御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

むれざんかんのんぜんじ|臨済宗妙心寺派牟禮山

牟禮山観音禅寺

公式滋賀県 篠原駅

御朱印受付時間
9:00〜17:00

ご参拝・ご対応はいつでもできますが、ご祈祷などと重なっていると、対応できないこともありますので、ご了承ください。

投稿する
0748580217

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

ご朱印(通常)

300円
対応できないときは、書き置きとなります。

画像は書き置きバージョンです

聖徳太子ご朱印(通常)

300円
対応できないときは、書き置きとなります。

画像は書き置きバージョンです

限定ご朱印

500円
お正月限定

揮毫(限定108枚)

500円
ご朱印とセットなら300円

108種類の禅語。全て異なります。
どれが当たるかは、お楽しみとさせていただきます。

聖徳太子霊跡特別御朱印

①「一千四百年御遠諱」

 このときだけ用いられる印。

②尊名「豊聡耳尊」

「トヨトミミノミコト」と読みます。聖徳太子は多くの人々の話を一度に聴き分けたことに基づき、太子の在世当時の尊称です。観世音菩薩にも通じます。

③御宝印「以和為貴」

『十七條憲法』第1条冒頭の四文字。竜王町の竜王伝説にちなみ龍が取り巻いています。

④寺号印

観音禅寺の寺号を二頭の龍が護るようにして寺紋に向かい合っています。

⑤「篤く三宝を敬え」

『十七條憲法』第2条冒頭のことば。 三宝とは、仏宝・法宝・僧宝。

⑥霊場印「近江聖徳太子霊跡」

 霊跡11社寺の共通印

⑦「紙色」

 二市二町のうち竜王町のイメージカラー。大自然を思わせる若草色。

⑧「聖徳太子御影」

 竜王観音禅寺の本堂内陣のみに祀られている珍しい聖徳太子坐像を紫色で捺印しました。

御朱印をもっと見る|
38

最新のお知らせ

アウトレットパークで聖徳太子1400年事業のPR

11月20日、三井アウトレットパーク滋賀竜王のグランマルシェで、聖徳太子1400年事業のPRをさせていただきました。
住職は東大寺のシンポジウムの実行委員をしているため、この日は弟子で占師の法仙に演台に上がってもらい、そして一日中、観光協会のブースで買い物客の皆さんに占いをしました。
次は、12月24日・25日です。
三井アウトレットパーク滋賀竜王のセンターコートへお越しください。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)牟禮山観音禅寺(滋賀県)

団体参拝

八日市から団体参拝の方々がご到着
喜んでいただけたようで、後からわざわざお礼のお電話をいただきました。
小さいですが、くつろげるお寺です。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)

今日はお天気も良く、お参り日和。

お知らせをもっと見る(136件)
檀家以外の参拝
檀家以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

通常御朱印は、本尊と聖德太子の二種類があり、どちらもお申し出いただければ、御朱印帳に直接書き込みさせていただきます。
ご祈祷中や不在のときは、恐縮ですが書き置きが御賽銭箱の橫に置いてありますので、そちらをお持ちください。
ただし、近江聖德太子霊跡の特別御朱印(緑色)は、書き置きのみです。

限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

15台(無料)
1か月以上前に予約があれば、近隣に大型バスを10台~20台でも停める場所を確保できます。

巡礼

近江聖德太子霊場

ご利益

牟禮山観音禅寺について

本尊十一面観音は、伝聖徳太子作。特に厄除け・厄払い、交通安全、火難水難除けにご利益があることで古くから信仰を集めています。

お寺では、身上相談、家相相談、姓名判断を行っており、各種ご祈祷のほか、土地家屋のお祓い、地鎮祭、埋井祭など、出張祭礼・出張祈祷をしています。

新生児・社名・屋号・会名・ペンネームなどの命名のご依頼が多く、申し込みに応じて、坐禅指導・瞑想指導・写経なども行っています。
お宮参り、七五三詣にも、お越しになられる方も少なくありません。

特筆すべきは、観音禅寺に昔から伝わる観音霊籖(みくじ占い)の秘法。神社でよくみかける自分が引くおみくじとは異なり、住職と面談して具体的に占う内容を定めた上で、住職が読経の後におみくじを引き、その内容を丁寧に説明をしてくれるという伝統的な方法で行われます。人生の岐路に立った時、恋愛相談、結婚、増改築、会社の事業拡大や人事、選挙への出馬などの際に吉凶を占いに来られる方が多くお見えです。

人形供養は、郵送でも受け付けてるので、電話で相談してください。

境内には、「想いの竹」という竹筒が浄域にあり、これに向かって胸の内にしまっている思いの丈を思いっきり叫んだり呟いたりすることができます。

本堂前にある車輪の付いたベンチは、「幸せの椅子」と呼ばれており、これに坐ると将来が幸せな方向に進むとされ、カップルで坐ると幸せになると噂されています。

小さな山寺ですが、境内からの眺めは美しく、眼下の大きな池の真ん中を貫く松並木の参道は「牟礼の橋立」と呼ばれ、竜王八景の一つに数えられています。

名神高速「竜王インター」から5分以内の距離にあり、近江八幡駅から出ている近江鉄道バス「松ヶ岡口」停留所もすぐそばにあります。三井アウトレットパークまで車で3分以内の距離にあります。

住職より

幸せとは安らぎの中に自覚されるもの。
時間や空間に拘束されない、何者にも侵されることのない、絶対的な安らぎは、創造的絶対主体性である「真実の自己」に目覚めることです。
そのむこうには、主観と客観を自在に往き来する無礙なる禅の境涯が拡がります。
拘泥しない・停留しない・凝らさない、やわらかな心。それが私たちの本来の「こころ」の在り方です。
本来のこころを見る。
相対性を離れた絶対の世界。
そこに有るのは「いま」・「ここ」・「わたし」のみ。
悩みも苦しみも、安らぎも楽しみも、すべてこの「こころ」に描きだされた影像。
その「こころ」というキャンパスを、いちど真っ白にしてみませんか?
そのキャンパスに、あなたは何を描くでしょう。

おすすめの投稿

吉田 叡禮
2020年03月14日(土)
14投稿

観音禅寺の「みくじ占い」は、正式には観音霊籖(かんのんれいせん)といいます。 観音禅寺には昔からこの観音霊籖の秘法が伝えられています。それは、神社でよくみかける自分で引くおみくじとは異なり、住職と面談して具体的に占う内容を定めた上で、住職が読経しておみくじを引き、住職がその結果を説明するという古式に基づく伝統的方法で行われます。
人生の岐路に立った時、重要な決断を下すとき、結婚、増改築などの際にも、一人で思い悩んだり、自分勝手な欲望や都合で判断しても、なかなかうまくいかないものです。そんなとき、こころを澄ませ、神仏の声に耳を澄ませてみましょう。
観音霊籖は、宝くじでも運試しでもありません。ですから、自分にとって都合のいい卦が出るように祈ったり、思っていた結果ではなかったときに落ちこんだりする必要はありません。ただ観音さまが出した結果のとおりに順(したが)えば、それでよいのです。 ただし、それには“覚悟”が必要でしょう。観音さまに全てを委ね、どんな結果が出ても、それを素直に受け容れるという覚悟です。
みくじを引くということは、みほとけの掌に身も心も投げ入れることであり、また同時にそれは、自分を観察し、自分を知るということでもあるのです。
自分はいったいどうしたいのか、そのためにこれまでどのように努力してきたのか、そしてこれからどのように努力したらいいのか、いま自分に起こっている問題とは何か、その問題はどうして起こったのか、その問題を解決するためにはどうすればよいのか...、占いを受ける前に、これらのことを整理して、占う内容とその目的をしっかり定めてください。解決のための道は自ずと開けてくるはずです。あとは観音さまの御力を念じ、最大限に努力するのみです。観音さまはあなたを慈悲の眼でみつめ、あなたの心の声を聞き、必ずや力を与えてくださるでしょう。
私たちは周囲との調和によって生かされています。自分だけでなく、周囲の人々と共に活き活きと輝く。そうした在り方こそ真の意味で「生きている」と言えるのではないでしょうか。自己の最大の努力と、神仏の加持力、そして周囲の助力、この三つが揃い、はじめて事は成就します。

牟禮山観音禅寺のおみくじ

観音禅寺の「みくじ占い」

もっと読む
吉田 叡禮
2021年06月20日(日)
14投稿

日曜坐禅の参加者が、弊山に来る途中で汲んできた御沢神社の神鏡水を奉納。
聖徳太子ゆかりの御神水。
太子もお喜びであられることでしょう。

・・・
以下,「名水・湧き水:御沢神社の神鏡水 [滋賀]」より転載させていただきます。
http://okiraku-world.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_ea2c.html

御沢神社の歴史は古く、推古天皇の時代に聖徳太子が蘇我馬子に命じてこの一帯を開墾された折りに、田用水の溜め池として清水池・白水池・泥水池をつくり、神社を創建したのが始まりといわれています。
とくに泥水池はいかなるときも枯れることなく水田を潤してきたと伝えられ、この池の地下より引かれている「神鏡水」は、御沢の名水としても名高く、病気が治り、縁結び、安産、諸願成就のご利益があるとのことである。
現在の御沢神社は新しく建て直されているが、境内をまわると歴史を感じさせるものが点在している。
また、境内には棚面積250平方m余りに及ぶ藤棚があり、ここの藤は房の長さが1m以上にもなるそうで、見頃の5月上旬になると多くの人が訪れるそうだ。
さて、「神鏡水」だが境内の一画にある社の中で、竜の口から途切れることなく流れ出ていて、地元の方は参拝後この水を備え付けのコップで飲んで帰って行く。
参拝にみえた地元の方に訊ねたところ、「神鏡水」は地下水をポンプで汲み上げているが、御沢の名水としても名高く、病気が治り、縁結び、安産、諸願成就のご利益がある御神水なのだそうだ。

牟禮山観音禅寺(滋賀県)
もっと読む
投稿をもっと見る(30件)

ご供養

追善供養

  • ご先祖さま、ご家族、お身内の方、ご友人、そのほかご縁のあった方など、大切に思っておられる亡くなられた方への追善供養を随時承ります。
  • 水子・ペットの供養も同様に受け付けております。

 ●故人のご命日に限りません。
 ●お家の宗旨は問いません。(ただし、法儀の形式は臨済宗に則って行わさせていただきます。)
 ●本堂に上がっていただけるのは、一度にお一人様から15名程度まで。
 ●水子・ペットの供養も同様に受け付けております。
 ●供養料は志納とさせていただきます。
目安として一座の法要につき3千円・5千円・1万円とさせていただきます。
所要時間は、15分・30分・1時間(法話を含む)など、ご希望に合わせて執り行わさせていただきます。

追善供養(回向)とは、善い行いをして、既に亡くなられた方へその功徳を振り向けることを意味します。その一つの在り方として、僧侶にお経を読んでもらい三宝(仏・法・僧)にお供え物を捧げるなどして供養するという形があります。年忌法要も決められた日に行う追善供養です。年忌法要は一定の節目に親族が集い故人を偲ぶ機会となります。しかし、本来、供養の心に決められた形式や場所や時が有るわけではありませんし、年忌や命日にだけ供養を行うのではなく日々継続して行うことこそ大切であることは言うまでもありません。

とはいえ、現代の生活スタイルでは、毎日仏壇に向かって仏さまに手を合わせる時間をもつことが難しい場合もあるでしょうし、周囲の目が憚(はばか)られるということも有るでしょう。そもそもお家の中に仏壇が無い、どのようにすればよいかわからない、という方も少なくありません。

ふと故人を思い出したとき、静かにゆっくり故人に想いを馳せることのできる場所で、形式にこだわらず気軽に、しかもきちんと供養したい。そんな方に最適な場をご提供いたします。思い付きでも構いません。みなさまのご参拝をお待ち申し上げております。

なお、永代供養については別途ご相談ください。

ご祈祷

厄除け・厄祓いのご祈祷
古来、厄年は人の生涯の節目とされ、平安時代の記録にも見られます。
厄年にあたる歳には、病気や事故、災難に遭うことが多いと言われております。
厄年は、身体的にも社会的にも、とかく変化の多い年齢に当たります。身心への負担も多く、争い事や手違いも増えがちになるといった経験をされた方も多いのではないでしょうか。
その歳に達するまで暮らして来られたことへの感謝するとともに、人生の転換期として注意すべき年巡りとして、自覚と慎みが必要な時期です。
そこで、災厄に遭わないよう心がけ、年頭や節分にあらかじめ寺社にお参りし、供物を奉納して「厄除けを祈る習慣が、日本には古くから有るのです。 人生には幾つかの厄年が有るとされています。
特に男性においては数え年の25歳・42歳、女性においては19歳・33歳・37歳の厄年は最も忌み慎むべき歳として「大厄」と称され、その前年を前厄、当年を本厄、翌年を後厄として、前後3年間を忌み慎しむ慣わしとなっています。
その他の厄年は、「厄年早見表」をご参照ください。
また、生れた年と同じ十二支の年を迎える方を「年男」・「年女」といいますが、生まれ年と同じ十二支がめぐってくる年は運気が不安定となることから、困難に遭遇しがちであり、厄年と同様の意味があります。中国ではその年を「本命年」といい、その年には赤や金色のもの(服装など)を身に付けて運気を上昇しようとする習慣が今でもありますし、日本では節分の豆まき行事で年男・年女が豆をまく役をするところが多いのもそのためです。厄年と同様、厄除け・厄払いを行って、神仏のご加護を願うのがよいでしょう。 近ごろ悪いことやトラブルが続くという方は、運気が低迷している可能性があります。ご祈祷を受け、生気を回復し、運気を上げてはいかがでしょうか。 吉凶はものごとの裏表です。厄が転じて福となるよう、ご祈祷を受けて厄を祓い、日常の中で見失いがちな自己を改めて省み、より善くより明るく生きる好い機会として頂ければ幸いです。

交通安全祈願

日常における交通事故などの災い事からお守り頂くようお祈りいたします。

また、遠方への旅行、留学や海外出張などを計画されている際、道中の安全や行く先々での安全をご祈願いたします。

自動車・バイク・自転車・船舶・航空機など、乗り物のお祓いも行っております。本堂でご祈祷ののち、駐車場でお祓いをお受けください。新たに車両を購入された際や、

新たに乗り物を購入された際のみならず、一年の初めには必ずお祓いを受け、心機一転してください。

※車両のお祓いには「車両ナンバー」をお示しいただきます。

安産祈願

・所要時間:20分程度

・妊娠5箇月目の戌の日に当山へお越しください。

・体調などのご都合により、代参も可能です。

・戌の日以外のご祈祷も承ります。

・当日、出産予定日とお母さまになられる方のお名前および生年月日をご用意ください。

・腹帯をご持参いただければ、お祓いをさせていただきます。

・お札のみの授与も可能です。

・詳しくは電話でお問合せください。

七五三詣

・要予約

・所要時間:20分程度

・千歳飴の授与をいたします。

家相相談

新築や増改築の際の家相、時期、何か気になることが有るなど、家相に関するご相談をお受けいたします。

※ご相談の際にはお家の「図面」と周囲の「地図」をご用意ください。そのほかに、共に生活しておられる方々のお名前と生年月日をお示しいただくこともあります。

土地家屋のお祓い

土地・家屋のお祓い、地鎮祭(起工式)、埋井式などを行っております。

埋井式・地鎮祭(その日から工事に入ることから「起工式」ともいいます)は、家屋などの建物を新たに建てられる際、建築や諸工事の基礎工事に先立って行われるべきお祭りです。その土地神様に土地の使用のお許しを得て、 災いを受けることなく、工事が安全に竣工させていただけますよう、また、建物が末永く安泰堅固であり、その建物を使わせていただく人々が繁栄されることを祈願する祭典です。

・増改築(リフォーム)の工事前のお祓い、庭の老木を伐採する前のお祓い、使わなくなった井戸を埋める際の「埋井式(まいせいしき)も行っております。

・また、気になる場所がある、気になる事があるがどうすればいいかわからない場合も、ご遠慮なくお問い合わせください。

命名

姓名判断新生児の命名をはじめとして、ペンネーム、芸名(源氏名)、社名、会名の命名をいたします。

名は体を表すというように、よりよく生きていくには好い名前をつけるに越したことがないのは、ことさら言うまでも無いでしょう。では、よい名前とはどのような名前でしょうか。

よい名前とは、漢字の意味や文字の画数だけで決まるものではありません。発音には秘められたコトダマがあります。名前全体としての意味ばかりでなく、ひとつひとつの発音に意味があり、それは自己や他人の身体や精神に影響を与えます。したがって発音も大切です。そして、音楽において音の調和が大切であるように、名前においても発音の調和が大切になります。

また、人は一人で生きているわけではありません。家族など強く繋がっている人や所属する組織、会社なら親会社や得意先との調和の中で存在し、互いに影響し合っています。したがって、名前も周囲との調和のとれた名前であることが理想的です。

単純な例をあげれば、あなたの配偶者が健康でよい運勢をもっていても、ご自身に配偶者を亡くす強い孤独運が有った場合、愛する配偶者が早世するということも起こり得るのです。もちろん、その逆もあります。そこで、主に家族など普段から深く関係している人や団体との調和を考慮して命名する必要があります。

さらに、生年月日も関係してきます。人の人生には波があります。体調や精神状態にもバイオリズムがあります。家庭運・環境運・健康運などにもそれぞれ波があります。これらには、それぞれ好いときもあれば悪いときもあります。これらが共に好調なときはまだよいでしょうが、同時に低迷すると耐えきれない状態に陥ります。しかも、もし家族全員が同じ波長であったら悲惨な状態になることは言うまでもありません。しかし、一人の運が低迷していても、そのとき家族のうちの誰かの運が上がり調子であれば、補うことが出来ます。

このように、命名には個と全体の調和・中和が大切であり、総合的に見ていく重要性を提唱しているのは、おそらく当山だけに見られる特徴です。

姓名判断姓名判断は、男女の相性を判断することもできますが、それだけではありません。自分を知ることにも繋がります。また、商談などの相手を知るためにも姓名判断は有効です。人間関係で、どうも反りの合わない相手がいる場合も、名前の相性が原因の場合もありますので、それがわかれば、相手を許すこともでき、よりよい付き合い方を見出すことができるようになるでしょう。会社の経営者の方で、人事の相談のために姓名判断を依頼される方もおられます。※観音霊籖と合わせて観る場合もあります。

人形供養

人形・ぬいぐるみなど、一つ一つ丁寧に供養し、お焚き上げ致します。

陶器、金物、ガラスケース入りの人形など、燃えないものも承ります。

日本人形、雛人形、武者人形、五月人形、フランス人形、こけし、おもちゃ、注連縄、しめ飾り、お守り、お札、だるま、動物のはく製・・・。

故人の遺影・遺品、仏像、佛壇、数珠、腕輪念珠などの仏具の供養も受け付けております。

※全国から郵送・宅急便でも受け付けております。

※詳しくはご遠慮無く電話でお問い合せください。

【供養料(志納金)】

●一件につき 2,000円 の志納金をお願いしております。

 ※ガラスケース入りの人形は、別途 500円 を添えてください。)

 ※遺影など写真は額縁を外してお送りください。枚数が大量の場合はご相談ください。

●ひな人形など一揃えのものは、一式 7,000円 で承ります。

●特に愛着のある人形、特に気になるものにつきましては、特別供養をさせていただきます。1件につき5,000円でお受けしております。

●動物の剥製・骨格は、1体につき 5,000円 でお受けいたします(動物を供養して火葬いたします。)

●ご供養・お祓いの後、お持ち帰り・返送をご希望の場合は、ご相談ください。

ペット健康祈願

大切な相するペットの健康祈願を行っています。

(志納金の目安;5千円~)

ペット供養

葬儀や法要も承ります。お位牌の開眼(入魂)などもご相談ください。ただし、納骨は受け付けておりません。

(志納金の目安:5千円~)

当山は、ペットを連れてご参拝いただくことも可能です(ただし、糞尿はお持ち帰り下さい)。

祈願幟

祈願幟(のぼり)を奉納していただくと、境内に幟を起てて末長く祈願できます。

(志納金の目安:5千円~)

ご供養をもっと見る

授与品

護符(おふだ)

厄除開運

1000円/一体
常備

厄除け・厄払い・開運祈願のためのお札です。

鬼門除け

1000円/一体
住職が手作りしている御札です(作り置き甚少)。

御屋敷の鬼門にお貼りください。住職が手作りした御札です。出張祈祷の際など必要に応じてお授けしておりますが、作りおきには数に限りがございますので、ご所望の際はご予約ください。

交通安全

1000円/一体
常備

交通安全のための御札です。袋に入れた情態で車輌のダッシュボードに入れて置かれても結構です。

病気平癒

1000円/一体
住職が手作りしている御札です(作り置き甚少)。

住職の手書きによる手作りのお札です。
ご祈祷の後に授与していますが、ご予約いただければ、お札のみでもお授けさせていただきます。

安産祈願

1000円/一体
住職が手作りしている御札です(作り置き甚少)。

安産祈祷の際にお授けしているお札ですが、お札のみでもお授けさせていただきます。

所願満足

1000円/一体
古伝の御札です。

観音禅寺に古くから伝わる板木で刷ったお札です。

稲荷大明神守護札

1000円/一体
常備

境内社の白鬚稲荷大明神のお札。家内安全・除災招福・商売繁盛・五穀豊穣・風雨調順など。

お守り

無事まもり(太子間道)

800円/一体
所願満足のお守りです。

「無事」とは、禅では深遠な意味があります。好いことも悪しきことも無い平常無事こそ、真の平穏。文字は住職直筆の字を刺繍しています。
お守り袋は、観音禅寺の本尊を一刀ごとに三礼して彫った聖德太子が着用しておられたという「太子間道」の図柄を模して錦で謹製しています。

和まもり(人間関係改善)

800円/一体
人間関係の苦悩からお守りします。

人間関係の苦悩からあなたを守ります。
愛しい人ととこしえに睦まじくいたいという願いを叶え、どうも馬が合わないという人に会わなければならないつらさから護ってくれることでしょう。掌に入る大きさで、プレゼンなど緊張する場面でも、掌の中に握っておくことができまます。
このお守りを掌の中に握れば、これを持つ人と相手の心を共に和ませ、緊張を和らげる効果をもたらします。
気品のある遠山模様に、住職が心をこめて直筆した「和」の文字を金糸で刺繍しています。

内符おまもり

500円/一体
本尊十一面觀音大菩薩の分身です。

おふだ形の内符です。直接、お布などに入れて身に携えていただいも結構ですし、ご自身で作られたお守り袋に入れて持ち歩かれても結構です。

カード型お守り

300円/一体
名刺サイズ

お財布や名刺入れ、携帯電話ケースなどに入れて携帯できます。
裏面の図は、秘仏本尊十一面観音大菩薩のシルエットと双龍が印してあります。
観音寺が所在する竜王町には東西それぞれの竜王山に龍が住んでいることにちなんでいます。
龍は仏法守護の神であり、同時に貴方をお守りします。

加持土砂

1000円/一袋
供養や魔除けの砂。お清めにも使えます。

21座の修法を行い、光明真言のパワーが籠められた極めて貴重なお砂です。

これを死者や墓土に撒けば、亡者は必ず浄土に往生できると経典に説かれており、それほど、強力なパワーをもっています。
お墓だけでなく、お家のお仏壇に納めたり、お家の要所要所に安置すれば、その家と、その家に住む人々を守ります。
少しずつ取り分けてお守りとして携帯しても好いですし、お浄めに用いることもできます。
説明書とともに授与させていただきます。
他のお寺では、なかなか手に入りません。

交通安全ステッカー

500円/一体
車輌に貼るお守りです。

観音禅寺秘仏本尊の十一面観音大菩薩さまのシルエットと、周囲を二頭の龍が守っています。
龍は仏法の守護神であると共に、生命の源である水をもたらし、災難からあなたを守ります。
観音禅寺は、二座の竜王山の中央に位置し、双龍に守られる寺であることから、このデザインが導かれました。
その双龍を、ビサンティンに発祥して西域・唐土を経て日本にもたらされたダマスク柄でデザインし、仏さまが教える「縁」の繋がりを表しています。
自らの功徳の力と神仏の加持の力、そして無限の縁で紡がれた大宇宙の力を意味しています。

観音禅寺謹製オリジナル線香

2700円/一箱
坐禅用に最適。

天然の沈香と白檀をブレンド。
沈香は禅定を深め、白檀は観音菩薩を供養する際の香木です。
自己主張しない上品で心を落ち着かせる香りです

定着剤を全く使用しておらず、固めるための接着剤を極限まで減らしていますので、少々折れやすく感じますが、一般の線香とは違って、煙を吸い込んでも咽せることがありません。
住職が自らブレンドしました。箱の文字も住職の文字です。
坐禅時に最適です。

授与品をもっと見る|
12

行事

1月20 初観音は、一日お詣りすれば千日分のお詣りした功徳が有るとされ、参拝者には厄祓いの楊枝浄水加持が行われる。

旧暦初午 初午祭は鎮守稲荷堂の縁日で、盛大に餅撒きが行われる。旧暦で行われているので毎年の日が異なる。

7月20日 曝涼会(ばくりょうえ・むしぼし)では、お寺に伝わる書画の掛軸などが展覧され、お経の後には厄除けと体力気力増強にご利益があるとされる南瓜の煮つけとぼた餅が振る舞われる。地元では暑気払いの行事とされている。

8月20日 施餓鬼供養では、在所の新亡供養のほか、地元の近江牛の供養、そして動物供養が行われる。

12月8日 お火焚き・成道会。一年の災厄を祓い浄める「お火焚き祭」が行われる。稲荷堂でお勤めの後、一年間使われたお札や注連縄を燃やし、あわせて厄除けの祈願が行われる。その後、本堂で「成道会」が行われ、小豆飯と大根の煮つけがその日の参拝者に振る舞われる。

大晦日 除夜の鐘は深夜2時ごろまで撞き放題。参拝者には、あたたかい飲み物や御菓子が振る舞われる。

行事をもっと見る|
14

歴史

本尊は聖徳太子が28歳のときに一刀三礼して彫ったと伝わる十一面観音さま。30年に一度だけ御開帳される秘仏。もとは金蕭菩薩が開き、東大寺を開いた良弁僧正によって伽藍が建立された法満寺という奈良の興福寺に属す大伽藍の守り仏として祀られていた。後に比叡山延暦寺下となったが、戦国時代に織田信長の兵火によって全山焼失。しかし、焼け野原にこの観音像だけが世を憂う慈悲深い姿で厳然として佇んでいたという。観音像の袖には今も焦げ址が残っており、戦火の中で焼け残ったことから「火伏の観音」としても知られ、争い除けにもご利益がある。地域の人々によって守られ、江戸時代に列岑禅師によって堂宇が再建され、西鮮禅東禅師のころから臨済宗妙心寺派に属すこととなった。

歴史をもっと見る|
3

牟禮山観音禅寺の基本情報

住所滋賀県蒲生郡竜王町小口848
行き方

名神高速道路「竜王インター」から車で5分。JR近江八幡駅からバスで20分。

アクセスを詳しく見る
名称牟禮山観音禅寺
読み方むれざんかんのんぜんじ
通称竜王観音禅寺
参拝時間

御朱印受付時間
9:00〜17:00

ご参拝・ご対応はいつでもできますが、ご祈祷などと重なっていると、対応できないこともありますので、ご了承ください。

参拝にかかる時間

20分

参拝料

無料

トイレ山門の横にあります。
御朱印あり

通常御朱印は、本尊と聖德太子の二種類があり、どちらもお申し出いただければ、御朱印帳に直接書き込みさせていただきます。
ご祈祷中や不在のときは、恐縮ですが書き置きが御賽銭箱の橫に置いてありますので、そちらをお持ちください。
ただし、近江聖德太子霊跡の特別御朱印(緑色)は、書き置きのみです。

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0748580217
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@kannonzenji.or.jp
ホームページhttp://kannonzenji.or.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊十一面観自在大菩薩。聖徳太子が28歳のときに一刀三礼して彫ったと伝えられる。60年に一度の大開張、30年に一度半開帳される秘仏。令和5年に聖徳太子1400年遠諱大法会で特別大開帳を予定。厄除け・交通安全・火難水難除・闘諍除(争いごとを除き人間関係を改善する)などのご利益がある。
そのほか、本堂には「身代わり観音」「十二支守護仏」(大日如来・阿弥陀如来・文珠菩薩・普賢菩薩・千手観音菩薩・虚空蔵菩薩・勢至菩薩・不動明王)、「愛染明王」、「大日如来」、「不動明王」、「弘法大師」、「地蔵菩薩」、などが所せましと祀られています。
境内社には「正一位白鬚稲荷大明神」、「弁才天」、「大歓喜聖天」、「毘沙門天」、役行者神変大菩薩を祀る。
山号牟禮山
宗旨・宗派臨済宗妙心寺派
創建時代853年(仁寿3年)
開山・開基聖徳太子/金蕭菩薩・良弁僧正
札所など

近江聖德太子霊場

ご由緒

本尊は聖徳太子が28歳のときに一刀三礼して彫ったと伝わる十一面観音さま。30年に一度だけ御開帳される秘仏。もとは金蕭菩薩が開き、東大寺を開いた良弁僧正によって伽藍が建立された法満寺という奈良の興福寺に属す大伽藍の守り仏として祀られていた。後に比叡山延暦寺下となったが、戦国時代に織田信長の兵火によって全山焼失。しかし、焼け野原にこの観音像だけが世を憂う慈悲深い姿で厳然として佇んでいたという。観音像の袖には今も焦げ址が残っており、戦火の中で焼け残ったことから「火伏の観音」としても知られ、争い除けにもご利益がある。地域の人々によって守られ、江戸時代に列岑禅師によって堂宇が再建され、西鮮禅東禅師のころから臨済宗妙心寺派に属すこととなった。

体験坐禅(座禅)写経・写仏祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬七五三仏像傾聴御朱印お守り祭り人形供養除夜の鐘伝説法話
Youtube
感染症対策内容

堂内換気。定期的消毒。消毒用アルコールを諸処に設置。疫病祓い祈祷。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中