御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※四萬部寺ではいただけません

しまぶじ|曹洞宗誦経山

四萬部寺

埼玉県 大野原駅

投稿する
0494-22-4525

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

よしくん
2022年07月03日(日)
596投稿

今日は秩父1番札所から、13番まで歩きます。
小雨が降っていて、とっても蒸し暑いです。

四萬部寺(埼玉県)

始まりのお寺

四萬部寺の本殿

秩父13番さんと同じ建築でした(秩父13番の再建時に模倣された)

四萬部寺(埼玉県)

自由は与えられるものではなく、
自らに由るものというという考え方好き。

四萬部寺(埼玉県)

本堂内部は撮影禁止でしたが、
立派な観音様いました。

四萬部寺(埼玉県)四萬部寺(埼玉県)
もっと読む
惣一郎
2022年08月15日(月)
959投稿

【秩父三十四所観音霊場巡り(1/34)】(過去の参拝記録)

四萬部寺(しまぶじ)は、埼玉県秩父市栃谷にある曹洞宗の寺院。山号は誦経山。本尊は聖観世音菩薩。別名は「妙音寺」。秩父三十四所観音霊場第1番。

寺伝によると、創建は平安時代中期の988年、性空上人の弟子・幻通がその遺命により当地を訪れ、四萬部の仏典を供養のために読誦し、経塚を築いたのが始まり。なお、本尊の聖観世音菩薩像は聖武天皇のころ、当地を訪れた行基が刻んだと伝わっている。当寺はもともと四萬部山という場所にあったが、江戸時代に端山和尚が開基した妙音寺の管理に移り、のちに合併されたと推測されている。

当寺は、秩父鉄道・大野原駅の東北東2.5km、道のり3.2kmの、県道82号線沿いのほぼ平地の一段高い場所にある。周りには旅館が1軒あるのみで、民家が離れてぽつぽつあるエリアにある。境内は広くはないが、見どころが圧縮されていて、端から順に丁寧に見ていくとなかなか楽しい。大きな伽藍は本堂(観音堂)、施食堂、寺務所棟の3つ。寺務所の脇に納経所があるが、秩父1番札所ということで、御朱印帳をはじめとするお遍路グッズがたくさん揃っている。ここで物を揃えるのも楽しい。

今回は、秩父三十四所観音霊場札所ということで参拝することに。参拝時は休日の昼ごろ、自分の他にも秩父札所巡りを始めると思しき人たちをぱらぱら見掛けた。

※実は今回が参拝は3回目。1回目、2回目ともにコロナで納経所が閉まっていたため、秩父三十四所巡礼キックオフに失敗。三度目の正直で、無事スタート!(o^―^o)

四萬部寺の山門

境内東端入口の<山門>。境内は周りよりも一段高くなっている。

四萬部寺(埼玉県)

山門をくぐって境内に入る。

四萬部寺(埼玉県)

山門をくぐったところからの境内全景。

四萬部寺(埼玉県)

参道左側の<水屋>。

四萬部寺(埼玉県)

参道左側の<瑞雲合掌廟>。

四萬部寺(埼玉県)

参道左側の<開山端山守的禅師・座禅石>と<秩父宮殿下参拝記念樹>。

四萬部寺の仏像

参道左側の<お里帰りのお釈迦様>。明治時代に行方不明になったが、70年後に東京銀座の古美術店で発見され戻されたとのこと。(^_^;)

四萬部寺(埼玉県)

参道左側にずらっと並ぶ<十二支守り本尊像>。

四萬部寺(埼玉県)

参道突き当りにある<観音堂>。1697年建立。秩父の名匠・藤原徳左衛門吉久による。側面3間の入母屋造、銅葺、正面に1間の唐破風造りの向拝。

四萬部寺の建物その他

観音堂の左手(南側)にある<鐘楼>。

四萬部寺(埼玉県)

<観音堂>全景。華やかな彫刻で、なかなかゴージャス。(o^―^o)

四萬部寺(埼玉県)

<観音堂>正面。本尊の聖観世音菩薩像を安置。

四萬部寺(埼玉県)

観音堂上部の彫刻。軒下の龍の彫刻が生き生きしている。

四萬部寺(埼玉県)

向かって左側にある、彫刻<極楽之図>。花が咲き乱れる極楽浄土。

四萬部寺(埼玉県)

向かって右側にある、彫刻<地獄之図>。閻魔大王の御裁きを受ける地獄。

四萬部寺(埼玉県)

観音堂の右側で、観音堂に向かって建っている<施食堂>。江戸時代末期に大野原の広見寺から移設したもの。

四萬部寺(埼玉県)

<施食堂>内部。中央に地蔵尊を安置した八角の厨子があり、七面に施餓鬼者の戒名が刻まれている。

四萬部寺(埼玉県)

参道の右側(北側)にある寺務所。写真右端が<納経所>。御朱印はこちら。

四萬部寺(埼玉県)

最後に<観音堂>全景。豪華な彫刻が華やかな、江戸時代の特徴のある寺院建築。(^▽^)/

もっと読む
惣一郎
2021年05月24日(月)
959投稿

四萬部寺(しまぶじ)は、埼玉県秩父市栃谷にある曹洞宗の寺院。山号は誦経山(ずきょうさん)。本尊は聖観世音菩薩。秩父札所三十四カ所観音霊場1番。別名は「妙音寺」。

寺伝によると、平安中期の1008年、播州書写山性空上人の弟子・幻通が、その遺命に従い当地を訪れ、四萬部の仏典を供養のために誦経し、経塚を築いたのが始まりとしている。当寺はもともと四萬部山という別の場所にあったが、江戸時代に瑞山和尚の開基した妙音寺の管理に移り、やがて合併されたと推測されている。本堂の隣には、江戸末期に大野原の広見寺から「施食堂」が移されている。

当寺は、秩父鉄道・大野原駅の北東3kmちょっとの人里離れた山村にある。周りの建物としては巡礼者向けの宿がポツンと1軒あるぐらい。境内はさほど広くないが、建物がぎゅっと凝縮されていて見て廻りやすい。

この日、寺社仏閣巡り用に購入したバイクが納車されたため、慣らし運転のために秩父ツーリングに出掛け、いよいよ秩父札所三十四カ所観音霊場巡りを始めようと思って参拝した。参拝時は週末の午後、参拝者は自分以外にはいなかった。

※秩父札所三十四カ所観音霊場巡りの1番札所であるため、巡礼グッズがすべて揃っているという事前情報をもとに参拝したが、コロナ禍の対応のため寺務所が閉まっており、巡礼スタート時に入手しようと考えていた<秩父専用御朱印帳>は入手できず、出鼻をくじかれてしまった。(1年後の本日でも、トラウマになっていて、秩父三十四カ所巡礼はスタートできていない...涙)(御朱印は無人の書置きものを拝受した。)

四萬部寺(埼玉県)

カーブの道の内側にある境内入口。

四萬部寺の山門

階段上がって<山門>。

四萬部寺の建物その他

山門をくぐったところ。本堂まで参道がまっすぐ伸びている。

四萬部寺の手水

山門くぐってすぐ左手にある<手水舎>。写真右手は<座禅石>と<秩父宮妃殿下御参拝記念御手植樹(1962年)>。

四萬部寺の建物その他

参道進んで左側にある<納経堂>。うしろ(南側)に秩父の緑が見える。

四萬部寺の建物その他

参道を半分進んだ場所から境内奥を望む。なかなか良い雰囲気~♪

四萬部寺の仏像

さらに進んで左側にある<十二士守り本尊>。

四萬部寺の建物その他

<観音堂>全景。この観音堂は1697年に秩父の名匠・藤田徳左衛門吉久による建造。三間四面、表一間向拝付、入母屋造。

四萬部寺の建物その他

本堂正面。本尊は「聖観世音菩薩」で立像一本造り、江戸時代の作。

四萬部寺の建物その他

本堂に向かって左手にある<鐘楼>。別名「平和の鐘」。1951年建立。

四萬部寺の本殿

本堂に向かって右手にある<施食殿>。江戸末期に大野原の広見寺からの移築。

四萬部寺の末社

<八角輪蔵の施餓鬼堂>。この堂で毎年8月24日に行われる<四万部寺の大施餓鬼会>は、関東三大施餓鬼の一つとして大変賑わい、古くは三十俵の米を炊き、詰めかけた信者はもとより、多くの乞食たちにも平等に施したとのこと。

四萬部寺の建物その他

山門を入って右手にある<寺務所・納経所>。御朱印はこちら(らしい)。

もっと読む
投稿をもっと見る(36件)

四萬部寺の基本情報

住所埼玉県秩父市栃谷418
行き方
アクセスを詳しく見る
名称四萬部寺
読み方しまぶじ
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0494-22-4525
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊聖観世音菩薩
山号誦経山
宗旨・宗派曹洞宗

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月