御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※銭洗弁財天宇賀福神社ではいただけません

ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ

銭洗弁財天宇賀福神社

神奈川県 鎌倉駅

8:00~16:30(社務所)

投稿する
0467-25-1081

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に銭洗弁財天、右下にかまくら隠れ里と書かれ、右上に鎌倉五名水の印、真ん中に銭洗弁財天の印、左下に社印が押されています。
かまくら隠れ里の文字が古都かまくらと書かれている御朱印もあります。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり。 7~8台ほど。

ご利益

銭洗弁財天宇賀福神社について

お金を洗うと何倍にも増える「銭洗水」のある神社


銭洗弁財天宇賀福神社に湧く「銭洗水」には、お金を洗うとお金が何倍にも増えるという伝説があります。宇賀福神が源頼朝の夢に現れた際に「隠れ里に湧く水で銭を洗えば、福銭となり、何倍にも増えるだろう」と告げたのが由来です。洗ったお金を使うとご利益が無くなるので、使わずに財布にしまっておくのが良いとされています。

おすすめの投稿

ごっち
2022年08月11日(木)
29投稿

鎌倉参拝7カ所目は、銭洗弁財天。高徳院から歩いて行きました。けっこうな距離と猛暑だったのでタクシーで行こうとして電話しましたが、どこも予約はしてなく、鎌倉は基本徒歩か電車移動のようですね。高徳院からは歩いて約30分弱でした。

社務所で御朱印をいただく際、ザルを借り、銭の洗い方を教えていただきました。

創建のいきさつについては、
次のような話が伝えられています。

「公式HPより」
平安時代の終わり頃は世の中が乱れ、そのうえ飢饉が続いて人々の苦しみはひどく、目も当てられない有様でした。源頼朝は人々の命を救おうと日夜神や仏に祈っていましたが、巳の年の1185(文治元)年、巳の月、巳の日の夜に、夢にひとりの老人が現れ、ここから西北の方に一つの谷があり、きれいな泉が岩の間から湧き出ている。今後この水を汲んで絶えず用い、神仏を供養せよ。自分はこのかくれ里の主の宇賀福神である。と言って姿を消しました。夢からさめた頼朝がすぐ家来をやってその場所を探らせると、確かに、岩の間から綺麗な水が湧き出ているのが見つかりました。頼朝はさっそく石工に命じて穴ぐらを掘らせ、社を建てて宇賀福神をおまつりし、毎日その水を運んで供えたところ、天下は次第に治まり、人々は安楽な日々を送るようになったといいます。
その後、第5代執権北条時頼もこの神を敬い、人々に参拝させました。そして「銭をこの水で洗い清めれば福銭となり、一家は栄え、子孫は長く安らかになるであろう」と、自ら持っていた銭を巳の日に洗って祈ると、人々もそれにならって銭を洗い清めるようになりました。いつしか銭洗いの水と呼ばれるようになり、今でもこの水でお金を洗う人が絶えません。

銭洗弁財天宇賀福神社(神奈川県)銭洗弁財天宇賀福神社の鳥居銭洗弁財天宇賀福神社(神奈川県)銭洗弁財天宇賀福神社(神奈川県)

ご朱印

もっと読む
ayaka
2018年09月11日(火)
81投稿

夏終わり旅で鎌倉に!鎌倉駅西口から、徒歩25分くらいで着きました。非常に険しい登り坂が最後に体力を奪います。

洞窟を通り中へ進みますと、ステージ上では踊りや狂言が披露されていて賑やかでした。

本日は巳の日という事で、たくさんの方々が平日にもかかわらず参拝されていました。

私も銭洗いをし、お金をいただけていることに感謝いたしました。また巡り巡って私のところに来てくれると良いです。

洗ったお金は、小銭とお札。小銭は早いうちにお賽銭やおみくじなどを購入して使い、お札はお財布に大切にしまいました。

気になったのは参拝する際に皆さんが緑の箱に卵を入れていた事です。どうやら巳の好物をお供えしているようです。稲荷さんにはお揚げをお供えする感じでしょう。

奉納された鳥居の数を見てもご利益があるのだなと思いましたが、勢いよく吹き出る湧き水からもパワーをもらったように思います。

素敵な池に珍しい金の鯉、私の好きな場所です。

銭洗弁財天宇賀福神社(神奈川県)

参拝後、銭洗い。お札は角を少しぬらすぐらいに。小銭はジャラジャラと。

銭洗弁財天宇賀福神社の建物その他

100円でロウソク一本とお線香束一つ、そして好きなザルを選べます。

銭洗弁財天宇賀福神社の本殿

いよいよ参拝。皆さん必死

銭洗弁財天宇賀福神社の鳥居

卵を供えている人が

銭洗弁財天宇賀福神社の鳥居銭洗弁財天宇賀福神社の建物その他

こちらの参拝も忘れずに!皆さん下の水で洗っていますが、こちらの勢いがある滝の水で洗う方もいらっしゃいました。

銭洗弁財天宇賀福神社の建物その他

さて、銭洗はどんな感じかな

銭洗弁財天宇賀福神社の本殿

おぉ、こんなにも洗い場があるのか!湧き水の湧くところがあるはずだ。ワクワク

銭洗弁財天宇賀福神社の建物その他

皆さん透かして見て楽しそうです!

銭洗弁財天宇賀福神社の鳥居

入り口の洞窟前に第1鳥居。

銭洗弁財天宇賀福神社の動物

金の鯉

もっと読む
投稿をもっと見る(129件)

銭洗弁財天宇賀福神社の基本情報

住所神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
行き方

鎌倉駅から徒歩18分

アクセスを詳しく見る
名称銭洗弁財天宇賀福神社
読み方ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ
通称銭洗弁財天
参拝時間

8:00~16:30(社務所)

参拝にかかる時間

20分

参拝料

なし

トイレあり
御朱印あり

真ん中に銭洗弁財天、右下にかまくら隠れ里と書かれ、右上に鎌倉五名水の印、真ん中に銭洗弁財天の印、左下に社印が押されています。
かまくら隠れ里の文字が古都かまくらと書かれている御朱印もあります。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0467-25-1081
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
絵馬あり

詳細情報

ご祭神市杵島姫命
創建時代伝・文治元年(1185年)
創始者源頼朝
体験絵馬御朱印伝説

Wikipediaからの引用

概要
銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてん うがふくじんじゃ)は、神奈川県鎌倉市佐助にある神社である。境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられていることから、銭洗弁天(ぜにあらいべんてん)の名で知られている。 文治元年(1185年)、源頼朝への宇賀福神の夢のお告げを元に、宇賀福神を祀り神仏の供養を行なったのが創建の由来。
歴史
歴史[編集] 源頼朝が、巳年である文治元年(1185年)の巳の月(旧暦4月)巳の日、巳の刻にある夢を見た。それは宇賀神から「この地に湧き出す水で神仏を供養すれば、天下泰平の世が訪れる」とお告げを受けるというもの[1]。そこで頼朝は佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、そこに洞を穿ち社を建てて宇賀神を祀ったと伝えられる。 同じく巳年の正嘉元年(1257年)に、5代執権北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族の繁栄を祈願したのが銭洗の始まりだといわれる。 宇賀神と弁財天が神仏習合して弁財天と呼ばれ、相馬天王(扇ヶ谷)の末社だった。明治時代の神仏分離により、相馬天王は八坂大神と改称、当社も祭神を市杵島姫...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事・年中行事[編集] 縁日:巳日 例大祭:4月初巳日、9月白露巳日 銭洗弁天祭:1月初巳日
引用元情報銭洗弁財天宇賀福神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%8A%AD%E6%B4%97%E5%BC%81%E8%B2%A1%E5%A4%A9%E5%AE%87%E8%B3%80%E7%A6%8F%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=92424274

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月