御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※八雲神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
なし

なし

ご利益

八雲神社について

判りにくい場所にありますが装飾彫刻も綺麗ですし、
人も少なく鎌倉駅から近いですし、ゆっくり参拝できますよ。
.
鎌倉最古の厄除神社とされています。
当神社は市内数箇所の管理元でもあるので、管理先神社の御朱印授与有無もご確認を。
( 市内には鎌倉市西御門・鎌倉市山ノ内・鎌倉市常盤と併せて4社あるので、
         ’ 大町の八雲神社 ’ と呼べば誤認回避可能と思います。)
前の道伝いの直近には ’ ぼたもち寺 ’ 「常栄寺」があり、同日中の参拝巡りが可能です。
同じく徒歩圏内としては、「妙本寺」がありあす。

おすすめの投稿

mitch
2019年11月12日(火)
2043投稿

11.04.10  鎌倉「八雲神社」謹んで参拝祈願いたしました

『  東北・関東震災に於きまして

亡くなられた方々の ご冥福を祈願いたします。

被災された方々が苦しい現状から一時も早く解き放たれて、

夜に安心して眠ることができる環境になりますよう祈願いたします。

被災された方々が心休まり安寧な日々を暮らせる日が

必ず来ることを信じておりますとともに、

その日が一日でも一刻でも早く訪れますよう祈願いたします。

被災した原子力発電所と命がけで戦ってくださっておられます作業者の方々が、

怪我なく 健康損なう被爆なく  命を落とすこと絶対になく

任務を全うされて帰還されますよう祈願いたします。

原子力発電所の危機を必ず打開できますことを信じておりますとともに、

一刻も早く危機を打開できますよう祈願いたします。 』
.
.
.
**********************
メモ: 投稿順序が相前後してしまったので、
”11.03.31 謹んで参拝祈願いたしました。 鎌倉市大町「八雲神社」 ”からの続きで
https://hotokami.jp/area/kanagawa/Hkyty/Hkytytm/Dmspz/144755/43358/

”12.01.03  鎌倉市大町「八雲神社」 ”へ続く
https://hotokami.jp/area/kanagawa/Hkyty/Hkytytm/Dmspz/144755/43359/
**********************

八雲神社の本殿

「八雲神社」拝殿

八雲神社の歴史

社殿に向かって左に鎮座する、
「於岩稲荷社」 田宮於岩 命(お岩様)、「稲荷神社」、「諏訪神社」 の立札。

八雲神社の末社

社殿に向かって左に鎮座する、
「於岩稲荷社」 田宮於岩 命(お岩様)、「稲荷神社」、「諏訪神社」 の立札。
( 他の写真を含めて、いつもどおり 至近距離での正面撮影を憚っております。)

八雲神社の建物その他

社殿に向かって右奥に鎮座する、「御嶽神社」 「三峰神社」。
写真右は、祇園山ハイキングコース入口

八雲神社の末社

「御嶽神社」 「三峰神社」

もっと読む
惣一郎
2021年03月13日(土)
1038投稿

八雲神社は、鎌倉市大町にある神社。旧社格は村社。なお、鎌倉市内には八雲神社が4社(大町、西御門、山之内、常盤)ある。

社伝によれば、11世紀後半、源義光が奥州へ向かうのに際し、鎌倉での疫病流行を見て、京都祇園社の主祭神(須佐之男命、稲田姫命、八王子命)を勧請したのが始まり。15世紀前半に義光の子孫・佐竹氏の屋敷の祠が合祀され、佐竹天王と称した。江戸期には鎌倉祇園社、祇園天王社と称したが、明治期に現在の八雲神社に改称。1923年の関東大震災で社殿が倒壊、昭和初期1930年に再建。

当社は、JR鎌倉駅から若宮大路を400m南下し下馬交差点を左折、県道311号を400m進んで左に100mほど入った静かな住宅街の中にある。裏山が祇園山ハイキングコースになっていて境内にその入口があり、背後に小山を擁する神社らしい立地。ほどよい広さの境内に、手入れの行き届いた建物・植栽、神職の方常駐の社務所を考えると、旧社格は村社ではなくワングレード上の郷社ぐらいの立派さ。

参拝時は週末の午前中。他に参拝者はいなかった。

※鎌倉強化合宿2日目午前中、延命寺(鎌倉11番)、教恩寺(鎌倉12番)、別願寺(鎌倉13番)、安養院(鎌倉3番)に続く5寺社目。

八雲神社の鳥居

神社入口。参道はよく掃き清められ、赤い幟がはためいていて、生き生きとしている感じがする。

八雲神社の手水

鳥居をくぐって、参道左手には<手水舎>。

八雲神社の鳥居

進むにつれ、ちょっとずつ階段を上がっていく。

八雲神社の本殿

拝殿正面。左側に写っているのは御神木、その根元には源義光が軽々と持ち上げた伝説のある<手玉石>。

八雲神社の本殿

拝殿正面。梁などの彫刻が凝っていて美しい。

八雲神社の建物その他

境内左手にある<宝物館>。

八雲神社の末社

摂末社群の前には、たくさんの赤い幟。

八雲神社(神奈川県)

旗の後ろ側はこんな感じ。

八雲神社の末社

社殿の右側にも摂末社の幟。

八雲神社の末社

鳥居をくぐると<御嶽神社・三峰神社>の碑。

八雲神社の本殿

最後にあらためて社殿全景。

八雲神社の建物その他

境内右手にある<社務所>。御朱印はこちら。

もっと読む
投稿をもっと見る(77件)

歴史

鎌倉最古の厄除神社とされています。
京都の祇園さんこと「八坂神社」を勧請した神社です。

歴史をもっと見る|
7

八雲神社の基本情報

住所神奈川県鎌倉市大町1-11-22
行き方

JR横須賀線または江ノ島電鉄線「鎌倉駅」東口から、’ 大町四つ角 ’ を目指して徒歩約8分ほど。

アクセスを詳しく見る
名称八雲神社
読み方やくもじんじゃ
通称八雲さん、祇園様、佐竹天王様
参拝時間

8:30~16:30

参拝にかかる時間

10分

参拝料

なし(志納)

トイレなし( ヒント: 「本覚寺」参拝と併せて、境内のトイレを借用可能です。)
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり

詳細情報

ご祭神《主》須佐之男命
《相》稲田比女命、八王子命、佐竹氏霊
創建時代1083年(永保3年)頃
本殿流権現造
ご由緒

鎌倉最古の厄除神社とされています。
京都の祇園さんこと「八坂神社」を勧請した神社です。

体験御朱印お守り

Wikipediaからの引用

概要
八雲神社は、神奈川県鎌倉市大町に所在する神社。旧社格は村社。 もと鎌倉祇園社や祇園天王社などと称したが、明治維新に際して現社名に改称した。 厄除け開運の神社としても知られており、地元では「八雲さん」や「お天王さん」などと呼ばれ親しまれている。 裏山は衹園山ハイキングコースの起点となっており、神社脇にハイキングコースの入口がある。
歴史
歴史[編集] 社伝によれば、永保年間、源義光が奥州へ向かうのに際し、鎌倉に疫病が流行しているのをみて、京都祇園社の祭神を勧請し、祭ったのが始まりと伝えられる。 応永年間には、義光の子孫である佐竹氏の屋敷に祀られていた祠が合祀され、佐竹天王と称した。 また、大正12年(1923年)関東大震災の際には社殿が倒壊しており、昭和5年(1930年)に再建された[1]。 ^ 吉川弘文館『鎌倉古社寺辞典』p64
アクセス
アクセス[編集] 鎌倉駅東口より徒歩8分
行事
祭事[編集] 正月6日 新年初神楽 7月、例祭期間中 神幸祭 – 大町まつりとも呼ばれ、大規模な神興渡御で知られる。また、神幸祭の間に繰り出される神輿の下を幼児を抱いてくぐり、無事な成長を祈願する「神輿くぐり」も行われる[1]。 ^ かまくら春秋社『鎌倉の神社 小事典』p60
引用元情報八雲神社 (鎌倉市大町)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%85%AB%E9%9B%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%E5%A4%A7%E7%94%BA%29&oldid=82814817

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中