御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※本牧神社ではいただけません

ほんもくじんじゃ

本牧神社

神奈川県 山手駅

投稿する
045-621-7611

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場あり/30台

巡礼

横濱開港神社巡り

ご利益

本牧神社について

お馬流しで知られる本牧総鎮守


「お馬流し」は当社の例祭に際して斎行されている特殊神事で、永禄9年(1566年)に初めて行われてから450年余の歴史を有し、神奈川県から無形民俗文化財の指定も受けています。
この神事は、境内の茅場で育成された茅で奉製した馬首亀体の「お馬」に町中のあらゆる災厄を託して大海原遥かに払い下げやるもので、神様のお力を戴いて地域全体が清らかな姿に立ち返り平穏な生活を送ることができるように祈る、厳粛な中にも明るさと力強さを秘めたまつりで「ハマの奇祭」とも称されています。
境内にはお馬流し展示館があり、社務所にて声を掛ければ無料で拝観できます。

おすすめの投稿

ハマの「寺(テラ)」リスト
2022年06月22日(水)
1921投稿

TOQ48 花御朱印シリーズ  2

東横線直通のみなとみらい線「元町・中華街駅」下車。バス停「三の谷」から徒歩3分。
住宅街の中に建っています。
「厄除け」と「お馬流し」神事で知られ、神奈川県の無形民俗文化財に指定されています。

伝記には鎌倉時代、源頼朝が幕府を開く際に鬼門守護を祈念して厨子を奉納したと云われています。
元々は、今よりも海側も本牧岬(三溪園の丘の崖っぷち・高速湾岸線が海岸線)に張りだした出島の十二天で、航海の神や生業の守護神
として崇められてきました。

戦後はアメリカ軍の住宅地として接収されて、別の場所へ移転されましたが、平成に入って現在の地に鎮座しています。

本牧神社の鳥居

閑静で新しい住宅地の中に大きな鳥居がそびえ立ちます。

高速湾岸線が走っているところが当時の海岸線です。古くは、根岸の方から見ると「本牧鼻」といわれ、先端の近くに神社がありました。
現在のこの場所も元々は、アメリカ軍の占領地で米軍住宅地として長い間接収されていました。

本牧神社の末社

階段を上がって「お稲荷さん」か「弁天さん」でしょうか?

本牧神社(神奈川県)本牧神社(神奈川県)

拝殿です。狛犬が海の方向をのぞんでいます。

本牧神社(神奈川県)

拝殿の裏手、「本牧のお馬の茅場」です。

お馬流しは、茅で作られた「馬」を作り本牧の沖合で海に流し厄災を託す400年以上の神事です。
古くは、6月15日の大潮の日と決められていたそうですが、明治に入ってからは8月の第一か第二日曜日とされています。

来月下旬頃にこの茅で「馬」が作られ奉納されます。

本牧神社の鳥居
もっと読む
投稿をもっと見る(42件)

例祭・神事

8月上旬 お馬流し

例祭・神事をもっと見る|
1

歴史

本牧神社は、旧くは「本牧十二天社」と称し、本牧岬の先端の出島に鎮座し、境内は玉樟を始めとする巨古木が蒼然と杜をなし、鳥居際には波が打ち寄せる風光明媚な社でした。その様子は、江戸名所圖絵にも「本牧塙 十二天社」として描かれています。
 御創建は、建久3年(1192年)源頼朝公が鎌倉に幕府を開くに当たり、幕府鬼門の守護として平安期から奉祀されていた社殿に朱塗の厨子を奉納したとも、また弘長3年(1263年)の元朝、里人が海中より輝く大日霊女命(=天照大神)の像を拾い上げ、社を設け村の総鎮守としたとも伝えられるなど、幾つかの説があります。
 往古より朝野の崇敬篤く、鎌倉時代には将軍より、室町時代には関東管領より社領の寄進があり、徳川家康公の江戸入府以降は、徳川将軍家からも代々社領寄進の御朱印が下されていました。神仏習合の時代には、本地垂迹また仏説により護法の「十二天」を神前に祀っており、これが江戸末までの社名「十二天社」の謂れとなっています。
 明治以降は、神仏分離令により「本牧神社」と称し、政府の政策により村内の各神社を合祀。本牧一帯の総鎮守として村社に列せられ、公から幣帛供進使参向の指定も受けていました。
 昭和20年(1945年)5月の横浜大空襲では氏子町とともに大きな被害を受け、翌21年からは進駐軍の接収により創建以来の社地を奪われ、以後47年間仮遷座を余儀なくされました。
 接収解除、境内地の換地返還、氏子崇敬者の赤誠を結集した新社殿の竣功を受けて、平成5年10月23日現鎮座地への本殿遷座祭が斎行され、今日に至っています。

歴史をもっと見る|
12

本牧神社の基本情報

住所神奈川県神奈川県横浜市中区本牧和田19
行き方

■JR根岸線根岸駅よりバス10分、バス停「三の谷」下車徒歩3分   

■みなとみらい線元町中華街駅よりバス15分、バス停「三の谷」下車徒歩3分

アクセスを詳しく見る
名称本牧神社
読み方ほんもくじんじゃ
通称本牧十二天
御朱印あり

限定御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号045-621-7611
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスshamusho@honmoku.or.jp
ホームページhttp://www.honmoku.or.jp/index.html
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》大日靈女命
《相》須佐能男命、大山津見命、木花咲耶姫命、八幡大神、八王子大明神
創建時代1192年(建久2年)
創始者源頼朝
本殿流権現造
札所など

横濱開港神社巡り

ご由緒

本牧神社は、旧くは「本牧十二天社」と称し、本牧岬の先端の出島に鎮座し、境内は玉樟を始めとする巨古木が蒼然と杜をなし、鳥居際には波が打ち寄せる風光明媚な社でした。その様子は、江戸名所圖絵にも「本牧塙 十二天社」として描かれています。
 御創建は、建久3年(1192年)源頼朝公が鎌倉に幕府を開くに当たり、幕府鬼門の守護として平安期から奉祀されていた社殿に朱塗の厨子を奉納したとも、また弘長3年(1263年)の元朝、里人が海中より輝く大日霊女命(=天照大神)の像を拾い上げ、社を設け村の総鎮守としたとも伝えられるなど、幾つかの説があります。
 往古より朝野の崇敬篤く、鎌倉時代には将軍より、室町時代には関東管領より社領の寄進があり、徳川家康公の江戸入府以降は、徳川将軍家からも代々社領寄進の御朱印が下されていました。神仏習合の時代には、本地垂迹また仏説により護法の「十二天」を神前に祀っており、これが江戸末までの社名「十二天社」の謂れとなっています。
 明治以降は、神仏分離令により「本牧神社」と称し、政府の政策により村内の各神社を合祀。本牧一帯の総鎮守として村社に列せられ、公から幣帛供進使参向の指定も受けていました。
 昭和20年(1945年)5月の横浜大空襲では氏子町とともに大きな被害を受け、翌21年からは進駐軍の接収により創建以来の社地を奪われ、以後47年間仮遷座を余儀なくされました。
 接収解除、境内地の換地返還、氏子崇敬者の赤誠を結集した新社殿の竣功を受けて、平成5年10月23日現鎮座地への本殿遷座祭が斎行され、今日に至っています。

体験札所・七福神巡り

Wikipediaからの引用

概要
本牧神社(ほんもくじんじゃ)は、横浜市中区に所在する神社である。同区本牧地域の総鎮守。 旧称、本牧十二天社。旧社格は村社。例祭の翌日に行われる神事であるお馬流しは神奈川県指定民俗文化財に指定されている。
引用元情報本牧神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9C%AC%E7%89%A7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=90741207

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中