御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※覚園寺ではいただけません

かくおんじ|真言宗泉涌寺派鷲峰山

覚園寺

神奈川県 鎌倉駅

投稿する
0467-22-1195

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場 二箇所あり。 1.山門の直前右方向。と 2.山門の20mほど手前で向かって左。

おすすめの投稿

mitch
2019年10月27日(日)
2075投稿

15.08.10 鎌倉「覚園寺」 ” 黒地蔵盆詣り 縁日 ” _ (仮称)十日参り

.
------------------
注) 本堂裏の広い境内は撮影禁止なので、
       いつもどおり掲載写真は山門から本堂前まで。
.

思うところあって途中まで書いたことを消去して詳細を省くが、
先祖代々・母・兄・今年は(今年から)父の塔婆 と
亡き同級生たちを代表した塔婆を献じている。
本堂前が空いている(すいている)場合以外は、
先に奥の境内で塔婆を申し込み 奥の境内各所を参拝する。
境内各所参拝後に塔婆への読経を終えた頃合いを見計らって受領する。
もちろん塔婆を持ち帰って菩提寺墓所に立ててもよいが、
私を含め多くは 境内の ’ 六地蔵 ’ 前へ立て掛ける。
嘘偽りなきことは当然で 思うことさえ滅相もないが、
それら塔婆には年間毎日堂内で読経していただいているそうです。
落石の危険性ありとのことで、
今年は残念ながら ’ 十三仏やぐら ’ 内部へは入れず 入り口前で焼香(線香)。
通常は入り口前で焼香(線香)と、やぐら内に蝋燭立てと賽銭箱などがある。
境内参拝場所には多くの線香立てと蝋燭立てが在るが、
特に当日の火災防止への気遣いは並々ならぬことであろうと察する。
初回の巡礼時に 蝋燭1本?&太い線香が3本?のセットを購入して
一箇所で献じたが ・・・ ・・・
・・・ ・・・ 奥へ進むにつれて、オヨヨ 参拝場所がイッパイある! アワワワワ!当地の習わしでは
親族が亡くなっての四寺(と16日の「円応寺」) 巡礼は三年間と聞いているので、
次の年から ” 線香&蝋燭セット ” を持参するようになった。
以後 私なりの盆行事として継続し毎年巡礼することになり
厳密には その間で親族逝去の ’ 重なり ’ が途切れた年があったが、
その三年間が母と兄とで重ったのと
その三年間が 父の兄弟姉妹・父の甥たち(=私の従兄弟たち)の逝去とも
ビミョーに重なり
私が父の代行しているうちに今年で16年連続になった。
父の甥たち(=私の従兄弟たち)へと、
若くして亡くなった同級生へ初回からの供養を含め私の盆行事になった。
決して回数の自慢ではなくて、「覚園寺」本堂を20回以上参拝している。
冒頭に詳細を省くとしながらも長々と書いてしまったけれども、
消去した概ねは ・・・ ・・・
・・・ ・・・ 私個人の決め事みたいなものとして、
紅葉撮影目的など 年間の平日参拝の際に於いても
若くして亡くなられた同級生たちの菩提寺であるかの如き思いで合掌。

覚園寺の建物その他覚園寺の庭園覚園寺の自然覚園寺の自然覚園寺の自然覚園寺の庭園覚園寺の自然覚園寺の自然覚園寺の自然覚園寺の本殿

.
.
.
.
.
***************************
15.08.10 #鎌倉 「 #覚園寺 」 ”# 黒地蔵盆詣り縁日 ” _ (仮称) #十日参り
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2015-08-12-6

/ #黒地蔵盆 #鎌倉市二階堂 #真言宗鷲峰山覚園寺 #天園ハイキングコース #2015蓮 #蓮

もっと読む
花散里
2022年10月12日(水)
525投稿

どこのお寺さんでもお宮さんでも良いお参りをさせていただいてますが、今日はその中でも際立って素晴らしいお参りでした。

曇って肌寒い午後の鎌倉。
ぼちぼち歩いて何ヵ所か訪ねるはずでしたが、この覚園寺さんの素晴らしさに触れたらもう、他に行く気持ちが無くなりました。

境内を覆うまだ青い紅葉。苔むす石段。藁葺きの御堂。そこに御坐す仏様。まさに別天地です。

山門をくぐると正面に愛染堂。
愛染明王・阿閦如来・不動明王、いずれも坐像です。
ご真言をお唱えし、左手の拝観受付へ。ここからは撮影禁止です。御朱印帳をお預けし、拝観の順路やご説明をいただきます。

樹々に覆われた境内を進むと、初めに地蔵堂。慈愛に満ちたお地蔵様です😊
次は岩肌に掘られたやぐらの中の十三仏。穴はかなり深く、囁く程度のお経でもよく響き、あら!ワタクシの声ってこんなに美声だったかしら…😅

17世紀の旧家を見て、最後に御本尊様の薬師堂へ。
御堂の前で案内の方から御由来などを詳しくうかがい、中に入ります。

堂々たる薬師如来様、美しすぎる日光・月光菩薩様!
両サイドに並ぶ十二神将は圧巻!すごい迫力です。
昔、奈良の新薬師寺さんで拝観した十二神将をしのぐ素晴らしさです。 
あ〜〜〜、もうずっとここで仏様を見ていたい!!

しばらくして御堂を出ると、火照った頬を風が撫でていきました。
先ほどの案内の方に「よい風が吹いているので、お嫌でなければマスクをお外しください」と言われました。

ふうっ…
マスクを外して深呼吸すると、ほんとうに良い空気。
久しぶりに風の匂いを嗅いだ気がします。忘れていた、コロナ前の世界です。

よくがんばったねと、仏様に褒めていただいた気がしました。

写真は撮れなかったけれど、かえってよかったと思います。
スマホ片手に撮ることばかり夢中になっていて、祈りを捧げる場を五感で感じることを忘れてしまっていたのに気づかされました。

覚園寺さん。
ほんとうに素晴らしいお寺さんです。ありがとうございました。

覚園寺(神奈川県)

鎌倉らしい細い道の奥…

覚園寺の山門

石段を上がり

覚園寺(神奈川県)

山門をくぐると

覚園寺(神奈川県)

はい、撮影はここまでね。

覚園寺(神奈川県)

写真を撮りたい方はこういうのあるよw

覚園寺(神奈川県)

御朱印

もっと読む
投稿をもっと見る(67件)

覚園寺の基本情報

住所神奈川県鎌倉市二階堂421
行き方

・JR横須賀線または江ノ島電鉄線「鎌倉駅」東口より、京急バス ’大塔宮行き ’ の終点 ”大塔宮(鎌倉宮)” バス停下車して徒歩8分。/ 徒歩:・「鎌倉駅」より、”大塔宮(鎌倉宮)”を目指し大塔宮(鎌倉宮)鳥居前を左方へ谷戸の最奥で合計30~35分。(因みに鳥居右方は瑞泉寺方向)

アクセスを詳しく見る
名称覚園寺
読み方かくおんじ
通称黒地蔵(くろじぞう)
参拝にかかる時間

愛染堂の前までの無料境内は10分ほど。

参拝料

愛染堂の前までは無料 / 有料拝観(ここからの先の撮影禁止):案内解説付き、本堂薬師堂の拝観。 所要時間50分。 入山料_大人:500円 小中学生:200円 【平 日】 午前10時・11時 午後1時・2時・3時 【土曜、日曜、祝日】 午前10時・11時・12時 午後1時・2時・3時 ※荒天日及び4月27日、8月1日〜8月31日、2月20日〜1月7日は休止。

トイレあり。 境内、山門横の休憩所にあります。
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0467-22-1195
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://kamakura894do.com/
SNS

詳細情報

ご本尊薬師三尊像
山号鷲峰山
院号真言院
宗旨・宗派真言宗泉涌寺派
創建時代永仁四年(1296)
開山・開基北条貞時
文化財

薬師三尊像(国重要文化財)

体験仏像御朱印重要文化財武将・サムライ札所・七福神巡り伝説

Wikipediaからの引用

概要
覚園寺(かくおんじ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある真言宗泉涌寺派の仏教寺院である。山号を鷲峰山(じゅぶせん)と称する。本尊は薬師三尊、開基は北条貞時、開山は智海心慧(ちかいしんえ)である。鎌倉幕府執権北条家歴代の尊崇を集めた寺院である。相模国と武蔵国を結ぶ金沢街道から北に入った谷戸の奥に位置し、境内および周辺は自然環境が良好に保全され、都市化が進む以前の鎌倉の面影を最もよく残す寺の1つといわれている。境内は国の史跡に指定されている。
歴史
歴史[編集] 『吾妻鏡』及び現在の『覚園寺縁起』によれば、鎌倉幕府2代執権北条義時が建立した大倉薬師堂が覚園寺の起源とされる。建保6年(1218年)、薬師如来の眷属である十二神将のうちの「戌神」(伐折羅大将)が北条義時の夢に現れたことが薬師堂建立の端緒であったという。その後9代執権北条貞時の時代に正式の寺院となった。 大倉薬師堂開創の経緯を『吾妻鏡』からまとめると以下のようになる。『覚園寺縁起』は日付などの細部に関して相異する部分もあるが、ほとんど同じである。 義時が将軍実朝の鶴岡八幡宮参拝に付き従った後、屋敷に戻って寝ていたら夢の中に薬師十二神将の「戌神」が現れた。「戌神」は「今年は...Wikipediaで続きを読む
行事
行事[編集] 黒地蔵縁日(8月10日午前0時 – 正午)
引用元情報覚園寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%A6%9A%E5%9C%92%E5%AF%BA&oldid=89961751

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月