御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年7月
松岬神社ではいただけません
広告

まつがさきじんじゃ

松岬神社
山形県 南米沢駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

松が岬おまつり広場駐車場300台程

松岬神社について

上杉神社摂社
直江兼続邸跡

おすすめの投稿

惣一郎
惣一郎
2022年11月23日(水)
1269投稿

【出羽國 古社巡り】(過去の参拝記録)

松岬神社(まつがさき~)は、山形県米沢市丸の内にある、上杉神社の境外摂社。旧社格は県社。祭神は米沢藩中興の名君・上杉鷹山、上杉家2代目・上杉景勝、直江兼続、細井平洲、竹俣当綱、莅戸善政の6柱。社名は、米沢城の別名「松岬城」が由来。

創建は明治時代後期の1902年、米沢藩中興の名君・上杉鷹山はそれまで上杉神社に祀られていたが、上杉神社が別格官幣社に列格したのと同時に、当社を上杉神社の新設摂社として創建し、祭神として遷されることとなった。1923年には米沢藩2代・上杉景勝を合祀、1938年には米沢市制施行50周年で景勝の家老である直江兼続、鷹山の師・細井平洲、鷹山の家臣・竹俣当綱、莅戸善政を合祀した。

当社は、JR奥羽本線・米沢駅の西方2kmの、米沢城跡の東側、平地にある。米沢城跡の中央部にある上杉神社が東向きに立っていて、東側に300m以上真っ直ぐの参道が伸びているが、その参道北側にある。南側には伝国の杜(米沢市上杉博物館・置賜文化ホール)があり、周囲は広々とした市民公園のようになっている。境内の広さは県社としては広くはないが、社殿も大きく、大きな庭園もあって見応えがある。境内とその周りには上杉鷹山ゆかりの石碑や解説板がたくさんあって、見て廻るのも楽しい、意外なことに、上杉鷹山の政治手法や信念、人となりは、元米国大統領のジョン・F・ケネディからも尊敬を受け、2014年には娘で元駐日米国大使のキャロライン・B・ケネディが当地に来てスピーチをしたことがあるとのこと。

今回は、山形県の旧県社ということで参拝することに。参拝時は休日の早朝で、自分以外には特に参拝者は見掛けなかった。

松岬神社(山形県)

境内南端入口の<一の鳥居>と<社号標>。

松岬神社(山形県)

境内入口の近くにある<上杉鷹山像>。

松岬神社(山形県)

境内入口の近くにある<草木塔>。江戸時代中期以降に山形県南部・置賜地方で多く建てられた草木に感謝する石碑。

松岬神社の庭園

鳥居をくぐって境内に入り、参道左側にある<庭園>。

松岬神社(山形県)

参道左側にある<手水舎>。

松岬神社(山形県)

参道右側にある、上杉鷹山の教え<伝国の辞>の石碑。

松岬神社(山形県)

社殿周りには石製の瑞垣が巡らしてあり、入口に<二の鳥居>が立っている。

松岬神社(山形県)

<拝殿>全景。意外と大きく、派手ではない質実剛健な造り。

松岬神社(山形県)

拝殿前左側の<狛犬>。

松岬神社の狛犬

拝殿前右側の<狛犬>。

松岬神社の本殿

<拝殿>正面。「松岬神社」と刻まれた扁額が掛かる。

松岬神社の本殿

拝殿から奥には進めないが、拝殿後ろの<本殿>が少し見える。
拝殿と本殿の間に見えるのは、「まいづる幼稚園」のジャングルジム。(^_^;)

松岬神社(山形県)

拝殿に向かって左手にある<社務所>。無人みたい。
御朱印は上杉神社の社務所で拝受できる。

松岬神社(山形県)

最後に<拝殿>全景。拝殿前のモミジの木が非常に美しい~♪ (^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(39件)

歴史

明治三十五年(1902)に上杉神社から上杉鷹山を分祀し「松岬神社」と称し、大正元年に社殿を建立した。大正十二年に米沢藩初代藩主の上杉景勝を合祀、昭和十三年には景勝の重臣、直江兼続、鷹山の師である細井平洲、鷹山の藩政改革を補佐した功臣である,竹俣当綱,莅戸善政を合祀し、祭神は六柱となった。

歴史をもっと見る|
5

松岬神社の基本情報

住所山形県米沢市丸の内1-1-38
行き方

米沢駅より白布温泉行きバス乗車、「上杉神社前」下車徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称松岬神社
読み方まつがさきじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0238-22-3189(上杉神社)
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://yamagata-jinjyacho.or.jp/wp/jinjya/%E6%9D%BE%E5%B2%AC%E7%A5%9E%E7%A4%BE

詳細情報

ご祭神上杉治憲命,上杉景勝命,直江兼續命,細井徳民命,竹俣股當綱命,莅戸善政命
創建時代1902年(明治35年)
ご由緒

明治三十五年(1902)に上杉神社から上杉鷹山を分祀し「松岬神社」と称し、大正元年に社殿を建立した。大正十二年に米沢藩初代藩主の上杉景勝を合祀、昭和十三年には景勝の重臣、直江兼続、鷹山の師である細井平洲、鷹山の藩政改革を補佐した功臣である,竹俣当綱,莅戸善政を合祀し、祭神は六柱となった。

体験御朱印重要文化財武将・サムライ

Wikipediaからの引用

概要
松岬神社(まつがさきじんじゃ)は、山形県米沢市に鎮座する神社。上杉神社の摂社。 松が岬公園(米沢城址)に位置し、上杉鷹山、上杉景勝、直江兼続、細井平洲、竹俣当綱、莅戸善政を祀る。
歴史
歴史[編集] 明治に入ると上杉謙信の祠堂を改めた上杉神社に合祀された米沢藩中興の大名・上杉鷹山は、明治35年(1902年)に上杉神社が別格官幣社に列せられるに際し、米沢城二の丸世子御殿跡に設けた摂社「松岬神社」へ遷されることとなった。 大正元年(1912年)9月28日には神殿が造営され、県社に列した。あわせて神餞幣公料供進神社にも指定された。大正12年(1923年)4月に米沢藩2代上杉景勝、また米沢市制施行50周年にあたる昭和13年(1938年)には、景勝の家老である直江兼続、鷹山の師・細井平洲、鷹山の下で活躍した竹俣当綱・莅戸善政を合祀し、現在に至る。 境内東側に上杉鷹山の銅像がある...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] 奥羽本線(山形新幹線)米沢駅から白布温泉行き山交バス乗車、上杉神社前下車徒歩5分。但しバスは本数が少ないため、タクシー利用が便利。 奥羽本線米沢駅から西へ1.7km。 表話編歴神道基礎 神道(歴史) 日本神話 神 日本の神の一覧 資料 古事記 日本書紀 風土記 古語拾遺 神社 神社 神社一覧 式内社 一宮 近代社格制度 別表神社 神社本庁 単立神社 祭祀と祭礼 祭祀 神楽 祝詞 大祓詞 関連用語 神道用語一覧 神仏習合 山岳信仰 民俗学 国学 国家神道 教派神道 神職 ポータル ウィキプロジェクト コモンズ カテゴリ .mw-parser-output ...Wikipediaで続きを読む
行事
主な神事[編集] 松岬神社横にある上杉鷹山像 例大祭 春祭 4月30日 秋祭 9月9日
引用元情報松岬神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9D%BE%E5%B2%AC%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=87265253

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ