参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

かっぱのてら せいそくじ|臨済宗建長寺派

かっぱの寺 栖足寺公式
河津駅

かっぱの寺 栖足寺公式
河津駅

かっぱのてら せいそくじ|臨済宗建長寺派

静岡県 賀茂郡河津町谷津256
09:00~16:00
御朱印あり
健康長寿病気平癒安産祈願・子宝家内安全

創建700年の古刹。またの名を河童寺。まんが日本昔ばなしの舞台。
自然の癒しと歴史、体験が出来る空間

かっぱの寺 栖足寺について

基本情報

名称かっぱの寺 栖足寺
読み方かっぱのてら せいそくじ
通称かっぱ寺
拝観時間

09:00~16:00

拝観にかかる時間

30分

拝観料

なし

トイレあり 本堂内
御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号0558-32-0896
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX0558-36-3100
メールアドレスinfo@kappa.live
ホームページhttp://kappa.live/
SNS

詳細情報

ご本尊釈迦如来
山号鳳儀山
宗旨・宗派臨済宗建長寺派
創建時代1319年
札所など

伊豆八十八か所35番札所

ご由緒

草創・1319(元応元年)

後醍醐天皇の時代、下総・佐倉の城主、千葉勝政の三子、僧・徳瓊覚照が創建伝わる禅寺。正平十八年 (1363)足利氏の兵乱により全て焼失。その後再建したが、安政元年 (1854)再び焼失した。現在の本堂は明治十九年 (1886)再建のもの。

寺宝に河童のかめと呼ばれる壺があり、かつて栖足寺の住職に助けられたカッパが、お礼に置いていったとの伝説が残っている。古瀬戸風の黒褐色をした高さ36cmほどの焼物で、底に、「祖母懐加藤?右門」の記銘がある。江戸時代の中頃の作といわれ、柔らかい肩の張りや色合いが特徴。壺口に耳を当てるとせせらぎの音が聞こえるという。

寺の境内には河童の記念碑があり、昔話が記されている。
家紋を彩った本堂の天井画は、古く歴史を感じる。

ご利益
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、お知らせを投稿しようという気持ちになりますし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2019年11月28日神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所賀茂郡河津町谷津256
Googleマップで地図を開く
エリア河津駅
行き方

伊豆急行線 河津駅 徒歩8分
東名沼津インターから60分

駐車場あり20台

静岡県のオススメ

行きたい投稿する