御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

むれざんかんのんぜんじ|臨済宗妙心寺派牟禮山

牟禮山観音禅寺からのお知らせ一覧(3ページ目)

公式滋賀県 篠原駅

投稿する
0748580217

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

観音禅寺の占い

観音禅寺では、観音さまに直接訊く「みくじ占い」のほかに、姓名判断による占いや、生年月日による占いも行っています。
占いがよく当たるのは当然ですが、観音禅寺の女性スタッフによる占いは、やさしくて元気の出るアドバイスに定評をいただいており、占いを受けた方は皆さんスッキリとしたお顔で爽やかに帰っていかれます。
人を知り、相手を知ることで、よりよく生きていくことができます。あなた自身の生まれもっての魂を輝かせ、明るく生きていっていただきたいと、心から願っております。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

占いの様子

びわ湖放送の番組取材

今日は、びわ湖放送「金曜オモロしが」という番組でレギュラー司会をしている桂三度さん(世界のナベアツ)と黒川綾子アナウンサーが来山し、当山に昔から伝わる「みくじ占い」(観音霊籤)を取材されました。
オンエアーは、8月20日(金)夜7時です。宜しければご覧ください。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

世界のナベアツは、桂三枝さんに弟子入りして、今は桂三度さんと名乗っておられるんですね。
私と3ヶ月違いの同い年。
親しみを感じました。
とてもいい方でした。

牟禮山観音禅寺の体験その他

黒川綾子さんを占うという内容でしたが、とても溌剌として好感のもてる方でした。
私が関西大学で教えていた時には同じ大学の学生でした。ムスメと同い年…。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

ニュースバラエティ番組ということですが、楽しい取材でした。

某テレビ局の女性人気アナウンサーが占いに訪れました。

観音禅寺では、運気・仕事・家庭・恋愛などのご相談に、九星気学の占いで、女性の立場からやさしくお答えします。
自分は何にむいているか、将来の方向性、これから何かを始めようとするときのタイミングなどついても、ご相談ください。
ご相談にいらした方々は、進むべき道や、その道をどのように歩むのかなどが見えてきて、もっと話を聞きたいとおっしゃいます。
占いは、完全予約制(3000円/30分)

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

占いの様子

虫干し法要

梅雨が去り、いよいよ本格的な夏を迎えるこの季節、湿気た掛軸や書籍などを涼に曝す、毎年7月20日に行われる観音禅寺の恒例行事で、正式には曝涼会(ばくりょうえ)といいます。
地域の方々が集まり、お寺の什物を眺めながら、お寺や地域の歴史を確認し、後代へ伝えるという意味もあります。
法要では、これから迎える暑い夏を乗り越えられるよう、お加持された力餅(ぼた餅)と病気封じのカボチャの煮付けをご参拝の方々に振る舞い,気力と体力を回復する「活力再生」の祈祷を修します。

牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の本殿牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の本殿牟禮山観音禅寺(滋賀県)

曝涼会(ばくりょうえ)7月20日 14:00~

虫干しの日です。観音禅寺に伝わる書や絵画などを虫干しし、観音寺を護持してきた歴代への感謝の念を捧げると共に、ご参集いただいた皆さまがこれから暑い夏を乗り切ることができるよう、暑気払いの祈祷を行います。
法要後には気力と体力を再生する南瓜の煮つけと力餅(ぼた餅)が振る舞われます。

牟禮山観音禅寺の食事

晦日人形供養

月末恒例の人形供養を厳修しました。
夕方、一人でお焚き上げしている時間は、とても静かで集中できます。目に見えないものたちと交信している感覚。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)

やっぱり仏像は和蝋燭の灯火で拝むのが好いですね。
そもそも、そのように拝むことを想定して造られています。玉眼が炎に映えて光ります。

牟禮山観音禅寺の仏像牟禮山観音禅寺の仏像牟禮山観音禅寺の仏像

ウエサク祭(仏誕日)

Happy Vesak day 🙏🌕
南無本師釈迦如来大和尚
今日は満月🌕そして皆既月食🌑
㊗️衛塞節🙏🙏🙏

牟禮山観音禅寺の仏像牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)

人形供養 お焚き上げ

月末恒例のお焚き上げ
一体一体、心を込めて。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

雑華厳飾

この世はさまざまな温かい心や尊い行いに満ち満ちている。その一つ一つを種々の花に例えて、「雑華厳飾」といいます。華厳経というお経の題名になっています。
我々の生き方も宇宙を飾る花々のうちの一つ。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の庭園牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の自然

人形供養 お焚き上げ

観音禅寺では、毎日供養してきたお人形のお焚き上げを行っています。
人形をお持ち込みになる前に、必ずご予約ください。(他のご祈祷のご予約と重なりますと、お待ちいただかなければならないためです)

お持ち込みになられた際には、住職が供養の読経をいたします。
その後、毎日朝晩に丁寧に供養させていただきます。
月末にあらためて供養の法要を行い、必ず一体ずつお加持をし、お祓いをし、お性根抜きをして、浄火でお焚き上げいたします。
月末のお焚き上げは、夕方に住職が一人で行っています。
剥製は動物供養となりますので、別にお申し込みください。
写真供養もしています。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

本堂で供養されている人形たち

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

一体ずつお加持をし、お性根を抜いたのち,浄火でお焚き上げさせていただいています。

裏山の竹藪整備作務

一人で手鋸でちびちびやっていても、なかなか進捗しないのだが、それでも毎日少しずつマメに整備していくと、今では草履で山に入れるぐらいにはなってきている。

今日は9名のチェーンソー部隊が作業してくれた。
既に割りと整備してきたエリアをお願いしたので、他にまだまだ未開拓地が残っている。

このあとは、また独りで竹と格闘する。
昼なお暗き未開拓の竹藪は、進んでいくだけで、それはもうアドベンチャー。
マチェット、鶴橋、鎌、手鋸を駆使しつつ、適宜に蹴りやチョップを繰り出して行う竹藪整備は、したことのある人ならわかるが、その動きは格闘技に等しい。

ちなみに、今年は筍の収穫はサッパリ…。
朝晩が寒いので、もしかしたらまだ早いのかも。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

午前中、一時間半ほどの作業。
チェーンソー、すごいですね。

牟禮山観音禅寺の自然

チェーンソーが欲しい😅

牟禮山観音禅寺の自然

木漏れ日が入るようになって来た❣️

人形供養お焚き上げ

月末は人形供養のお焚き上げをしています。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

レンズの加減と思いますが、光が差し込んでいるのが神秘的。

朝日に桜

今朝はお天気が好く、桜も満開で、とても清々しい一日を迎えました。
毎月一日は、朝早くから近隣の方がお参りに来られます。

牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の景色牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の景色牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺の自然牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の建物その他

桜が盛り

観音禅寺境内の桜が満開です🌸
枝垂れ桜はまだ蕾の方が多いです。
境内から池越しに眺める牟禮公園の桜や山道の桜並木は、今週末ぐらいが見ごろでしょう。

牟禮山観音禅寺の建物その他

山門の桜

牟禮山観音禅寺の建物その他

本堂前

牟禮山観音禅寺の建物その他

山門の桜

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

稲荷堂の桜

牟禮山観音禅寺の建物その他

山門の桜稲荷堂の桜

牟禮山観音禅寺の自然

枝垂れ桜

牟禮山観音禅寺の自然

5年ほど前に植えた枝垂れ桜。
毎年大きくなっていくのが楽しみです。

晴天のもと盛大に餅まき

桜の花もほころびかけ、暑いぐらいの晴天の下で、初午大祭の餅まきが盛大に行われました。
昨年はコロナの影響に加えて悪天候で当日の参拝者が少なく、餅まきができませんでしたが、今年は比較的多くの方にご参拝頂くことができました。
当山の初午大祭に初めて見えた方にも喜んでいただけたようで、嬉しく思います。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の鳥居牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の鳥居牟禮山観音禅寺の建物その他

初午❗️餅まき❗️本日午後2時斎行‼️

初午大祭・招福餅まき 本日午後2時より斎行❗️
祭礼後には餅撒きを行います。
どなたでもお参りいただけます。
いっぱい福を戴いてください!
赤い傘餅(限定2個)を拾った方は、漏れなくお金持ちになります(中に500円玉が入っているので😊)

牟禮山観音禅寺のお祭り

どなたでもお参りください!

牟禮山観音禅寺の建物その他

松並木の参道入口付近に大幟が立ちました。

牟禮山観音禅寺の鳥居

餅まきの櫓設営完了!

初午大祭 準備

今日は餅まきの櫓が組まれました。

観音禅寺の初午大祭では、住職が祝詞を奏上し、その日にお参りになられた方の中から最年長の男女によって玉串が奉奠された後、神前で読経して、お参りになられた方々の家内安全・息災延命、および風雨調順・五穀豊穣が祈祷されます。

その後、お供えした千個の福餅が盛大に撒かれます。
これを拾われた方は、今年一年の福がもたらされます。たくさんの福をお持ち帰りください。
とりわけ、二つだけ赤く塗られた大きな傘餅があり、これを得た方は、必ずお金が増えます!

ご祈祷のお初穂料は2000円〜。

牟禮山観音禅寺の建物その他

初午大祭

2021年03月23日(火) 14時00分〜

観音禅寺では、古式に則り旧暦に基づいて初午大祭を斎行しています。
神様の前で、住職が祝詞とお経を唱え、その後、盛大に餅撒きを行います。

雨天の場合は、本堂にてお参りいただき、お餅は袋に入れて手渡しします。
お餅は一つずつビニール袋に詰めてあり衛生的です。
傘餅(赤く塗った大きなお餅)をゲットした方は、一年の災厄を免れるとともに、漏れなくお金持ちになります(中に500が入っています)。

牟禮山観音禅寺の御朱印

本日、太子会(聖徳太子忌)

みなさん、おはようございます。
2月22日は、日本の仏教・歴史・文化の基礎を築かれた聖徳太子(厩戸皇子)のご命日。
そして、『日本書紀』によれば今年は聖徳太子薨去1400年遠諱の年に当たります。

聖徳太子(574-622)は日本の仏教にとっては大恩人です。それは太子が叔母に当たる推古天皇の摂政として、いよいよ日本国を一つにまとめ、統一国家を樹立しようとした時に、仏教をその理念の柱として採用したからです。

『日本書紀』によれば、太子21歳、摂政に就任した翌年、推古二年(594)の二月、天皇が皇太子及び大臣に「三宝興隆の詔」を下したとあるが、これは太子の進言によるもので、三宝、すなわち仏法僧の興隆を推古天皇即位の翌年に早くも命じたものであります。

それから十年後、推古十二年(604)四月、太子三十一歳の時、有名な「十七条憲法」を制定したそうです。この憲法は今日の憲法とは大分違って、役人向けの精神的訓話のようなものですが、中味を見ると、儒教の要素も多いのですが、仏教精神に由る条文が特徴的です。その第一条を見ると、

「和を以て貴しと為し、忤(さから)ふこと無きを宗と為よ。人、皆黨(たむら)有り。亦た達(さと)れる者少し。…(以下略)」

とあります。「和」は仏教で重んじられる精神です。仏教の僧団を「和合僧」といい、その和合を破る者は、教団の最も重い罰則の波羅夷(はらい)罪に処せられる。太子はこの仏教僧団の和合の精神を憲法の第一条に据えて、群臣百僚の心得としたのです。

 続いて第二条には、

 「篤く三宝を敬へ。三宝とは仏・法・僧なり。則ち四生の終帰にして、万国の極宗なり。何(いず)れの世、何れの人か、是の法を貴ばざらん。人は尤(はなはな)だ悪しきは鮮(すく)なし。能く教ふれば之に従ふ。其れ三宝に帰せずんば、何を以てか枉(まが)れるを直せん」とある。仏・法・僧を敬え、とあって、仏教尊崇の精神を鼓吹しています。三宝はあらゆる人々の目指す究極で、心をそれによって真っ直ぐし、和の世界が実現するのだと。

 さらに第十条を挙げてみましょう。

 「忿を絶ち瞋を棄てて、人の違ふを怒らざれ。人、皆心有り。心各執(と)る有り。彼是(ぜ)なれば則ち我は非なり。我是なれば則ち彼は非なり。我、必ず聖に非ず、共に是れ凡夫のみ。…(以下略)」

 この条文では、自分の意見と合わない人に怒ってはならない、人は皆それぞれ考えるところがあり、皆意見が違うものだ、自分が偉いとは限らない、皆凡夫なのだから、とある。極めて分かりやすい、現代でも通じる内容だ。最も感心するのは「共にこれ凡夫のみ」としている点です。古代の、これから中央集権国家を整えようとしている体制の中で最も重んじられるべきは権威と秩序です。儒教も身分と秩序の遵守を強調する。そこへ、「みな同じような凡夫なのだから」というのは、現代の平等社会ならいざ知らず、古代社会の為政者の言葉とは到底信じられない。仏教の、それも大乗仏教の、ともにみな仏を目指す菩薩の精神の発露と言えるでしょう。

 鎌倉時代の凝然(ぎょうねん)や叡尊、忍性(にんしょう)などの旧仏教の師たちはもちろんのこと、新仏教の祖師達、道元や親鸞、日蓮も、聖徳太子を日本国の仏教の恩人と讃仰して止まみませんでした。

私たちにとっても太子は忘れてはならない方であります。

牟禮山観音禅寺の像

「聖徳太子講経像」滋賀県竜王町観音禅寺蔵

牟禮山観音禅寺の芸術

「聖徳太子弓取像」
狩野主信(江戸前期)作
滋賀県竜王町観音禅寺蔵

牟禮山観音禅寺の御朱印

太子会限定ご朱印

涅槃会

本日 涅槃会

かつてお釈迦さま・舎利弗尊者・目連尊者の舎利を頭上に頂いた時のことを思い出しながら、釈迦牟尼世尊の涅槃に想いを致す。
自燈明 法燈明。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺の建物その他

「涅槃図」公開中

観音禅寺に伝わる涅槃図を公開中です。
ご自由に本堂へお上がりになってお参りください。

牟禮山観音禅寺の芸術

ご希望の方には住職から絵の内容を解説いたします。

お寺の東司(とうす=お手洗い)の神さま

本日、弊寺の東司(お手洗い)にトイレの神様「烏枢沙摩明王」像をお祀りしました。

お寺では、お手洗いも重要な修行の場。
七堂伽藍の中の一つに数えられいて、本尊として烏枢沙摩明王をお祀りします。
烏樞沙摩明王は、炎の神で、烈火でもってこの世の一切の不浄を焼き盡くします。
仏道において浄めるべきは、己自身の執著や貪り・怒り・ありのままに世界を見られない愚かさなどの煩悩です。
これまでは、烏枢沙摩明王の名を書いた牌しかありませんでしたが、仏像を奉安させていただくことになりました。

弊寺の東司は汲み取り式。
恐縮ですが、禅寺では東司も貪瞋癡などの煩悩を除く大切な修行の場なれば、東司の本尊烏枢沙摩明王さまに免じてご海容願います🙏

オン クロダノウ ウンジャク

・・・

「生死を明らめる底の雲水が、たかが浄垢を明らめ得ずして、何の雲水ぞ。」

これは、宇治にある黃檗山萬福寺の以前の管長貎下が小僧の時、師から言われた言葉だそうです。
戦時中、寺に観光や參拝に來る客などおらず、心遣いのない近所の人が寺のお手洗いで用をたし、そのままにするものだからたいへん汚れていました。それを掃除するのが役目であった小僧は、便器があまりにも汚れているのを厭い、棒の先に雑巾を括り付け、腰を引きながらそれで拭いていました。そこに偶々通りがかって、その様子を見つけた老師は、前掲のように言うやいなや、サッと腰上げをしてタスキをかけ、自ら傍にあった雑巾を手に取り、床に膝をついて素手で便器をゴシゴシ拭き始めました。
その小僧(後の管長)は、それから本気の修行をする気になりました。
漢文調で言われたことで尚更印象に深く刻まれた、と。
かつて私が大学院生の時、萬福寺の夏の講習會に參加させていただいた折に、管長貎下から拝聴した懐古譚。

牟禮山観音禅寺の仏像牟禮山観音禅寺の仏像

牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の建物その他

日曜坐禅

観音禅寺では、毎週日曜朝8時〜9時半に坐禅をしています。

本日の日曜坐禅には、初めての弊寺を訪れる方を含めて5名の方がご参加。
皆さん、車で往復60分以上かけていらっしゃいます。

弊寺の本堂は狭いので、ソーシャルディスタンスを確保して、ちょうどいい感じで坐れました。

このところ、若い方が熱心に通われています。何か得るもの捨てるものが有ればいいですね。

春を感じられる佳い一日でした。

観音禅寺の日曜坐禅は、毎週日曜朝8時〜9時半に行っています。この時間なら、どなたでも予約なしでお越しいただけますが、スペースに限りがありますので、大人数でのご参加は、電話などであらかじめご相談ください。

観音禅寺では、その他の時間でもご希望の方は坐禅していただけます。もしかしたら祈祷や身上相談などと重なったり、出張祈祷で外出していることもあるでしょうから、できるだけ予約してから来ていただいたほうがよいと思います。電話などで予約していただければ時間を調整します。

また、夕方は7時ごろまで本堂を開放していますので、仕事帰りに自由に立ち寄ってください。
ちょっと一人で静かに坐ったり、お参りして行かれる方もおられます。
職場の重い気分をお寺に置いていってください。家に持ち帰らなくてすみます。

「滋賀県 竜王町 観音禅寺」で検索してみてください。

#牟禮山観音禅寺
#竜王観音
#禅と祈り
#坐禅
#日曜坐禅

牟禮山観音禅寺の建物その他

住職の坐禅布団

牟禮山観音禅寺の建物その他

観音禅寺謹製の坐禅用線香「牟禮観世」(天然沈香と白檀をブレンド)の馥郁とした香りに身を包まれて、心と呼吸を落ち着かせ、静かに自分を見つめる時間をお過ごし下さい。

お寺の東司(とうす=お手洗い)

お手洗いも修行の場。
烏枢沙摩明王のおわします。
オン クロダノウ ウンジャク

烏枢沙摩明王は、烈火でもってこの世の一切の不浄を焼き尽くす炎の神。
仏道において浄めるべきは、分別・分節・断絶・選択する己自身の執着・煩悩である。

・・・

「生死を明らめる底の雲水が、たかが浄垢を明らめ得ずして、何の雲水ぞ。」

これは、宇治にある黄檗山萬福寺の以前の管長貎下が小僧の時、師から言われた言葉だそうだ。
戦時中、寺に観光や参拝に来る客などおらず、心遣いのない近所の人が寺のお手洗いで用をたし、そのままにするものだからたいへん汚れていた。それを掃除するのが役目であった小僧は、便器があまりにも汚れているのを厭い、棒の先に雑巾を括り付け、腰を引きながらそれで拭いていた。そこに偶々通りがかって、その様子を見つけた老師は、前掲のようにいうや否や、サッと腰上げをして襷をかけ、自ら傍にあった雑巾を手に取り、床に膝をついて素手で便器をゴシゴシ拭き始めたという。
その小僧(後の管長)は、それから本気の修行をする気になったという。
漢文調で言われたことで尚更印象に深く刻まれた、と。
かつて私が修士課程の時、萬福寺の夏の講習会に参加させていただいた折に、管長貎下から拝聴した懐古譚である。

牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の建物その他牟禮山観音禅寺の建物その他

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中