御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年8月※來宮神社ではいただけません

きのみやじんじゃ

來宮神社

静岡県 来宮駅

投稿する
0557-82-2241

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(3種類)

來宮神社では、「來宮神社の御朱印」と摂社「來宮辨財天の御朱印」、兼務社「湯前神社」の3種類の御朱印をいただけます。

來宮神社の御朱印

300円
手書き

右に熱海、來宮神社と書かれ、真ん中上部に來宮神社の社印、下部に「日本三大大楠天然記念物」の印が押されています。
來宮神社の境内には、樹齢約二千年といわれている天然記念物の大楠があります。

摂社 来宮辨財天の御朱印

300円
手書き

右に熱海、来宮辨財天と書かれ、真ん中上部に来宮辨財天の社印、下部に蛇の印が押されています。
蛇は辨財天の御神使です。

兼務社 湯前神社の御朱印

300円
手書き

右に熱海、湯前神社(ゆぜんじんじゃ)と書かれ、真ん中上部に湯前神社の社印、下部に温泉マークの印が押されています。

コロナウイルスの感染防止のため、現在は書き置きのみの頒布のようです。

御朱印帳(2種類)

來宮神社の御朱印帳は全部で2種類。天然記念物の大楠がデザインされた御朱印帳が色違いで2種類あります。

來宮神社の御朱印帳(緑)

1,500円(御朱印代含む)

薄い緑色の地に有職文様の小葵が敷きつめられ、表面の左上に御朱印帳の文字と天然記念物に大楠のイラスト、裏面の真ん中に神紋の桐紋、伊豆國霊社熱海來宮神社(きのみやじんじゃ)の文字が入っています。

來宮神社の御朱印帳(黄)

1,500円(御朱印代含む)

薄い黄色の地に有職文様の小葵が敷きつめられ、表面の左上に御朱印帳の文字と天然記念物に大楠のイラスト、裏面の真ん中に神紋の桐紋、伊豆國霊社熱海來宮神社(きのみやじんじゃ)の文字が入っています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、本殿に向かって左側にある参集殿の中の朱印帳受付でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~17時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

過去の限定御朱印

來宮神社では、行事に合わせた限定御朱印をいただけます。ここからは2020年に頒布された過去の限定御朱印をご紹介します。

夏詣御朱印

右に熱海、來宮神社と書かれ、夏詣の文字が入り、真ん中上部に來宮神社の社印、下部に「日本三大大楠天然記念物」の印が押されています。
夏詣とは、一年の前半六ヶ月の穢れを払い、後半六ヶ月の健康と平安を祈り詣でることです。

御朱印をもっと見る|
190
御朱印について
御朱印
あり

右上に熱海、來宮神社の文字が書かれ、真ん中に來宮神社、日本三大大樟天然記念物の印が入っています。季節限定の夏詣の印がはいったものもあります。
來宮神社には樹齢二千年ともいわれている天然記念物の大樟があります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

ご利益

來宮神社について

熱海に鎮座する、来福・縁起の神様


来宮(きのみや)神社は、日本初の征夷大将軍である坂上田村麻呂が平安時代に戦(いくさ)の勝利を神前で祈願した神社として知られています。
そこから各地に広がり、全国44社の来宮神社の総社として、古くから来福・縁起の信仰を集めています。

神様も召し上がった⁉︎「来福スイーツ」が食べれるカフェ


授与所を出て、すぐのところにあるのがオープン・カフェ「茶寮 報鼓(ほうこ)」です。
その報鼓で食べることができるのが、「来福スイーツ」です。
来福スイーツとは、来宮神社の神様の好物である「麦こがし」「ゆりね」などを使ったスイーツです。
「天狗ラスク」や「麦こがし万頭」をはじめ多くの美味しいスイーツが並んでいます。

日本屈指のパワースポット・御神木「大楠」


本殿の奥にある大楠は来宮神社の御神木で、健康長寿・心願成就の巨樹として、多くの参拝者が訪れています。
国指定の天然記念物でもある大楠は、全国2位の巨樹でも知られ、「幹を一周すると寿命が1年延命する」、「心に願いを秘めながら1周すると願いが叶う」といわれています。

毎年7月15日/16日は来宮神社例大祭(熱海こがし祭り)


「熱海が一年で一番熱くなる日」と呼ばれるここのお祭りは、300年以上続く神社の伝統的なお祭りと、商店街を中心にバブル期を彷彿させるキラキラな装飾の山車運行がミックスされ、一言でいうとカオス。いろんなものがごっちゃに混ざっていて、非日常を体感できます!

雨宮宮司様へのインタビュー記事はコチラ



【熱海来宮神社】テーマパークに学ぶ「五感で感じる」神社づくり【雨宮宮司インタビュー】

おすすめの投稿

Gclef
2020年09月08日(火)
128投稿

今シーズンの青春18きっぷもいよいよ今週まで。
手元には1枚余っているしどうしようか…
このご時世、あまり遠距離旅は憚られるし近場にしようか…
ということで都内から2時間少々の熱海へ御朱印旅にやってきました。
青春18最終日曜日でしたが、東海道線下りの車内はガラガラ快適。

お目当ては来宮神社と伊豆山神社ということで、
まずは駅から近い来宮神社にやってまいりました。

最寄りはJR伊東線の来宮駅で駅からは徒歩5分ほどです。
お隣のJR熱海駅からもバスが出ているようです。
しかし熱海駅から歩いても1.4kmほどなので、こちらがおすすめです。
熱海駅で運行本数の少ないJR伊東線を待つよりも、
歩いてしまったほうが速いくらいの距離感です。

名物・国指定天然記念物の大楠は尋常じゃない大きさに圧倒されます。
『木の宮』として信仰の中心に据えられているのが頷けました。

こちらの来宮神社さんは『パワースポット』としてテレビなどのメディア露出も多い印象ですが、
そのためか境内には若い女性やカップルの姿が多く見られました。

若人に人気があるのはスピリチュアルな部分だけではないようです。
境内には神社に併設して茶寮やカフェが併設されているのですが、
これがまた東京の中心部にあっても違和感ないくらいのお洒落な設計になっています。
神社の和の雰囲気をうまく利用し、落ち着いた配色や解放感重視の飲食スペースがいいなと思いました。
今後も神社カフェのような融合形態は増えていくような気がします。
他にもSNSの活用なども含め若者招致の取り組みが功を奏しており、モデルケースになりうる完成度です。

お目当ての御朱印は残念ながら朱印紙のみの対応でしたが、無事いただけて満足です。
次は熱海駅をはさんで伊豆山神社まで歩いて向かいます。

來宮神社の御朱印

御朱印。残念ながらこの時は朱印紙のみの対応でした。他にも摂末社2種類の御朱印がありました。

來宮神社の鳥居

鳥居と社号標。境内のいたるところにスマホスタンドが設置されていて、タイマー設定すれば集合写真が撮れるようになっています。若者の需要を見事に汲んでいます。鳥居の前でも撮影待機している人が多く、鳥居だけを画角に入れたいこちらとしては苦労しました。

來宮神社の建物その他

暑い夏の昼下がりでしたが、竹林が爽やかで気持ちいいです。もしも参道が鬱蒼とした広葉樹林だったら、もうすこし暗い雰囲気になっていたんじゃないでしょうか。スタイリッシュな竹は映えスポットとしては最適ですし、カフェと融合した景観にもマッチしているなと感心しました。

來宮神社の歴史

御由緒書。御祭神は大己貴命。

來宮神社の手水

お水取り。

來宮神社の本殿

社殿。よくある権現造社殿です。スマホスタンドもあります。

來宮神社の狛犬

この子取り狛犬はかなりスタイリッシュです。この奥、社殿左脇の小径を進むといよいよ大楠とご対面です。

來宮神社の自然

御神木の大楠は樹齢2000年以上、周囲24m、高さ26m以上という規格外にして、パワースポットの発信地です。

來宮神社の自然

人の大きさと比較すると、その幹回りの太いこと太いこと。

來宮神社の建物その他

『阿豆佐和気神社の大クス』として昭和8年に国指定天然記念物に指定されました。阿豆佐和気神社となっているのは、指定当時に社名が変わっていたからです。明治維新後に一時、式内社阿豆佐和気神社を名乗っていた時期があるようで、その名残が残っているとのことです。

來宮神社の歴史

大楠の説明書き。

來宮神社の建物その他

第二大楠。こちらは上の楠ほど大きくはありませんが、それでも樹齢1300年をこえるそうです。

來宮神社の本殿

参集殿。御朱印や授与品はこの中でいただけます。とてもモダンな造りです。

來宮神社の建物その他

授与所も非常にお洒落な雰囲気です。

來宮神社の食事

茶寮・五色の社。オープンカフェになっていて休憩できます。

來宮神社の食事

Stand Cafe 楠の香。参集殿の屋上に位置するオープンカフェです。ゆったりソファーのテラス席が並ぶカフェからは、境内を見渡すことができます。

來宮神社の食事

参集殿一階部にある茶寮・報鼓。メニューにはタピオカミルクティーやいちごラテが。

もっと読む
soki_k
2021年11月03日(水)
254投稿

三島大社から熱海に向かう。
伊東線に乗り換えたのですが、奇抜なカラーリングの電車でした【写メ忘れた…】。
ここ来宮駅でも先ほどの三島駅と同様に改札でエラー
【乗車が東海、下車が東日本のため】
駅から坂道を下り、JRのガードをくぐると神社の入り口です。
ここは参拝者【カップル…老若男女問わず】が多い多い…
巨大な楠(くすのき)がご神木で、この木の勢いに肖りたい方々の参拝が絶えないようです。
入り口の鳥居をくぐると、両脇の竹林が風情のある雰囲気を作り出しています。
木々の合間に拝殿があり静かな感じですが、時折新幹線がゴーゴーと通り過ぎます。
お参りを済ませて何気に狛犬を見ると新品の様でした。
拝殿の裏に、ご神木の大楠がありますが、太いのなんのって…
周囲に渡道があるほどの大きさです。
拝殿でお参りした方は、殆どこのご神木にもお参りしているみたい。
一廻りの後、御朱印をお願いに伺いましたが、ここもまだ書き置きでした。
来宮神社を後にして通りに出ると、熱海駅まで900メートルほどの標識。
迷わず徒歩で熱海駅へ向かいますが歩道が狭いです。
駅前のアーケードはコロナ前ほどでは無いにせよ人出もあり、
徐々に活気が戻っている様子がありました。
駅前のロータリーには「足湯」がありました。
ややくたびれた足を暖めながら一息つきました【が、メッチャ熱い!!】

來宮神社の鳥居

神社の入り口です

來宮神社の自然

入り口すぐの、第二楠

來宮神社(静岡県)

拝殿です

來宮神社の狛犬

新しい様子の狛犬

來宮神社(静岡県)來宮神社の本殿來宮神社の建物その他來宮神社(静岡県)

ご神木の大楠。ホント大きい!!

來宮神社の自然

裏側

來宮神社の建物その他來宮神社(静岡県)來宮神社の御朱印

御朱印です【ここも書き置きでした】

來宮神社(静岡県)

熱海駅の足湯【ムサイ足でゴメンなさい…】

もっと読む
投稿をもっと見る(152件)

例祭・神事

毎年7月15日/16日 来宮神社例大祭(熱海こがし祭り)

例祭・神事をもっと見る|
21

歴史

今から1300年前、和銅三年六月十五日に熱海湾で漁夫が網をおろしていたとき、御木像らしき物がこれに入ったので、不思議に思っていると、童子が現れ『我こそは五十猛命である。この里に波の音の聞こえない七本の楠の洞があるからそこに私を祀りなさい。しからば村人は勿論いり来るものも守護しよう。』と告げられ、村民達が探し当てたのが、この熱海の西山の地でした。

歴史をもっと見る|
23

來宮神社の基本情報

住所静岡県熱海市西山町43-1
行き方

JR来宮駅から
道のり:約400m
徒歩:約5分
タクシー:約2分

JR熱海駅から

道のり:約1.6km
徒歩:約18分
タクシー:約6分
バス:約20分
JR熱海駅から十国峠行または西山循環に乗車、『來宮神社』前で下車、目の前

アクセスを詳しく見る
名称來宮神社
読み方きのみやじんじゃ
通称来宮明神
参拝時間

9:00〜17:00

参拝にかかる時間

30〜40分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

右上に熱海、來宮神社の文字が書かれ、真ん中に來宮神社、日本三大大樟天然記念物の印が入っています。季節限定の夏詣の印がはいったものもあります。
來宮神社には樹齢二千年ともいわれている天然記念物の大樟があります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0557-82-2241
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kinomiya.or.jp/#id0
おみくじあり
お守りあり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》大己貴命,五十猛命,日本武命
創建時代和銅3年(710)6月15日
ご由緒

今から1300年前、和銅三年六月十五日に熱海湾で漁夫が網をおろしていたとき、御木像らしき物がこれに入ったので、不思議に思っていると、童子が現れ『我こそは五十猛命である。この里に波の音の聞こえない七本の楠の洞があるからそこに私を祀りなさい。しからば村人は勿論いり来るものも守護しよう。』と告げられ、村民達が探し当てたのが、この熱海の西山の地でした。

体験祈祷おみくじお祓いお宮参り絵馬結婚式七五三食事・カフェ御朱印お守り重要文化財祭り
Youtube

Wikipediaからの引用

概要
来宮神社(きのみやじんじゃ)は、静岡県熱海市にある神社である。社格は旧村社。
歴史
歴史[編集] 創建時期は定かではないが、社伝によると和銅3年(710年)、熱海湾で網に木の根が掛かる事が3度重なり、不思議に思った漁師があらためると神像のようであったので、近くの松の下に祀って、持っていた麦こがしを供えた。その夜の夢に五十猛命が現れ、潮騒が耳障りであるとの神託があり、現在地に遷祀したといい、木の根を神体としたところから「木の宮」と称えたという。漂着物を祀ったのに始まり、祭神を木の神五十猛命とするなど、キノミヤ信仰が顕著に認められる神社である。なお、坂上田村麻呂が戦勝を祈願し、当社の分霊を東北地方を始め各地に鎮座させたという伝承もある。 旧社格は村社であったが、戦後その歴史...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] JR伊東線来宮駅より徒歩5分程度。JR熱海駅からも徒歩圏内(18分程度)で、路線バスもある(十国峠行または西山循環で「来宮神社前」停留所下車)[1]。なお、神社の開頭時間は9時から17時となっている[1]。 ^ a b “アクセス・交通”. 熱海 來宮神社. 2021年4月21日閲覧。
行事
主な神事[編集] こがし祭[編集] 例祭「こがし祭」(7月15日を中心に、前日の宵宮祭も含めて7月14日〜7月16日の3日間[1]。御木像である木の根を漁民が拾ったのが旧暦6月15日であったので、この日に祭典を行っていたが、明治以降新暦に改めた。) 7月14日 - 宵宮祭(よいみやさい)。神事が無事終わるよう祈念。 7月15日 - 例大祭「こがし祭」 宮神輿渡御(9:00〜15:00) - 神輿で熱海駅、親水公園、銀座町など市街地を巡る。 例大祭奉幣(11:00~) - 創建時の伝承に因んで、麦こがしを中心に百合根、橙、ところを供える。 奉祝神賑行事(11:40~13:00) - 鹿島踊...Wikipediaで続きを読む
引用元情報来宮神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9D%A5%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=89550567

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2