御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※常楽寺ではいただけません

じょうらくじ|臨済宗建長寺派粟船山(ぞくせんざん)

常楽寺

神奈川県 富士見町駅

投稿する
0467-46-5735

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

あり。7台ほど。

ご利益

常楽寺について

鎌倉へ招かれた蘭渓道隆は
鎌倉禅宗発祥とされる「常楽寺」住持として禅宗を広め、
後の建長5年(1253年)に創建された建長寺が鎌倉禅宗の中心となりました。
仏殿背後に、開基 北條泰時公の墓があります。
山門左横から民家と接する道をへ進むと、” 木曽塚 ”(伝・木曽義高墓所)の高台へ上ることができます。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(6件)

常楽寺の基本情報

住所神奈川県鎌倉市大船5-8-29
行き方

「大船駅」よりバス「常楽寺」下車すぐ、もしくは「大船駅」・「北鎌倉駅」より徒歩20分

アクセスを詳しく見る
名称常楽寺
読み方じょうらくじ
参拝にかかる時間

境内参拝ならば20分ほど。” 木曽塚 ”(伝・木曽義高墓所)の高台へ上ると40分程度。

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0467-46-5735
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊本尊; 本 尊阿弥陀三尊
山号粟船山(ぞくせんざん)
宗旨・宗派臨済宗建長寺派
創建時代創建: 嘉禎3年(1237年)
開山・開基開山: 感誉存貞 開基: 北条泰時
文化財

梵鐘 _ 国の重要文化財
木造文殊菩薩坐像 _ 神奈川県の重要文化財
木造釈迦如来坐像 _ 鎌倉市の指定文化財

体験仏像御朱印重要文化財武将・サムライ有名人のお墓伝説

Wikipediaからの引用

概要
常楽寺(じょうらくじ)は、神奈川県鎌倉市大船にある臨済宗建長寺派の寺院である。山号は粟船山(ぞくせんざん)。本尊は阿弥陀三尊。嘉禎3年(1237年)の創建で開基は北条泰時、開山は退耕行勇である。
歴史
歴史[編集] 常楽寺はもと「粟船御堂」(あわふねみどう)と呼ばれ、北条泰時夫人の母の追善供養のために建てたものであった[1]。創建当時は密教系寺院、また、浄土系寺院でもあったとされているが、次第に禅宗色が強まり、後に臨済宗の寺となった。 建長年間、時の執権・北条時頼によって宋の禅僧、蘭渓道隆が鎌倉に招かれた。蘭渓ははじめ常楽寺の住持となり中国風の禅宗を広め、寺には多くの僧が蘭渓の教えを乞うために訪れた。 その後、建長寺が創建され(落慶供養は建長5年(1253年))、同寺が鎌倉における禅宗の中心寺院になったが、それ以降も臨済宗建長寺派においては「常楽は建長の根本なり」と重視されつづけた。 ...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] 大船駅より徒歩15分、もしくは江ノ電バス常楽寺バス停より徒歩5分。車の場合は神奈川県道21号横浜鎌倉線常楽寺交差点より大船駅方面へ向かう市道に入り、100メートルほど先を右折すると山門にあたる。
引用元情報常楽寺 (鎌倉市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%B8%B8%E6%A5%BD%E5%AF%BA%20%28%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%29&oldid=90069771

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月