参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

しんきゅうじ

眞久寺の境内・文化財北海道 旭川駅

眞久寺本堂

平成8年(1996)建立

 眞久寺は、明治25年(1892)に当時の北海道上川郡旭川村に創建されました。過去の本堂は放火火災による焼失(昭和35年)や老朽化(平成6年)などを経て、現在の本堂は平成8年建立の4代目となります。

 本堂においては、奇数月8日午後1時より大黒天法要、毎月28日午後1時より御本尊不動明王護摩供法要を開催しております。

 また、現在は以下の各霊場の札所に指定されております。
①北海道三十六不動尊霊場 第一番札所(旭川不動尊)
②北海道八十八箇所霊場  第一番札所(釈迦如来)
③朔北七福神霊場     第一番札所(大黒天)

平成8年(1996)建立

六角堂

大正14年(1925)建立

 六角堂は、大正14年(1925)に北海道での華道池坊興隆のために建立されました。
六角堂の御本尊である「如意輪観世音菩薩(にょいりんかんぜおんぼさつ)は、聖徳太子が開創したとされる京都市頂法寺六角堂の御本尊のご分身を日本で唯一頂いた仏様です。

 六角堂においては、毎月18日午後1時より、観音護摩供法要を開催しております。

 また、六角堂は北海道八十八箇所霊場第二番札所(阿弥陀如来)に指定されております。

大正14年(1925)建立
旭川成田山眞久寺
本堂権現造
文化財

日本初の金胎両部立体曼陀羅

眞久寺の境内・文化財の写真一覧

本殿

仏像

芸術

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る