御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※熊野神社ではいただけません

くまのじんじゃ

熊野神社

神奈川県 北鎌倉駅

門扉や柵はないので、常識的な時間帯ならばいつでも参拝できます。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
なし

なし

ご利益

熊野神社について

参道入口は寺院「多門院」と隣り合わせなので、同日中に参拝できます。
ここへ至る手前交差点十字路の反対方向、
徒歩圏内に鎌倉禅宗発祥の「常楽寺」が在るので同日中に参拝できます。
鎌倉市岩瀬「五社稲荷神社」管理下の神社なので、御朱印を授与されるのかは問い合わせを要します。
(五社稲荷神社は 笛田の三十番神堂<稲荷神社>、梶原御霊神社、熊野神社、諏訪神社などを兼務しています。)

おすすめの投稿

天狼星
2022年08月21日(日)
228投稿

ご近所の散歩がてら参拝。

熊野神社(神奈川県)

一の鳥居

熊野神社(神奈川県)

二の鳥居

熊野神社(神奈川県)

参道

熊野神社の狛犬

狛犬

熊野神社(神奈川県)

狛犬

熊野神社(神奈川県)

神楽殿

熊野神社(神奈川県)

拝殿

熊野神社(神奈川県)熊野神社の本殿

本殿

熊野神社の末社

境内社ー琴平宮

熊野神社の末社熊野神社(神奈川県)
もっと読む
mitch
2020年05月27日(水)
2075投稿

20.05.26 鎌倉、大船の鎮守「熊野神社」参拝 / 「金刀比羅宮(琴平宮)」参拝 _ 鎌倉市大船
2020年現在、世界規模危機の一日でも早い脱出と危機の収束を真摯に祈願いたしました。

熊野神社の建物その他

00) 参考として _ 左:「熊野神社」一の鳥居 (と右:寺標と「多聞院」境内への門柱)
.
******************

熊野神社の鳥居

01) 鎌倉、大船鎮守「熊野神社」一の鳥居

熊野神社の鳥居

02) 二の鳥居

熊野神社の建物その他

03) 参道階段
.
---

熊野神社の狛犬

04-1) 向かって左側の狛犬。  背後は神楽の舞台

熊野神社の狛犬

04-2) 向かって右側の狛犬。  背後は金刀比羅宮
.
---

熊野神社の本殿

05) 階段を登りきって振り返った風景、「多聞院」本堂の屋根。
.
---

熊野神社の建物その他

06) 境内。左から 神楽の舞台、(奥、稲荷祠)、熊野神社、金刀比羅宮。

熊野神社の建物その他

07) 境内。 熊野神社 と 金刀比羅宮

熊野神社の本殿

08) 左:金刀比羅宮 中奥:神明社
.
---

熊野神社の本殿

09-1) 鎌倉、大船鎮守「熊野神社」
祭神:日本武尊、御神体:甘糟長俊勧請とされ現存する束帯姿の木像御座像
2020年現在、世界規模危機の一日でも早い脱出と危機の収束を真摯に祈願いたしました。

熊野神社の建物その他

09-2) 扁額

熊野神社の芸術

09-3) 向かって左上、木鼻の彫刻。

熊野神社の芸術

09-4) 中央上方のの彫刻

熊野神社の芸術

09-5) 向かって右上、木鼻の彫刻。
.
--------------------------

熊野神社の末社

10-1) 金刀比羅宮(琴平宮)祭神:崇徳天皇

熊野神社の建物その他

10-2) 扁額 ” 琴平宮 ”
2020年現在、世界規模危機の一日でも早い脱出と危機の収束を真摯に祈願いたしました。
.
----------------------------

熊野神社の末社

11) 神明社 
.
---------------------------------

熊野神社の建物その他

12-1) 稲荷祠の境内

熊野神社の末社

12-2) 左:石塔 銘 ” 地神塔 ” 右:稲荷祠
.
-----------------------------

熊野神社の建物その他

13) 神楽の舞台
.
.
.
********************************
20.05.26C #鎌倉 、 #大船 の鎮守「 #熊野神社 」参拝 / 「 #金刀比羅宮 ( #琴平宮 )」参拝 _ #鎌倉市大船
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2020-05-31

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

熊野神社の基本情報

住所神奈川県鎌倉市大船2033
行き方

JR横須賀線/JR東海道線の大船駅から、江ノ電バス「常楽寺」下車 徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称熊野神社
読み方くまのじんじゃ
参拝時間

門扉や柵はないので、常識的な時間帯ならばいつでも参拝できます。

参拝にかかる時間

15分

参拝料

なし

トイレなし

詳細情報

ご祭神《主》日本武尊命
ご神体束帯姿の木像(甘粕長俊が勧請して祀ったとされる束帯姿の木像が現存する)
創建時代1579年(天正7年)
創始者甘粕長俊が束帯姿の木像を勧請して祀ったという言い伝え
ご由緒

新編相模国風土記 _ 巻之九十八(村里部 鎌倉郡巻之三十)
大船村
熊野社  村の鎮守なり、 束帯の木像を安ず、 台座に天正七年安置の事を記す、
古は安房国群房庄当社領たりしこと寿永二年の院宣に見えたり、
建長二年更に彼地当社領として尼性智所務すべき由又院宣あり、
貞和二年又院宣を下され、社領安堵せしめられしと云、
例祭九月二十四日 別当は多聞院にて、鶴岡職掌鈴木主馬神職を兼ぬ、

【末社】 △神明 古は字神明下にあり、寛永の頃甘糟右近亮時綱此に移せり、
△金毘羅 安永九年地頭長山氏勧請す、 △秋葉三社権現稲荷

体験武将・サムライ

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年1月