参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

金王八幡宮公式東京都 渋谷駅

こんのうはちまんぐう

東京都 渋谷区渋谷3-5-12
受付時間 9:30~16:30 (随時奉仕いたします)
渋谷駅から徒歩5分。渋谷警察署の後ろ辺り。

元々は澁谷城の中にあった八幡神社


平安時代から室町時代まで、ここには渋谷氏の居城・澁谷城がありました。金王八幡宮は寛治6(1092)年正月15日、澁谷城の中に建立された澁谷氏の氏神様ですが、それから925年という長い間、渋谷の地をお守りしてきました。ご祭神は武運の神・応神天皇(おうじんてんのう)品陀和気命(ほんだわけのみこと)です。

澁谷氏って何?


澁谷氏というのは、平将門の女系子孫の桓武平氏良文流秩父氏の中の一族。一族には他に河越氏・江戸氏・蒲田氏・喜多見氏・河崎氏・小机氏・豊島氏・葛西氏・稲毛氏など、今も東京周辺にその名が地名として残されている有力一族が多数あります。鹿児島県に移った澁谷氏の末裔には東郷平八郎がいます。

澁谷金王丸の名声により、澁谷八幡宮から金王八幡宮へ


鎌倉幕府を開いた源頼朝とその父義朝に仕えた忠義の武将、澁谷金王丸の名声により、金王八幡宮と呼ばれるようになりました。澁谷金王丸の活躍は『吾妻鏡』などに描かれていますが、江戸時代になると歌舞伎や浮世絵や山王祭の山車人形にもなるなど、大変な人気でした。

春日局が徳川家光の将軍就任のお礼に奉納したご社殿


徳川家光の乳母・春日局と教育係の青山伯耆守忠俊(※)は、家光が三代将軍になることを金王八幡宮に祈願しました。そして見事将軍に決定すると、お礼にこのご社殿を奉納しました。このことから金王八幡宮は特に出世・仕事運・勝負運にご利益があるといわれています。金王八幡宮のご社殿は、江戸時代初期の建築様式を今にとどめる大変貴重なものです。
(※青山に広大なお屋敷を持ち、今も青山の地名となってその名が残る武士)

源頼朝が、金王丸の忠義を後世に伝えるために植えた金王桜


一枝に一重と八重が混ざって咲く大変珍しい桜です。金王八幡宮は江戸時代、桜の名所として知られていました。

109の前におみこし!毎年行われる例大祭は盛大です


毎年9月に開催される金王八幡宮例大祭は、数百年以上続けられてきた伝統行事です。渋谷という土地柄もあってか、国際色豊かなお祭りとしても有名です。国籍や地域を問わず、お神輿を担ぐことができます。

渋谷のオアシス金王八幡宮〜田所宮司に聞く、神様との付き合い方〜


ホトカミ運営で取材したインタビュー記事(渋谷のオアシス金王八幡宮〜田所宮司に聞く、神様との付き合い方〜)を掲載しています。

ご朱印・ご朱印帳

金王八幡宮の御朱印
金王八幡宮の御朱印
金王八幡宮の御朱印

金王八幡宮について

基本情報

名称金王八幡宮
読み方こんのうはちまんぐう
氏子以外の参拝歓迎
拝観時間

受付時間 9:30~16:30 (随時奉仕いたします)

拝観料

なし

トイレあり
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号03-3407-1811
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX03-3409-1043
ホームページhttps://www.konno-hachimangu.jp/

詳細情報

ご祭神《主》応神天皇
ご神体甲冑馬上八幡像
創始者寛治6年(1092)
創始者源義家 河崎基家(澁谷家祖)
本殿権現造り
分類

この神社の情報は、神社の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2019年05月25日

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

無料登録

アカウントをお持ちの方

ログイン