御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※薬師寺ではいただけません

やくしじ|法相宗

薬師寺

奈良県 西ノ京駅

開門:午前8時半 閉門:午後5時(拝観受付 16時半まで)

投稿する
0742-33-6001

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印

薬師寺では、通常6種類の御朱印がいただけます。

季節や行事に合わせた限定御朱印が頒布されています。

薬師如来の御朱印

真ん中に薬師如来と書かれ、右上に西国薬師第一番の印、上部に梵字(薬師如来)の印、下部に南都薬師寺の印が押されています。
中央に薬師如来、右に日光菩薩、左に月光菩薩を配した薬師三尊は、薬師寺創建当初より金堂にお祀られている薬師寺の御本尊で、いずれも国宝です。

弥勒佛の御朱印

真ん中に弥勒佛と書かれ、右上に兜率天宮の印、真ん中に梵字(法苑林菩薩 弥勒菩薩)の印、下部に薬師寺大講堂の印が押されています。
兜率天とは天上界の一つで、釈迦入滅後の56億7千万年後の救済に向けて弥勒菩薩が内院で修行を重ねているとされます。

南無佛の御朱印

真ん中に南無佛と書かれ、右上に国宝 三国伝来の印、上部に仏足石の印、下部に南都薬師寺の印が押されています。
薬師寺の大講堂に祀られている仏足石は753年に造られたもので、現存する中では日本最古です。

聖観世音の御朱印

真ん中に聖観世音と書かれ、右上に大和北和八十八ヶ所第四拾九番の印、真ん中に梵字(観音菩薩)の印と薬師寺東院堂(やくしじとういんどう) の印が押されています。
薬師寺東院堂には、本尊である国宝・聖観世音菩薩像が安置され、その四方を鎌倉時代の四天王像が守護しています。

無量光の御朱印

真ん中に無量光と書かれ、上部に食堂(じきどう)の天井意匠を模した印、真ん中に梵字の印、下部に薬師寺食堂の印が押されています。
食堂内天井の雲の模様は、文化功労者である伊藤豊雄氏のデザインによるものです。

限定御朱印

薬師如来 西国四十九薬師霊場開創三十周年記念御朱印

真ん中に薬師如来と書かれ、右上に西国薬師第一番の印、左上に西国四十九薬師霊場開創三十周年 薬師寺の印、上部に梵字(薬師如来)の印、下部に南都薬師寺の印が押されています。
西国四十九薬師霊場開創三十周年の記念印は、2019年10月1日~2021年12月31日の間、西国薬師四十九霊場全てのお寺でいただけます。

吉祥天像限定御朱印

右に吉祥招福と書かれ、真ん中に薬師寺吉祥天像(やくしじきちじょうてんぞう)の印、左下に薬師寺の文字が入っています。
薬師寺吉祥天像は、奈良時代の吉祥天の画像で、1951年に国宝指定されました。
この御朱印は、毎年1月1日~1月15日と秋の大宝蔵殿の特別公開時にのみいただけます。

不東限定御朱印

右上に不東と書かれ、真ん中に三蔵法師玄奘の印、左下に薬師寺 玄奘三蔵院の文字が入っています。
玄奘三蔵は真の仏法を求めて、いかなる困難に直面してもインドに着くまでは一歩も東に帰るまいという不東の決意で、インドに旅立ちました。
この御朱印は、玄奘三蔵院の特別公開時にのみいただけます。

御朱印帳

飛天の御朱印帳

1,200円
約18×12cm
紺・赤

紺色の地に、表面は飛天がデザインされ、左上に御朱印帳の文字が入っています。
薬師寺の国宝・東塔の上部を飾る水煙(すいえん)と呼ばれる、雷や火災から塔を守るという祈りを込めた装飾物には、24人の飛天(仏教で諸仏の周囲を飛行遊泳し礼賛する天人)が透かし彫りされています。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、基本は大講堂にある納経所でお受けできます。

特別公開時では、玄奘三蔵伽藍・食堂・東塔・本坊でもお受けできます。

御朱印の受付時間は8時30分~16時30分。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
286
御朱印について
御朱印
あり

通常いただける御朱印は6種類。蓮を使った朱印が重ねられている御朱印が多いのが特徴です。限定御朱印は吉祥天や玄奨三蔵の姿が朱印で押されています。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

神仏霊場巡拝の道
西国四十九薬師第1番札所

薬師寺について

世界遺産・三蔵法師ゆかりのお寺


西国四十九薬師霊場第1番札所



おすすめの投稿

nomuten
2021年12月17日(金)
454投稿

奈良の寺院巡りの2寺目はこれまた言わずと知れた薬師寺です。法相宗大本山、本尊は国宝・薬師如来。
今年の正月の1月2日に参拝しておりますが、再度訪れました。
今年2021年3月1日~来年2022年1月16日に、東塔初層特別開扉と水煙特別公開(西塔初層特別開扉、食堂特別公開、玄奘三蔵院伽藍特別公開はいつも公開しているハズ)だったので、「特別」というキーワードに弱い私は今回参拝する事にしました。
境内南側の駐車場の乗用車用はガラガラで10台ほど。一方の観光バス用もバスが10台位停めてありました。中学/高校の修学旅行生が列をなしていました。

南受付で拝観料を支払って(近鉄西ノ京駅からは北受付が近い)中門をくぐって伽藍に。先ずは金堂(1976年再建)で国宝本尊の薬師三尊に手を合わせます。何度観ても魅力的。特に日光、月光菩薩の腰の捻りにはうっとり。
次に西塔(1981年再建)の初層を観て、いよいよ国宝の東塔の初層へ。塔内には入れませんので基壇から。どんな仏像が観れるかなと思っていたら心柱と天井画(鏡で反射させて観る)でした。御朱印に釈迦如来と書いてあるから、釈迦像が祀られていると思っていましたので残念。
大講堂(2003年再建)で弥勒三尊(重文指定)を観てから裏側へ行くと国宝の仏足石と国宝の仏足跡歌碑があります。食堂(2017年再建)で阿弥陀三尊浄土図(田渕俊夫画伯筆)を観てから隣の西僧房へ。東塔のてっぺんにあった水煙が展示されていました。(現在の東塔の水煙は平成作)よくぞ1300年もの間破損しなかったものです。
東僧房で御朱印を頂いてから白鳳伽藍を出て、玄奘三蔵院伽藍(1991年建立)へ行って大唐西域壁画(平山郁夫画伯筆)を観ました。
また戻ってきて最後に東院堂。こちらには国宝の聖観音菩薩が祀られており、いつでも観れます。四方には重文指定の四天王像ですが、現在持国天と増長天は修理中のため、広目天と多聞天のみです。(2023年3月迄修理予定)

まあそれにしても、とても広くて、平坦で玉砂利が敷いてあって、周りにしか木々が無い境内(伽藍)は独特ですね。

薬師寺の御朱印

御朱印

薬師寺(奈良県)薬師寺の山門

南門

薬師寺の建物その他薬師寺の手水

手水

薬師寺(奈良県)

中門

薬師寺(奈良県)

金堂

薬師寺の建物その他

東塔

薬師寺の建物その他薬師寺の建物その他薬師寺の建物その他

西塔

薬師寺の建物その他薬師寺(奈良県)

大講堂

薬師寺の建物その他

仏足石

薬師寺(奈良県)

仏足跡歌碑

薬師寺(奈良県)

鐘楼

薬師寺の建物その他薬師寺の像

東塔水煙

薬師寺の建物その他薬師寺の建物その他

不動堂

薬師寺(奈良県)

與樂門

薬師寺(奈良県)

大門

薬師寺(奈良県)薬師寺の建物その他

玄奘三蔵院伽藍

薬師寺の山門

礼門

薬師寺(奈良県)

玄奘塔

薬師寺の建物その他薬師寺(奈良県)

東院堂

薬師寺の本殿薬師寺の建物その他薬師寺の山門

帰る頃の中門(雲が増えた)

もっと読む
garu
2017年09月08日(金)
614投稿

お身拭い。こちらにもお参りさせて頂きました。
基本ご本尊と言うかお堂での撮影は何処でも禁止です。
そして、許可のある所ならOK(東大寺とか)ですが、やはり仏様を写真に撮るという事は、信者にしてみては移り身となりおろそかにできない、そんな作用が働くのだと思います。被写体ではなく、写真におさめた時点で「仏」になるわけで、本来はその御影を祀らねばならない対象となるんだろうなと・・・。
同じように神社の中を撮るという行為も控えたいものだと思っています。

で、この日ばかりは堂々と写真を撮れます(笑)
お身拭いの前に読経されるので、ご神体?御霊?そういうのを少しばかり像から離れていただいてのお身拭いなのでOKと言う理屈なのかもしれません。わかりませんが(笑)仏様に食らいついてのお掃除です。いつもピカピカですが更にピカピカになってゆかれます(笑)
「ええ気持ちや~」
「そこ、そこをもうちょっと拭いて」
とおっしゃっているとかいないとか(笑)
見学に来られた方も大勢いらっしゃって、テレビクルーも入って満員御礼状態。
前から映したかったのですが、あれよあれよと奥へ(笑)
横から、しかも背伸びしての撮影です。
やはり人気の薬師三尊像の前は人が一杯でしたが、講堂の弥勒三尊像の前はそんなにいらっしゃらなかったので余裕で撮影(笑)
こちらの仏様も美しいのに・・・。

ちょっと実生活でとんでもない事があって色々こちらには通わせて頂いていた時期なのでなんか毎月と言うか、毎週ほどお写経に行ってた記憶があります。
そんなこんなで色々お世話になっているお寺さんです。
あ、ここの写経道場はどなたでも、開いている時間ならいつでも参加できます。
しかも椅子なので膝の悪い私にはありがたいシステム。
ざっと1時間。慣れてなくとも1時間半あればお写経が出来ます。
道場が広くて気持ちがいいので体験してみては如何ですか?

薬師寺の建物その他

薬師三尊像

薬師寺の仏像

薬師三尊像

薬師寺の仏像

薬師三尊像

薬師寺の本殿薬師寺の本殿

弥勒三尊像

薬師寺の仏像

弥勒三尊像

薬師寺の山門

興楽門

薬師寺の建物その他

白鳳伽藍

薬師寺の本殿

白鳳伽藍・
回廊と西塔

薬師寺の本殿

東院堂

薬師寺の建物その他薬師寺の本殿

金堂

薬師寺の塔

西塔

薬師寺の本殿

講堂

薬師寺の建物その他

玄奘三蔵院伽藍

薬師寺の建物その他

玄奘三蔵院

薬師寺の末社

若王子社(大津皇子)ここに何故大津皇子が祀られているか・・・。持統天皇の贖罪のつもりなんでしょうか・・・。薬師寺は天武忌にこの皇子の御影も飾ります。

薬師寺の体験その他

写経道場内

薬師寺の塔

東塔

もっと読む
投稿をもっと見る(133件)

歴史

薬師寺は天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京(奈良県橿原市城殿〈きどの〉町)の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したものである。ただし、飛鳥の薬師寺の伽藍も10世紀頃までは引き続き存続していたと見られる。東京に別院あり。

歴史をもっと見る|
14

薬師寺の基本情報

住所奈良県奈良市西ノ京町457
行き方

近鉄なんばから快速急行または特急で大和西大寺で乗り換え。 各駅停車天理行きまたは橿原神宮前行きに乗車。西ノ京駅下車すぐ。
近鉄京都からは特急・急行が西ノ京駅に停車します。(時間枠あり要確認)

アクセスを詳しく見る
名称薬師寺
読み方やくしじ
参拝時間

開門:午前8時半 閉門:午後5時(拝観受付 16時半まで)

御朱印あり

通常いただける御朱印は6種類。蓮を使った朱印が重ねられている御朱印が多いのが特徴です。限定御朱印は吉祥天や玄奨三蔵の姿が朱印で押されています。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0742-33-6001
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.nara-yakushiji.com/index.html
おみくじあり

詳細情報

ご本尊薬師三尊像(国宝)
宗旨・宗派法相宗
札所など

西国四十九薬師第1番札所

ご由緒

薬師寺は天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京(奈良県橿原市城殿〈きどの〉町)の地に造営が開始され、平城遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したものである。ただし、飛鳥の薬師寺の伽藍も10世紀頃までは引き続き存続していたと見られる。東京に別院あり。

体験写経・写仏仏像世界遺産国宝重要文化財札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー