参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

にんなじ|真言宗御室派

仁和寺京都府 御室仁和寺駅

にんなじ|真言宗御室派

仁和寺京都府 御室仁和寺駅

京都府 京都市右京区御室大内33
3~11月 9:00~17:00(受付終了16:30) 12~2月 9:00~16:30(受付終了16:00)
御朱印あり
近畿三十六不動尊霊場

御室桜


仁和寺の境内には約200本の桜があり、中でも御室桜という桜が有名で、日本さくら名所100選にも選定されています。
その桜は江戸時代から庶民に親しまれており数多くの和歌にも登場し、与謝蕪村も俳句に詠んでいるほどです。


世界遺産に泊まろう


平成6年(1994)仁和寺は世界文化遺産に登録されました。そんな世界遺産の仁和寺では宿泊をすることができます。さらに、宿泊を通して朝のお勤めを体験することもできます。
お勤めではロウソクの明かりだけの静寂な中で読経に耳を澄ませ心静かに祈りを捧げることで、自分自身と向き合うことができます。

オススメの投稿

仁和寺の瀬川門跡にインタビューさせていただくという機会に恵まれ、改めて仁和寺について調べ、その素晴らしさ、歴史の奥深さに魅了されました。そして周りの人にも仁和…続きを読む

仁和寺(京都府)
仁和寺(京都府)
仁和寺の塔

7

仁和寺の建物その他

御室仁和寺内鎮守社「九所明神(きゅうしょみょうじん)」 鎌倉以前より御室仁和寺の鎮守として境内西側に鎮座していたものだが、寛永年間(だいたい関ヶ原の後年…続きを読む

仁和寺の建物その他
仁和寺の建物その他
仁和寺の鳥居
仁和寺の歴史

12月8日迄、各日18時~20時半(受付終了)、仁和寺夜間ライトアップを行っております。 今回も観光パンデミックや進入禁止区画への侵入防止対策のための試験ラ…続きを読む

仁和寺(京都府)
仁和寺(京都府)
仁和寺(京都府)

12

仁和寺(京都府)

2003年に二回ほどお参りさせていただきました。 おそらく観音堂の拝観があったからと記憶しています。 本来なら春来るべき場所ではありますが(笑) 御…続きを読む

仁和寺の山門
仁和寺の建物その他
仁和寺の建物その他

13

仁和寺の建物その他

「徒然草」著者・吉田兼好が庵を構えていた、仁和寺の南にある双ヶ丘。 件の台風被害の整備が進まず完全に自己責任でお願いします状態なんですが、北面から一の丘…続きを読む

仁和寺(京都府)
仁和寺の景色
仁和寺(京都府)
仁和寺(京都府)
もっと見る(59件)

アクセス

住所京都市右京区御室大内33
Googleマップで地図を開く
エリア御室仁和寺駅
行き方

市バス「御室仁和寺」下車すぐ。
嵐山電鉄北野線 「御室仁和寺駅」下車 徒歩約3分

近くの駅

◼︎京福北野線
御室仁和寺駅から直線約530m
徒歩約12分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎京福北野線
宇多野駅から直線約580m
徒歩約13分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎京福北野線
妙心寺駅から直線約650m
徒歩約15分
車で約3分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

仁和寺について

基本情報

名称仁和寺
読み方にんなじ
通称旧御室御所
拝観時間

3~11月 9:00~17:00(受付終了16:30) 12~2月 9:00~16:30(受付終了16:00)

拝観にかかる時間

2時間

トイレあり
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号075-461-1155
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.ninnaji.or.jp/
SNS

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号大内山
宗旨・宗派真言宗御室派
創建時代仁和4年(888年)
開山・開基光孝天皇
札所など

真言宗十八本山第6番
京都十三仏霊場第9番
近畿三十六不動尊第14番
御室八十八ヶ所霊場
神仏霊場巡拝の道第92番

文化財

金堂ほか(国宝)
五重塔ほか(重要文化財)
世界遺産

ご由緒

仁和寺は光孝天皇の勅願で仁和2年(886年)に建て始められたが、同天皇は寺の完成を見ずに翌年崩御した。遺志を引き継いだ宇多天皇によって、仁和4年(888年)に落成し、「西山御願寺」と称されたが、やがて年号をとって仁和寺と号した。宇多天皇は出家後、仁和寺伽藍の西南に「御室」(おむろ)と呼ばれる僧坊を建てて住んだため、「御室(仁和寺)御所」の別称がある。なお、「御室」の旧地には現在、「仁和寺御殿」と称される御所風の建築群が建つ。御所跡地が国の史跡に指定されている。
仁和寺はその後も皇族や貴族の保護を受け、明治時代に至るまで、覚法法親王など、皇子や皇族が歴代の門跡(住職)を務め(最後の皇族出身の門跡は、伏見宮純仁法親王、後の小松宮彰仁親王)、門跡寺院の筆頭として仏教各宗を統括していた。非皇族で仁和寺門跡になった人物に九条道家の子法助と足利義満の子法尊の2名がいるが、ともに当時の朝廷における絶対的な権力者の息子でかつ後に准后に叙せられるなど皇族門跡に匹敵する社会的地位を有していた。
室町時代にはやや衰退し、応仁の乱(1467年-1477年)で伽藍は全焼した。応仁の乱の最中、本尊の阿弥陀三尊は持ち出され、焼失を免れた。仁和寺が本尊と共に、双ヶ丘の西麓へ移された時期があった。
近世になって、寛永年間(1624年-1644年)、徳川幕府により伽藍が整備された。また、寛永年間の皇居建て替えに伴い、旧皇居の紫宸殿、清涼殿、常御殿などが仁和寺に下賜され、境内に移築されている(現在の金堂は旧紫宸殿)。 この江戸期の再建に際しては、仁和寺の僧・顕証の力に依るところが大きい。門跡の補佐として、仁和寺再建に尽力した。仁和寺で使われている軒丸瓦(仁和寺の寺号入り)のデザイン、再建される伽藍の配置構想や金堂に祀る仏尊の選定を行った。仁和寺の霊宝館に顕証上人像が収蔵されている。その像は小さく、衣体も顕証が普段に使っている袈裟を身に付けているという。顕証は質素であったことをしのばせる姿である。 また、経典・密教経典の儀軌などの聖教・仁和寺に伝わる古文書の管理・収蔵のために経蔵の建立を発願し、完成させた。

巡礼
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年12月09日 by雲隠
作成者:ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所京都市右京区御室大内33
Googleマップで地図を開く
エリア御室仁和寺駅
行き方

市バス「御室仁和寺」下車すぐ。
嵐山電鉄北野線 「御室仁和寺駅」下車 徒歩約3分

近くの駅

◼︎京福北野線
御室仁和寺駅から直線約530m
徒歩約12分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎京福北野線
宇多野駅から直線約580m
徒歩約13分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎京福北野線
妙心寺駅から直線約650m
徒歩約15分
車で約3分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

京都府のオススメ

行きたい投稿する