御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※八雲神社ではいただけません

やくもじんじゃ

八雲神社

神奈川県 鎌倉駅

投稿する
0467-22-3347

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
あり

なし(ヒント: 鳥居に向かって右側で、西御門「来迎寺」参道階段との間の 急坂= ’ 西御門テニスコート ’ への急坂 に参拝だけのごく短時間ならば何とか駐車可能。)

ご利益

八雲神社について

未確認の伝聞では ” 何やら東京のお金持ちの方々に密かに人気がある神社だそうです。
こちらの神社にに祈願して事業が成功した方の話が広がり、
それを聞きつけた方々が同じく事業が成功したり、立ち直ったりした事が続いたそうです ”。
境内社には石造の稲荷社もありますが、
新しい石祠なので事業が成功した方の寄進 ’ かもしれません。
.
同じく未確認の伝聞では ” 地図上で 山ノ内八雲神社 と 大町八雲神社を、
常盤八雲神社と西御門八雲神社を直線で結ぶと 交差の点は或る場所を示す ’ らしい ’ です。
.
社殿に向かって左奥には、北斗七星と妙見菩薩 の変形板状石碑があります。
西御門「八雲神社」は、西御門「来迎寺」の手前で
且つ すぐ横には ’ 太平寺跡 ’ 碑も建てられています。
( 注意:’ 八雲神社 ’ は市内に4箇所在り、
      ’ 来迎寺 ’ は材木座にも在り合せて市内に2箇所在ります。)

おすすめの投稿

mitch
2019年11月20日(水)
2054投稿

10.07.18 ’ 西御門(にしみかど) ’ の「八雲神社」参拝 _ 鎌倉市西御門
.
.
**********************
備考; 鎌倉市大町の「八雲神社」と
https://hotokami.jp/area/kanagawa/Hkyty/Hkytytm/Dmspz/144755/
鎌倉市山ノ内にも「八雲神社」
https://hotokami.jp/area/kanagawa/Hkyty/Hkytytk/Drktr/145028/
が在るので注意

八雲神社の建物その他八雲神社の鳥居

.
.
.
**********************
10.07.18 (P5/6)「 #鎌倉駅 ~ #建長寺 / #半僧坊 ~ #天園 ~ #西御門 ~鎌倉駅 #ウォーキング 」
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2010-07-26-1

/ #石碑 #荏柄天神社 #西御門石碑 #時宗満光山来迎寺 #西御門八雲神社 #八雲神社 #石川邸西御門サローネ #石川邸 #西御門サローネ #旧里見惇邸

もっと読む
投稿をもっと見る(7件)

歴史

< 境内掲示による西御門八雲神社の由緒 >
建立は定かではありませんが
「風土記稿」に因れば字大門の天王社がもとだと考えられます。
現在の社殿は天保三年の建造だと言われています。

須佐男命は「古事記」「日本書紀」でも知られる神様で
特に須佐男命は乱暴で天照大神が怒って天の岩戸に隠れた神話や
八岐大蛇と退治した伝説はよく知られています。
.
< 神奈川県神社誌による西御門八雲神社の由緒 >
『相模風土記』にみえる字大門の天王社がこれの前身であろう。
大正七年の明細書によれば
神殿は天保三年(一八三二)五月の建造で、当時の社掌は村岡広次部であった。
元指定村社で西御門区の氏神社である。(単立神社)

歴史をもっと見る|
2

八雲神社の基本情報

住所神奈川県鎌倉市西御門1丁目13−1
行き方

鎌倉駅東口から徒歩20分

アクセスを詳しく見る
名称八雲神社
読み方やくもじんじゃ
通称西御門(にしみかど)の八雲神社
参拝時間

いつでも参拝可能です

参拝にかかる時間

5分

参拝料

なし

トイレなし
電話番号0467-22-3347
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神須佐男命(すさのおのみこと)
創建時代不明 < 参考:詳細は不明だが、『風土記稿』にある「字大門の天王社」が前身と考えられている。現在の社殿は、天保3年(1832年)5月に建てられたものと伝えられている。>
文化財

庚申塔 < 延宝8年(1680年)銘の庚申塔 > _ 鎌倉市指定有形民俗史料

参考:庚申等は3基あります。
(向かって左手より)
・船型、上辺に種子(阿弥陀如来)、さらに合掌六臂青面金剛、下辺に三猿。元禄五年(1692)の銘
・舟型、上辺に日月、中央に種子(大日如来)、その下に、四臂の青面金剛、下辺に三猿。延宝八年(1680)の銘
・笠塔婆型、上辺に日月、ついで六臂の青面金剛、下辺に三猿。文化五年(1808)の銘

ご由緒

< 境内掲示による西御門八雲神社の由緒 >
建立は定かではありませんが
「風土記稿」に因れば字大門の天王社がもとだと考えられます。
現在の社殿は天保三年の建造だと言われています。

須佐男命は「古事記」「日本書紀」でも知られる神様で
特に須佐男命は乱暴で天照大神が怒って天の岩戸に隠れた神話や
八岐大蛇と退治した伝説はよく知られています。
.
< 神奈川県神社誌による西御門八雲神社の由緒 >
『相模風土記』にみえる字大門の天王社がこれの前身であろう。
大正七年の明細書によれば
神殿は天保三年(一八三二)五月の建造で、当時の社掌は村岡広次部であった。
元指定村社で西御門区の氏神社である。(単立神社)

体験重要文化財

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月