御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

かっぱのてら せいそくじ|臨済宗建長寺派鳳儀山

かっぱの寺 栖足寺の御由緒・歴史

公式静岡県 河津駅

投稿する
0558-32-0896

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご本尊釈迦如来
創建時代1319年
ご由緒

草創・1319(元応元年)

後醍醐天皇の時代、下総・佐倉の城主、千葉勝政の三子、僧・徳瓊覚照が創建伝わる禅寺。正平十八年 (1363)足利氏の兵乱により全て焼失。その後再建したが、安政元年 (1854)再び焼失した。現在の本堂は明治十九年 (1886)再建のもの。

寺宝に河童のかめと呼ばれる壺があり、かつて栖足寺の住職に助けられたカッパが、お礼に置いていったとの伝説が残っている。古瀬戸風の黒褐色をした高さ36cmほどの焼物で、底に、「祖母懐加藤?右門」の記銘がある。江戸時代の中頃の作といわれ、柔らかい肩の張りや色合いが特徴。壺口に耳を当てるとせせらぎの音が聞こえるという。

寺の境内には河童の記念碑があり、昔話が記されている。
家紋を彩った本堂の天井画は、古く歴史を感じる。

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

めめ小バナー