御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※城南宮ではいただけません
投稿する
075-623-0846

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印(2種類)

城南宮では、「城南宮」と「真幡寸神社」の2種類の御朱印をいただけます。
また、季節や行事に合わせた御朱印が頒布されています。

城南宮の御朱印

300円

真ん中に城南宮と書かれ、右上に方除の大社の文字、上部に三光の神紋、真ん中に城南宮の印が押されています。
平安遷都の後、京都御所の裏鬼門を守る神都の守護と国の安泰を願って創建されてから1200年の歴史を重ねてきた城南宮は「方除の大社」と仰がれ、引越・工事・旅行の安全厄除を願う全国の人々から篤く尊崇されています。

真幡寸神社の御朱印

300円

右に真幡寸神社と書かれ、真ん中に真幡寸神社印が押されています。
真幡寸神社は「山城国・紀伊郡・二座」と記される式内小社で、古代に当地一帯を勢力下においていた秦忌寸氏の氏神として鳥羽郷真幡木里に祀ったのが始まりとされています。

限定御朱印(6種類)

後鳥羽院承久乃笠懸八百年記念御朱印

500円
2021年1月27日~

二面見開きの御朱印です。右面は勝負笠懸の様子が描かれ、真ん中に救濟諸民の文字、左面は真ん中に城南離宮の印、右に「後鳥羽院 承久乃城南笠懸 八百年」の文字、上部に三光の神紋と雲のイラストが入っています。
鳥羽上皇は承久の乱に先立ち、城南の地で勝負笠懸を催行し「城南流鏑馬」にこと寄せて兵を募り、北条義時の追討を仰せ出されました。

日本書紀奉勅撰上1300年記念御朱印(八千矛神)

500円
書置き
2020年5月21日〜12月31日

二面見開きの御朱印です。右面は八千矛神が描かれ、「大國主神亦名大物主神亦號國作大己貴命 亦曰葦原醜男 亦曰八千戈神 大己貴命与少彦名命 戮力一心 経営天下 復為顕見蒼生及畜産 則定其療病之方 又為攘鳥獣昆虫之災異 則定其禁厭之法 是以百姓至今咸蒙恩顧」の文字、左面は真ん中に城南離宮の印、右に「日本書紀 奉勅撰上 壱千参百年 城南離宮皇神 贈號 壱百五拾年」の文字、上部に三光の神紋と雲のイラストが入っています。

日本書紀奉勅撰上1300年記念御朱印(国之常立神)

500円
書置き
2020年5月21日~12月31日

二面見開きの御朱印です。右面は国之常立神が描かれ、上部に「開闢之初 洲壌浮漂 警猶游魚之浮水上也 于時 天地之中生一物 状如葦牙 便化為神 號國常立尊」の文字、左面は真ん中に城南離宮の印、右に「日本書紀 奉勅撰上 壱千参百年 城南離宮皇神 贈號 壱百五拾年」の文字、上部に三光の神紋と雲のイラストが入っています。

正月参り限定御朱印

300円
毎年1月1日〜1月31日

上部に三光の神紋、「辛丑歳 正月参り」の文字が入った牛のイラスト印、下部に城南宮の印が押されています。

九月参り限定御朱印

300円
毎年9月1日~9月30日

上部に三光の神紋、「庚子歳 九月参り」の文字が入ったネズミのイラスト印、下部に城南宮の印が押されています。

しだれ梅と椿まつり限定御朱印

300円
毎年2月18日~3月22日

上部に三光の神紋、「しだれ梅と椿まつり」の文字が入った梅と椿の花の印、下部に城南宮の印が押されています。
春になると「しだれ梅と椿まつり」が開催され、神苑内や春の山では150本のしだれ梅や300本の椿が花を次々と咲き誇り多くの参拝者で賑わいます。

御朱印帳(3種類)

城南宮では、4種類の御朱印帳をいただけます。
そのなかからホトカミに投稿された3種類を紹介します。

赤紅葉の御朱印帳

1,500円
約18×12cm

友禅和紙を使用して装丁された御朱印帳で、赤紅葉が一面に敷き詰められたデザインです。
神苑内にある庭園(平安の庭、室町の庭、桃山の庭)では、11月中旬ごろから12月初旬にかけてイロハモミジなど約100本の木々が色づき始めます。

青紅葉の御朱印帳

1,500円
約18×12cm

友禅和紙を使用して装丁された御朱印帳で、青紅葉が一面に敷き詰められたデザインです。

桜の御朱印帳

1,500円
約18×12cm
ピンク色、青色

友禅和紙を使用して装丁された御朱印帳で、ピンク色の地に紅白の桜が舞い、春の陽気を感じさせるデザインです。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、拝殿に向かって左側にある授与所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~16時30分。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

御朱印をもっと見る|
171
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

なむなむ
2022年09月30日(金)
53投稿

城南宮⛩に参拝しました。
日中はまだ残暑厳しい暑さでした。

平安京の守り神 城南宮
四神相応の地とされる平安京に都が遷った時、国の安泰と都の守護を願って創建された城南宮は、
国土の守護神 国常立尊
武勇に秀でた経営・医薬の神 八千矛神(大国主命)
安産と子育ての守り神 神功皇后
を始めとする神々をお祀りされています。
平安時代後期に城南宮を取り囲むように離宮が築かれ院政の拠点となると、秋の城南祭が盛大に行われるようになります。また方位の災いが無いように願って行う方違(かたがえ)の宿所に離宮の御殿が選ばれることも多く、熊野詣に出掛ける際は、離宮に七日ほど滞在し、身を清め旅の無事を祈って出掛けました。
ここに「方除(ほうよけ)の大社」と仰がれる城南宮の方除の信仰を見ることができます。
文久元年(一八六一)、十四代将軍徳川家茂に嫁ぐために和宮親子内親王が江戸に向われた折、城南宮では、旅の防除・道中安全の祈祷を修めました。

防除(ほうよけ)とは
日々の暮らしの中では、悪い方位に行くことや家の間取りが良くないことがあります。方位の障りや家相の心配が無いように祈願することを防除と言い、全国各地からお参りがあります。

平日のお昼ではありましたが、10組ほどの参拝者がありました。
第1駐車場〜7駐車場までの大きな無料駐車場があります。助かります🥹
御本殿、御本殿内部は撮影不可でしたので、写真はございません。

こちらは、神苑 源氏物語花の庭(拝観料必要)がありますが、
時間が無かったので、今日は拝観致しませんでした。心残りでありますが、紅葉🍁が見頃の、又の機会と致します。

城南宮(京都府)

社頭 城南鳥居⛩

城南宮(京都府)

京阪国道側の西鳥居⛩

城南宮(京都府)

雪見の御幸 説明書き

城南宮(京都府)

錦の御旗と城南の地 説明書き

城南宮(京都府)

手水舎(菊水若水)

城南宮(京都府)

菊水若水の説明書き
江戸時代の記録『月堂見聞集』などに、「毎日城南宮に京や近郷の多くの男女が次々に参詣し、御神水を戴いて飲むとあらゆる病気が治ると評判である。霊元法皇の歯痛も治り、院の御所に仕える女性方の信仰も篤い。菊水と延命水(若水)をあわせて御神水とする。菊水は鳥羽離宮の御殿の前の泉水で、今年(享保八年、一七二三年)になって再び湧き出した。」とある。令和五年はこの再湧出から三百年の節目に当たり、霊験あらたかな菊水若水を、身も心も若々しく健やかになるように願い、病気や痛みの平癒、延命長寿を祈願して戴く信仰は今に続く。
 また、城南宮の菊水若水の井を経て、毎年三月に行われる奈良のお水取りの水脈は、若狭国から東大寺二月堂の若狭井に達していると社家に伝わる。

城南宮(京都府)

ありがたい御神水🙏🏻

城南宮(京都府)

社頭前、神社案内書き

城南宮(京都府)

境内地図

城南宮(京都府)

社頭向かって右側にある絵馬舎

城南宮(京都府)

絵馬舎内

城南宮(京都府)城南宮(京都府)城南宮(京都府)

社頭にある年代ものの境内案内図

城南宮(京都府)

城南鳥居⛩

城南宮(京都府)

城南鳥居⛩中央にある御神紋
孝明天皇から正月、五月、九月の年三回の祈祷に与るなど皇室の尊崇を受け、城南鳥居には菊の御紋と御神紋の三光の紋が輝いています。

城南宮(京都府)城南宮(京都府)

納札所

城南宮(京都府)

熊野詣出立の地 説明書き

城南宮(京都府)

御輿舎
綺麗な幕?旗? 鮮やかです✨

城南宮(京都府)

拝殿

城南宮(京都府)

拝殿から見た奥に本殿

城南宮(京都府)

本殿に続く参道

城南宮(京都府)

狛犬さま右

城南宮(京都府)

狛犬さま左
短いですが角がありますね。こちらが本来の狛犬さまですね。

城南宮(京都府)

神楽殿

城南宮(京都府)

扁額

城南宮(京都府)

東鳥居⛩

城南宮(京都府)

三照宮社 鳥居

城南宮(京都府)

三照宮社 本殿

城南宮(京都府)

唐渡天満宮(芹川神社) 鳥居

城南宮(京都府)

芹川神社 扁額

城南宮(京都府)

唐渡天満宮(芹川神社)本殿

城南宮(京都府)

真幡寸(まはたき)神社 鳥居

城南宮(京都府)

扁額

城南宮(京都府)

本殿

城南宮(京都府)

城南宮 社務所

もっと読む
旅好き
2021年05月14日(金)
15投稿

四季折々の草花で有名な城南宮ですが、今回は梅、特にしだれ梅と椿を楽しんできました🌸
城南宮は「方除(ほうよけ)の大社」と仰がれ、建物の工事や引越しが無事に成就することや、通勤・通学・旅行等の道中・滞在中の安全を願ってお参りする人が多いそうです🏠🚃
また、幕末から明治維新の頃に起こった鳥羽伏見の戦いは城南宮の参道から始まりました🏹

城南鳥居を通り過ぎるとしだれ梅があります🌸
城南鳥居から真っすぐ進むと拝殿があり、拝殿の奥に本殿があります✨
お参り後、神苑「楽水苑」に入りました👣
入ってすぐの所からしばらくはいろんな種類の椿を見ることができます🌸
椿を越えると、春の山と呼ばれるエリアに着きます😃
ここでは椿やしだれ梅等の春の花を見ることができます🌸
しばらく梅を楽しんでいると、また椿が咲いているエリアに入ります✌️
しだれ梅と落ち椿を見ることができます✨

次は平安の庭に着きます👣
寝殿造りを採り入れた神楽殿の南から池が続きます😊
曲水の宴が行われる苔の庭もあります✋
この辺りでは、秋に紅葉を楽しむことができるそうです🍁

次は室町の庭に入ります👣
茶道、生花等の文化が大成された室町時代の様式で作られた池泉回遊式庭園です🍵💐
向かいには桃山の庭があります👓
武将達が天下統一を目指した豪壮さを感じることができる枯山水の庭です🪖
少し歩くと城南離宮の庭があります👣
平安時代後期の離宮の景観を枯山水で再現したものだそうです🌿

しだれ梅が有名とは聞いていましたが、本当に立派なしだれ梅でした🌸
春の花の一番は桜だと思いますが、梅も良いものだと再認識しました✨

城南宮の自然

しだれ梅(神苑 春の山)🌸

城南宮の自然

しだれ梅(城南鳥居横)🌸

城南宮の本殿

本殿✨

城南宮の自然

椿(神苑)🌸

城南宮(京都府)

椿(神苑)🌸

城南宮の自然

しだれ梅(神苑 春の山)🌸

城南宮の自然

しだれ梅(神苑 春の山)🌸

城南宮の自然

しだれ梅(神苑 春の山)🌸

城南宮の自然

しだれ梅(神苑 春の山)🌸

城南宮の自然

しだれ梅(神苑 春の山)🌸

城南宮(京都府)

しだれ梅と落ち椿(神苑 春の山)🌸

城南宮の庭園

神苑 平安の庭🌱

城南宮の庭園

曲水の宴遣水(神苑 平安の庭)✌️

城南宮の庭園

神苑 室町の庭🍵

城南宮の庭園

神苑 桃山の庭🏹

城南宮の庭園

神苑 城南離宮の庭✨

もっと読む
kamiga honnj…
2021年02月26日(金)
15投稿

 京都五社の南を守っている朱雀というイメージです。794年鴬平安京と言うようにその当時創建されたものと思う。
 平安時代後期には今のような立派な大きさになったと思うぞな。
1200年の歴史はボクにはうまく語れないので、実際行って歴史の深みを探してみるといいと思う。
 ご神紋が「太陽」「月」「星」を組み合わせていて、まれになく美しい。
方除のご神徳を表しているので、引越し・工事・旅行の厄除をしている。

 2月18日~3月22日「しだれ梅と椿まつり」が開催されている。特別な御朱印もあるのでゲットしたいところだが、平日でも暖かい日は結構混雑していたので、コロナ対策をしていくといい。
「梅枝垂れ 鈴なりになる 人のきれかな」こんな状態で写真を撮ろうとするもんなら、もれなく人の顔も映っちゃいますよって歌作りました。(結局写真撮れなかったボク)
 美容と健康と招福の祈願したい方、必見です。このお祭り期間に「梅の花守り」を授与していただきますと巫女さんが神楽鈴で舞ってくれます。ボクは見てきました。(観覧自由)若い女性の方が受けてらっしゃいました。

城南宮の鳥居

城南宮 入口

城南宮の建物その他

本殿では、巫女さんが神楽を舞っている。

城南宮の自然

庭に行かなくとも、白梅は見られる。

城南宮の自然

庭を歩かなくとも桃色の梅は見られる。

城南宮の手水

ちゃんとコロナ対策されている。

城南宮の末社

三照宮社

城南宮の末社

芦川神社

城南宮の御朱印

御朱印

もっと読む
投稿をもっと見る(93件)

例祭・神事

7月20日(例祭)

例祭・神事をもっと見る|
1

城南宮の基本情報

住所京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
行き方

近鉄京都線「竹田駅」から徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称城南宮
読み方じょうなんぐう
参拝にかかる時間

約15分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号075-623-0846
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.jonangu.com/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり

詳細情報

ご祭神息長帯日売命,八千歳神,国常立尊
創建時代不詳
本殿流造
体験祈祷おみくじお宮参り七五三御朱印お守り祭り武将・サムライ花の名所札所・七福神巡り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー