御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※百舌鳥八幡宮ではいただけません

もずはちまんぐう

百舌鳥八幡宮

大阪府 百舌鳥駅

投稿する
072-252-1089

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

bluecloud0711
2022年09月19日(月)
508投稿

参拝の記録です。

百舌鳥八幡宮の御朱印

切り絵御朱印です。

百舌鳥八幡宮の御朱印

切り絵御朱印です。

百舌鳥八幡宮の御朱印

通常御朱印です。

百舌鳥八幡宮の御朱印

9月の御朱印です。

百舌鳥八幡宮の御朱印百舌鳥八幡宮(大阪府)百舌鳥八幡宮(大阪府)百舌鳥八幡宮(大阪府)百舌鳥八幡宮(大阪府)
もっと読む
garu
2019年06月03日(月)
614投稿

仁徳天皇陵より駅を境にして反対側にあります。
勿論、主祭神は応神天皇です。
温度はあったのですが、風の気持ちいい日でしたので、ここにも参拝者がいらっしゃいました。
アオサギが一羽いたんですよ、飛ぶことも無くトコトコあるいて境内に(笑)
3-4歳くらいの子供が弁天池の鯉に餌を放り投げていたんですよ。
それを見たアオサギ君、「私にも下さいませんかね~」と言わんがばかりに近づいて行った。
ほら、アオサギってそこそこ大きいでしょ?
このくらいの子供じゃ目線が一緒だったりするものですから、「きゃ~~~~」と言って逃げ出す(笑)
「え~~~?くれないんですか~~~?」と言って背を向けると恐る恐る子供が近づく。
それに気づいてアオサギがまた傍による。
再び「きゃ~~~~~」って(笑)

なかなか可愛い光景。
親御さんも笑っていらっしゃった。

このお宮さんはその昔は立派な社殿があったそうです。
しかし「大坂夏の陣」やら大空襲とかで疲弊し、現在のような社殿になったそうですが、この度世界遺産が決まり、修復を始めたようです。
こちらの扁額は大久保利通の書と聞いたのですが、今は中にしまわれているようです。
特別に展示されることもあるそうで、興味のある方は調べたのちに向かわれるのが良いのではないかと思われます。

こちらの由緒書きを頂いたのですが、「神功皇后のお心を受けて八幡大神のご神託を受け」とありましたが、神功皇后は配祀なんです。

創始者が神功皇后とありますが「欽明天皇の時代に、この地を万代(もず)と称し、ここに神社を創建してお祀りされたと伝えられている。」とありますので、神功皇后は仲哀天皇の奥様ですので14代天皇陛下の奥様です。で、欽明天皇は29代の天皇陛下なのでそのずっと後になります。

応神天皇は神功皇后のお子様にあたるんです。
実は応神天皇は別名、誉田別命(ほんだわけのみこと)とも言いますが、胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと)と言うお名前もあります。
つまり八幡様は母上である神功皇后のお腹にいる間に神様とされたという話もあるんです。
恐らく三韓征伐に妊娠中の神功皇后が出兵し、お腹の子のご加護で勝ち得たという話があるからでしょうね。
その所為で勝利の神となり源氏に敬われた。
源氏と言うか、その後の武士の守り神とされたんですね。

百舌鳥八幡宮の建物その他百舌鳥八幡宮の鳥居百舌鳥八幡宮の鳥居百舌鳥八幡宮の本殿百舌鳥八幡宮の本殿百舌鳥八幡宮の末社百舌鳥八幡宮の末社百舌鳥八幡宮の鳥居百舌鳥八幡宮の末社百舌鳥八幡宮の末社百舌鳥八幡宮の建物その他百舌鳥八幡宮の絵馬百舌鳥八幡宮の自然百舌鳥八幡宮の歴史
もっと読む
投稿をもっと見る(26件)

例祭・神事

月見祭

例祭・神事をもっと見る|
2

歴史

神功皇后が三韓征討の事終えて難波に御帰りになった時、この百舌鳥の地に御心を留められ幾万年の後までもこの処に鎮りまして、天下泰平民万人を守ろうという御誓願を立てられ、八幡大神の宣託をうけて欽明天皇の時代に、この地を万代(もず)と称し、ここに神社を創建してお祀りされたと伝えられている。

歴史をもっと見る|
6

百舌鳥八幡宮の基本情報

住所大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁706
行き方

JR阪和線「百舌鳥」駅下車 徒歩10分
南海高野線「百舌鳥八幡駅」下車 徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称百舌鳥八幡宮
読み方もずはちまんぐう
参拝にかかる時間

20分

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号072-252-1089
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.mozu8.com/
おみくじあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神応神天皇、神功皇后、仲哀天皇、住吉大神、春日大神
創建時代欽明天皇時代
創始者神功皇后
本殿三間社流造
文化財

百舌鳥八幡宮のくす(府指定天然記念物)

ご由緒

神功皇后が三韓征討の事終えて難波に御帰りになった時、この百舌鳥の地に御心を留められ幾万年の後までもこの処に鎮りまして、天下泰平民万人を守ろうという御誓願を立てられ、八幡大神の宣託をうけて欽明天皇の時代に、この地を万代(もず)と称し、ここに神社を創建してお祀りされたと伝えられている。

体験祈祷絵馬祭り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー