御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※桑津神社ではいただけません
パーキング
駐車場
-
御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

きどっち
2022年07月12日(火)
877投稿

大阪国際空港(伊丹空港)の西側すぐのところに鎮座。
参拝中も大きな音がする度に空を見上げて離陸する飛行機を見ていると、「もっとそばで見たい!」という願望が芽生えてしまい、参拝後に滑走路の北端にあるエア・フロント・オアシス下河原へ。
滑走路のすぐそばに位置していて、離着陸する飛行機が間近で見ることができます。

由緒(境内の由緒書より)
『火明命と火爛命は天孫瓊々杵尊の後と称せられ、国土創成に偉業を建て給うた。御神徳は赫々として、災禍を除き古くから安産守護の神と仰がれ給う。火明神社、火爛降神社は共にもと西桑津、東桑津の北約二百米(約一丁半)の地に鎮座し、乾張りの境内地には濠を廻らし、前方後円の形をした古墳の面影あり。両社とも同じような神域で御縁の深きを思わせるものであった。昭和十七年四月十八日、阪神国際飛行場建設に伴い、両社は移転新築合祀し、神社名も地名に因み桑津神社と改められた。
 素盞嗚神社は、同尊の御神徳を景御して中村に天平年間に創祀したと伝えられる。昭和三十九年三月十五日、大阪国際空港拡張に伴い、桑津神社に合祀された。』

大体予測はついていましたが、やはり空港建設により移転された神社だったんですね。

桑津神社の周辺

エア・フロント・オアシス下河原にて。
本当に滑走路のすぐそばです。

桑津神社の鳥居桑津神社の狛犬桑津神社の手水桑津神社の本殿

本殿

桑津神社の末社

中村社
蛭子命、市杵島姫命

桑津神社の末社

稲荷社
宇迦廼御魂神(うかのみたまのかみ)
鳥居がちょっと傾いているところがお茶目ですが、慶安元年(1648年)伊丹の大工である善太夫家重の作とされ、県の重要有形文化財に指定されています。

桑津神社の歴史桑津神社の歴史桑津神社の周辺桑津神社の周辺桑津神社の周辺
もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

桑津神社の基本情報

住所兵庫県伊丹市桑津1-2-30
行き方
アクセスを詳しく見る
名称桑津神社
読み方くわづじんじゃ
御朱印なし

詳細情報

ご祭神≪主≫火明命
≪配≫火闌降命 素盞鳴尊

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー