御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※月照寺ではいただけません

げっしょうじ|曹洞宗人麿山

月照寺

兵庫県 人丸前駅

投稿する
078-911-4947

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

明石西国三十三観音霊場第33番札所

おすすめの投稿

ハマの「寺(テラ)」リスト
2022年05月20日(金)
1775投稿

天文科学館の北側の丘は、柿本神社の緑多き丘を上がります。
その大きな寺院が曹洞宗寺院である月照寺。ご本尊は釈迦如来です。

1170年弘法大師が現在の明石城址の場所に創建した事が始まりです。

山号である「人麿山」は、万葉集の歌人でもある柿本人麻呂からでここの鎮守神となっています。

ちなみに最寄駅の「人丸前」は柿本「人麻呂」の事で江戸時代には人麿信仰が盛んだったそうです。

小高い丘を上がると明石海峡大橋や淡路島を望む事ができます。
ちょうど訪れた時は、16時過ぎ。少し夕闇がかっていた事もありましたが眺めは最高でした。

月照寺の景色

柿本神社の階段を上がると明石の街並みが見えてきます。
手前は天文科学館のプラネタリウムの屋根。瀬戸内の入口にあたり穏やかです。
山門前には柿本人麻呂が詠んだ句碑があります。

ともしびの明石 大門に入らむ日や 漕ぎ別れなむ 家あたりの水

天皇家にも仕えていた人麻呂は、明かりが門に映える様子を見て、のちに山陰へ流される身となる人麻呂は、別れを予感して旅立ったのだろうと勝手に思いを更けてしまいました。

正面が淡路島です。

月照寺の周辺

天文台の裏手には子午線(東経135°)が走っている目印の柱です。

月照寺(兵庫県)

山門(大門)。もともとは伏見城の薬医門で、明石城の切手門を経て明治時代に移築されました。

月照寺の地蔵

山門脇には地蔵菩薩が千体安置されています。

月照寺(兵庫県)

ふれあい観世音。

特に視力の弱い方にお祓いの誓願があるそうです。

月照寺(兵庫県)

境内の枯山水。この松の他に赤穂浪士の一人が手植えした梅の木があります。

月照寺(兵庫県)

本堂です。

月照寺の建物その他

鐘楼です。ちょうどここを子午線が走っています。

月照寺(兵庫県)月照寺(兵庫県)

奥には観音堂があり、人麻呂を念持仏として祀り、明石海峡の安全をお守りしています。

月照寺(兵庫県)

ここを下ったところにあるのが「亀の水」と呼ばれる湧水です。

もっと読む
きどっち
2021年09月24日(金)
744投稿

曹洞宗 人麿山 月照寺

以下、月照寺HPより一部抜粋しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弘仁2年(811年)弘法大師 空海が明石の岡、赤松山(現在の明石城祉)に湖南山 餘鵜楊柳寺を創建した。仁和3年(887年)楊柳寺覚証和尚は、大和の柿本山 広安寺より人麿念持仏であった船乗十一面観世音を勧請して奥の院に奉祀し、寺号を月照寺と改めた。
天正2年(1574年)真言宗から曹洞宗に改宗。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらはいつ伺ってもお庭がきれいです。
すぐ南側には明石市立天文科学館があり、境内を日本標準時子午線が縦断しています。

明石市人丸町1-29

月照寺の建物その他

JR明石駅から月照寺へ向かう参道の途中に「亀の水」という湧き水があり、常にどなたかが水を汲みに来られています。
水を吐いている亀は、享保4年(1719)12月に作られたものらしいです。

月照寺の建物その他

水を受ける手水鉢は、「常陸国(茨城県)」の「飯塚宜政」により寄進されたもの

月照寺の建物その他月照寺の建物その他月照寺の建物その他月照寺の本殿

本堂

月照寺の芸術

本堂の彫刻

月照寺の芸術月照寺の自然

八ツ房の梅
赤穂浪士の一人、間瀬久太夫正明が大石内蔵助良雄と共に参詣し、持参の鉢植の梅を手植したのがこの梅とのこと。

奥に見えているのが、明石市立天文科学館です

月照寺の自然月照寺の庭園月照寺の建物その他

観音堂

月照寺の仏像

ふれあい観音と人丸観世音菩薩

月照寺の山門

山門

伏見城の薬医門→元和4年(1618年)明石城の切手門→明治6年月照寺山門として移設

月照寺の御朱印月照寺の地蔵

子安千体地蔵尊

写真では判りにくいですが、とても小さな地蔵が並んでいます

月照寺の地蔵
もっと読む
投稿をもっと見る(12件)

月照寺の基本情報

住所兵庫県明石市人丸町1-29
行き方
アクセスを詳しく見る
名称月照寺
読み方げっしょうじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号078-911-4947
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.hitomarusan-gesshoji.jp

詳細情報

ご本尊十一面観世音
山号人麿山
宗旨・宗派曹洞宗
創建時代弘仁二年(811)
開山・開基弘法大師
札所など

明石西国三十三観音霊場第33番札所

体験札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中