御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

おんせんじんじゃ

温泉神社~磐梯熱海温泉~

公式福島県 磐梯熱海駅

24時間参拝できます

授与所はありません

投稿する
024-984-3316

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

アマビエ

妖怪さんを神域に入れるには抵抗があったので
鳥居の外で見張り番を任せていた
アマビエ幟

だいぶ疲れてきました😥

肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間[注 2]は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる[1]。wikiより

疫病は見えないですよね
しかし、アマビエが
目につくようになるということは
「疫病が出ている」事を
ビジュアルで訴えてくれる

そして「あ、気をつけなきゃ」と思い起こさせる

そんな役割を果たしたのではないでしょうか

温泉神社~磐梯熱海温泉~の周辺

ボロッ

秋の気配

こちらのお宮は普段無人なので
なかなか更新する機会がありません|д゚)
そんな事で紅葉具合見てきました🍁

温泉神社~磐梯熱海温泉~の狛犬温泉神社~磐梯熱海温泉~の自然

イチョウの葉は遅れをとってまだ黄緑具合です✨

温泉神社~磐梯熱海温泉~の自然温泉神社~磐梯熱海温泉~の自然

結構落ちてます。銀杏

温泉神社~磐梯熱海温泉~の狛犬
お知らせをもっと見る(10件)
氏子以外の参拝
氏子以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

温泉地にちなんだ絵柄を添えた
御朱印は後々お作りします。

コロナ禍が落ち着く頃迄にはご用意できるよう進めております。

兼務社のため高司神社にて頒布する予定です。
高司神社はホトカミで公式登録しておりますので、所在地等ご確認ください。

暫くおまちください。

限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

駐車場あり、2~3台

おすすめの投稿

ドリルうさぎ
2020年04月14日(火)
358投稿

磐梯熱海駅の温泉街にあるその名も温泉神社。駅から近く、東南の方向を向いているので朝にお参りしました。高司神社さまの兼務社だそうで、普段は無人のようです。
境内は綺麗にお手入れされていて、清々しい空気でした。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の鳥居

参道。駅前通りが整備されて広いので神社の前面道路が狭く見えますが、沿道には商店もあり、磐越西線の踏切を東西に抜ける温泉のメインストリートはこちらだったと思われます。
神社は赤い部分が多いので、赤いポストと消火栓が似合っています。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の鳥居

鳥居。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の建物その他

磐梯熱海の観光案内看板。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の狛犬

狛犬様。とても強そうです。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の狛犬

狛犬様。質実剛健な感じがします。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の狛犬

子どもの狛犬さん。温泉で泳いではいけませんと怒られてるのかも。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の建物その他

左右の欄干の長さが違う橋。境内を水路が斜めに横切るためこのような橋になっています。最初見たときは目がおかしいのかと思って焦りました。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の手水

手水舎。郡山市の手水鉢は石の自然な形を利用したものが多いです。温泉神社も自然石を繰り抜いたような形になっています。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の本殿

拝殿。端正な感じです。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の本殿

扁額です。山間のため風が強く、布がバタバタ音を立てていました。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の芸術

拝殿には彫刻が施されています。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の本殿

拝殿の彫刻。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の塔

境内には供養塔などがたくさんあります。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の塔

供養塔。

温泉神社~磐梯熱海温泉~の景色

温泉街を見守っています。

もっと読む
投稿をもっと見る(8件)

例祭・神事

1月1日 0時元旦
4月9日 春祭り
8月9・10日 萩姫まつり
10月第2土曜日 秋祭り

例祭・神事をもっと見る|
1

歴史

一つの御本殿に温泉神社(おんせん)と熊野神社(くまの)の2社を合祀し、現在正式には「温泉神社」(おんせんじんじゃ)と申します。

はじめに創建されたのは「温泉神社」であり、第106代正親町天皇(おおぎまちてんのう)の世、永禄元年(西暦1558年)に当所の住民、阿部家他九戸の氏神として勧請されたと残されています。

歴史的にも古く、御祭神の勧請・由緒も諸説見受けられますが、不詳であります。

「熊野神社」は元々別の場所に鎮座していましたが、後にお遷しされ、現在では同じ御本殿にお祀りされています。

神社の呼び名は神仏習合の影響もあり時代と共に変遷がありました。
地域の方から、湯泉・湯前さま(ゆぜんさま)や湯泉神社(ゆせんじんじゃ)と呼ばれるのは当時の名残であります。

創建当時の社殿の大きさは縦1尺5寸×横2尺(45Cm×60Cm)の小さな祠でありました。
現在では、温泉の神さまとして崇められています。

歴史をもっと見る|
4

温泉神社~磐梯熱海温泉~の基本情報

住所福島県郡山市熱海町熱海四丁目129
行き方

郡山駅より磐越西線に乗り換え、磐梯熱海駅下車して徒歩5分
磐越自動車道、磐梯熱海インターより10分

アクセスを詳しく見る
名称温泉神社~磐梯熱海温泉~
読み方おんせんじんじゃ
通称湯泉神社(ゆせんじんじゃ)湯前(ゆぜん)さま
参拝時間

24時間参拝できます

授与所はありません

参拝にかかる時間

約10分

トイレなし
御朱印あり

温泉地にちなんだ絵柄を添えた
御朱印は後々お作りします。

コロナ禍が落ち着く頃迄にはご用意できるよう進めております。

兼務社のため高司神社にて頒布する予定です。
高司神社はホトカミで公式登録しておりますので、所在地等ご確認ください。

暫くおまちください。

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号024-984-3316
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスn.ito310+jinja@gmail.com
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神【熊野神社】
・熊野大神・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
【温泉神社】
・大穴牟遅命(大国主命)・伊弉諾命(いざなぎのみこと)
創建時代西暦1558年(永禄元年)
ご由緒

一つの御本殿に温泉神社(おんせん)と熊野神社(くまの)の2社を合祀し、現在正式には「温泉神社」(おんせんじんじゃ)と申します。

はじめに創建されたのは「温泉神社」であり、第106代正親町天皇(おおぎまちてんのう)の世、永禄元年(西暦1558年)に当所の住民、阿部家他九戸の氏神として勧請されたと残されています。

歴史的にも古く、御祭神の勧請・由緒も諸説見受けられますが、不詳であります。

「熊野神社」は元々別の場所に鎮座していましたが、後にお遷しされ、現在では同じ御本殿にお祀りされています。

神社の呼び名は神仏習合の影響もあり時代と共に変遷がありました。
地域の方から、湯泉・湯前さま(ゆぜんさま)や湯泉神社(ゆせんじんじゃ)と呼ばれるのは当時の名残であります。

創建当時の社殿の大きさは縦1尺5寸×横2尺(45Cm×60Cm)の小さな祠でありました。
現在では、温泉の神さまとして崇められています。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー