御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※瑞泉寺ではいただけません

ずいせんじ|臨済宗円覚寺派錦屏山(きんぺいざん)

瑞泉寺

神奈川県 鎌倉駅

9:00-17:00(通年) 入門は16:30まで

投稿する
0467-22-1191

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

あり。 10台ほど。

巡礼

東国花の寺百ヶ寺
鎌倉観音霊場第六番
鎌倉地蔵尊霊場第七番
東国花の寺百ヶ寺
鎌倉4番

ご利益

おすすめの投稿

ハマの「寺(テラ)」リスト
2022年12月22日(木)
2078投稿

チャリで行く!鎌倉 11

「鎌倉宮」バス停より徒歩10分。鎌倉三十三観音霊場第6番、鎌倉二十四地蔵霊場第7番札所の臨済宗寺院。
ご本尊は釈迦如来です。

1237年夢窓礎石が開山として創建、その後足利基氏が夢窓礎石に帰依して中興しました。以降、鎌倉公方足利家の菩提寺となりました。

鎌倉随一の花の寺で、この時期はスイセンが咲き始めました。また来月には黄梅が開花します。
境内は禅寺らしく落ち着いた雰囲気であり、裏手には書院庭園の起源とされる夢窓國師が作った庭園があります。

小高い丘の上にある寺院なので、夏の時期にお参りすると市内よりは暑さが少し和らぐそうです。

瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)

山門が見えて来ましたが、まだ少し先です。
もう少しチャリで移動します。

瑞泉寺(神奈川県)

ここから徒歩です。

瑞泉寺(神奈川県)

長い参道と階段。
苔むしたキツい階段は男坂。
緩やかな階段が女坂。

チャリをこいできたので女坂へ。

瑞泉寺(神奈川県)

ひっそりとした佇まいの禅寺に到着です。

瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)

やっぱり冬は鍋。湯豆腐が食べたい。

瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)

地蔵堂です。
ここの地蔵は、堂守が寝ている間夢枕の中に出て来て、「どこも苦、どこも苦」を言ったところから「どこもく地蔵」と呼ばれています。

瑞泉寺(神奈川県)

裏手の崖が書院の庭園です。

瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)

本堂です。

瑞泉寺(神奈川県)

季節の花々が四季折々に楽しむことができます。

瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺の建物その他瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)

茶室です。

瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺(神奈川県)

ここまで観光客が足を運ぶのは少ないので、静寂さを味わう。どこか侘びさびの世界が広がります。

もっと読む
惣一郎
2021年04月13日(火)
1101投稿

瑞泉寺(ずいせんじ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある臨済宗円覚寺派の寺院。山号は錦屏山(きんぺいさん)。本尊は釈迦如来。鎌倉三十三観音6番札所。鎌倉随一の花の寺として知られ、梅、つつじ、牡丹、マンサクなど一年中花が絶えないが、スイセンがとくに有名。境内は国の史跡、庭園は鎌倉期の唯一の庭園として国の特別名勝となっている。

創建は鎌倉時代末期の1327年、開基は鎌倉幕府の重臣であった二階堂道蘊、開山は夢窓国師(夢窓疎石)、当初<瑞泉院>と称した。その後、初代鎌倉公方の足利基氏(足利尊氏の四男)が夢窓疎石に帰依し当寺を中興、寺号を<瑞泉寺>と改め、以後鎌倉公方の菩提寺とした。1387年に関東十刹(鎌倉十刹、鎌倉五山に次ぐもの、現在でも鎌倉残っているのは瑞泉寺と大慶寺のみ)に列した。

当寺は、JR鎌倉駅からバスで北東方向に2km進んだ大塔宮バス停(鎌倉宮前)から、さらに右方向(東方向)になだらかな山道を1km弱登った「紅葉ヶ谷(もみじがやつ)」と呼ばれる谷戸(やと)にある。山間の高台の一部を寺院としたような造りで、境内は植物園の中に伽藍が存在する感じ。本堂裏の崖地に夢窓礎石が作庭したという岩盤を削った禅宗様庭園がある。

参拝時は週末の午前中で、梅の時期だと思って行ってみたが、ほとんどの木がまだ咲いていなかった。参拝者は途切れることなく来ていた。

瑞泉寺の建物その他

寺院入口。他の観光客がいなければ、間違って迷い込んだと思いかねない景色。小さな建物は料金所。撮影位置の後ろ側は小さな駐車場。

瑞泉寺の建物その他

参道を進み、ここから坂道。左脇の石碑には<名勝瑞泉寺庭園 史跡瑞泉寺境内>の文字。

瑞泉寺の建物その他

階段を少し登ると、参道が二つに分かれている。こちらが石畳の参道コース。

瑞泉寺の建物その他

もう一つが、苔むしたボコボコ階段コース。自分はこちらを選択。

瑞泉寺の建物その他

階段を上がり切った辺りにある<松陰吉田先生留跡碑>。

瑞泉寺の山門

境内入口の<山門>。

瑞泉寺の庭園

山門をくぐって、はじめに見える景色。まだ葉も花もない、たくさんの落葉樹が植わっている。写真左手は大梅林。

瑞泉寺の建物その他

山門をくぐって、左手に進むと<鐘楼>。梵鐘は<錦屏晩鐘>という。

瑞泉寺(神奈川県)

本堂からまっすぐ伸びる道に戻って、右前方の庭園・建物を望む。

瑞泉寺の本殿

本堂遠景。

瑞泉寺(神奈川県)

本堂近景。本堂は正式には<大雄寶殿>といい、中央に本尊釈迦牟尼仏、右側に開山夢窓国師坐像、左側に阿弥陀如来と千手観世音を祀ってある。

瑞泉寺の本殿

本堂を斜めから。本堂中央の前には<黄梅(オウバイ)>という珍しい梅の木がある。花のピークだと相当映えそう。

瑞泉寺の建物その他

本堂から左奥に進むと<地蔵堂>がある。中に<どこもく地蔵>を祀る。

瑞泉寺(神奈川県)

名勝瑞泉寺庭園。野性味あふれる洞穴と池。洞穴は<天女洞>という。

瑞泉寺の庭園

別カット。鎌倉期の庭園と思えばすごいかも。

瑞泉寺の建物その他

本堂に向かって、境内左手にある<寺務所>。御朱印はこちら。

もっと読む
こばけん
2022年01月02日(日)
709投稿

 21.12.15。先の永福寺跡より徒歩5分。鎌倉市二階堂にある臨済宗円覚寺派寺院。
《鎌倉三十三観音霊場第六番札所》
《鎌倉二十四地蔵尊霊場第七番札所》

山号:錦屏山(きんびょうさん)。
創建:鎌倉時代 嘉歴2年(1327年)。
開山:夢窓国師。
本尊:釈迦如来。

 鎌倉公方足利家四代の菩提所となった当寺は、鎌倉五山に次ぐ関東十刹の首位に列せられ、塔頭の数十余が知られております。江戸時代には徳川家から庇護を受け、多くの高徳が住職をされました。
 
 元禄2年(1689年)に水戸光圀公が上山、一覧亭を復興、千手観世音菩薩を安置されたこと、嘉永4年(1851年)に吉田松蔭が叔父である当寺二十五世竹院和尚を慕って初めて上山、後に二度訪問されたことなども、公に記録されているところであります。
    〜当寺リーフレットより〜

 「古都・鎌倉紅葉巡り」第四弾、「鎌倉三十三観音霊場巡り」その9として参詣。鎌倉市の奥まった閑静な住宅地にあり、訪れていた人も紅葉の時期としては少なく、カメラ通と思しき何人かがおられ撮影に専心している姿が印象的でした。

瑞泉寺の御朱印

鎌倉三十三観音霊場第六番札所。

瑞泉寺の御朱印

鎌倉二十四地蔵尊霊場第七番札所。

瑞泉寺の建物その他

総門へ向かう途中の《寺号標》。

瑞泉寺の山門

総門。

瑞泉寺の建物その他瑞泉寺の建物その他

拝観所。
→拝観料200円!

瑞泉寺の建物その他

参道。

瑞泉寺の建物その他

寺号標。

瑞泉寺の建物その他

参道。

瑞泉寺(神奈川県)

夢窓国師古道場碑。

瑞泉寺の歴史瑞泉寺(神奈川県)

参道が続きます。

瑞泉寺(神奈川県)

吉田松蔭留跡碑。

瑞泉寺の山門

山門。

瑞泉寺の山門

山門入って右手の紅葉。

瑞泉寺(神奈川県)

本堂方向。

瑞泉寺(神奈川県)

錦屏晩鐘。

瑞泉寺(神奈川県)

本堂。

瑞泉寺(神奈川県)瑞泉寺の建物その他

どこもく地蔵堂。

瑞泉寺の地蔵

どこもく地蔵尊。

瑞泉寺の建物その他

瑞泉寺の庭園

本堂裏手の庭園。
→名勝 国指定史跡!

瑞泉寺(神奈川県)

同上。

瑞泉寺の建物その他

水戸光圀公お手植え!

瑞泉寺の自然

冬桜。→ほんの少しだけ咲いてました!

瑞泉寺の建物その他

寺務所。
→こちらで直書きの御朱印を拝受とリーフレットを頂戴しました。

瑞泉寺の授与品その他

リーフレット。

もっと読む
投稿をもっと見る(61件)

瑞泉寺の基本情報

住所神奈川県鎌倉市二階堂710
行き方

・鎌倉駅(JR/江ノ電)東口より、京急バス ’ 大塔宮行 ’終点「大塔宮」下車してから徒歩10分〜15分。
/・鎌倉駅(JR/江ノ電)東口より、徒歩25分。

アクセスを詳しく見る
名称瑞泉寺
読み方ずいせんじ
参拝時間

9:00-17:00(通年) 入門は16:30まで

参拝にかかる時間

30分

参拝料

大人200円 小中学生100円。

トイレ入り口参拝料納付所前にあります。
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0467-22-1191
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.kamakura-zuisenji.or.jp/

詳細情報

ご本尊釈迦如来
山号錦屏山(きんぺいざん)
宗旨・宗派臨済宗円覚寺派
創建時代嘉暦二年(1327)
開山・開基開山:夢窓疎石 開基:二階堂道蘊 / 中興開基:足利基氏
札所など

鎌倉観音霊場第六番
鎌倉地蔵尊霊場第七番
東国花の寺百ヶ寺 鎌倉4番

文化財

国指定重要文化財: 木造夢窓国師坐像
.
鎌倉市文化財:
   千手観世音菩薩(鎌倉観音六番札所)
   地蔵菩薩立像 俗称:どこもく地蔵尊(鎌倉地蔵七番礼所)
   庚申塔
   夢窓国師頂相
   夢窓国師墨跡
   固山和尚墨跡
   竹斎読書図
   西湖屏風図
   書籍「大光明蔵」
   書籍「扶桑五山記」
   涅槃図
   達磨図
.
鎌倉市天然記念物; フユザクラ/黄梅

体験御朱印武将・サムライ花の名所札所・七福神巡り

Wikipediaからの引用

概要
瑞泉寺(ずいせんじ)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある臨済宗円覚寺派の寺院。山号は錦屏山(きんぺいさん)。本尊は釈迦如来で、開基は二階堂道蘊である。鎌倉随一の花の寺、紅葉の名所としても知られている。鎌倉三十三観音第6番。鎌倉二十四地蔵第7番。境内は国の史跡、庭園は国の名勝に指定されている。
歴史
歴史[編集] 鎌倉幕府の幕臣であった二階堂道蘊が嘉暦2年(1327年)、夢窓疎石を開山として創建した寺で、当初は瑞泉院と号した。足利尊氏の四男で、初代鎌倉公方の足利基氏は夢窓疎石に帰依して当寺を中興し、寺号を瑞泉寺と改めた。以後、鎌倉公方足利家の菩提寺となっている[1]。山号の「錦屏山」は、四季の景色が屏風の絵を見るように美しいところから由来とされる[2]。 康暦年間に準十刹第三位に列せられ、至徳4年(1387年)には関東十刹に列せられた。[3] 瑞泉寺は、夢窓派の拠点として重きをなしたが、公方家4代足利持氏による永享の乱で衰亡した。 瑞泉寺は、文学や学問とゆかりの深い寺でもある。夢窓疎...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] JR横須賀線・江ノ島電鉄鎌倉駅より京浜急行バス「大塔宮」(鎌倉宮)下車徒歩10分
引用元情報瑞泉寺 (鎌倉市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%91%9E%E6%B3%89%E5%AF%BA%20%28%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%29&oldid=90047414

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月