御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
高徳院ではいただけません
広告

こうとくいん|浄土宗大異山 (大異山高徳院清浄泉寺)

高徳院
神奈川県 長谷駅

開門【4月〜9月】8:00〜17:30/【10月〜3月】8:00〜17:00
大仏胎内拝観:8:00〜16:40
御朱印受付:【平日】9:00〜15:30/【土日祝】9:00〜15:00

御朱印・御朱印帳

御朱印(2種類)

高徳院では、「阿弥陀如来」と「南無聖観世音」の2種類の御朱印をいただけます。 

阿弥陀如来の御朱印

300円

真ん中に阿弥陀如来と書かれ、上部に鎌倉大佛殿の印、左下に高徳院の文字、鎌倉大佛殿高徳院の印が押されています。
高徳院の本尊は「鎌倉大仏」「長谷の大仏」として親しまれている阿弥陀如来坐像で、鎌倉で唯一国宝に指定されている仏像です。

御朱印をもっと見る|
322
御朱印について
御朱印
あり

真ん中に阿弥陀如来、左下に高徳院と書かれ、真ん中に社印が押されています。
聖観世音の御朱印もいただけます。
御朱印帳の表面には大きく鎌倉の大仏様が入っています。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり(普通車10台)

巡礼

鎌倉三十三観音霊場
鎌倉三十三観音霊場第二十三番札所

ご利益

高徳院について

高徳院といえば「鎌倉大仏」


鎌倉の高徳院といえば「鎌倉の大仏」です。
奈良の大仏と並んで国民的人気を誇る大仏として有名な「鎌倉の大仏」は
訪れたことが無くてもご存知の方も多いはずです。

鎌倉の大仏は「阿弥陀如来」


どちらも大変有名である鎌倉の大仏と奈良の大仏は
同じ"大仏"でも祀っている仏像が違います。
奈良の大仏は盧遮那仏(るしゃなぶつ)ですが、
鎌倉の大仏は阿弥陀如来(あみだにょらい)を祀っています。

胎内入れる鎌倉の大仏


見て拝むだけでも充分楽しめる鎌倉の大仏ですが、
鎌倉の大仏は「胎内」と呼ばれる内部の空洞にも入ることが出来ます。
巨大な仏像を内側から見ることができるのも鎌倉の大仏の見どころです。

神奈川県のおすすめ🎎

広告

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(283件)

高徳院の基本情報

住所神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
行き方

江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩7分
京浜急行バス「大仏前バス停」下車

アクセスを詳しく見る
名称高徳院
読み方こうとくいん
通称鎌倉大佛殿
参拝時間

開門【4月〜9月】8:00〜17:30/【10月〜3月】8:00〜17:00
大仏胎内拝観:8:00〜16:40
御朱印受付:【平日】9:00〜15:30/【土日祝】9:00〜15:00

参拝にかかる時間

20分

参拝料

一般・中・高校生300 円 300円、小学生150円、/ 大仏胎内拝観料20円

トイレあり
御朱印あり

真ん中に阿弥陀如来、左下に高徳院と書かれ、真ん中に社印が押されています。
聖観世音の御朱印もいただけます。
御朱印帳の表面には大きく鎌倉の大仏様が入っています。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0467-22-0703
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.kotoku-in.jp
絵馬あり

詳細情報

ご本尊銅造阿弥陀如来坐像
山号大異山 (大異山高徳院清浄泉寺)
院号高徳院
宗旨・宗派浄土宗
創建時代建長四年(1252)
札所など

鎌倉三十三観音霊場第二十三番札所

文化財

銅造阿弥陀如来坐像(国宝)

体験仏像御朱印国宝重要文化財

Wikipediaからの引用

概要
高徳院(こうとくいん)は、神奈川県鎌倉市長谷にある浄土宗の寺院。本尊は国宝銅造阿弥陀如来坐像の鎌倉大仏。正式には大異山高徳院清浄泉寺(だいいざん こうとくいん しょうじょうせんじ)と号する。開基(創立者)と開山(初代住職)はともに不詳。 2004年(平成16年)2月27日、境内一帯が「鎌倉大仏殿跡」の名称で国の史跡に指定された。なお、大仏の造立経緯や、大仏殿の倒壊時期については諸説ある(後述)。 近世以前に造立された大仏について、東大寺大仏(現存)、鎌倉大仏 (現存)、雲居寺大仏(現存せず)、東福寺大仏(現存せず)、方広寺の京の大仏(現存せず)などの大仏が挙げられるが、天災や戦乱で失われたものが多く、鎌倉大仏は、造立当初の姿をよくとどめている貴重な存在である。 江戸時代には、鎌倉大仏(像高約11.39m)、東大寺大仏(像高約14.7m)、方広寺大仏(京の大仏、像高約19m)の三尊が、日本三大仏と称されていた。 現在の住職は慶應義塾大学教授でもある佐藤孝雄が務めている。
歴史
歴史[編集] 正面からの鎌倉大仏 チャールズ・W・バートレットによる木版画(1916年) 日本の各大仏の存立期間(時系列) 高徳院は、鎌倉のシンボルともいうべき大仏を本尊とする寺院であるが、開山、開基は不明であり、大仏の造像の経緯についても史料が乏しく、不明な点が多い。寺の草創については、鎌倉市材木座の光明寺奥の院を移建したものが当院だという説もあるが、定かではない。初期は真言宗で、鎌倉・極楽寺開山の忍性など密教系の僧が住持となっていた。のち臨済宗に属し建長寺の末寺となったが、江戸時代の正徳年間(1711年 - 1716年)に江戸・増上寺の祐天上人による再興以降は浄土宗に属し、材木座の光...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] 鉄道 江ノ島電鉄(江ノ電) 長谷駅から徒歩で9分 路線バス 江ノ島電鉄・京浜急行バス 鎌倉駅・藤沢駅から乗車、大仏前バス停下車すぐ。
引用元情報高徳院」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%AB%98%E5%BE%B3%E9%99%A2&oldid=98343288

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ