御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※雲晴寺ではいただけません

うんせいじ|曹洞宗月江山

雲晴寺

兵庫県 人丸前駅

投稿する
078-911-6460

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

きどっち
2022年02月28日(月)
879投稿

曹洞宗 月江山 雲晴寺

ほぼ一年ぶりの参拝です。
前回はまだ明るい時間でしたが、今回は日が暮れかけていたため山門の金剛力士像のライトアップも映えてとてもきれいでした。
ただ時間が遅かったため境内に立ち入るのは遠慮し、山門前で手を合わせるにとどめました。

境内には「南総里見八犬伝」のモデルとなった里見忠義夫妻の供養碑や、宮本武蔵作の庭(復元)があります。

もともと別の寺院があり、慶長18年(1613年)に本堂をわら葺きから瓦葺きに葺き替え、雲晴寺の開山に利用されたそうです。
明石藩主大久保忠職公とその姉桃源院が、寛永16年(1639年)、里見忠義公の菩提を弔うため雲晴寺の伽藍を整備し寺領を増やしたとのこと。
本堂裏には宮本武蔵作の庭があったそうですが、昭和20年の大空襲により山門以外は焼失し、庭も戦後の復興事情により埋められてしまったとか。
2003年の新本堂建設に伴う発掘調査で広い庭であったことが判明。
現在は元の庭をいかして復元されたものです。

さらに伊藤博文のゆかりのお寺でもあるそうです。
慶応2年(1866年) 長州藩士の伊藤博文が明石藩の動静を探るために明石に派遣され、この雲晴寺に滞在したそうです。
当時の雲晴寺住職は、長州藩の武士出身だったそうですよ。

雲晴寺の山門

山門(仁王門)

雲晴寺の建物その他雲晴寺の像雲晴寺の像雲晴寺の本殿

本堂

もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

雲晴寺の基本情報

住所兵庫県明石市人丸町5-23
行き方

JR神戸線明石駅より徒歩7分
山陽電鉄人丸前駅より徒歩3分

アクセスを詳しく見る
名称雲晴寺
読み方うんせいじ
電話番号078-911-6460
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://unseiji.or.jp
SNS

詳細情報

ご本尊釈迦牟尼佛如来像
山号月江山
宗旨・宗派曹洞宗
創建時代寛永十六年(1639)
開山・開基大久保忠職
体験坐禅(座禅)有名人のお墓

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー