御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※一心寺ではいただけません

いっしんじ|浄土宗坂松山

一心寺

大阪府 恵美須町駅

投稿する
06-6771-0444

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印 (1種類)

 一心寺でいただける御朱印は1種類です。

 御本尊の御朱印

300円

右上に「円光大師二十五霊場 第七番」の印の上に「奉拝」と日付が墨書きされています。
真ん中に「日想観殿」と墨書きされ、寺印が重ねられています。
左下の「一心寺」の墨書きに重ねて「坂松山 一心寺」印が押されています。

授与場所・時間

御朱印は寺務所でいただけます。
受付時間は9時~16時
詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
54
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
なし

なし

巡礼

法然上人二十五霊場第7番
大阪新四十八願所第39番

一心寺について

お骨佛


一心寺は宗派を問わず、納骨を受け入れている(一部宗派を除く)。納められた遺骨は10年分をひとまとめにしてお骨佛(遺骨で造られる阿弥陀如来像)を造立している。

酒封じの神


大坂冬の陣では家康の陣が茶臼山に隣接したこの寺に置かれている。この寺には大坂夏の陣の天王寺・岡山の戦いで最前線に立ち討ち死にした本多忠朝の墓所があるが、彼は酒を飲んでいたため冬の陣で敗退し家康に叱責され、見返そうと夏の陣で奮戦したが討ち死にし、死の間際に「酒のために身をあやまる者を救おう」と遺言したといわれることから「酒封じの神」とされるようになった。今でも墓所には禁酒を誓う人がよく詣でている。

おすすめの投稿

ana11692
2022年09月24日(土)
80投稿

大阪通天閣が間近に見える「お骨佛」のお祀りされている一心寺に参拝させていただきました🤣🙏お天気☀️にも恵まれて娘と家内三人で久しぶりの参拝でした🥹🙏
ここ一心寺の特色は何といっても明治20年から納骨されたお骨を粉末凝縮化して練造した仏像である「お骨佛(おこつぼとけ)」を10年ごとに造立してずっと供養していただけるところです☺️🙏 一心寺の納骨堂には現在8体のお骨佛様がお祀りされています。明治20年に第1体目が練造造立されて以来、10年ごとに開眼して通算では14体になるはずですが、戦前に造られた6体は残念ながら戦災で焼失して現在8体なのだそうです🥹🙏
義父母祖母のお骨佛様に手を合わせてロウソクとお線香とお花をそれぞれにあげさせてもらいました☺️🙏
それにしてもいつもながらものすごい数の人です。ひとつのお骨佛様あたり(宗派をいとわない)15〜22万人の納骨分でできていますからそれが8体、参拝される人の数が半端ないのは当たり前のことかもしれませんね🤣🙇🏻‍♂️🙏
また一心寺では“おせがき”という常施餓鬼法要が営まれています。「おせがき」というのは餓鬼道に堕ちて苦しむ一切の霊(三界の万霊)に食物などを供養することで、その功徳が巡り巡ってご先祖に至る(回向される)という尊い仏事のことらしいです。コロナ禍で一時期中止されていましたが、再開されたようです😊🙏
大阪ミナミのど真ん中に鎮座されるお寺ですが、毎回お参りするたびにふるさとを訪れたような感覚になります☺️🙇🏻‍♂️
近代的な彫刻や建物もあり、新しいものと古いものが自然に混ざりあって、参拝者のそれぞれの身内のお骨佛様を通じて、ずっとずっとこころのよりどころとなっているお寺です🥹🙏
大切だった懐しいひとに今回も供養し逢うことができました🥹🙏またつぎもぜひ参拝させていただきたいです🙇🏻‍♂️🥹🙏

一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)

通天閣がすぐそこに見えます😳☀️

一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)

義祖母の第12期(昭和62年から平成8年までの納骨150,726体)と義父母の第14期(平成19年から28年までの納骨約22万体)のお骨佛様に、いつものように手を合わさせていただきロウソクとお線香とお花をあげさせていただきました🥹🙏💐🌼🌸よくよく次の世に幸せに生まれ変わってくださいます様に🥹🙏

一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)

開基 文治元年(1185年)法然上人 
法然上人二十五霊場第七番札所
浄土宗 
山号 坂松山ばんしょうざん 
院号 高岳院

一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)

孫も参拝でき🥹🙏義父母祖母の満々の笑みが見えるようでした🌤️☁️☺️🙏届きましたでしょうか🤣🙇🏻‍♂️

一心寺(大阪府)

大阪ミナミのど真ん中 またお参りに来させていただきます☺️🙏

もっと読む
惣一郎
2021年07月12日(月)
961投稿

一心寺(いっしんじ)は、大阪府大阪市天王寺区にある浄土宗の寺院。山号は坂松山(ばんしょうざん)、院号は高岳院。本尊は阿弥陀如来。骨仏の寺として知られる。

平安時代末期の1185年、四天王寺の別当であった慈円の要請により、法然が四天王寺の西門の坂のほとりに四間四面の草庵を結び「荒陵の新別所」「源空庵」と称して居住した。後白河法皇が四天王寺参拝の際に草庵を訪れ、法然とともに「日想観」を修した。一時廃れたが、安土桃山時代の1596年、本誉存牟上人が当地で一千日の念仏修法を行い、寿命山観称院一心寺として再興した。1600年に徳川家康の八男・仙千代が大阪で夭折し、葬儀を当寺で行ったが、家康が境内の松を讃え「坂松山」の寺額を贈り、仙千代の戒名から「高岳院」の院号を贈ったため、坂松山高岳院一心寺と改名した。1614年の大坂冬の陣では、家康の陣が茶臼山に隣接した当寺に置かれた。
江戸時代、当寺は寺社奉行直轄の檀家を持たない特別な寺院となったが衰微していたところ、天保年間(1831年~1845年)に真阿上人が庶民向けに宗派を問わず年中無休で無縁の霊を供養する施餓鬼会を始めるなどして再興した。これで評判となったが納骨が集中し、やがて限界を超えたため、1887年に納骨された遺骨を粉砕して粉にし、鋳型で固めて阿弥陀如来像を制作した。これが骨仏の始まりとなった。1945年の米軍による大阪大空襲でほとんどの伽藍や骨仏を焼失したが、戦後、伽藍は再建され、骨仏も1947年以降、10年ごとに制作されることになった。

当寺は、JR大阪環状線・天王寺駅の北西700mほどの位置にある。高台にある四天王寺の西側にあって、西に向かって徐々に下がって行く坂道の途中にある(地名は<逢坂>)。同一ブロックには動物園、美術館、庭園、古墳、学校などが混在しているが、もとは寺の境内なのかしら?伽藍はコンパクトにまとまっている。観光で行く寺院ではなく、実需があって参拝する寺院という印象。プログレッシブな構造物(仁王門・念仏堂・日想殿)と、古くからの伝統的伽藍(本堂・納骨堂)が混在した、人が絶えず、独特の雰囲気がある寺院。
今回は、大阪府で人気がある有名寺院として参拝することに。参拝時は平日の午後であったが、境内には多くの人がいた。

一心寺の建物その他

寺院入口。<お骨佛の寺>と書かれた塔と、後ろの鉄骨屋根は<仁王門>。

一心寺(大阪府)

斬新なデザインの<仁王門>と<仁王像>。

一心寺の手水

本堂手前右側にある<手水>。

一心寺の本殿

<本堂>全景。

一心寺の本殿

<本堂>正面。

一心寺の建物その他

本堂の左側(境内南西部)に向かう。

一心寺の建物その他

こちらが<お骨佛堂>。

一心寺の建物その他

<お骨佛堂>正面。

一心寺の建物その他

お骨佛堂の左側にある<納骨堂>。

一心寺の建物その他

境内南東部にある<開山堂>。

一心寺のお墓

開山堂の左(北)方向にある<酒封じ 本多出雲守墓>。

一心寺の建物その他

境内北東端にある<鐘楼>。

一心寺(大阪府)

仁王門をくぐってすぐ右手にある<念佛堂>。

一心寺の建物その他

念佛堂の横の緑地にある<おばけとうろう>。かなり大きい。

一心寺の建物その他

境内北西部にある<信徒会館「日想殿」>

一心寺の建物その他

本堂と日想殿の間を抜けると、本堂脇の半地下に<納経所>。御朱印はこちら。

もっと読む
四季
2021年12月25日(土)
213投稿

坂枩山 一心寺

~日想観修行地・上町台地~

山号  坂枩山 (坂松山ばんしょうざん)
院号  高岳院
    髙嶽院
(松平仙千代の戒名「高嶽院殿華窓林陽大童子」から)
宗派  浄土宗
御本尊 阿弥陀如来
創建年 文治元年(1185年)
開山  法然
正式名 坂松山高岳院一心寺
別称  骨仏の寺
    源空庵

札所等 
圓光大師廿五霊跡第7番
大阪新四十八願所第39番

~・~・~・~

文治元年(1185年)の春、四天王寺の別当であった慈円の要請によって、法然が四天王寺の西門の坂のほとりに四間四面の草庵を結び「荒陵の新別所」と称し、後に「源空庵」と改名して住んだといわれています。後白河法皇が四天王寺参詣の際に訪れて法然と共に日想観を修しました。当時草庵の西は海を遠く見渡せ、極楽浄土の瑠璃の地のようであったそうです。慶長元年(1596年)、三河国の僧侶であった本誉存牟上人が法然上人の旧跡であるこの地で一千日の念仏修法を行い、寿命山観称院一心寺として再興しました。彼の一心称名をもって寺ができたため、一心寺という名になったといわれています。
慶長5年(1600年)2月、徳川家康公の8男仙千代が大坂で夭折し、その葬儀を一心寺で行われました。住持である存牟が家康公と同郷の出身であり、また家康公が浄土宗の信者であったことにもよります。家康は境内の坂の孤松のすがたを讃えて、「坂松山」の山号とその寺額を贈り、仙千代の戒名から「高岳院」の院号も贈ったため、一心寺は坂松山高岳院一心寺と改名しました。

骨仏の寺としてよく知られています。天王寺公園に隣接した上町台地の崖線上に建ち、広大な境内です。
斬新な山門は、建築家でもある現長老・高口恭行氏の作品で1997年(平成9年)に完成。鉄とコンクリートで作られ、彫刻家・神戸峰男氏による阿形像・吽形像が存在感を表現わします。その他日本画家・秋野不矩による天女像)や、信徒会館である日想殿(1977年(昭和52年)完成)など現代建築による施設も見所の一つです。

大阪市天王寺区逢阪2丁目8―69

一心寺の建物その他一心寺の像一心寺の建物その他一心寺の建物その他一心寺の建物その他一心寺の仏像一心寺の建物その他

坂枩山

一心寺の本殿一心寺の歴史一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺(大阪府)一心寺の建物その他一心寺の御朱印

~日想観~ 一心寺御朱印
圓光大師廿五霊跡

一心寺の御朱印

圓光大師廿五霊跡

一心寺の御朱印

一心寺御朱印(二)
大阪新四十八願所第39番

一心寺の建物その他

参拝の方は多くいらっしゃいましたが、御朱印を頂きに上がった時は御朱印先生を独占状態でした。こういう機会はもうないかもと思い、色んなことを教えて頂きました。御朱印先生も『圓光大師廿五霊跡』も全て巡礼されたとのことで、詳しい縁起もお話頂きお参りできて大変嬉しく心に残りました。ありがとうございました。

一心寺の建物その他一心寺の建物その他一心寺の山門一心寺(大阪府)

南門後ろにハルカス

一心寺(大阪府)

南門西に通天閣 大坂らしいです

もっと読む
投稿をもっと見る(52件)

歴史

一心寺の発祥は文治元年(1185年)。
浄土宗をお開きになった法然上人がこの地の四間四面の草庵「荒陵の新別所(あらはかのしんべっしょ)」で「日想観」を修せられたことが由来とされています。
草庵は法然上人の本名をとって「源空庵」と呼ばれ、その後「一心寺」へと改称されました。1600年、関ヶ原の戦いがあった年、徳川家康公の第8男仙千代君が夭折し、一心寺で葬儀が営まれましたが、導師を務めたのは時の住職で、家康公と同郷三河の僧本誉存牟(ほんよぞんむ)上人でした。以来、家康公との結びつきが強く、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では家康公の本陣が当地におかれました。
そして江戸時代末期からは年中無休で施餓鬼法要を行う「おせがきの寺」として賑わい、明治20年にお骨佛が造立されてからは「お骨佛の寺」として親しまれ、開かれた寺、庶民の寺としての歴史を歩んできました。

歴史をもっと見る|
6

一心寺の基本情報

住所大阪府大阪市天王寺区逢阪2-8-69
行き方

地下鉄御堂筋線・谷町線・近鉄・JR「天王寺駅」、地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘駅」より徒歩15分、地下鉄堺筋線「恵比須町駅」より徒歩8分

アクセスを詳しく見る
名称一心寺
読み方いっしんじ
通称お骨佛の寺
参拝時間

9:00~16:00

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号06-6771-0444
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@isshinji.or.jp
ホームページhttp://www.isshinji.or.jp/

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号坂松山
院号高岳院
宗旨・宗派浄土宗
創建時代文治元年(1185年)
開山・開基法然
札所など

法然上人二十五霊場第7番
大阪新四十八願所第39番

ご由緒

一心寺の発祥は文治元年(1185年)。
浄土宗をお開きになった法然上人がこの地の四間四面の草庵「荒陵の新別所(あらはかのしんべっしょ)」で「日想観」を修せられたことが由来とされています。
草庵は法然上人の本名をとって「源空庵」と呼ばれ、その後「一心寺」へと改称されました。1600年、関ヶ原の戦いがあった年、徳川家康公の第8男仙千代君が夭折し、一心寺で葬儀が営まれましたが、導師を務めたのは時の住職で、家康公と同郷三河の僧本誉存牟(ほんよぞんむ)上人でした。以来、家康公との結びつきが強く、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では家康公の本陣が当地におかれました。
そして江戸時代末期からは年中無休で施餓鬼法要を行う「おせがきの寺」として賑わい、明治20年にお骨佛が造立されてからは「お骨佛の寺」として親しまれ、開かれた寺、庶民の寺としての歴史を歩んできました。

体験仏像有名人のお墓札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー