御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

こうみょうじ

光明寺

公式静岡県 裾野駅

御朱印受付時間は下記のカレンダーをご覧ください。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=hid5u71a8856s97jgq9sfnpehg%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo
(檀務の都合による変更もなるべくリアルタイムで行います。ご来山前にご確認ください。)

通常の参拝時間:午前10時~午後3時 水曜・木曜は対応お休みです。

特にご用がある場合や遠方からお見えになる場合などはお電話・SNS等でご連絡いただければ時間外でも調整いたしますので、お気軽にご連絡ください。

投稿する
055-992-2888

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

限定御朱印(1種類)と通常御朱印(2種類)

◯限定御朱印(書き置きのみ・郵送対応あり)

◯通年頒布の御朱印
①感應殿の御朱印(直書き・郵送対応あり)
②地蔵菩薩の御朱印(書き置きのみ・郵送対応あり)

裾野光明寺御朱印申し込みフォーム
https://forms.gle/zvcdqc3UcCsjUwJN8

7月限定御朱印(書き置きのみ・郵送対応あり)

700円(書き置き)
7/1~7/31頒布

富士山を一望できる境内からの景色を描いた御朱印です。
天の川きらめく夏の夜空に咲く花火や、夜風に揺れる七夕飾り、咲きほこる朝顔をデザインしました。
7月に山開きを迎えた富士山の登山道には明かりがともり、中央には金色の文字で「六地蔵尊」と書き入れます。

郵送をご希望の場合は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/zvcdqc3UcCsjUwJN8

通常御朱印(2種類)

裾野光明寺では、常時2種類の御朱印を頒布しています。

感應殿の御朱印(直書き・郵送対応あり)

300円
直書き

梅花観音霊場第64番札所の御朱印です。
梅花観音霊場とは、曹洞宗開祖・道元禅師の教えを表す梅花観音が安置されている霊場。
裾野光明寺の本堂に安置している梅花観音は、静岡市葵区にある曹洞宗の寺院・洞慶院において、曹洞宗の大本山・永平寺77世故丹羽廉芳禅師によって昭和60年に開眼されました。

中央には、「感應殿」とお書き入れします。
裾野光明寺には、平安時代に制作された不動明王と毘沙門天などを安置している「感應堂(かんのうどう)」という建物があることから、「感應殿」の御朱印を頒布しています。

地蔵菩薩の御朱印(書き置きのみ・郵送対応あり)

300円
書き置きのみ

裾野光明寺の御本尊・地蔵菩薩と光明寺から見える富士山をデザインした御朱印です。

郵送をご希望の場合は、以下のフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/zvcdqc3UcCsjUwJN8

授与場所・授与時間

授与場所

本堂の隣にある、客殿の呼び鈴を押していただき御朱印をお受けください。

本堂に授与場所に関する立て看板を設置しています。

授与時間

午前9時~午後5時

檀務の状況により対応できないことがございます。
特にご用がある場合や遠方からお見えになる場合などはお電話・SNS等でご連絡いただければ時間外でも調整いたしますので、お気軽にご連絡ください。

これまでの限定御朱印

2021年5月限定御朱印

700円(書き置き)
2021/5/1~5/31頒布

裾野光明寺(すそのこうみょうじ)では、令和3年5月より限定御朱印の頒布をはじめました。
光明寺から見える6体のお地蔵様(六地蔵)越しの富士山と5月に咲くツツジ、田植えを終えて青々と輝く水田の風景をデザインした御朱印です。

2021年6月限定御朱印

700円(書き置き)
6/1~6/30頒布

富士山を一望できる境内からの景色を描いた御朱印です。
アジサイとかたつむり、雨の向こうに浮かぶ虹と富士山、境内にいらっしゃる6体のお地蔵様(六地蔵)が傘をさしている様子など、梅雨の境内が表現されています。

御朱印をもっと見る|
71

最新のお知らせ

ダルマ市が開催されました。

先日の1月9日㈰、地域恒例行事のダルマ市が開催されました。
会場は光明寺をご利用いただいております。

昨年に引き続き、コロナ禍で会場を本堂に変更、内容は縮小して行いました。
本年は初のキッチンカーの出店もあり、たくさんのお客様にご来山いただきました。
富士山がきれいに見える、大変気持ちのいいお天気の一日となりました。

光明寺の地蔵

ダルマ市に因んだダルマ風衣裳です。

光明寺のお祭り

どなたでもご参加いただけます。お近くにお越しの際はぜひご来山ください。毎年、三が日を除く最初の日曜日に開催しています。

今朝の富士山です🗻✨

昨日の積雪で、富士山の冠雪もすこし雪深くなったようです。
範囲はあまり変わりませんでした。

光明寺の地蔵

六地蔵様と朝焼け富士山です。
年末年始の六地蔵様は、ポンチョ仕様の衣装です。

お知らせをもっと見る(93件)
御朱印について
御朱印
あり

◯通年頒布の御朱印
①「感應殿」(直書き・郵送対応あり)300円
  梅花観音霊場第64番札所の御朱印

②「地蔵菩薩」(書き置きのみ・郵送対応あり)300円
  御本尊地蔵菩薩と光明寺からの眺望の富士山を表現した美しいデザインの書き置き御朱印です。文字入れはご来山時にしております。
  光明寺のHPのデザイナー・方山れいこ様のデザインです。

◯月替り限定御朱印(直書き・書置き・郵送対応あり)800円

裾野光明寺御朱印申し込みフォーム
https://forms.gle/zvcdqc3UcCsjUwJN8

限定
あり
郵送対応
あり
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり。約30台。境内(本堂前のスペース)にも駐車いただけます。

巡礼

梅花観音霊場第64番札所

ご利益

光明寺について

境内入口の六地蔵は季節ごとに衣装を変えて皆さまをお迎えしております。
ご自由にお写真などお撮りください。
*路上駐車は危険ですので、お車などは駐車場にお停めください。

また、平安時代に制作された不動明王立像と毘沙門天立像をご安置しております。
拝観をご希望の方もお気軽にお声かけください。

住職より

皆さまとのコミュニケーションを楽しみにしておりますので、ご来山の際はお気軽にお声かけください。

おすすめの投稿

Kazu
2022年08月16日(火)
1403投稿

以前より 遥拝郵送にて御朱印を頂いていた 裾野の光明寺さま^^
ようやくお伺いすることが出来ました^^
1日目の お参り最後はコチラになりました^^
本堂前に告知貼り紙が・・・  御朱印等 本日は対応出来かねる旨の・・・
まぁ こういうことも有るわな~~~と 境内を見回りながらフラフラしていると
ナント! ご住職登場^^ 本堂あけて下さり お参りさせてくださいました^^ ありがとうございました
今月は 参加しているロボット競技会で多忙らしく なかなか対応が出来ていないとのこと
なんと 決勝大会まで進んでいるそうです (決勝大会 がんばれ~~^^)
ここに到着するちょっと前から雲行きが怪しくなり ホトカミ投稿などで紹介されている 富士山の眺望は望めませんでしたが
いい時間過ごさせていただきました^^
帰り際 ご住職が車まで駆け寄ってきてくださり これでよければと 残っていた御朱印を持ってきてくださいました^^
ほんと あり難い事この上なく思います^^

光明寺の建物その他

ホントに来ちゃいました 裾野光明寺さま^^

光明寺の本殿

本堂

光明寺の末社光明寺の自然光明寺の地蔵光明寺の建物その他光明寺の仏像光明寺の地蔵

六地蔵^^ 今日も綺麗に着飾ってました^^

光明寺の地蔵光明寺の御朱印

御朱印

光明寺の御朱印

御朱印

光明寺の建物その他

ロボット競技会  ナント! 決勝大会進出とな^^ 

もっと読む
投稿をもっと見る(33件)

境内・文化財

光明寺の建築物

本堂

本堂は、昭和61(1986)年に檀家の皆様からのご寄付によって建てられました。
ご本尊の地蔵菩薩踏下像(じぞうぼさつふみさげぞう)や、薬師如来坐像を安置しています。
寺号額は、曹洞宗元宗務総長・桑原眉尊(くわはらびそん)老師によって書かれました。

感応堂(かんのうどう)

感応堂は、昭和58(1983)年に檀家の皆様からのご寄付により建てられました。

堂内には、
平安時代の作と伝わる不動明王立像・毘沙門天立像と
室町時代の作と伝わる大日如来坐像・如来坐像が
安置されております。

門柱(参道)

昭和51(1976)年に建立された門柱で、裾野市にある普明寺の長岡随典(ながおかずいてん)老師が書き下ろしました。
こちらが正式な参道となります。

六地蔵

裾野光明寺は御本尊が地蔵菩薩ということもあり、地蔵菩薩をたくさん安置しています。
こちらの六地蔵は時折衣装を変え、季節感を楽しめます。

境内からの富士山

裾野光明寺では、境内から富士山を見ることができます。
季節によって、様々な表情の富士山があり、逆さ富士も望むことができます。

客殿

昭和62(1987)年に、僧侶の居住する場所・庫院「三心閣」として建てられました。
平成24(2012)年に檀家の皆様のご寄付により客殿として改築。
大広間では48名までイス席で会食可能です。

御朱印の受付を客殿にて行っております。
ご希望の方はインターホンを押してお呼び出しください。

庫裡(くり)

平成24年に光明寺27世の晋山結制(しんさんけっせい)記念事業の一環として、檀家や信徒の寄付により建てられました。

晋山結制とは、新しい住職の就 任の際に行われる式のことです。

境内・文化財をもっと見る|
83

行事

1月1日  元朝祈祷
1月    だるま市
2月15日 涅槃会・涅槃図公開
春分の日  春彼岸会
4月8日  花祭り
7−8月  合同迎え盆法要(地域ごとのお盆期間に合わせて)
8月3日  盂蘭盆大施食会
秋分の日   秋彼岸会

行事をもっと見る|
4

歴史

裾野光明寺は、現在は曹洞宗のお寺ですが、室町時代以前は真言宗の大寺院でした。
境内には、平安時代の作と伝わる、歴史的価値のある仏像が多数安置されています。

豊臣秀吉の小田原攻めの際に火を放たれたため、歴史がわかる史料の多くは残っていません。

【平安~室町時代】真言宗のお寺として開山された

大同3(808)年(平安時代)に創建されたと伝わっています。

現在も残っている位牌(いはい)には「當寺元祖空海上人弘法大師 聖位(当寺の元祖は空海であることを示す)」と記されているため、裾野光明寺が、以前真言宗のお寺であったことは間違いないでしょう。

当時の境内には、七堂伽藍(しちどうがらん)が存在していたと記す資料が残っていることから、裾野光明寺は大きな寺院だったと考えられています。

※七堂伽藍とは、山門や本堂、講堂などお寺に建てられている主要な建物の総称です。また、そのような建物をそろえ持つ、大きな寺院のことも指します。

【室町時代】曹洞宗のお寺として開山

永禄元(1558)年に裾野市にある定輪寺(じょうりんじ)の和尚が、裾野光明寺を曹洞宗として開山しました。

【戦国時代】豊臣秀吉による小田原攻めにあう

小田原攻めとは、天下統一を進めていた豊臣秀吉が、天正18(1590)年に関東地方に勢力を拡大するために小田原の北条氏を攻めた合戦です。

秀吉軍は裾野光明寺に火を放って、境内の七堂伽藍を焼き払い、その明かりを頼りにして小田原に攻めあがったとされています。

感応堂に安置されている不動明王立像と毘沙門天立像は、この戦いの際に水田に埋めて隠されていました。
その後、水田から「痛い、痛い」と声が聞こえたことから掘り返してみると仏像が見つかったと伝えられています。

このような災難を経験しながら、江戸時代以後も曹洞宗寺院として現代まで受け継がれています。
詳しくは公式ホームページをご覧ください。

歴史をもっと見る

光明寺の基本情報

住所静岡県裾野市公文名342(公文名343)
行き方

JR御殿場線裾野駅より徒歩20分
三島駅より車で15分
東名高速道路裾野インターチェンジより車で15分

アクセスを詳しく見る
名称光明寺
読み方こうみょうじ
通称裾野光明寺
参拝時間

御朱印受付時間は下記のカレンダーをご覧ください。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=hid5u71a8856s97jgq9sfnpehg%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo
(檀務の都合による変更もなるべくリアルタイムで行います。ご来山前にご確認ください。)

通常の参拝時間:午前10時~午後3時 水曜・木曜は対応お休みです。

特にご用がある場合や遠方からお見えになる場合などはお電話・SNS等でご連絡いただければ時間外でも調整いたしますので、お気軽にご連絡ください。

参拝にかかる時間

15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

◯通年頒布の御朱印
①「感應殿」(直書き・郵送対応あり)300円
  梅花観音霊場第64番札所の御朱印

②「地蔵菩薩」(書き置きのみ・郵送対応あり)300円
  御本尊地蔵菩薩と光明寺からの眺望の富士山を表現した美しいデザインの書き置き御朱印です。文字入れはご来山時にしております。
  光明寺のHPのデザイナー・方山れいこ様のデザインです。

◯月替り限定御朱印(直書き・書置き・郵送対応あり)800円

裾野光明寺御朱印申し込みフォーム
https://forms.gle/zvcdqc3UcCsjUwJN8

限定御朱印あり
御朱印の郵送対応あり

御朱印帳なし
電話番号055-992-2888
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://susono-komyoji.org
SNS

詳細情報

ご本尊御本尊 地蔵菩薩
宗旨・宗派
創建時代808年(大同3年)
開山・開基弘法大師
札所など

梅花観音霊場第64番札所

ご由緒

光明寺は曹洞宗の寺院で、静岡県東部の裾野市公文名(くもみょう)に位置します。裾野市は、県内では三島市・御殿場市・駿東郡長泉町・富士市に隣接し、東側は神奈川県足柄下郡箱根町と隣接しています。公文名のすぐ東側には箱根山があり、光明寺から芦ノ湖までは直線距離で8kmほどです。 文政3年(1820年)に島田の桑原藤泰(黙斎)によって完成された地誌である『駿河記』巻三十二の公文名の項目を要約すると、「弘法大師が開基であり大同3年(808年)草創で旧真言宗であること」が記されています。文久元年(1861年)、新宮高平によって著された地誌『駿河志料』巻之六十七の公文名の項目を引用すると、「もと真言の古蹟にて、往時は七堂伽藍の大地なりしが、破頽せしを、永禄年中曹洞派の僧、明綱英震中興して後禅刹となれり」と真言宗時代の繁栄ぶりを窺うことができ、実際に平安時代後期作の毘沙門天と不動明王など歴史的価値のある仏像が多数奉安されております。 その後は、永禄元(1558)年に裾野市桃園にある御本寺定輪寺7世の明綱英晨大和尚が開山となり、曹洞宗般若山光明寺と改宗しました。 現在は曹洞宗27代目の住職を松岡広也が務めております。

体験坐禅(座禅)写経・写仏祈祷お祓い仏像傾聴御朱印祭り人形供養札所・七福神巡り法話
感染症対策内容

対応の際はマスク着用・手指消毒を徹底しております。
ご来山者様には、本堂など建物にお入りの際に検温器での体温測定と手指消毒をお願いしております。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

投稿キャンペーン

15,000投稿達成で
当選数2倍!

まずは30秒で無料登録する
行きたい
投稿する
お問い合わせ