参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

きのみやじんじゃ

来宮神社の歴史静岡県 来宮駅

来宮神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》大己貴命,五十猛命,日本武命
創建時代和銅3年6月15日
ご由緒

今から1300年前、和銅三年六月十五日に熱海湾で漁夫が網をおろしていたとき、御木像らしき物がこれに入ったので、不思議に思っていると、童子が現れ『我こそは五十猛命である。この里に波の音の聞こえない七本の楠の洞があるからそこに私を祀りなさい。しからば村人は勿論いり来るものも守護しよう。』と告げられ、村民達が探し当てたのが、この熱海の西山の地でした。

Wikipediaからの引用

歴史
創建時期は定かではないが、社伝によると和銅3年(710年)、熱海湾で網に木の根が掛かる事が3度重なり、不思議に思った漁師があらためると神像のようであったので、近くの松の下に祀って、持っていた麦こがしを供えた。その夜の夢に五十猛命が現れ、潮騒が耳障りであるとの神託があり、現在地に遷祀したといい、木の根を神体としたところから「木の宮」と称えたという。漂着物を祀ったのに始まり、祭神を木の神五十猛命とするなど、キノミヤ信仰が顕著に認められる神社である。なお、坂上田村麻呂が戦勝を祈願し、当社の分霊を東北地方を始め各地に鎮座させたという伝承もある。 旧社格は村社であったが、戦後その歴史や活動状況に鑑...Wikipediaで続きを読む
引用元情報来宮神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9D%A5%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=75577800

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る