参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
あなたの神社寺院を紹介します!

眞久寺の日常

日本初の金胎両部立体曼荼羅(こんたいりょうぶりったいまんだら)

旭川成田山眞久寺さんのプロフィール画像
旭川成田山眞久寺
曼荼羅(まんだら)とは、サンスクリット語で「本質・真髄」等を意味する「マンダ」と「所有」を意味する「ラ」の合成語で、「本質をもてるもの」「本質を図示したもの」という意味があります。つまり曼荼羅とは、仏教において本質的なものである「仏のさとり」を成就した境地の表現であり、仏教の理想を理念的で体系的に表したものといえるでしょう。

 そして、私たち真言宗の曼荼羅は「金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)」と「胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)」の2つの曼荼羅が存在し、これらを総称して「両部曼荼羅(りょうぶまんだら)」と呼ばれています。真言宗には根本となる経典が2つ存在し、『金剛頂経(こんごうちょうぎょう)』というお経の世界観を表したものが金剛界曼荼羅、『大日経(だいにちきょう)』というお経の世界観を表したものが胎蔵界曼荼羅であるとされています。

 曼荼羅とは通常図画によって描かれるものですが、眞久寺の曼荼羅は日本で初めてその姿のまま仏さまたちを立体化した「立体曼荼羅」をお祀りしております。この立体曼荼羅は、大仏師である服部俊慶師が曼荼羅に描かれる2026体の仏像を彫刻され、眞久寺本堂に奉安されました。
眞久寺の芸術金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)眞久寺の建物その他胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)

すてき12

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、情報を発信しようという気持ちになりますし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

北海道旭川市にある真言宗智山派の寺院「眞久寺(しんきゅうじ)」の副住職をしております。
地域に根付いた寺院運営を目指しております!

旭川成田山眞久寺さんの他の投稿

眞久寺
公式
北海道
 本日7月28日13:00より眞久寺御本尊不動明王護摩供法要を勤修致します。本堂内で護摩を…
眞久寺(北海道)
2
眞久寺
公式
北海道
 北海道は暑さが一旦やわらぎ、ここ数日は過ごしやすい気候になりました。そのような中、本州よ…
眞久寺(北海道)
1
眞久寺
公式
北海道
 7月18日(土)13:00より、眞久寺六角堂におきまして月並観音護摩供法要を開催致します…
眞久寺(北海道)
1
眞久寺
公式
北海道
 毎月28日は眞久寺のご本尊である不動明王の護摩供法要を行っていますが、6月28日(日)は…
眞久寺(北海道)
6
旭川成田山眞久寺さんの投稿をもっと見る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!