参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
感染症対策情報

こうやさんしんごんしゅう あたごさん じょうふくいん りゅうせんじ|高野山真言宗

高野山真言宗 愛宕山上福院龍泉寺 Atagosan Johukuin Ryusenji Koyasan Shingon-Buddhist sect.

公式三重県 松阪駅
感染症対策情報

高野山真言宗 愛宕山上福院龍泉寺 Atagosan Johukuin Ryusenji Koyasan Shingon-Buddhist sect.公式三重県 松阪駅

こうやさんしんごんしゅう あたごさん じょうふくいん りゅうせんじ|高野山真言宗

三重県 松阪市愛宕町1-4

山門は24時間開いております。

基本的に信仰問わずどなたでも
ご参拝頂ける神仏習合寺院です。

堂内への参拝、加持祈祷受付
御守、御朱印のお授けは
通常時 8時から16時頃まで

感染症対策などについては
↓こちらをご確認下さい。
https://hotokami.jp/area/mie/Hmytk/Hmytktm/Dgmpm/77034/126802/

またページ最後にご案内の
YouTubeチャンネルにて
配信等行っておりますので
よかったらご覧下さい。

御朱印あり
檀家以外の参拝歓迎
縁結び・恋愛成就金運商売繁盛健康長寿家内安全勝負運五穀豊穣

現在の御朱印・御朱印帳

限定御朱印

【限定】愛宕大権現(勝軍地蔵)必勝祈念 御朱印

500円
コロナ禍の困難に打ち勝って頂ける様に限定でご用意致しました。

500円
コロナ禍の困難に打ち勝って頂ける様に限定でご用意致しました。

【限定】毘沙門天 守護祈念 御朱印

500円
コロナ禍の大難が小難に、小難が無難になる様に願いご用意致しました。

500円
コロナ禍の大難が小難に、小難が無難になる様に願いご用意致しました。

御朱印

御朱印をもっと見る(9枚)

当山は、弘仁(810-24)
弘法大師(空海)によって
鎮護国家・万民快楽のため
「天弓愛染明王」と共に
刻まれた「秘仏」愛宕大権現
(勝軍地蔵尊)をはじめ

七福神「毘沙門天」「大黒天」
松阪最初の稲荷明神
「瀧川五社稲荷大明神」
修験道の開祖
「役小角 役行者神変大菩薩」
お台所、かまどの神様
家内安全、商売繁盛 三宝荒神
火で穢れを焼き尽くす
烏枢沙摩明王(トイレの神様)
津島神社 御祭神 
建速須佐之男命 大山祇大神
少名彦大神などをお奉りする。

境内には神仏習合の名残や
山伏信仰に触れられるお祭り
古くは嵯峨御所大覚寺派寺院
第106代正親町天皇勅願所
代々松阪城主の篤い信に
より守られてきた歴史あるお寺。

境内

松阪最古の木造建築物として県文化財指定山門

境内をもっと見る(19枚)

行事

年間行事 月並祭 ご縁日

年間行事

1月3日 愛宕大権現初護摩供

1月24日 初愛宕大祭(愛宕市・あたごいち)

行事をもっと見る(9枚)

基本情報

名称高野山真言宗 愛宕山上福院龍泉寺 Atagosan Johukuin Ryusenji Koyasan Shingon-Buddhist sect.
読み方こうやさんしんごんしゅう あたごさん じょうふくいん りゅうせんじ
通称愛宕さん あたごさん
檀家以外の参拝歓迎
参拝時間

山門は24時間開いております。

基本的に信仰問わずどなたでも
ご参拝頂ける神仏習合寺院です。

堂内への参拝、加持祈祷受付
御守、御朱印のお授けは
通常時 8時から16時頃まで

感染症対策などについては
↓こちらをご確認下さい。
https://hotokami.jp/area/mie/Hmytk/Hmytktm/Dgmpm/77034/126802/

またページ最後にご案内の
YouTubeチャンネルにて
配信等行っておりますので
よかったらご覧下さい。

参拝にかかる時間

15分~60分

トイレ赤い鳥居のある山門から見て頂いた、境内右脇奥にございます。
御朱印あり
電話番号0598-21-2931
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX0598-21-2938
ホームページhttps://r.goope.jp/atagosanryusenji
SNS

詳細情報

ご本尊天弓愛染明王
愛宕大権現(勝軍地蔵)
山号愛宕山
院号上福院
宗旨・宗派高野山真言宗
創建時代742ー49
開山・開基聖武帝御宇 行基
札所など

三重四国八十八カ所霊場 第八十番
Mie Shikoku 88 Temple Pilgrimage
http://www.mieshikoku88.net/80.html

伊勢乃国 松阪霊地 七福神めぐり
https://www.matsusaka-kanko.com/wp-content/uploads/2014/10/shitifukujin.pdf

勢州松阪二十一ヶ所霊場 第四番
勢州松阪二十四地蔵霊場 第四番

文化財

詳しくは住職におたずねください。

ご由緒

当山古記によると開創は
聖武天皇(在位724-49)が行基に勅し
一志郡中郷村滝野川
(現 松阪市嬉野滝之川町)に一宇を
建てたのが始まりと伝えています。
その後七堂伽藍建立し
「滝川寺」称しました。

「滝野川寺」は伽藍の総寺号
として多気の国司・北畠家の
信仰熱く寺領の寄進もあり
塔頭・堂・坊舎が数多く
祈願寺となりました。

龍泉寺・上福院の下の防
「上福院」は当寺の旧号です。

当時は「伊勢の愛宕」と称され
信徒、参拝に絶えない寺院でした。
しかし、永禄(1558-69)各地で
戦が起こり修羅の烽火は滝川寺にも
および影響を受けました。

そのため、永禄十一年(1568年)
本尊ならびに氏神を守護し奉り
下の防・上福院を松ヶ島平尾村に
(現 松阪市松ヶ島町のあたり)
移し「瀧泉寺」と成りました。

天正九年春、嵯峨御所大覚寺の宮より
御令旨を賜り、北尾大藪潮田長助殿
壇越となり松ヶ島より愛宕大権現を
松阪へ移し祀りました。

また、同年第106代正親町天皇の
御綸旨を下し勅願所となり
「愛宕山 上福院 龍泉寺」と
称する事になりました。

松ヶ島城が松阪城に移り替えの際
時の住職良宗上人が四朗衛門という
武士を伴い現在の地に移建しました。

以来、松阪城主蒲生氏郷をはじめ
代々城主の信仰熱く、特に三代目
古田重勝は深く信仰を寄せられた。

愛宕大権現本殿は明治初年までは
愛宕社であったが、神仏分離の際
神殿を仏殿本堂として本尊を祀る。


境内入口にある「山門」は松阪市内
最古の木造建築物で県指定文化財です。

山門は松ヶ島城裏門であったのを
天正十六(1588)蒲生氏郷が
寄進したものと伝えられています。

切妻造り、本瓦葺きの
一間一戸の薬医門剛壮で
桃山時代の風格を示しています。

ご利益
体験

対策内容

こちらにて山内で行なっております感染対策をご案内しております。
https://hotokami.jp/area/mie/Hmytk/Hmytktm/Dgmpm/77034/guides/506/

初愛宕に際しての感染症対策と配信のご案内
https://hotokami.jp/area/mie/Hmytk/Hmytktm/Dgmpm/77034/130072/

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、住職さんも喜ばれるでしょう。
このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2021年06月17日

アクセス

住所松阪市愛宕町1-4
Googleマップで地図を開く
エリア松阪駅
行き方

・車でお越しの方
国道23号線・42号線高町交差点
高町新橋(新愛宕橋)・から車5分

国道166号線 愛宕町
および松阪駅入口からすぐ

伊勢自動車道 松阪ICから車15分

・電車でお越しの方
※各地からのアクセスは文末をご覧下さい。
最寄り駅 JR紀勢本線 名松線 
近畿日本鉄道(近鉄)山田線
松阪駅から680m 9分

三重交通 02松阪市内線
11・12飯南波瀬線 14宇気郷線
52松阪大石線 54・55大杉線
56松阪熊野線 愛宕町から200m 2分

鈴の音バス 市街地環状線
平生町から200m 2分

各地から松阪までのアクセスについては
こちら松阪市観光プロモーションサイト
https://www.city.matsusaka.mie.jp/site/kanko/koukyouakusesu.html
┗JR線、近鉄線発行一部企画乗車券
伊勢方面の観光きっぷでは松阪駅に
途中下車頂く事が可能です詳しくは
各社駅係員お問い合わせ下さい。

駐車場通常時は境内にて駐車可能 混雑時及び行事の際には 愛宕権現堂(護摩堂)裏手の 駐車場をご利用下さい。 →詳しくはGoogleマップにて https://g.page/Atagosan-mie
何かお気づきの点はありますか?