益

くろ谷 金戒光明寺について

新選組発祥の地
京都守護職に任命された会津藩がここに本陣を置いた。京都守護職御預かりとなった浪士隊の居残り組が武家伝奏より『新選組』の命名とともに市中取締の命を受けた。
源平合戦の熊谷直実が出家した場所
平敦盛を倒した熊谷直実は若い敵将を殺したことを悔いて出家した。

おすすめの投稿

nomuten
2021年11月22日(月)
456投稿

京都市内寺院巡りの4寺目は、左京区に在る紫雲山 金戒光明寺です。「くろ谷さん」の愛称で親しまれています。3寺目の聖護院から東へ僅か600mです。
浄土宗 総本山で、本尊は阿弥陀如来。
特別日中拝観と称して御影堂、大方丈、庭園と山門階上が11/12~12/5の期間で拝観出来ますので(其々1000円、セットで1600円)拝観しました。

1175年に法然が比叡山の黒谷を下り、この地に草庵を作った。師匠の叡空からこの地にあった白河禅房を譲り受け念仏道場としたのが始まりである。
また、江戸時代に京都守護職会津藩の本陣となり、新撰組を置いた。1868年の鳥羽・伏見の戦いでの戦死者を弔う会津藩の墓地がある。

西側にある高麗門をくぐって山門の南側の駐車場(有料)に停めました。
大きくて立派な山門をくぐり石段を上がると左側に鐘楼、右側に納骨堂(旧 経蔵)。納骨堂の前には阿弥陀堂があり1612年に豊臣秀頼により再建されたもので一番古い建物です。意外な事に此処に安置されている阿弥陀如来像が本尊になります。
正面には御影堂(大殿)、いわゆる本堂。これまた大きくて立派。特別拝観期間のためテントが張ってあり、そこで拝観料を納めて御影堂に入ります。まあ堂内の広いこと。真ん中の須弥壇に法然上人坐像。左側の脇間には中山宝幢寺の本尊であり、以前三重塔(文殊塔)に安置されていた文殊菩薩騎獅像(中山文殊)と4眷属像、地蔵菩薩。右側の脇間には吉田寺に祀られていた吉備真備を救ったと云われる千手観音(吉備観音)、遣唐使だった吉備真備坐像が安置されています。御影堂から大方丈に入り襖絵等を拝観して、「紫雲の庭」に下ります。綺麗で広い庭をぐるっと1廻りしました。新清和殿で御朱印を頂いて、極楽橋を渡って東の三重塔へ向かいました。途中にアフロヘアーで有名な五劫思惟阿弥陀如来石像があります。更に北へ進み、会津藩墓地へ行きました。
戻って有料拝観の山門の階上へ。急階段を上がると釈迦如来と十六羅漢が祀られています。それと眺望が利くので市内が一望。残念ながら撮影禁止です。(近隣住民から覗かれているみたいで不快とクレームがあったそうです。)

尚、山門の東側にくろたに幼稚園がありますので、駐車場出入りの際は園児に十分気を付けて下さい。

くろ谷 金戒光明寺の御朱印

御朱印

くろ谷 金戒光明寺(京都府)

山門

くろ谷 金戒光明寺(京都府)

鐘楼

くろ谷 金戒光明寺(京都府)

納骨堂

くろ谷 金戒光明寺の建物その他

阿弥陀堂

くろ谷 金戒光明寺(京都府)

手水

くろ谷 金戒光明寺の手水くろ谷 金戒光明寺の建物その他

大方丈唐門

くろ谷 金戒光明寺の建物その他

御影堂(大殿)

くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺(京都府)

紫雲の庭

くろ谷 金戒光明寺の塔くろ谷 金戒光明寺の自然くろ谷 金戒光明寺の建物その他

新清和殿

くろ谷 金戒光明寺(京都府)

五劫思惟阿弥陀如来石像(アフロ阿弥陀)

くろ谷 金戒光明寺の建物その他

三重塔(文殊塔)

くろ谷 金戒光明寺(京都府)

会津藩墓地

くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺の建物その他

山門の階上への階段

もっと読む
ねむのき
2021年10月16日(土)
627投稿

【くろ谷 金戒光明寺】
初めての参拝。某SNS写真映えやアフロな仏様がいるって!と、騒がれるよりずっと前から参拝したかったお寺さん。今回念願叶って参拝できました。
アフロ頭のお地蔵さんがいるらしい。ひっそりと階段横にいるので気づかれない事も多いらしいと囁かれていた?頃から会いたかった。正しくはお地蔵さんではなく「五劫思惟阿弥陀仏」さま。民の為を考えて考えて考えていた期間が長くていつの間にか髪が伸びたのでアフロに見えるだけで、オシャレでアフロにしてる訳ではない!と知った時からずっと。某SNS映え系の写真はもちろん、今はアフロな阿弥陀仏さんも大々的にここに居るよアピールされていて、すぐ分かりました。ただ周りが一般の方々のお墓だった為、お騒がせお邪魔して申し訳ございませんと、そっとアフロ阿弥陀仏さんの手前だけお邪魔し、あとは階段をひたすら登りました。

大将軍神社に近い東山三条バス停から金戒光明寺に近い岡崎道への市バス203系統も信号待ちの時に目の前を行ってしまい。次が来るまで20分以上待ち。途中まで他のバスに乗って歩いたほうが早かったかも。なかなか好調に移動できない一日で途中に立ち寄りたい神社が多くあったけれど立ち寄れなかったところも多く。御神仏から、今日は慌てずゆっくり過ごすように計らわれたのかな、とも思えます。お陰様で訪れた神社仏閣すべて、とても良いお参りをさせて頂きました♪

くろ谷 金戒光明寺(京都府)

直書き
須磨寺の御朱印帳に拝受

くろ谷 金戒光明寺の御朱印

直書き
須磨寺の御朱印帳に拝受

くろ谷 金戒光明寺の仏像くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺の山門くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺の山門くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺の像くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺の本殿くろ谷 金戒光明寺の食事

お食事処

くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺の建物その他くろ谷 金戒光明寺(京都府)くろ谷 金戒光明寺の建物その他

三重塔

くろ谷 金戒光明寺の建物その他

三重塔

くろ谷 金戒光明寺の歴史

三重塔の説明

くろ谷 金戒光明寺の自然

季節外れの桜の花

もっと読む
投稿をもっと見る(94件)

ご供養

祈願法要

文殊菩薩合格祈願

●御当日祈願   金  3,000円也
●一週間祈願   金  5,000円也
●一ヶ月間祈願   金 10,000円也
●一年間祈願   金 30,000円也
●七五三成長祈願 金  5,000円也

 くろ谷金戒光明寺(以下「くろ谷」)の文殊菩薩さまは、日本三文殊随一とうたわれる、霊験あらたかな文殊さまです。

 「三人寄れば文殊の知恵」のことわざの通り、文殊菩薩さまは学業成就・知恵増長の仏さまとして、古くから多くの方々に信仰されています。

 くろ谷では、文殊菩薩祈願を常時受け付けております。受験合格・資格試験合格・智慧増長・知恵授け・七五三参り・成長祈願など、各種承っております。お気軽にお申込下さい。

観音菩薩 厄除け・諸願成就祈願

●御当日祈願   金   3,000円也
●一週間祈願   金   5,000円也
●一ヶ月間祈願   金  10,000円也
●一年間祈願   金  30,000円也
●永代祈願    金 500,000円也

 くろ谷の観音菩薩さまは、1200年以上の歴史を持つ、由緒正しい千手観音さまです。

 奈良時代、聖武天皇より祈願所と定められて以来、道中守護・開運厄除・安産祈願などに御利益が高いと、多くの方の参詣を受けています。

くろ谷では、観音菩薩祈願を常時受け付けております。道中守護・交通安全・家内安全・健康祈願・開運厄除・商売繁盛・良縁成就・子授祈願・安産祈願など、各種承っております。お気軽にお申込下さい。

●お申込み方法 (特別公開中は要予約)

 御影堂内の志納所にて、常時受け付けております(受付:午前9時~午後4時)。

行事の都合により祈願出来ない場合がありますので、可能な限り事前のお問い合わせ・お申込みをお願い致します。

文殊菩薩さま・観音菩薩さまの前で、祈願法要を執り行います(所要時間約30分)。

祈願の後、御守りを授与致します。お申込には、下記祈願申込書(PDF形式)をご使用下さい。

●当山へお参り出来ない方

各種理由で直接お参り出来ない方でも、祈願を受け付けております。

下記祈願申込書に所定事項を記入の上、FAX、または郵送でお申込下さい。その際に、祈願申込用紙「祈願指定」欄の「お参り出来ない(祈願し御守り配送)」項目に○を付けて下さい。当山で祈願を行い、後日御守りを配送致します。

●FAX・郵送でお申込みの方

祈願を行い、御守りを配送致します(郵便振替用紙を同封致しますので、祈願料をお振り込み下さい) 

●現金書留でお申込みの方

現金書留に祈願料と祈願申込用紙を入れてお送り下さい。祈願を行い、御守りを配送致します。


◇祈願申込ページ
  文殊菩薩祈願申込ページ   観音菩薩祈願申込ページ
◇祈願申請PDF  
  文殊祈願PDF       観音祈願PDF
◇問合せメール
 office@kurodani.jp

ご供養をもっと見る

歴史

浄土宗の大本山、承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結ばれたのが浄土宗最初の寺院 のはじまり。
西山連峰、黒谷の西2キロの京都御所、西10キロの小倉山を眺み山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並ぶ。
また、幕末京都守護職会津藩一千名の本陣にもなった。

歴史をもっと見る|
12

くろ谷 金戒光明寺の基本情報

住所京都府京都市左京区黒谷町121
行き方

市バス……東天王町下車徒歩15分・岡崎道下車徒歩10分
地下鉄東西線蹴上駅から徒歩30分

アクセスを詳しく見る
名称くろ谷 金戒光明寺
読み方くろだに こんかいこうみょうじ
通称くろ谷さん
参拝時間

09:00-16:00

御朱印あり

当山では、下記の御朱印授与を行っております。

「法然上人」
御影堂中央にお祀りされている、法然上人の御朱印です。
当山は法然上人ご縁のお寺を巡る「法然上人二十五霊場参り」の第二十四番札所になっています。
お寺を代表する御朱印です。

「吉備観音」
御影堂東座にお祀りされている、吉備観音さまの御朱印です。
当山は「洛陽三十三観音霊場巡り」の第六番札所になっています。

「中山文殊」
当山西座にお祀りされている、中山文殊さまの御朱印です。
「日本三文殊随一」とうたわれる文殊さまです。

「阿弥陀如来」
当山阿弥陀堂にお祀りされている、阿弥陀如来さまの御朱印です。
「おとめの如来」「のみおさめの如来」と通称され、多くの方にお詣り頂いています。

「五劫思惟阿弥陀如来」
当山境内地にお祀りされている、五劫思惟阿弥陀如来さまの御朱印です。
阿弥陀さまの修業時代を表したお姿であり、近年ではその外見から「アフロ仏さま」と親しまれ、多くの方にお詣り頂いています。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号075-771-2204
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kurodani.jp/
SNS

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号紫雲山
宗旨・宗派浄土宗
創建時代承安五年(1175)
開山・開基法然上人
札所など

法然上人二十五霊場・第24番札所
洛陽三十三所観音霊場・第6番札所

文化財

三重塔,吉備観音(国重要文化財)
中山文殊(京都市指定文化財)

ご由緒

浄土宗の大本山、承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結ばれたのが浄土宗最初の寺院 のはじまり。
西山連峰、黒谷の西2キロの京都御所、西10キロの小倉山を眺み山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並ぶ。
また、幕末京都守護職会津藩一千名の本陣にもなった。

体験写経・写仏祈祷お宮参り絵馬結婚式七五三仏像食事・カフェ御朱印お守り重要文化財武将・サムライ花の名所有名人のお墓札所・七福神巡り除夜の鐘
Youtube

Wikipediaからの引用

概要
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)は、京都市左京区黒谷町にある浄土宗の大本山の寺院。山号は紫雲山。本尊は阿弥陀如来。通称をくろ谷さん(くろだにさん)と呼ぶ。知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の七大本山の一つであり、また京都四箇本山(他に知恩院、百万遍知恩寺、清浄華院)の一つである。初めは念仏道場として利用されていた。境内には皇族・公家の茶の湯に使われた黒谷明星水という名水がある。本堂には洛陽三十三所観音霊場第6番札所本尊の千手観音(吉備観音)も祀られている。
歴史
歴史[編集] 承安5年(1175年)春、浄土宗の開宗を決めた法然が比叡山の黒谷を下った。岡を歩くと、大きな石があり、法然はそこに腰掛けた。すると、その石から紫の雲が立ち上り、大空を覆い、西の空には、金色の光が放たれた。そこで法然はうたたねをすると夢の中で紫雲がたなびき、下半身がまるで仏のように金色に輝く善導が表れ、対面を果たした(二祖対面)。これにより、法然はますます浄土宗開宗の意思を強固にした。 「紫雲石」も参照 こうして法然はこの地に草庵を結んだ。これがこの寺の始まりであるとされる。ここは白河の禅房と呼ばれ、もとは比叡山黒谷の所領で、叡空入滅の時、黒谷の本房と岡崎白河の禅房(本房)...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] 京阪電気鉄道鴨東線神宮丸太町駅から徒歩30分
引用元情報金戒光明寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%87%91%E6%88%92%E5%85%89%E6%98%8E%E5%AF%BA&oldid=90454218

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー