御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※荻窪八幡神社ではいただけません

おぎくぼはちまんじんじゃ

荻窪八幡神社

東京都 西荻窪駅

社務所/9:00~17:00 
参拝/6:00~18:00(冬期は17:00)※時間外は神門を閉扉

投稿する
03-3390-1325

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

社務所近く

おすすめの投稿

kouchiyo00
2019年08月01日(木)
3投稿

 所用で西荻窪まで出かけた際の空き時間、急に思い立ってお参りに出かけました。7月30日の午後2時少し前に知人宅からスマホ片手に出発。アツい!アツいねぇ~。

 普段あまり歩かないので、片道20分ほどの道のりは良い運動になりました。タオルを首にかけて炎天下の散歩もまたよし。

 荻窪周辺の住宅街、結構時を経ていると思しき住宅、小さなアパート、新しめで凝ったデザインの住宅、広くて立派な住宅、何でもありな印象ですが、一方で空き地もちらほら、草木が茂り放題の住宅も点在していて、いくつかは空き家のように見受けられました。
 「徒歩じゃないと神社周辺のこういう雰囲気ってわからないんだなあ…」などと考えながら善福寺川を渡り、遠目にも「鎮守の森」と見える、背の高い緑に囲まれた一角を目指します。
 まずはナビの案内する方へ歩いてみましたが、到着したのは裏の鳥居のようなので、敷地をぐるりと回って正面へ。中に入ってわかりましたが、入り口は青梅街道側、「杉並アニメーションミュージアム」の向かい側、裏の住宅街の、3か所ありました。青梅街道側もミュージアム側も鳥居は立派でしたが、本殿の正面はミュージアムなので、こちらがメインの鳥居ですかね。
 日差しはめちゃくちゃきついけど湿度が低めだからなのか、青梅街道側の鳥居をくぐって木陰に入ると体感はぐっと楽になりました。緑、ありがたし。入ってすぐの木の幹に手を触れると、すっと身体が楽になる感じがします。何の木だったかは忘れてしまいました…。今度はちゃんと覚えておこう。
 
 参道を進んでいくと右奥にご神門。まずそちらへ向かいましたが、ご神門立派ですね~。後から見たHPの写真より今の方が銅板のパーツが新しいようで、とても華やかです。銅板にハート柄があしらわれているのもかわいらしかったです。
 一礼して中に入ると、新しくてきれいな回廊がぐるりと巡らされた奥に本殿がありました。
 狛犬も良い感じにかわいく、本殿も銅板が美しく輝いていて全体的にフレッシュな印象です。本殿に向かって右側にあるスロープを登り切ったところで石造りのカエルが番をしています。どんな由来なのかわかりませんが、これもかわいらしかったです。
 お参りを終えて周りを見渡すと、本殿に向かって左手前にご神木の「道灌槙」が目に入ります。が、全体を藁で巻かれて枝も葉も伸びておらず。
 「高野槙(こうやまき)」とはどんな木なのか知らないので、後からネットで調べてみましたが、見比べてみるとこの「道灌槙」は今は本調子ではなさそうです。敷地内の樹木は「杉並区保護樹林」と看板があるだけあって、勢いがよく元気なのに、ご神木は療養中でしょうか。
 「太田道灌が石神井城を攻略するにあたって軍神祭を行った際に植樹した高野槙」という由来だそうなので、戦の為のご神木は今は静かにお休みなのかもしれません。

 本殿を後にご神門外の石段を下りると、左手に四角い石に丸く穴のあけられたものがあるのが目に入りました。しめ縄がかかっていて隣に看板があります。
 読んでみると「祓門」「くぐれば罪穢れのお祓いになります」とありました。
 本体もしめ縄もきちんと手入れが行き届いていて、いかにもご利益ありそうです。なんだか、ここを通って他の次元に行けそうな感じがするのも魅力的。アニメとかの小道具にもなりそうですね。もちろん、くぐりました。なんかいい感じでしたよ!
 でも今思ったんだけど、これって本当は神殿にお参りする前に通るべきだったんでしょうね? 先に気づけばよかった…。

 ご神門を背に参道の右側に社務所があります。今回は急な思い付きで出かけたので御朱印帳を持っていないのが残念!御朱印をいただきにまたまいります。
 社務所の斜め向かい側には「猿田彦神社」と「五社宮」がお祭りされていました。こちらにもそれぞれ鳥居と手水所があって、大切にお祀りされています。

 そして、その小さな鳥居の向かい側には石造りのベンチがあり、そこにまたまたかわいい主がいらっしゃいました。それぞれちょっとポーズの違う子猫の石像2体。この八幡神社、なにかとなごみポイントもあって楽しいです。

 帰りは神殿正面の鳥居から出て、向かいの「杉並アニメーションミュージアム」のレリーフを見てきました。あまりアニメに詳しいわけではないですが、個人的には「スチームボーイ」と「物語シリーズ」があったのが「おお~」となりました。
 今回は時間がなかったので、レリーフだけ拝見しましたが、ゆっくりできる時にまた来てみたいです。
 「たかがマンガ」「たかがアニメ」がどれほど日本の文化として世界に浸透し、評価されている事か。日本のあらゆるクリエイターの皆さんにご加護がある事を祈念して、八幡神社を後にしました。

荻窪八幡神社の山門

ご神門

荻窪八幡神社の本殿

ご神門と本殿

荻窪八幡神社の建物その他

狛犬の後姿と「道灌槇」

荻窪八幡神社の建物その他

祓門

荻窪八幡神社の狛犬

仔猫の石像

もっと読む
投稿をもっと見る(31件)

例祭・神事

1月1日 歳旦祭・新春祈祷
1月第2日曜   古札奉焼祭(どんど焼)
2月3日 節分祭   
2月初めの午の日 初午祭
2月17日 祈年祭(春祭)
6月30日 水無月の大祓
9月15日に近い日曜 大祭
10月15日 摂社 天祖神社 (南荻窪鎮座)大祭
10月17日 末社 秋葉神社祭
11月中  七五三
11月23日 勤労感謝祭(秋祭)
12月28日 師走の大祓
毎月1日 月次祭

例祭・神事をもっと見る|
2

歴史

当荻窪八幡神社は、第五十九代・宇多天皇の寛平年間(約千百年前)に創祀されたものと伝えられ、第七十代後冷泉天皇の永承6年に、鎮守府将軍・源頼義が奥羽東征の途次此処に宿陣し、戦捷を祈願、後康平5年凱旋するに当って社を修め、盛大な祭を行い、部将を駐めて永く祀らせたという。
 社の南一帯の丘地を其の「館」としということから、今なおこの辺りを”城山”と呼んでいる。
 降って文明9年太田道灌が石神井城を攻略するに当たり軍神祭を行ない、社前に「槙樹」一株を植栽した。これが今なお社頭に聳える「道灌槙」で、御神木として崇められている。
 天正19年、柏木右近命を承けて検地をするに及び社殿を修復し別当松永山不動王寺宮本坊大泉院(現宮司小俣家の祖)を置いた。
 其の後、村人達の尊崇厚く数度の御造営を経て、明治28年本殿(総檜造一坪)を、昭和11年社殿(三十三坪)を、新築し又昭和28年には手水舎を、同30年に社務所(百余坪)を新築し、同42年12月明治維新百年記念事業の工を起し、社殿の移転・増築、神門・廻廊・渡り殿等を新築、43年9月古式に則り盛大な遷座祭を行なった。その後、神楽殿を増築、神輿庫二棟を改築、大燈籠二対を奉献、現在に至っている。

歴史をもっと見る|
4

荻窪八幡神社の基本情報

住所東京都杉並区上荻4-19-2
行き方

JR西荻窪駅北口 徒歩20分
JR荻窪駅北口からバス 荻窪警察署前下車すぐ

アクセスを詳しく見る
名称荻窪八幡神社
読み方おぎくぼはちまんじんじゃ
参拝時間

社務所/9:00~17:00 
参拝/6:00~18:00(冬期は17:00)※時間外は神門を閉扉

トイレ駐車場そば
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3390-1325
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.ogikubohachiman.org/

詳細情報

ご祭神《主》応神天皇 《配》猿田彦大神 火之迦具土神 保食神 瀬織津姫神・速開津姫神 須佐之男命 大物主神 太詔戸神
ご由緒

当荻窪八幡神社は、第五十九代・宇多天皇の寛平年間(約千百年前)に創祀されたものと伝えられ、第七十代後冷泉天皇の永承6年に、鎮守府将軍・源頼義が奥羽東征の途次此処に宿陣し、戦捷を祈願、後康平5年凱旋するに当って社を修め、盛大な祭を行い、部将を駐めて永く祀らせたという。
 社の南一帯の丘地を其の「館」としということから、今なおこの辺りを”城山”と呼んでいる。
 降って文明9年太田道灌が石神井城を攻略するに当たり軍神祭を行ない、社前に「槙樹」一株を植栽した。これが今なお社頭に聳える「道灌槙」で、御神木として崇められている。
 天正19年、柏木右近命を承けて検地をするに及び社殿を修復し別当松永山不動王寺宮本坊大泉院(現宮司小俣家の祖)を置いた。
 其の後、村人達の尊崇厚く数度の御造営を経て、明治28年本殿(総檜造一坪)を、昭和11年社殿(三十三坪)を、新築し又昭和28年には手水舎を、同30年に社務所(百余坪)を新築し、同42年12月明治維新百年記念事業の工を起し、社殿の移転・増築、神門・廻廊・渡り殿等を新築、43年9月古式に則り盛大な遷座祭を行なった。その後、神楽殿を増築、神輿庫二棟を改築、大燈籠二対を奉献、現在に至っている。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り結婚式七五三御朱印お守り祭り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー