神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

ななえはまわたつみじんじゃ

七重浜海津見神社

北海道 七重浜駅

投稿する
0138-49-5209

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

卯竜(うりゅう)
2021年08月07日(土)
20投稿

湯倉神社を参拝後すぐ移動し、御朱印巡り4か所目に参拝致しました七重浜海神神社です。
小さい頃から存在は知っていたのですが、訪れたのは初めてです。
こちらは社務所が神社から少し離れたところにあり、人がいるのは稀とのことです。
コロナ対策と夏詣のイベントの為、本殿前に置き書きの御朱印などが設置されておりました。

七重浜海津見神社の鳥居

大きな時代を感じせてくれる木の鳥居をくぐり抜け、真っ直ぐ本殿へと向かいます。
手水舎はコロナ対策で、機能していませんでした。
奥の本殿で参拝し、初穂料を用意されていた賽銭箱に入れさせて頂きました。

七重浜海津見神社の御朱印

七重浜海神神社で拝受致しました御朱印になります。
置き書きとなります。
日付は自分で入れることも考えましたが、御朱印の良さを損なってしまう恐れがあったので止めました(私、字が癖字なので…)
まさかのセルフで御朱印を拝受するとは思っていなかったのでこのコロナ禍ならではかなと感じました。

七重浜海津見神社(北海道)

御朱印と一緒に入っていた御守りです。
こちらは大事に御朱印帳用の巾着に入れております。

もっと読む
投稿をもっと見る(7件)

七重浜海津見神社の基本情報

住所北海道北斗市七重浜7丁目5-1
行き方

七重浜駅下車 徒歩15分 
函館市から国道228号線を七重浜方向に向かって進み石田文具前の交差点を過ぎたところ

アクセスを詳しく見る
名称七重浜海津見神社
読み方ななえはまわたつみじんじゃ
通称わたつみ神社
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0138-49-5209
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
SNS

詳細情報

ご祭神七重浜綿津見大神、大地主大神、高龗大神、暗龗大神、大山祇大神

末社・七重浜天満宮 菅原道真命
本殿神明造
ご由緒

 七重浜の地は、陸・海ともに古来より由緒の深いところであり、古くは、長禄元年(1457)和人とアイヌ民族との間に繰り広げられた有名なコシャマインの乱の際、上ノ国の賓客であった武田信広が、コシャマイン父子を打ち破って平定したところであります。
 明治維新の時は官軍と幕府との五稜郭の攻防をめぐって激戦地と化したところでもありました。
 明治以前には海岸に海神をお祀りした小さな祠があった由で、長い年月の間に風雪に曝されて損壊し形の無くなったのを神諭によって昭和40年8月21日月館家により復興鎮座し、更に昭和58年12月4日社殿の規模を一新して、竣工鎮祭しました。今日では、天地災害より人身を守る神、更に厄除け・安産・航海安全の守護神として普く崇敬をあつめています。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ