御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※御霊神社ではいただけません

ごりょうじんじゃ

御霊神社

神奈川県 長谷駅

常識的な時間帯ならば、明るい早朝・夕方の参拝も可能。
社務所:9:00~17:00

投稿する
0467-22-3251

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

右にかまくら坂ノ下、真ん中に御霊神社と書かれ、右上に相模國鎌倉鎮座祭神鎌倉権五郎景政の印、真ん中に社印、左下に御霊神社参拝記念鎌倉の印が押されています。
鎌倉権五郎景政公の御朱印と福禄寿の御朱印もいただけます。
御祭神の鎌倉権五郎景政公は平安時代後期の武将で、父がこの地を治めたときに鎌倉氏を名乗りました。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
なし

なし

巡礼

鎌倉・江の島七福神(福禄寿)

ご利益

御霊神社について

2021年某月から境内撮影禁止になりました

おすすめの投稿

食いしん坊藤四郎
2019年02月05日(火)
138投稿

前々から気になっていた神社です。

何が気になっていたかというと……




御朱印帳です!!!



通る江ノ電をじっと猫ちゃんが見つめているんですが、その奥に御霊神社が鎮座している…。
と、言った構図なんですが、猫好きとしては是非とも頂戴したい……。
前回は御霊神社に参拝できなかったので、今回の鎌倉行では【絶対に】参拝して御朱印帳を授かるぞ!!!!
と、意気込んで参拝へ。

江ノ電の線路の向こうに御霊神社を見つけると私のテンションは最高潮になりました(笑)

無事に参拝を済ませ、授与所へ向かうと「カンカンカンカン」という音を響かせて遮断器が降りました。
(あ!江ノ電来る!!)と慌ててスマホのカメラを機動させて動画モードへ。
バッチリ御霊神社を通り過ぎる江ノ電を撮影できました。

御朱印は数種類あったのですが、私は【御霊神社】と書いて頂きました。
しばらくお待ちください…と、窓を閉められると、どこからともなく猫ちゃんが現れ授与所の中でゴロゴロ…。よく見ると窓には【猫が逃げるので窓を閉めてください】との張り紙が。
飼い猫ちゃんか〜…と眺めていると既視感のある柄…


あ!!!!御朱印帳の猫ちゃん!?!?!?


神社で飼われてる猫ちゃんがモチーフなんですね!
気づくとまた消えてましたが、姿が見えてなんだかラッキーな気分に。

とっても素敵な参拝になりました♪


御霊神社の建物その他

線路の向こうに神社を発見。

御霊神社の建物その他

拝殿は意外にこじんまり。

御霊神社の御朱印

細くしなやかな字が特徴。
御祭神が書かれた御朱印もあります。

御霊神社の御朱印帳

授与所で偶然会えた猫ちゃんがモチーフになってると思われる御朱印帳。
素敵な構図の御朱印帳でお気に入りです。

もっと読む
惣一郎
2021年02月25日(木)
1129投稿

御霊神社(ごりょう...)は、神奈川県鎌倉市坂ノ下にある神社。旧社格は村社。鎌倉市には<御霊神社>が2つあるが、こちらは長谷寺や鎌倉大仏(高徳院)の近くにあって、通称「権五郎神社(ごんごろう...)」として知られている。

創建は不詳だが、平安後期と推定されている。もとは関東平氏五家(鎌倉氏、梶原氏、村岡氏、長尾氏、大庭氏)の始祖の霊を祀った神社であり、五霊から転じて御霊神社と呼ばれるようになった。その後、御祭神が鎌倉権五郎景正の一柱のみに集約され、権五郎神社とも呼ばれるようになったらしい。
御祭神の鎌倉権五郎景政は、16歳の時、後三年の役(1083年~)に源義家の陣営で従軍し、敵に左目を射られながらも屈せず射手を倒して帰還したことから、志の成就、学業成就、必勝招来の御利益があるとされる。

当社は、鎌倉駅から江ノ島電鉄で3駅4分の長谷駅から徒歩5分。江ノ電沿いの市街地と森の境にあって、境内の脇(参道の途中?)に江ノ電の踏切がある。ほどよい広さの境内には、摂末社など見どころが多い。

参拝時は週末の夕方であったが、参拝者が絶えることなく、ひっきりなしに訪れていた。

※鎌倉強化合宿1日目、杉本寺(1番札所)、光触寺(7番札所)、明王院(8番札所)、浄妙寺(9番札所)、報告寺(10番札所)、鶴岡八幡宮、高徳院(23番札所)、長谷寺(4番札所)に続く9寺社目。本日はここで終了。

御霊神社の鳥居

参道の鳥居。手前に江ノ電の踏切がある。

御霊神社(神奈川県)

参道を進む。

御霊神社の本殿

社殿は一段高い場所にある。

御霊神社の本殿

社殿。

御霊神社の建物その他

拝殿正面と扁額。扁額には<鎌倉権五郎神社>とある。

御霊神社の末社

社殿の右手にある<袂石(たもといし)>と<手玉石>。重さはそれぞれ60㎏と105㎏。景正公が手玉に取り、袂に入れたと伝わる。

御霊神社の末社

袂石・手玉石の右手にある<祖霊社>。日清・日露・太平洋戦争で亡くなったこの地域の戦没者を祀る。

御霊神社の自然

祖霊社の前に立つ<夫婦銀杏>。

御霊神社の末社

祖霊社の右後ろに建つ<第六天社>。

御霊神社(神奈川県)

拝殿右脇に立つ末社群。異なるサイズの鳥居が2基立っているのが面白い。左から順に<金刀比羅社>、<石上神社>、<地神社>、<御嶽社>。

御霊神社(神奈川県)

景正公が領地見回りの際に弓を立て掛けたと伝わる<景正公 弓立の松>。

御霊神社(神奈川県)

神輿庫。

御霊神社(神奈川県)

社務所脇にある<宝蔵庫>。中には鎌倉江ノ島七福神の<面掛 福禄寿>が収蔵されている。拝観有料100円。

御霊神社(神奈川県)

江ノ電の線路近くの参道右脇に立つ<秋葉神社>。

御霊神社(神奈川県)

江ノ電の線路近くの参道右脇に立つ<稲荷社>。

御霊神社の鳥居

長谷寺や鎌倉大佛方面から小道で歩いて来ると、夫婦銀杏がある境内脇に着く。

もっと読む
投稿をもっと見る(204件)

例祭・神事

・ 9月18日 面掛行列 _ 県指定無形民俗文化財
・ 7月 石上さま例祭

例祭・神事をもっと見る|
22

御霊神社の基本情報

住所神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
行き方

江ノ島電鉄線「長谷駅」下車、徒歩5分。

アクセスを詳しく見る
名称御霊神社
読み方ごりょうじんじゃ
通称権五郎神社(ごんごろうじんじゃ)
参拝時間

常識的な時間帯ならば、明るい早朝・夕方の参拝も可能。
社務所:9:00~17:00

参拝にかかる時間

15分

参拝料

境内の参拝料なし_境内撮影禁止。/有料:収蔵庫は大人100円 小・中・高生50円。9時00分~17時00分

トイレなし
御朱印あり

右にかまくら坂ノ下、真ん中に御霊神社と書かれ、右上に相模國鎌倉鎮座祭神鎌倉権五郎景政の印、真ん中に社印、左下に御霊神社参拝記念鎌倉の印が押されています。
鎌倉権五郎景政公の御朱印と福禄寿の御朱印もいただけます。
御祭神の鎌倉権五郎景政公は平安時代後期の武将で、父がこの地を治めたときに鎌倉氏を名乗りました。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0467-22-3251
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
おみくじあり
お守りあり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》鎌倉権五郎景正(平景政)
創建時代平安時代後期
本殿権現造
札所など

鎌倉・江の島七福神(福禄寿)

体験おみくじ絵馬御朱印お守り重要文化財武将・サムライ札所・七福神巡り伝説

Wikipediaからの引用

概要
御霊神社(ごりょうじんじゃ)は神奈川県鎌倉市にある神社。旧社格は村社。 鎌倉市にはこの名前をもつ神社が2か所あるが、本項では鎌倉市坂ノ下にある、通称(鎌倉)権五郎神社((かまくら)ごんごろうじんじゃ)として知られている神社について述べる。
歴史
由緒[編集] 権五郎神社の創建年代は詳らかではないが、御霊信仰の広がりと鎌倉氏による地方開発の展開を考慮すると、平安時代後期であると推定することができる。もとは坂東平氏鎌倉党の五家、鎌倉氏・梶原氏・村岡氏・長尾氏・大庭氏の5氏の霊を祀った神社であったとされ、五霊から転じて御霊神社と通称されるようになった。後に、鎌倉権五郎景政の一柱のみに祭神は集約され、祭神の名から権五郎神社と呼ばれた。 鎌倉景政は、平安時代後期の坂東平氏の一族であり、鎌倉・梶原・村岡・長尾・大庭の5氏とともに鎌倉武士団を率い、現在の湘南地方一帯の地方開発に従事した。景政はまた、その武勇をもって知られ、16歳の時、源義家の...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通機関[編集] 江ノ電長谷駅または極楽寺駅より徒歩
行事
祭事[編集] 1月1日 元旦祭 7月25日に近い日曜日 石上神社例祭 — 御供流し神事(ごくながししんじ)と呼ばれる。海神の霊を鎮め、海難の犠牲者の霊を慰めるために御供(神前に供えた赤飯)を献げる。例祭当日に先立つ7月20日に神幸祭を執り行う。権五郎神社の前浜(現在の由比ガ浜)の海中に御供を捧持した若者たちが泳ぎ出て、船に乗せた神輿を拝してから、海中に御供を流す。 9月17日 敬老祭 9月17日 例祭 — 宵宮祭 (よいみやさい) 9月18日 例祭 — 面掛行列(神奈川県指定無形民俗文化財)、鎌倉神楽、神幸祭
引用元情報御霊神社 (鎌倉市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%BE%A1%E9%9C%8A%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%29&oldid=91548034

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ