参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

住吉神社北海道 南小樽駅

すみよしじんじゃ

住吉神社北海道 南小樽駅

すみよしじんじゃ

北海道 小樽市住ノ江2丁目5番1号
御朱印あり
商売繁盛病気平癒安産祈願・子宝交通安全家内安全

御朱印・御朱印帳

アクセス

住所小樽市住ノ江2丁目5番1号
Googleマップで地図を開く
エリア南小樽駅
行き方

JR南小樽駅徒歩8分

最寄り駅

◼︎JR函館本線
南小樽駅から直線約550m
徒歩約13分
車で約2分
Googleマップで確認

◼︎JR函館本線
小樽駅から直線約1.76km
徒歩約42分
車で約8分
Googleマップで確認

◼︎JR函館本線
小樽築港駅から直線約2.11km
徒歩約50分
車で約10分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express

住吉神社について

基本情報

名称住吉神社
読み方すみよしじんじゃ
通称住吉さん
御朱印あり
電話番号0134-23-0785
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.otarusumiyoshijinja.or.jp/
ご祭神《主》底筒男神,中筒男神,表筒男神,息長帯姫命
ご由緒

 元治元年(1864)、箱館八幡宮神主菊池重賢より「ヲタルナイ」「タカシマ」両場所の総鎮守として、住吉大神を勧請すべく箱館奉行所に出願し、寺社奉行所掛合済みの上、慶応元年6月ヲタルナイ運上屋の最寄りの地へ勧請奉祀することを許された。慶応2年、本陣付近に適当な社地の下付方を願い出、幕府はヲタルナイ役所詰の幕吏に命じて小樽港へ入港する諸船に賦役して本陣下の渚汀の埋め立てを行い、社地を造成することとした。しかし明治維新の改革により社地造成は途中で中止となったため、山ノ上町厳島社に仮奉祀することとし、明治元年御神体は社人加藤右京に護られて箱館を発向し、同年8月3日到着、御鎮座祭ならびに「ヲタルナイ」「タカシマ」両場所の静謐記念祭を執行した。同4年厳島社から量徳町28番地に移転、明治8年郷社に列格し、小樽の発展に伴い祭礼は逐年盛大に執行された。同14年の火災直後量徳町道路改正に際し現在地に転地を許可された。従来墨江神社と称していたが明治25年1月住吉神社と改称した。明治31年6月境内地の増加と社殿の改築の許可を得て、翌32年造営がなった。明治39年11月県社に昇格、昭和30年神社本庁別表神社に指定され、同46年7月鎮座百年を記念して社殿を改築した。

分類
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新: 2019年06月12日 by meme
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方